ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 977337 全員に公開 ハイキング奥武蔵

長沢背稜 雲取山 富田新道 東日原起点

日程 2016年10月08日(土) 〜 2016年10月10日(月)
メンバー atuya
天候1日目 曇→雨(濃霧)→晴 夕方でも20℃以上
2日目 曇→雨(濃霧)→晴→濃霧
3日目 雨(濃霧)→曇 朝は寒かった
アクセス
利用交通機関
車・バイク
往路 午前3:30発 東日原駐車場 朝6:00で2台目
復路 午前10:00時過で 12台駐車中 午後 2:00前に帰宅
往復とも調布ICから八王子IC 他一般道
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち59%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間2分
休憩
2時間2分
合計
8時間4分
S東日原バス停06:3608:20滝入ノ峰(大蛇居)08:2108:48横篶山09:23一杯水避難小屋10:0610:31天目山(三ツドッケ)10:3310:49ハンギョウノ頭(板形ノ峰)10:5311:04ハナド岩11:1611:21大栗山11:59七跳山(犬麦スダレノ峰)12:0212:54坊主山(割谷ノ峰)13:15酉谷山避難小屋14:0714:12酉谷峠14:21酉谷山14:2614:33酉谷峠14:40宿泊地
3日目
山行
3時間50分
休憩
17分
合計
4時間7分
奥多摩小屋06:0306:37権衛ノ頭06:53サワラノ平07:45唐松谷分岐08:00吊橋08:08富田新道入口08:1809:12八丁橋09:1709:44日原鍾乳洞バス停09:49日原観光公衆トイレ09:55中日原登山口09:55中日原バス停10:04東日原バス停10:0610:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
1日目 スタートは長ズボンと長袖Tシャツに半袖上着 暑くも寒くもない。途中カッパを着てもそれほど汗をかかない。酉谷山避難小屋では陽が照り付けて 外の寒暖計が24℃を示していた(夜も14℃ほどあった)
2日目 行福ノタオでカッパを着る。昨日より雨脚が強い。長沢山手前で雨が止み 濃霧も消えていった(風が強かったので飛ばしてくれたようだ)曇り模様は変わらず 昼過ぎに少し陽が差したが 夕方には霧が出て寒くなってきた
3日目 日付がかわったころからテントに雨の音 朝は濃霧で 雨は止んだようだ。吊橋では霧もなくなっていたが その後も曇りのままだった 
コース状況/
危険箇所等
ヨコスズ尾根 明瞭 滝入ノ峰前後は急坂あり
長沢背稜 明瞭 ほとんど巻き道 長沢山 芋ノ木ドッケの上ぼり下りはきつい
富田新道 サワラノ平近くから途中不明瞭なところあり ブナ林を過ぎてきらの巻き道は 落葉の急坂が怖い 長い林道歩きが飽きる
※実際の距離(寄り道を除いて)は 38〜40劼らいかな
その他周辺情報奥多摩小屋テント場 500円(ヘリポート以外なら結構自由?) 奥多摩小屋・雲取山荘 350mlビール500円(ジュース類は 雲取山荘にしかない)

写真

1日目
1300m以上は雲の中? 稲村岩 右に八丁山
2016年10月08日 06:28撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1日目
1300m以上は雲の中? 稲村岩 右に八丁山
2
本仁田山の表示が無くなっている(1つ向きが違っていて良かったのに…)
2016年10月08日 06:33撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本仁田山の表示が無くなっている(1つ向きが違っていて良かったのに…)
日原鉱業のフェンス沿い 急坂を登る
2016年10月08日 07:10撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日原鉱業のフェンス沿い 急坂を登る
二五一 ルートを外れ この辺から滝入ノ峰を目ざす
2016年10月08日 07:51撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二五一 ルートを外れ この辺から滝入ノ峰を目ざす
1
尾根もこのへんは歩きやすい
2016年10月08日 07:56撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根もこのへんは歩きやすい
1
滝入ノ峰 一般コースからはかなり離れている(高い)
2016年10月08日 08:20撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝入ノ峰 一般コースからはかなり離れている(高い)
1
尾根沿いは急傾斜 強引にコースへ戻った 巻き道は狭い所もあり(こっちもちょっと怖い)
2016年10月08日 08:35撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根沿いは急傾斜 強引にコースへ戻った 巻き道は狭い所もあり(こっちもちょっと怖い)
尾根を歩いていれば 表示のところに出てくるのだろう
2016年10月08日 08:39撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根を歩いていれば 表示のところに出てくるのだろう
1
???トウヒレンかな
2016年10月08日 08:43撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
???トウヒレンかな
一杯水避難小屋 3時間近くかかった(ちょっと前から霧が出てきていた…朝の雲の中に入った)
2016年10月08日 09:23撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一杯水避難小屋 3時間近くかかった(ちょっと前から霧が出てきていた…朝の雲の中に入った)
休憩後 小屋裏を上って 天目山(三ツドッケ)へ
2016年10月08日 10:05撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩後 小屋裏を上って 天目山(三ツドッケ)へ
1
仙元峠からの合流点 前回(3月)は見逃していた 小さくて無理ないか
2016年10月08日 10:19撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙元峠からの合流点 前回(3月)は見逃していた 小さくて無理ないか
2
東のドッケは岩場
2016年10月08日 10:19撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東のドッケは岩場
中のドッケは稜線
2016年10月08日 10:21撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中のドッケは稜線
西のドッケは最高点
2016年10月08日 10:30撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西のドッケは最高点
2
何も見えないので先を急ごう(この時は雲取山荘へ…)
2016年10月08日 10:32撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何も見えないので先を急ごう(この時は雲取山荘へ…)
1
避難小屋からの巻き道と合流
2016年10月08日 10:41撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋からの巻き道と合流
ハンギョウノ頭(板形ノ峰) 表示板があるので何かあるなと…
2016年10月08日 10:50撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハンギョウノ頭(板形ノ峰) 表示板があるので何かあるなと…
小さくハナド岩の文字 すぐ左側
2016年10月08日 11:04撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さくハナド岩の文字 すぐ左側
1
ハナド岩から 左のハンギョウ尾根と大栗尾根に挟まれた滝上谷から小川谷へ(お天気がよくなるかな?)
2016年10月08日 11:07撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハナド岩から 左のハンギョウ尾根と大栗尾根に挟まれた滝上谷から小川谷へ(お天気がよくなるかな?)
2
桟橋は 七跳山前後に4・5ヶ所だけだったかな(しっかりしている)
2016年10月08日 11:32撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桟橋は 七跳山前後に4・5ヶ所だけだったかな(しっかりしている)
1
コースを外して 向こう側が七跳山だったか?(何の表示もなかった…)
2016年10月08日 11:57撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コースを外して 向こう側が七跳山だったか?(何の表示もなかった…)
1
坊主山が見えた辺りで なめこ(美味しそう)
2016年10月08日 12:21撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
坊主山が見えた辺りで なめこ(美味しそう)
同じ場所 なめこ2(ぬめぬめが出ている…食べたかったなあ) 
2016年10月08日 12:22撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じ場所 なめこ2(ぬめぬめが出ている…食べたかったなあ) 
1
陽射しが暑いくらいだ
2016年10月08日 12:51撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
陽射しが暑いくらいだ
八岳への分岐 「戻る勇気も必要」なくらい道がない?
2016年10月08日 12:56撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八岳への分岐 「戻る勇気も必要」なくらい道がない?
1
酉谷山 避難小屋 雲取山への分岐
2016年10月08日 13:15撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
酉谷山 避難小屋 雲取山への分岐
1
酉谷山避難小屋(雲取山荘へは 体力的に無理そうなので やむを得ずお世話になることに…)綺麗だが小さい 
2016年10月08日 13:17撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
酉谷山避難小屋(雲取山荘へは 体力的に無理そうなので やむを得ずお世話になることに…)綺麗だが小さい 
4
水量は少ないが OK!
2016年10月09日 06:31撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水量は少ないが OK!
昼食後 手ぶらで尾根に出て 酉谷山へ
2016年10月08日 14:08撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昼食後 手ぶらで尾根に出て 酉谷山へ
1
陽が射して 2・3度のわずかな上りあり
2016年10月08日 14:11撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
陽が射して 2・3度のわずかな上りあり
酉谷山 やった長沢背稜の主峰(?)
2016年10月08日 14:20撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
酉谷山 やった長沢背稜の主峰(?)
2
空気が澄んでいて 鷹ノ巣山からの石尾根 大岳山もくっきりと見える
2016年10月08日 14:20撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空気が澄んでいて 鷹ノ巣山からの石尾根 大岳山もくっきりと見える
4
東側 歩いてきた方向 天目山と蕎麦粒山かなあ
2016年10月08日 14:22撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東側 歩いてきた方向 天目山と蕎麦粒山かなあ
3
オヤマリンドウ 大き目の花1つ
2016年10月08日 14:37撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オヤマリンドウ 大き目の花1つ
1
小屋から大岳山UP
2016年10月08日 16:36撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋から大岳山UP
4
七ッ石山から鷹ノ巣山 手前に天祖山(うね雲かな)
2016年10月08日 17:23撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ッ石山から鷹ノ巣山 手前に天祖山(うね雲かな)
2
2日目
出発 天気を気にしながら
2016年10月09日 06:34撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目
出発 天気を気にしながら
酉谷山へは行かずに 巻き道を
2016年10月09日 06:40撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
酉谷山へは行かずに 巻き道を
行福ノタオ 雨が本降りに
2016年10月09日 06:59撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行福ノタオ 雨が本降りに
1
この辺がタワ尾根(ウトウノ頭)の分岐点だと思うが 表示等はない
2016年10月09日 07:46撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺がタワ尾根(ウトウノ頭)の分岐点だと思うが 表示等はない
滝谷の峰ヘリポート 雨脚が強まる
2016年10月09日 07:58撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝谷の峰ヘリポート 雨脚が強まる
いい感じのコース でも雨の中
2016年10月09日 08:10撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい感じのコース でも雨の中
1
案内板はないが 何とか水松山(あららぎやま)へ
2016年10月09日 08:24撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
案内板はないが 何とか水松山(あららぎやま)へ
2
コースに戻った(目立たない所への分岐点でも 標柱・案内板・表示など 何かしらあることが多いと思う)
2016年10月09日 08:29撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コースに戻った(目立たない所への分岐点でも 標柱・案内板・表示など 何かしらあることが多いと思う)
長沢山への上りで 出発後 早々に抜かされ2人が見える
2016年10月09日 08:44撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長沢山への上りで 出発後 早々に抜かされ2人が見える
1
長沢山 展望は利かない(雨が上がった)
2016年10月09日 09:02撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長沢山 展望は利かない(雨が上がった)
桂谷ノ頭(石楠花ノ頭)は ヒノキの根と岩場で歩き難い
2016年10月09日 09:37撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桂谷ノ頭(石楠花ノ頭)は ヒノキの根と岩場で歩き難い
両神山がくっきりと
2016年10月09日 09:38撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両神山がくっきりと
2
手前の天祖山 奥に鷹ノ巣山 ?
2016年10月09日 09:41撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前の天祖山 奥に鷹ノ巣山 ?
1
芋ノ木ドッケへの上り初め 根が濡れて滑る
2016年10月09日 09:51撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
芋ノ木ドッケへの上り初め 根が濡れて滑る
まだ先がある コヤセドノ頭(犬落ノ頭)かな?
2016年10月09日 10:06撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ先がある コヤセドノ頭(犬落ノ頭)かな?
長沢背稜に 薄絹で隠すように 霧が
奥に川苔山 手前に天祖山 
2016年10月09日 10:23撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長沢背稜に 薄絹で隠すように 霧が
奥に川苔山 手前に天祖山 
1
二軒小屋尾根と明日下る野陣尾根 間は通行止めの大ダワ林道か?
2016年10月09日 10:29撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二軒小屋尾根と明日下る野陣尾根 間は通行止めの大ダワ林道か?
1
あ シカがいた(知らん顔された)
2016年10月09日 10:30撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あ シカがいた(知らん顔された)
白岩山 三峰登山口からの合流点
2016年10月09日 10:37撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白岩山 三峰登山口からの合流点
1
芋ノ木ドッケ 何も見えず斜面だ(尖ってないよ)
2016年10月09日 10:40撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
芋ノ木ドッケ 何も見えず斜面だ(尖ってないよ)
1
大ダワへ激下り
2016年10月09日 10:58撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大ダワへ激下り
後方(?)から 雲取山から狼平 三ツ山
2016年10月09日 11:00撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後方(?)から 雲取山から狼平 三ツ山
1
芋ノ木へは急登だもの 納得
2016年10月09日 11:16撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
芋ノ木へは急登だもの 納得
1
大ダワ 霧の通り道になっている 真っ直ぐに男坂へ
2016年10月09日 11:30撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大ダワ 霧の通り道になっている 真っ直ぐに男坂へ
坂から振り返って 廃屋の雲取ヒュッテ 芋ノ木ドッケから白岩山 前白岩山
2016年10月09日 11:47撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
坂から振り返って 廃屋の雲取ヒュッテ 芋ノ木ドッケから白岩山 前白岩山
2
雲取山荘が見えた さすがにテントはない
2016年10月09日 11:52撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲取山荘が見えた さすがにテントはない
昼食にしよう。鴨沢から次々に5組の方々が上がってきた。そして 抜かした先輩組も到着
2016年10月09日 11:55撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昼食にしよう。鴨沢から次々に5組の方々が上がってきた。そして 抜かした先輩組も到着
名残惜しいが 奥多摩小屋のテント場へ(濃霧も上がっている)
2016年10月09日 12:44撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名残惜しいが 奥多摩小屋のテント場へ(濃霧も上がっている)
1
最後の岩場 きつい 荷が重い
2016年10月09日 13:01撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の岩場 きつい 荷が重い
東京都の雲取山山頂(新しいのでパチリ) 奥は小金沢連嶺
2016年10月09日 13:14撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東京都の雲取山山頂(新しいのでパチリ) 奥は小金沢連嶺
3
飛龍山 大菩薩嶺から小金沢連嶺 そして 無冠雪の富士山(昨年は10/11に初冠雪)
2016年10月09日 13:16撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛龍山 大菩薩嶺から小金沢連嶺 そして 無冠雪の富士山(昨年は10/11に初冠雪)
2
石尾根のスタート地点 これから行くぞ!
2016年10月09日 13:20撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石尾根のスタート地点 これから行くぞ!
1
山梨県の標柱も新しくなっている(あれ 向きが90°右に回っている)埼玉県の表示は5月と変わっていないので撮らなかった(失礼)
2016年10月09日 13:20撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山梨県の標柱も新しくなっている(あれ 向きが90°右に回っている)埼玉県の表示は5月と変わっていないので撮らなかった(失礼)
2
山梨県山頂から 雁ヶ腹摺山と連嶺の黒岳の間に 富士山
2016年10月09日 13:21撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山梨県山頂から 雁ヶ腹摺山と連嶺の黒岳の間に 富士山
5
雲取山荘からの巻き道合流点の横に 登山者を見守る(睨み付ける)龍頭様
2016年10月09日 13:41撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲取山荘からの巻き道合流点の横に 登山者を見守る(睨み付ける)龍頭様
2
初めて登頂
2016年10月09日 13:44撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めて登頂
1
小雲取山頂直下に富田新道への分岐がある
2016年10月09日 13:45撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小雲取山頂直下に富田新道への分岐がある
1
奥多摩小屋のテント場が見えてきた
2016年10月09日 14:03撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥多摩小屋のテント場が見えてきた
本日の我が家 ちょっと斜めった林の中に
2016年10月09日 15:16撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日の我が家 ちょっと斜めった林の中に
4
小屋にはビールのみの冷蔵庫があった(夕食用に)
2016年10月09日 15:19撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋にはビールのみの冷蔵庫があった(夕食用に)
燻製を温めて まずは一杯
2016年10月09日 16:00撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燻製を温めて まずは一杯
2
3日目
テント場は濃霧の中 ちょっと寒いが 雨は上がったようだ
2016年10月10日 06:05撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3日目
テント場は濃霧の中 ちょっと寒いが 雨は上がったようだ
1
巻き道へ
2016年10月10日 06:05撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻き道へ
富田新道への巻き道へ
2016年10月10日 06:12撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富田新道への巻き道へ
子雲取山からの合流点
2016年10月10日 06:23撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
子雲取山からの合流点
1
最初は 上り下りも少なく 歩きやすい(モミが多いか)
2016年10月10日 06:42撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初は 上り下りも少なく 歩きやすい(モミが多いか)
よく整備されている
2016年10月10日 06:51撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よく整備されている
1
表示札が3枚 怪しい 何かあるとGPSを見ると サワラノ平
2016年10月10日 06:53撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
表示札が3枚 怪しい 何かあるとGPSを見ると サワラノ平
1
このミズナラの木だけが 枝を落としている 風かクマか(サワラノ平から先はかなりの急斜面となった)
2016年10月10日 06:54撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このミズナラの木だけが 枝を落としている 風かクマか(サワラノ平から先はかなりの急斜面となった)
1
遠くから見ると 輪切りのベンチかと思った ブナに張り付いたブナタケ?(サルノコシカケではない)
2016年10月10日 07:07撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くから見ると 輪切りのベンチかと思った ブナに張り付いたブナタケ?(サルノコシカケではない)
1
急斜面の巻き道 滑りそう
2016年10月10日 07:34撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急斜面の巻き道 滑りそう
1
唐松谷コースは通行止め
2016年10月10日 07:45撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐松谷コースは通行止め
1
吊橋が見えた
2016年10月10日 07:59撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊橋が見えた
綺麗な水の流れ
2016年10月10日 08:00撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
綺麗な水の流れ
2
富田新道入口 ここから林道歩き
2016年10月10日 08:11撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富田新道入口 ここから林道歩き
2
他に2ヶ所 トチノキ巨樹の案内が出てくる しかし 先を急ぐ
2016年10月10日 08:35撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
他に2ヶ所 トチノキ巨樹の案内が出てくる しかし 先を急ぐ
砂防ダムの土砂を取り除く工事だろうか ショベルカーがあんな所に 凄い!
2016年10月10日 08:50撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砂防ダムの土砂を取り除く工事だろうか ショベルカーがあんな所に 凄い!
2
途中 滝のような流れが(何かしら見る物があると嬉しい)
2016年10月10日 09:05撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中 滝のような流れが(何かしら見る物があると嬉しい)
1
ゲートが見えた 後1時間頑張ろう
2016年10月10日 09:09撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲートが見えた 後1時間頑張ろう
ゲート手前 対岸に 細い滝
2016年10月10日 09:15撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲート手前 対岸に 細い滝
ゲートを出るとすぐに 天祖山への入り口
2016年10月10日 09:17撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲートを出るとすぐに 天祖山への入り口
車が3台停車中 釣りか 登山か
2016年10月10日 09:19撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車が3台停車中 釣りか 登山か
ここでは日原川となる 綺麗な流れ
2016年10月10日 09:34撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここでは日原川となる 綺麗な流れ
2
渓流釣場 駐車して鍾乳洞へ行く方が多い?
2016年10月10日 09:41撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渓流釣場 駐車して鍾乳洞へ行く方が多い?
鍾乳洞への道ということは ウトウノ頭への上り口も見たいが 人が多いのでやめた
2016年10月10日 09:43撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍾乳洞への道ということは ウトウノ頭への上り口も見たいが 人が多いのでやめた
1
レコでよく見る公衆トイレ
2016年10月10日 09:47撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
レコでよく見る公衆トイレ
万寿の水でストックと靴を洗わせてもらった
2016年10月10日 09:59撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
万寿の水でストックと靴を洗わせてもらった
カーナビの目的地にならなかった 奥多摩森林館
2016年10月10日 10:01撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カーナビの目的地にならなかった 奥多摩森林館
駐車場の向こうは 旧日原街道を塞いだ崩壊地だろう 
2016年10月10日 10:03撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場の向こうは 旧日原街道を塞いだ崩壊地だろう 
1
バスが出発を待っている トイレを拝借して
2016年10月10日 10:03撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バスが出発を待っている トイレを拝借して
帰ってきた 二泊三日 楽しかった&疲れた
1枚目の写真と似ているような 雲?
2016年10月10日 10:08撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰ってきた 二泊三日 楽しかった&疲れた
1枚目の写真と似ているような 雲?
3

感想/記録
by atuya

 長沢背稜 雲取山テント泊 富田新道 
 この3つをやってみたいと考えていた。3連休を活用しようと先月末より天気を見ていたが だんだんに悪くなる(一日中雨ではないし 2日目の昼過ぎから晴れそうだし)前日には 決行することに
 1日目 標高1300m以上は曇っているので 雨を覚悟で 東日原Pからヨコスズ尾根へスタート 急登で荷物は重いし 調子に乗って 滝入の峰にまで寄り道をしたもので 3時間近くかかって一杯水避難小屋へ到着(途中トレランの方とすれ違い尾根筋は濃霧で雨とお聞きする)おにぎりタイムを終える頃 雨脚が強くなりカッパを着用 外に出ると 二人が下りてこられた。情報(酉谷避難小屋から来た 水場はちょろちょろ 昨晩 星がきれいだったが 今朝から雨)を得て 天目山へ。山頂は濃霧で何も見えず 先へ進むことにした。ハナド岩では濃霧が切れて 眼前の尾根や谷筋が見えた。お天気が良ければ雲取山からの石尾根もはっきり見えるのだろう。
 これまでちょっとした頂でも 回避するように巻いたので 七跳山は踏もうと尾根に入る。表示や展望はない。このころ雨も上がって 青空が見えるようになる。巻き道から坊主山や日向谷ノ頭が よく見えた。酉谷峠の分岐手前では 奥秩父の町が良く見えた。酉谷避難小屋はPM1:00過ぎ お昼を食べて この先進むのは無理と判断し 宿泊することにした。酉谷山へは 昼食後 カメラだけ持って出発。雲取山は雲の中だったが 七ッ石山・鷹ノ巣山・大岳山・御岳山など 良く見えた。
 小屋に戻って PM4:00過ぎ 二人組(先輩組)が到着 PM5:00ごろ 次の二人組が来て 満杯状態。暗くなると 青梅の輝く夜景や 石尾根の浮き出た稜線が素敵だった。その後の到着者はなく 無事寝られた。(食事では3組とも肉を焼いたので 小屋中が油臭くなった。そのためか 人が多いせいか 寝袋では 暑いくらいだった)
 2日目 出発間際でも 雨は降りださない(予報は6時頃から昼頃まで雨)行福ノタオ手前で 雨具を準備していると 先輩組に追い抜かれた(この後 なかなか追いつかなかった) ウトウノ頭の合流点はよくわからず 天祖山からの合流点は水松山(あららぎやま)へ行ったので不明 ちょっと残念。
 長沢山への上り途中で 先輩組に追いつき休んでいると 3人組が下りてこられた(唯一長沢背稜で 行き違った人)この後 一気の上りが きつかった。長沢山で雨が上がった。芋ノ木ドッケへは 最初下って だらだらと上がって(岩場もあり)いる時間が長い。どちらも展望はない。大ダワへは激下りだが 裏側(?)の雲取山が良く見える。雲取山荘への上りは ビールを一杯飲みたいがために頑張れた。(昼に飲むことはまずないが 昨晩飲めなかったので 自分へのご褒美?)昼前に山荘に着くと 続々と鴨沢からの登山者が到着(ずいぶん早いと思ったら 車での方々ばかり…早く着きすぎて 宿泊をキャンセルし 帰ったご夫婦もいらした ビックリ!)そして先輩組も到着。昼食後 山頂から影絵のような富士山を堪能して 奥多摩小屋のテント場へ。食事後まったりして PM8:00ごろ寝ようとすると 周囲が濃霧に包まれるようになった(PM9:00過ぎまで人の足音や話し声が聞こえていた)
 3日目 夜中から雨が気になっていた(何もしようがないので寝ようとするが ちょくちょく目が覚めた)
 AM4:30には起きて テントの中で撤収準備(朝食はアンパンのみ) AM6:00出発 前日に確認していた巻き道で富田新道へ。サワラノ平へは踏み跡も明確 緩い下りで歩きやすい。その後は急斜面となり踏み跡も不明瞭になるが よく見ると一定の間隔で赤テープがある。ブナ林を過ぎると急斜面の巻き道で 何ともスリリング(上りには 使いたくない急勾配)唐松谷分岐まで急坂が続く。吊橋以後は上りとなって富田新道入口へ(唯一の3人の工事関係者と行き違う)林道歩きは長いが 所々 巨樹の案内や滝があって慰めになった。
 思いの他 4時間ちょっとで東日原Pに帰り着いた(渋滞にはまらずに帰れる)
 初の単独 二泊三日の山行だった。 望んでいた長沢背稜と富田新道(きつかった)を歩けたことが何よりである。雨にもあったが 楽しかった。欲を言うと食事をもう少し充実させたい(避難小屋の方々と比べて)が これ以上 荷が増えるのは 荷が重くなるなあ…
訪問者数:223人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ