ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 976392 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

ツルネ東稜

日程 2016年10月07日(金) 〜 2016年10月08日(土)
メンバー takku_y, その他メンバー3人
天候7日晴れのち曇り 8日霧のち風雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
美し森駐車場(無料)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち46%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間42分
休憩
47分
合計
7時間29分
S美し森無料駐車場08:4809:19天女山方面・たかね荘方面分岐09:2011:11出合小屋11:3711:43本谷・赤岳沢分岐11:4813:24ツルネ東稜取付き点13:3715:47ツルネ15:4916:17キレット小屋
2日目
山行
5時間47分
休憩
39分
合計
6時間26分
キレット小屋06:0207:30真教寺尾根分岐07:5610:06扇山10:1810:30牛首山11:21大門沢方面分岐11:2211:26真教寺尾根登山口12:00羽衣池12:10八ヶ岳美し森ロッジ(たかね荘)12:20美し森山12:27美し森無料駐車場12:28ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
山の仲間と1泊2日の計画でツルネ東稜にいってきた。一般ルートではないが、踏み跡がしっかりあり、地図をきちんと読みながら行けばそれほど難しいコースではないと感じた。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 ハイドレーション 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット エマジェンシーシト 常備薬 保険証 携帯 充電器 時計 タオル ストック ナイフ カラビナ2 シュリンゲ120cm 60cm
共同装備 補助ザイル(20m)

写真

美し森駐車場
2016年10月07日 08:46撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美し森駐車場
しばらくは林の中の林道を行く
2016年10月07日 08:56撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくは林の中の林道を行く
のんびりと林道をたどる
2016年10月07日 09:17撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
のんびりと林道をたどる
登山道が交差している行く手にゲイトが見える
2016年10月07日 09:19撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道が交差している行く手にゲイトが見える
砂防ダムが出てくる
この後は踏み跡を辿る
2016年10月07日 10:01撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砂防ダムが出てくる
この後は踏み跡を辿る
渡渉を繰り返す
2016年10月07日 10:57撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡渉を繰り返す
出会い小屋
2016年10月07日 11:09撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出会い小屋
カモシカが崖の上から見ている
2016年10月07日 11:48撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カモシカが崖の上から見ている
ツルネ東稜の道標、この後も沢沿いに進むのが正しい道だが、我々は写真の左に写っている尾根を登ってしまった。
2016年10月07日 11:59撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツルネ東稜の道標、この後も沢沿いに進むのが正しい道だが、我々は写真の左に写っている尾根を登ってしまった。
正しいツルネ東稜の取り付き点
2016年10月07日 13:31撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正しいツルネ東稜の取り付き点
ツルネ東稜を登る。明瞭な踏み跡がある。
2016年10月07日 14:58撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツルネ東稜を登る。明瞭な踏み跡がある。
2450mあたりから赤岳を望む。左は阿弥陀岳
2016年10月07日 15:04撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2450mあたりから赤岳を望む。左は阿弥陀岳
ツルネ
2016年10月07日 15:51撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツルネ
キレット小屋で記念写真
2016年10月08日 06:00撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キレット小屋で記念写真
岩場の道を赤岳を目指し登る。かなり急
2016年10月08日 06:32撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場の道を赤岳を目指し登る。かなり急
真教寺尾根の道
2016年10月08日 09:06撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真教寺尾根の道
羽衣池手前の林の中の道
2016年10月08日 11:57撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
羽衣池手前の林の中の道
撮影機材:

感想/記録

N氏をリーダにツルネ東稜からキレット小屋を目指し美し森の駐車場から出発した。駐車場からは林道が地獄谷の手前の砂防ダムまで伸びている。初日は天気も良く気持ち良く進めた。砂防ダムを越えると踏み跡を辿り、渡渉を繰り返して出会い小屋まで行く。出合小屋は無人だが地元の山岳会のおかげでよく整備されている。出合小屋からちょっとで大門沢方面分岐につく立派な道標が立っている。そこから程なくツルネ東陵の道標が現れる。道標の横の尾根を見ると上部に大きな岩もあり、取り付き点には大きな岩があるということなので、ここが取り付き点と思い込み薄い踏み跡を辿り急峻な尾根を登ってしまった。これが大間違い。上に行くほど傾斜はきつくなり踏み跡もほとんどない。これはルートを外れたかとgpsで確認すると一つ手前の尾根を登っていることがわかった。実際の取り付き点は尾根の前の沢をさらに遡ったところにあった。間違った尾根を50mほど登ってしまって傾斜もかなりきつい。歩いて下るのは危険と考えて、歩いて下れるところまで下り(およそ20m)、そこから補助ザイルを使って下ることにした。シュリンゲでチェストハーネスを作り。半マストノットでアップザイレをする。2ピッチ下り。傾斜の緩いガレ場を下ると取り付き点に向かう踏み跡に出た。1時間半のロスであった。降った地点から正しい取り付き点は直ぐてあった。それからは地図で確認を繰り返しながら急ではあるが、明瞭な踏み跡があるさっきの尾根とは違い歩きやすい道をツルネまで登った。キレット小屋はとても綺麗で食事も良かった。翌日は出発した時は霧であった。岩場に差し掛かると風が非常に強く、霧の粒も大きくなって非常に寒い。雨具を着ける。強い風で体が振られる。真教寺尾根との分岐に着き今後の相談をした。リーダーの計画では天気が良ければ真教寺尾根を下る。雨の時は上部に岩場がある真教寺尾根より安全な赤岳の先の地蔵尾根を下り美濃戸口まで下るとなっていたが、風向きが西からの風であり地蔵尾根コースは風雨をもろに受けることになる。対して、真教寺尾根は東向きの尾根であり風は西側より弱いと考えた。相談の結果、上部に岩場があるが西側より安全と考えて真教寺尾根を降りることにした。下り始めて見ると稜線で吹かれた体が浮くような風はなく。かなり楽に下れた。岩場は鎖がしっかりついていて何の不安もない。12時30分美し森駐車場に着く。
訪問者数:170人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ