ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 976232 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

初めての槍ヶ岳!新穂高温泉〜

日程 2016年10月06日(木) 〜 2016年10月08日(土)
メンバー kyonta3776
天候晴れ〜雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
新穂高温泉登山口 無料駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間40分
休憩
1時間0分
合計
5時間40分
S新穂高温泉バス停08:4008:40中崎山荘 奥飛騨の湯08:40新穂高温泉駅08:40小鍋谷ゲート09:30穂高平小屋09:30白出小屋11:00滝谷避難小屋11:00藤木レリーフ12:20槍平小屋13:2014:20槍平小屋
2日目
山行
10時間0分
休憩
1時間15分
合計
11時間15分
槍平小屋05:2005:20飛騨沢千丈乗越分岐08:36槍ヶ岳山荘09:15槍ヶ岳10:3009:30千丈乗越14:34樅沢岳15:35双六小屋
3日目
山行
9時間35分
休憩
0分
合計
9時間35分
双六小屋06:0015:35くろゆりベンチ15:35花見平15:35弓折乗越15:35鏡平山荘15:35鏡池12:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

装備

備考 山小屋が寒い!
フリースのパンツあったら良かった

写真

涸沢岳が見えます
2016年10月06日 14:42撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢岳が見えます
1
奥丸山方面に登ると見えます
2016年10月06日 15:11撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥丸山方面に登ると見えます
1
夜ご飯
2016年10月06日 17:29撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜ご飯
2
霜がおりてます
2016年10月07日 06:00撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霜がおりてます
1
槍の影が!
2016年10月07日 06:50撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍の影が!
3
ここまで遠いー
2016年10月07日 13:24撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで遠いー
この後は山小屋まで下りです
2016年10月07日 14:52撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この後は山小屋まで下りです
双六小屋!
2016年10月07日 15:08撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双六小屋!
2
撮影機材:

感想/記録

初めての槍ヶ岳!
直前まで上高地か、新穂高かルートを迷いましたが、短いほうを選択

平日なので、駐車場はまだ余裕がありました。

槍平小屋まで増水も無く、危険な場所も無く、3時間ほどで到着です。
出発が遅かったので、先には行かず一泊することに。
宿泊者はなんと3人!
部屋は個室貸し切りでした。テントも4張くらい?

時間があったので、奥丸山方面にも登ってみました。
涸沢岳がキレイに見えます。

朝食はお弁当にして、翌朝は5時過ぎに出ました。
天気は、晴れ。
草木に霜が降り、季節がすすんでいました。

このルートは、ひたすら高度をあげる登りが続きます。
槍が見えるのは、もうすぐ槍ヶ岳山荘!というあたり。
ただ、朝日が当たって、槍の影が笠が岳の麓に見えて絶景でした。
何より、本当に人が少なくてペースが楽です。
槍平小屋から、槍ヶ岳山荘までは約3時間で到着しました。

その日の槍はもう・・・
感動的な美しさでした。

ヘルメットをかぶり、貴重品だけもって山頂を目指します。
いろんな山で高度感は慣れていたつもりでしたが、
ここは油断できない!という場所がいくつかあり、緊張しました。
足場もしっかりあるので、気をつければ大丈夫です。

山頂は人も少なく、絶景にひたることができました。
やっぱり人気の山は平日がよいです。

山荘に泊まりたかったのですが、天気が悪くなるとのことで、双六小屋を目指します。
途中、何度も槍を振り返り、なかなかペースが上がりませんでした^^
西鎌尾根は鎖もありますが、危なげなく通れます。
双六小屋までいくつもピークがあり、想像以上に長く感じました。

双六小屋の夜ご飯は、てんぷら!がっつりいただきました。

翌朝、暴風雨です。
8時前にでましたが、写真も撮らず、ひたすら下りつづけ、4時間半かけて新穂高温泉まで下山しました。

下山は修業でしたが、大満足の槍でした!

訪問者数:389人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/4/29
投稿数: 22
2016/10/14 21:12
 宿をご一緒したdonsokuです
遅くなりましたが、双六小屋ではご心配をおかけしましたm(_ _;)m
聞くのを忘れましたが、ひょっとして夕食時に小屋の人から「こういう人が来ていませんがご存知の方いませんか?」とか、そういうアナウンスがあったりしましたか?
登録日: 2015/6/10
投稿数: 0
2016/10/17 21:12
 コメントありがとうございます!
先日はありがとうございました^ ^
アナウンスはありませんでしたが、小屋のご主人に追い抜いた方いましたか?と個別に尋ねられました。
なので、donsokuさんがこちらに向かっているはずだとお伝えしました!
無事で何よりでした^ ^
また山でお会いしましょう♪

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

テント テン ヘルメット 涸沢
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ