ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 976717 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

多摩丘陵(御殿峠〜七国峠〜小松トレイル入口)

日程 2016年10月09日(日) [日帰り]
メンバー topaz_19
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
In) 八王子みなみ野駅
Out) 館ヶ丘団地バス停−(バス)→高尾駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間12分
休憩
6分
合計
3時間18分
S八王子みなみ野駅14:3015:00東京工科大学15:0115:07御殿峠15:34東京造形大学15:40七国古道入口16:20七国峠16:31大日堂16:3216:42東京家政学院16:53町田街道T字路17:07小松トレイル入口17:0917:41館町清掃工場入口17:4317:48館ヶ丘団地バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
激しい雨の直後だったため、落ち葉や表層の土が流されて下の固い土が露出していてそれが滑りやすく注意が必要でした。通常の天候の場合は問題ないと思います。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 雨具 日よけ帽子 ザック 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル カメラ

写真

八王子みなみ野駅から出発です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八王子みなみ野駅から出発です。
1
みなみ野駅の脇から丘の上に登ります。が、実はこれがとんでもない勘違いでした。地図をちゃんと確認すれば道がないことは一目瞭然でしたが、誘われるままに中央の道を進んでしまいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みなみ野駅の脇から丘の上に登ります。が、実はこれがとんでもない勘違いでした。地図をちゃんと確認すれば道がないことは一目瞭然でしたが、誘われるままに中央の道を進んでしまいました。
その後、なんだかんだあった後で東京工科大学前に出てきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その後、なんだかんだあった後で東京工科大学前に出てきました。
16号線沿いを歩き、前回撤収した御殿峠に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
16号線沿いを歩き、前回撤収した御殿峠に到着。
前回はこのバス停から帰りました。ここからが今回の本当の始まりです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前回はこのバス停から帰りました。ここからが今回の本当の始まりです。
地図では日本閣の脇の道から下れる道があるとなっていたので探して、ここだと思ったら… 私有地で立入禁止だったので諦めて車道を行くことにしました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地図では日本閣の脇の道から下れる道があるとなっていたので探して、ここだと思ったら… 私有地で立入禁止だったので諦めて車道を行くことにしました。
谷あいに下りてしばらく歩いていくと東京造形大学の入口があります。どんな造形があるのかと思いましたが、ここからは何も見えません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷あいに下りてしばらく歩いていくと東京造形大学の入口があります。どんな造形があるのかと思いましたが、ここからは何も見えません。
更に歩いていくと七国古道の入口があります。入口がわかるか不安でしたが、標識はないもののはっきりとした入口でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
更に歩いていくと七国古道の入口があります。入口がわかるか不安でしたが、標識はないもののはっきりとした入口でした。
七国古道の途中で北側を見渡せる場所がありました。手前は(後から調べたら)ニッスイの研究所。右手奥の高い建物が八王子駅前。左手には(おそらく)奥多摩方面の山々。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七国古道の途中で北側を見渡せる場所がありました。手前は(後から調べたら)ニッスイの研究所。右手奥の高い建物が八王子駅前。左手には(おそらく)奥多摩方面の山々。
1
七国峠。古道だからでしょうか、あまり峠という風情はなく、山道の途中という感じです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七国峠。古道だからでしょうか、あまり峠という風情はなく、山道の途中という感じです。
1
急登すると大日堂に出てきます。ここが一番高いところのようです。が、特に眺望は良くありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登すると大日堂に出てきます。ここが一番高いところのようです。が、特に眺望は良くありません。
古道の出口。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古道の出口。
東京家政学院前の交差点。どうやら近くにソフトクリームのお店(道中にやたらと案内がありました)があるようですが、パスして先に進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東京家政学院前の交差点。どうやら近くにソフトクリームのお店(道中にやたらと案内がありました)があるようですが、パスして先に進みます。
トンネルを越えて下っていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トンネルを越えて下っていきます。
町田街道に出ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
町田街道に出ました。
境川に掛かる橋に蛍の絵が。この川で蛍が見られるのでしょうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
境川に掛かる橋に蛍の絵が。この川で蛍が見られるのでしょうか。
小松トレイル入口。ここから城山湖、草戸山に行くことができますが、今日はこれで撤収です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小松トレイル入口。ここから城山湖、草戸山に行くことができますが、今日はこれで撤収です。
町田街道の八王子市と町田市との境の峠。(館町清掃工場入口とありました。)すぐ近くのバス停からバスで高尾駅に。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
町田街道の八王子市と町田市との境の峠。(館町清掃工場入口とありました。)すぐ近くのバス停からバスで高尾駅に。
1

感想/記録

9月以降、休日は天候不順で、天気の良い日は別の用事があったりとなかなか外に出る機会がありませんでした。この日は午前中は雨で午後には止むという予報でしたので、多摩丘陵から高尾山への旅の続きを歩くことにしました。前回は御殿峠で撤収したので、今回はそこから城山湖に登る道(小松トレイルというらしいです。)の入口まで歩きました。
出発は八王子みなみ野駅で、そこからまず御殿峠まで歩きました。が、いきなり登る道を間違えて、というより道がないところをあると勘違いしてどんどん進んでいってしまいました。次第に道らしきものはみえなくなり(道ではなかったので当たり前ですが)笹ヤブの中を進むことになりました。本来は引き返すべきでしたが、雨上がりでぬかるんでいた道を戻りたくなくて、斜面を登って何とか本来の道に出ることができました。しかし、これが山だったらいわゆる道迷い遭難の典型的パターンだなと思い、反省しました。ちゃんと地図を持っていたので見れば良かったのですが、駅前の地域図を見て、道があると勘違いしてしまったのが原因かと思います。
なんだかんだあって、御殿峠に到着し、ここからが本当の前回の続きとなります。地図には日本閣の脇の道から東京造形大学の方に道があったのですが、一つ目は入口がわからず、次の道は私有地立入禁止の看板があり、結局車道を回り道して造形大の方に。今日は道をちゃんと捉えられない日かな〜などと非科学的な思いに囚われつつも目的の七国古道入口は無事に見つけられました。
七国古道は丘の尾根を伝う快適な道で、途中何カ所で北側が開けて眺めが良かったです。気持ちよく歩いていると、突然七国峠の標識があって少し拍子抜けしました。あまり峠という感じはありませんでしたが、山地でもなく古道なのでそういうものかなと思いました。
その後は東京家政学院の前に下りてきて、やたらと看板のあったアイスクリーム屋さんを横目に、最終目的地の小松トレイル入口まで歩きました。次回、ここから城山湖、草戸山に登れば多摩丘陵から高尾山への旅は完結ですが、今日はここで撤収しました。ここから八王子の館ヶ丘団地のバス停まで歩き、高尾駅に向かって終了でした。
訪問者数:99人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 道迷い クリ 遭難
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ