ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 976347 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

摩耶山(青谷道と上野道)〜炭ヶ谷

日程 2016年10月09日(日) [日帰り]
メンバー takatukimaki
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
阪急電鉄 王子公園駅発
神戸電鉄 花山駅着
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち42%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間7分
休憩
13分
合計
5時間20分
S阪急電鉄 王子公園駅08:1610:16青谷道登山口10:2310:32神戸観光茶園10:36あけぼの茶屋10:3710:43大龍院10:4510:47水場11:16摩耶山史跡公園11:1711:27摩耶山11:2811:31摩耶ロープウェー星の駅11:3211:59桜谷出合13:36神戸電鉄 花山駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
Hornliさんから「上野道で赤リス君」「青谷道でえっへんドヤ顔リス君(黄リス君)」を見かけたよ情報をいただきました☆ありがとうございます。
さっそく会いに行きましょう^^
コース状況/
危険箇所等
上野道途中から南西方向への関電道のみ失敗しましたので、参考にされないようお願いします。
その道は、最初は快適な道だけど、道なりに行くと途中で破線道から外れる。(ログに無理に破線道に乗ろうとした痕跡有り)
そこからは道なりにピンクのテープを追って下れば破線道より西側にたぶん下山できる。
私は最後の最後ピンクのリボンを見失って、、青谷道を眼下に見下ろす2〜3m程の高さの崖に行き着いた。
崖の基盤はブロックで固められていて、頑丈なフェンスが張り巡らされている。
なんとかフェンスが途切れる部分を見つけたが、脱出するには切り立った崖を降りるしかない。
私が変なところに下りてしまったのかもしれない。
注意深くリボンを追えばもっと下りやすい所があったのかもしれない。
でもこの関電道を歩こうと思われる方はご注意ください。

その他、六甲山域は道標完備。安心。

写真

阪急電鉄王子公園駅にやってきた。
王子動物園が目の前だよ^^
駅の改札横には見慣れぬコンビニがある。
2016年10月09日 08:14撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阪急電鉄王子公園駅にやってきた。
王子動物園が目の前だよ^^
駅の改札横には見慣れぬコンビニがある。
6
神戸高校への坂道を上っていく。
洒落た坂道だ。
2016年10月09日 08:29撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神戸高校への坂道を上っていく。
洒落た坂道だ。
8
やった!!
ここで赤リス君。
おはよう〜〜〜〜^^
2016年10月09日 08:44撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やった!!
ここで赤リス君。
おはよう〜〜〜〜^^
19
階段の脇にいるよ。
2016年10月09日 08:45撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段の脇にいるよ。
7
上野道途中の展望所からの眺め。
さっきまで降っていた雨も上がって、空はどんよりだが空気はクリア。
2016年10月09日 08:47撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上野道途中の展望所からの眺め。
さっきまで降っていた雨も上がって、空はどんよりだが空気はクリア。
10
このピンクリボンから地形図破線道へコースを変える。
思っていたよりちゃんとした道にびっくりする。
2016年10月09日 09:16撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このピンクリボンから地形図破線道へコースを変える。
思っていたよりちゃんとした道にびっくりする。
2
進んでいっても、状況は変わらず。
道幅も十分あるし、路面も悪くない。
2016年10月09日 09:23撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
進んでいっても、状況は変わらず。
道幅も十分あるし、路面も悪くない。
1
そうか、この道は関電道だったんだね。
だから手入れが行き届いているんだ。
2016年10月09日 09:26撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そうか、この道は関電道だったんだね。
だから手入れが行き届いているんだ。
3
気持ちよくどんどん高度を下げていくが、このあと破線道はロスト(ルートの赤線がちょっともつれているところ)、ピンクテープと踏み跡をたどると問題なく下山できそうだったが、最後の最後で、山からの脱出に手間取った。
2016年10月09日 10:13撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちよくどんどん高度を下げていくが、このあと破線道はロスト(ルートの赤線がちょっともつれているところ)、ピンクテープと踏み跡をたどると問題なく下山できそうだったが、最後の最後で、山からの脱出に手間取った。
4
青谷道の一角。
画像では分からないが、山の斜面というより崖。
ここから転がり落ちてきた。ふぅ〜〜〜〜。
2016年10月09日 10:23撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青谷道の一角。
画像では分からないが、山の斜面というより崖。
ここから転がり落ちてきた。ふぅ〜〜〜〜。
7
あけぼの茶屋さん。
今は廃業している模様。
2016年10月09日 10:33撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あけぼの茶屋さん。
今は廃業している模様。
8
あけぼの茶屋を通り過ぎ、山火事防止の横断幕をくぐって青谷道は続く。
2016年10月09日 10:34撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あけぼの茶屋を通り過ぎ、山火事防止の横断幕をくぐって青谷道は続く。
3
ん?
んん〜〜〜っ???
ちょっと、画像を大きくズームしてみてくださいな。
中央に背の高い白い縦長の看板がわかりますか?
「山火事用心」の文字、そしてそして!!!
2016年10月09日 10:35撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ん?
んん〜〜〜っ???
ちょっと、画像を大きくズームしてみてくださいな。
中央に背の高い白い縦長の看板がわかりますか?
「山火事用心」の文字、そしてそして!!!
5
わお、てっぺんに纏リス君が☆☆☆
2016年10月09日 10:35撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
わお、てっぺんに纏リス君が☆☆☆
16
もちろん表裏リバーシブル!!
2016年10月09日 10:36撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もちろん表裏リバーシブル!!
13
ほら、神戸の観光名所の異人館では「風見鶏」が有名だよね。
2016年10月09日 13:22撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほら、神戸の観光名所の異人館では「風見鶏」が有名だよね。
11
それにちなんで「風見リス君」!?
残念ながら無風で、リス君クルクル回ってなかった。
2016年10月09日 10:36撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それにちなんで「風見リス君」!?
残念ながら無風で、リス君クルクル回ってなかった。
11
ああ、面白いもの見せてもらっちゃった^^V
さっきの藪漕ぎの疲れがいっぺんに吹き飛んだ。
しばらく粘ったが、ついに風は吹いてくれなかった。
クルクル回るリス君を見てみたかったな^^
2016年10月09日 10:35撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ああ、面白いもの見せてもらっちゃった^^V
さっきの藪漕ぎの疲れがいっぺんに吹き飛んだ。
しばらく粘ったが、ついに風は吹いてくれなかった。
クルクル回るリス君を見てみたかったな^^
8
大龍院さんの鳥居を通過。
谷道で光が少なくても、朱色の鳥居はきれいに映える。
2016年10月09日 10:42撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大龍院さんの鳥居を通過。
谷道で光が少なくても、朱色の鳥居はきれいに映える。
4
このあたりは階段の連続。
自然の石組の階段は美しい。
2016年10月09日 10:51撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりは階段の連続。
自然の石組の階段は美しい。
5
仁王門をくぐると
2016年10月09日 11:10撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仁王門をくぐると
6
また階段。
今度は石畳の整然とした階段。
これはこれで美しい。
2016年10月09日 11:11撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また階段。
今度は石畳の整然とした階段。
これはこれで美しい。
8
摩耶山頂をさくっと通過し、下山へ。
まずは桜谷道。
何度も渡渉をしながら高度を下げていく。
気持ちのいい道。
2016年10月09日 11:49撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
摩耶山頂をさくっと通過し、下山へ。
まずは桜谷道。
何度も渡渉をしながら高度を下げていく。
気持ちのいい道。
6
シェール道に差し掛かる。
この道も森林浴効果抜群。
2016年10月09日 12:03撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シェール道に差し掛かる。
この道も森林浴効果抜群。
4
まむし谷道。
谷道だが、さほど荒れていない。
2016年10月09日 12:20撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まむし谷道。
谷道だが、さほど荒れていない。
5
獺(かわうそ)池に出たらまむし谷も終わり。
2016年10月09日 12:28撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
獺(かわうそ)池に出たらまむし谷も終わり。
5
ちょっとだけ車道を歩いて・・・
2016年10月09日 12:32撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっとだけ車道を歩いて・・・
3
炭ヶ谷へ。
2016年10月09日 12:38撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
炭ヶ谷へ。
3
炭ヶ谷は最初、見事なV字谷の底を歩く。
谷底のゴロゴロが嫌で斜面部分を歩こうにも、傾斜がきつくてかえって歩きづらい。
2016年10月09日 12:42撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
炭ヶ谷は最初、見事なV字谷の底を歩く。
谷底のゴロゴロが嫌で斜面部分を歩こうにも、傾斜がきつくてかえって歩きづらい。
6
朝まで降り続いていた雨のせいで、ひどいぬかるみを覚悟していたが、思っていたより歩きやすい。
ただし、倒木やゴロゴロ石だらけだから気をつけねば。
2016年10月09日 12:44撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝まで降り続いていた雨のせいで、ひどいぬかるみを覚悟していたが、思っていたより歩きやすい。
ただし、倒木やゴロゴロ石だらけだから気をつけねば。
2
谷底を離れて、山道に切り替わるところ。
振り返って撮影。
麓から登ってきた場合は、この赤と黄色のテープの印から上がゴロゴロV字谷底歩きだよ。
がんばれ!!
2016年10月09日 12:45撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷底を離れて、山道に切り替わるところ。
振り返って撮影。
麓から登ってきた場合は、この赤と黄色のテープの印から上がゴロゴロV字谷底歩きだよ。
がんばれ!!
4
ゴロゴロを通過したら一転、歩きやすい山道。
2016年10月09日 12:52撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴロゴロを通過したら一転、歩きやすい山道。
3
手すり付きの道だ。
裏六甲の登山道でも整備が行き届いているんだね。
2016年10月09日 13:00撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手すり付きの道だ。
裏六甲の登山道でも整備が行き届いているんだね。
5
振り返って撮影。
阪神高速7号神戸線をくぐってフェンスの間の道を出てきたよ。
一旦アスファルト道路を横切って・・・
2016年10月09日 13:07撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って撮影。
阪神高速7号神戸線をくぐってフェンスの間の道を出てきたよ。
一旦アスファルト道路を横切って・・・
3
またしばらく山道。
2016年10月09日 13:09撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またしばらく山道。
1
上段の柵の向こう側から下りてきた。
2016年10月09日 13:11撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上段の柵の向こう側から下りてきた。
2
対向2車線の旧有馬街道をのんびりと歩く。
まだ空はどんよりだなあ。
2016年10月09日 13:17撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
対向2車線の旧有馬街道をのんびりと歩く。
まだ空はどんよりだなあ。
3
神戸電鉄花山駅到着。
アイスを食べたかったが、花山駅前にはお店がありません。
有馬街道まで足を伸ばせばファミマがあるよ。
2016年10月09日 13:35撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神戸電鉄花山駅到着。
アイスを食べたかったが、花山駅前にはお店がありません。
有馬街道まで足を伸ばせばファミマがあるよ。
10

感想/記録

上野道では赤リス君に無事ご対面できましたが、青谷道のえっへんドヤ顔リス君(黄リス君)には会えませんでした。
予定ではもう少し南の方から青谷道に乗るつもりだったのですが、まさかの笹薮漕ぎをして、ひょこり青谷道の途中に降り立ったときはどっと疲れを感じたのと、怪我なく崖を降りられてほっとしたので、青谷道の起点まで戻るということすら思いつきませんでした。
もっと下の方に黄色リス君いたのかなあ、残念です。
でも、でも!!
あけぼの茶屋さんから少し登ったところで「風見リス君」を発見。
これにはびっくりです。こんなリス君は見たことがありません。
3m程の高さにちょこんと乗っかっていました。
レアモノをGETしてご満悦です。

さて、摩耶山まではたくさんの登山者さんと出会いましたが、裏六甲へ足を踏み入れた途端に自然の中に放り込まれた感じです。
水音と渡りで通過中の野鳥たちの鳴き声、とっても落ち着く空間です。
桜谷、まむし谷、炭ヶ谷、どのコースも安全でよく踏まれています。
谷道なので眺めはよくありません。
写真を撮っても、みんな同じ景色です・苦笑
でもまた歩きに行きたくなる道ですよ。

今日もいい山歩きができました。
ありがとうございます。
訪問者数:319人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/11/21
投稿数: 1230
2016/10/9 19:33
 風見リス君!
まきさん 大発見ですね

火と風、両方を見守っているなんてすごいです。
リス君がくるくる楽しそうに回っているのを
見たいです(^o^)

でも、もしリス君が風で高速くるくる回転だったら
まさかあんなところでリス君が頑張っているとは
知らなくて見えなかったかもしれません。
登録日: 2013/9/11
投稿数: 343
2016/10/9 20:39
 唯一無比!
takatsukimakiさん、こんばんは

風見リス君、超レアというより特注もの
発注した側にもユーモアがありますが、作った職人さんも凝り性ですね〜
ディテールにこだわる辺り、神戸ならではだなーと思います。
樹林帯の苔むしたところより、眺望のきいた山頂とかにおいてあげたいですね。
でも、こういう環境だからこそ、ひっそりと残っているのかもしれません。

まだまだ見たことないレアものリス君、全国に潜んでいそうですね
登録日: 2012/6/25
投稿数: 1629
2016/10/9 21:07
 こんばんは bbさん
よく頑張りますね

楽しい発見があって良かったです

青谷の風景すっかり忘れています お茶屋さん あったかな? 
もし覚えていてもずいぶん変わっているでしょうね

帰宅後の家事 大変ですね 山行きのポイントをしっかり貯めてください

私は洗濯だけやります 変な虫なんか連れて帰っていないかチェックが入ります
登録日: 2014/7/13
投稿数: 2085
2016/10/9 21:56
 オッサンのリス君に拍手ありがとう
takatukimaki さん コンばんはpaper

早いですね!ゲリラ活動しているのに並び替えで直ぐに見つかってしもーたワイ
また、風見リスとはポイント高い!
やられたワイ 苦労して大猟ゲットと思ったが…ガックリ
トム兄さん油断していると、タカ&あくび姉さん達に越されますよ!
わかる人にはわかるコメントで申し訳ねーだ
登録日: 2013/11/1
投稿数: 846
2016/10/10 6:03
 Re: 風見リス君!
ほびっとさん、おはようございます。

あはは〜〜〜≧(´▽`)≦アハハハ
ほびっとさんの発想力に負けました。
私の想像力は貧弱でした。

だってだって、私が想像していた回るリス君っていえば、昔持っていた「オルゴールに乗っかっているお人形が音楽に合わせて回る」イメージだったんですよ。

ほびっとさんの「高速回転」は、もうビュンビュン 姿が消えるくらいってことですね。 おもしろすぎです〜〜〜
もしかしたら台風の時はそんな状況なのかもしれないですね
纏リス君は三半規管が高性能なのかな?私なら酔ってしまいますが・・・

凪の日に歩いたのは正解でした
登録日: 2013/11/1
投稿数: 846
2016/10/10 6:13
 Re: 唯一無比!
tom32さん、おはようございます。

そうなんですよ、このリス君は紛れもなく「一点もの」じゃないかと浮かれてしまいました
でも、看板の文字から設置者は個人とか企業じゃなくて「神戸市」っぽいんですよね。
年度末に予算が余りそうだったとか!?

写真ではよくわからないですが、看板の文字の部分も実は手が込んでいて、三角柱状なんです。だから全方位からぱっと「山火事用心」の文字が目に入る仕組み なんです。
リス君も実物は結構でかくて体長30cmは超えていると思います。

こんなのを見つけちゃうと、「いったい誰が、いつ、どういう経緯で造られ今に至るのか」を知りたくなります。
小池さんの気持ちがわかる気がします?
登録日: 2013/11/1
投稿数: 846
2016/10/10 6:33
 Re: こんばんは bbさん
お師匠さん、おはようございます。

お師匠さんも神戸在住の頃は青谷道、何度も歩かれたのでしょうね。たくさんの人が歩いている人気コースだとわかりました。
崖から青谷道へ降下するときは、青谷道を歩く一般ハイカーさんに気を遣いました。
まさか人が現れるとは思いもしない頭上からあやしいおばちゃんが突如落ちてきて「ギャ〜〜〜ッ 」ってびっくりさせてたら申し訳ないでしょう?
こっそりこっそり人気のないときに脱出しようと、崖の上で木の幹の隙間から、下の道の様子を伺っていました。(もうすでに、充分怪しいやん!!
でも、登山者さんが途切れることなく登ってくるんですよ。

結局、今だ!!というタイミングで降下作戦に移ったのですが、崖の途中で股ザキ状態になって斜面にしがみついているところでトレランのおじ様が登場
足を止めて、私が青谷道に着地するまでアドバイスをくれたりして見守ってくださいました。すみません、本当にありがとうございます な出来事でした。

長くなりました、何を言いたかったかというと、青谷道は大人気でした ということです

お師匠さんも洗濯で虫チェック、ですか?
私も必須儀式ですね、これは 奴らはしたたかですからね、油断禁物です
でも、山で地面に置いているザックを平気でリビングに置いたりしているのですが・・・
登録日: 2013/11/1
投稿数: 846
2016/10/10 6:39
 Re: オッサンのリス君に拍手ありがとう
kazuhagiさん、おはようございます。

ゲリラ活動も、常習化するとダメっすよ
おばちゃんにだって学習能力はあるんだから、「そろそろ次、ちゃうか 」って匂ってくるもんなんです
それに、リス君看板の地名からkazuhagiさんの姑息な行動だと一目瞭然です

いや、でもびっくりしましたよ kazuhagiさんの作業中の画像の群れは!!
大量発見はもちろん、一箇所に複数生息もあったりで、取り付けた人のリス君 を勝手に読み取ってしまいましたもの。

ところで、私はかわいい小鳥の「オオルリ」ちゃんですのよ。(私がかわいいのではなく、オオルリがかわいいのですよ、念のため)アイコンをご覧下さいまし
キラッて目を光らせている(☆∀☆)猛禽類ではございませんのよ〜〜〜。

公のページでリス君クラブ!!の濃いい書き込みをしてしまいました。
ヤマレコユーザーのみなさま、リス君クラブ!!を誤解しないでくださいね
登録日: 2014/2/23
投稿数: 178
2016/10/10 7:02
 お疲れ様です
takatukimakiさん
おはようございます
まー、けががなくてよかったですね

六甲山、規模が大きくていいですよね
昔はよく行きましたが、土日は人がちょっと多いからなー
六甲連山79山も、まだ途中なので
平日、休んで行こうかな

いろんな、りすさんありがとうございます
楽しませて頂きました。
登録日: 2015/6/15
投稿数: 1107
2016/10/10 17:38
 風見鶏リス君サイコーにレア!
こんにちは

これはすごい!神戸っ子の心意気に💘ドキュン💘
ハンドメイドですか?きっと一点モノですよね。

ヘェ〜、どこからも見えるなんて技術力が
プロフェッショナル 仕事の流儀みたいでかっこいい

クルクルしているところ私も見てみたいです!
登録日: 2013/11/1
投稿数: 846
2016/10/10 20:15
 Re: お疲れ様です
tera5392さん、こんばんは。

ありがとうございます、おかげさまで大怪我は免れました
でも小怪我はちょこちょこっとしてしまいました。
いえね、藪漕ぎは全くの想定外だったので、暑さ対策にと「半袖、半ズボン+タイツ」。
しかもおニューの機能性ソックス(くるぶしより短いやつ)の試し履きをしたくてトレランシューズ履きだったんです。
もう藪漕ぎタイムでは、腕も足首も無防備過ぎて、いろんなもので切れたり 擦れたり 突き刺さったり ・・・帰宅後のお風呂が地獄でした

地形図を鵜呑みにして、ちゃんと道の情報を予習しなかったのも失敗ですね。
夏場は低山迷走から遠ざかっているので、勘が鈍っていました。
本来楽しいはずの薮山迷走ですが、準備なしだとこんなに疲れるものだと再確認しました
反省反省。

六甲連山79山、というのがあるのですか?
初めて知りました
これ、とっても面白そうですね。私もやってみたくなりました。
またtera5392さんの心強い過去レコのお世話になりそうです
登録日: 2013/11/1
投稿数: 846
2016/10/10 20:34
 Re: 風見鶏リス君サイコーにレア!
あくびねこさん、こんばんは。

うれしいな、このリス君のこと、認めてもらえるのは
レア物の匂いを嗅ぎ分けて探し当てることにおいては「クラブ1 」のあくび猫さんにもそう言って貰えて、見つけた甲斐がありますよ ありがとうございます

見つけたときは、もう有頂天でめちゃくちゃいっぱい写真を撮ったんですよ
いろんなアングルで、近づいたり離れたり、裏からも表からも。
たぶんすごくニヤケながら
登山口で追い抜いた人たちが追いついてきてハッと我に返りました。いかんいかん、独りであっちの世界に行っていたわ
あわてて顔を立て直して出発したのですが、今思うとせっかくだから、リス君看板と一緒に写真を撮ってもらったらよかったかなと、少し後悔しました。

やっぱ、この子、特注ですかね?
我らリス君クラブ!!でもnanfutsuさんが手がけてくださっている懸案が解決したら、この子に負けないレア物をいっぱい世に出したいですね
皆さん個性的なアイデアをお持ちのようですし
その日を楽しみにしておきましょうね
登録日: 2014/7/13
投稿数: 2085
2016/10/11 19:45
 Re[2]: オッサンのリス君に拍手ありがとう
takatukimakiさんは良く見ているズラ
あくびねこさんもですが!
ゲリラ活動し撃っては逃げてましたが、行動お見通しでしたね〜
やはり10匹超えると集団なのでばれやすいズラ
最近の2匹も直ぐ見つかってしまいましたcrying
今度は夜間に活動しよー鳥目作戦発動ずら
登録日: 2013/11/1
投稿数: 846
2016/10/11 22:00
 Re[3]: オッサンのリス君に拍手ありがとう
夜間活動とは、やられました〜〜〜
参りました、白旗です オオルリにしろ、タカにしろ、鳥類は退場です

でもでも、夜は夜行性の猫の目がキラ〜〜〜ン
岐阜のネコも、石川のネコ(トムジェリ?!)も手ごわいですよねぇ・・・
登録日: 2010/2/8
投稿数: 2480
2016/10/11 22:52
 おっと、リバーシブルな「風見リス」君!
takatukimakiさん、スバラシイです

もうオブジェの世界ですね
最初、ん?ミカン食ってるんかな?
と思ったら風受けのカップだったんですね
少し強めに吹けばくるくる回りそうですが、多少錆びてるのかな
回らなくてもこれはレア度満点です!
よくぞ見つけてくれました、こんなのもあるんですね〜 って感じ。

摩耶山といえば昔、ケーブル下を高校の同級生4人で転げるように降りてきた懐かしい想い出があります。当時オープンしたてのポートピアランドの絶叫マシン(<知らんか?)に涙して帰ってきたことも。おたふく山でしたっけ、芦屋から登って奇岩にビックリ、六甲山をミニ縦走の後でした。
しかしmakiさん、アップダウン何度やったの!?って、これくらい歩かないと麻痺しちゃったのかな?
いずれにせよ発見お見事!&お疲れさんでした。
登録日: 2013/11/1
投稿数: 846
2016/10/12 7:36
 Re: おっと、リバーシブルな「風見リス」君!
ShuMaeさん、おはようございます。

あはは、「ミカンリス君」だったら、それはそれで珍リス君だったかも

山道って、足元が気になるので俯いていることのほうが多いですよね。
でも今回はリス君情報を頂いていたので、キョロキョロしてアンテナを張り巡らせていたのがラッキーでした あの高さでは、普通に歩いていたら視野に入りませんもんね

ポートピアランド!!絶叫マシン!!
懐かしいですね〜〜〜
さすが関西人ですね、ShuMaeさん 超ローカルな話題も豊富!!
そして学生時代からお山好きだったこと、今と変わらないですね
それに当時の記憶も、色濃く残っているのですね
私といえば学生時代は走る人だったので、六甲山へは走りに行ったことしかなかったんです。当時はトレランという概念もなかった時代なので、変わった人、という目で見られていました

今回登ったり下りたりしたのは、リス君情報があった上野道と青谷道両方のリス君に会おうとしたからなんです
せっかく近くまで来ているのに、どちらかをスルーするなんて私にはできませ〜〜〜ん で、こうなちゃいました 無駄にジタバタしています

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ