ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 976926 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走日高山脈

アポイ岳

日程 2016年10月09日(日) [日帰り]
メンバー kamio3104
天候晴れ、一時強風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
札幌から車行き3.5時間、帰り4時間、日帰り。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間4分
休憩
1時間59分
合計
6時間3分
Sアポイ岳ジオパーク08:1610:37アポイ岳12:1814:01アポイ岳ジオパーク14:1914:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
低気圧の通過に伴い、一時強風。襟裳岬で29.3m観測。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

感想/記録

黒岳〜旭岳縦走を予定していたところ、この1週間で一気に冬になってしまい、しかもこの3連休の天気は荒れ模様とのことで断念。北海道全般天気が良くない中、太平洋側は天気との予報で、急遽、アポイ岳を登ることに。予報通り、快晴の中、海と空と山の景色に囲まれての気持ちいいい登山となりました。ところが、山頂に着いて、そのまま隣の吉田山まで縦走し始めたところ、急激に天候悪化。強風、雨、ガスで視界2mくらいに。後から新聞を読んで、北海道の太平洋側で一時的に強風が吹き荒れ、アポイ岳すぐ近くのえりも岬で最大瞬間風速29.3mを観測ということが起きていました。その風が、アポイ岳で山を駆け上がり、頂上をガスが吹き荒れる凄まじい天候に変えた模様。上下ゴアを身に着け、風があたらない山陰に隠れて、じっと天気の回復を待っていました。悪天候が長くは続かないことは予想がついていたので、稜線上で風とガスが凄まじい姿で踊り狂う様子を楽しんで見ることができました。ここが大雪山で無かったことを心底ありがたいと思いました。予想通り、1時間強で天気は回復。アポイ岳に戻って、改めて記念撮影。登山途中の人や頂上で休んでいた人は、この間一体どうしていたのだろう。苦労して無事下山をしたのだろうと思う。
紅葉はまだこれから。とても楽しめる山だったので、紅葉の時期にもう一度来たいと思いました。札幌から中途半端に遠いのがたまに傷。
訪問者数:73人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス 紅葉 ゴア
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ