ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 977454 全員に公開 ハイキング霊仙・伊吹・藤原

霊仙山 落合からミクネ、汗ふき峠、霊仙山、近江展望台、最後は迷走

日程 2016年10月10日(月) [日帰り]
メンバー yjin
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
落合集落手前の路肩に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち48%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間25分
休憩
11分
合計
5時間36分
S落合登山口06:5807:51ミクネ08:23汗ふき峠・榑ヶ畑道二合目08:2508:57榑ヶ畑道五合目・見晴台08:5809:19榑ヶ畑道七合目・お猿岩09:2210:05霊仙山10:0610:18霊仙山最高点10:2110:47南霊仙10:4811:01近江展望台12:30落合登山口12:34ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山道を歩く限り危険箇所は無いが近江展望台から下山時に無名尾根を降りようと色気を出したのが良くなかった。はっきりした尾根に乗るまでの間の急斜面は良く滑った。

写真

落合集落手前、栃の木の近くに駐車する。流石にこの時期だと栃の実は全て落ちていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落合集落手前、栃の木の近くに駐車する。流石にこの時期だと栃の実は全て落ちていた。
天気は良い。晴れている。名神を降りた時道路の温度計は12℃だった。駐車地付近では多分10℃を下回っているのだろう。Tシャツ一枚では寒く長袖シャツを羽織り手袋も出す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気は良い。晴れている。名神を降りた時道路の温度計は12℃だった。駐車地付近では多分10℃を下回っているのだろう。Tシャツ一枚では寒く長袖シャツを羽織り手袋も出す。
今日は落合集落の外れ、この先の尾根から取り付く予定。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は落合集落の外れ、この先の尾根から取り付く予定。
左に登る道がある。真っ直ぐ行けば谷道だが多分荒れている。左の尾根道にする。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左に登る道がある。真っ直ぐ行けば谷道だが多分荒れている。左の尾根道にする。
取っかかりもしっかりしている道だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
取っかかりもしっかりしている道だった。
更に石段が続く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
更に石段が続く。
登り切ると広場になっている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り切ると広場になっている。
山の神でも祀っているのだろうか。廃村になった今はどうしているのだろう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山の神でも祀っているのだろうか。廃村になった今はどうしているのだろう。
祠の裏から更に尾根を辿る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祠の裏から更に尾根を辿る。
それほど藪も無く歩くのに差し支えは無い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それほど藪も無く歩くのに差し支えは無い。
石灰岩がゴロゴロしている尾根を更に登って行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石灰岩がゴロゴロしている尾根を更に登って行く。
所々エビネが生えている。春先なら綺麗だったろう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
所々エビネが生えている。春先なら綺麗だったろう。
最初のピークを越へ鞍部に降りて行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初のピークを越へ鞍部に降りて行く。
尾根を横切る道があった。ここで暑くなり長袖シャツを脱ぐ。今日は天気が良かったせいか最後までTシャツで歩く事が出来た。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根を横切る道があった。ここで暑くなり長袖シャツを脱ぐ。今日は天気が良かったせいか最後までTシャツで歩く事が出来た。
う〜ん何処から登っているのだろう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
う〜ん何処から登っているのだろう。
こちらは多分谷道か柾板峠に続くのだろう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは多分谷道か柾板峠に続くのだろう。
横切る道を越えると案内のテープがある。今まで無かったのでメインはさっきのいずれかの道から続くんだろう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横切る道を越えると案内のテープがある。今まで無かったのでメインはさっきのいずれかの道から続くんだろう。
ピークに着いた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピークに着いた。
P555ぞろ目の山頂はミクネと言う。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P555ぞろ目の山頂はミクネと言う。
1
標高だけ書かれているものもあった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高だけ書かれているものもあった。
1
東に向かってテープを辿って降りて行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東に向かってテープを辿って降りて行く。
この辺りを柾板峠と呼ぶらしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りを柾板峠と呼ぶらしい。
この字は何だろう?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この字は何だろう?
罠があった。バネの様な物は本で見た事がある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
罠があった。バネの様な物は本で見た事がある。
1
更に進むと罠に掛かった鹿がいた。角のある雄鹿だった。下手に関わり合うとこちらが怪我をしそうなので見ぬふりをして通過した。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
更に進むと罠に掛かった鹿がいた。角のある雄鹿だった。下手に関わり合うとこちらが怪我をしそうなので見ぬふりをして通過した。
1
この尾根も歩き易い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この尾根も歩き易い。
途中には広い所もありグループの休憩にもってこいだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中には広い所もありグループの休憩にもってこいだ。
汗拭き峠を通過する。榑ヶ畑から何名かが登ってきているのが見えた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
汗拭き峠を通過する。榑ヶ畑から何名かが登ってきているのが見えた。
矢張り登山道歩きは楽ちんだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
矢張り登山道歩きは楽ちんだ。
それでもやっと3合目。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それでもやっと3合目。
5合目。見晴らし台
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5合目。見晴らし台
ここから琵琶湖がよく見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから琵琶湖がよく見える。
このコースが出来て途中の見晴らしが良くなった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このコースが出来て途中の見晴らしが良くなった。
途中の風景。琵琶湖の南側。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中の風景。琵琶湖の南側。
お猿岩はもうすぐだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お猿岩はもうすぐだ。
琵琶湖の北方面を望む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
琵琶湖の北方面を望む。
お猿岩に着いた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お猿岩に着いた。
特にお猿に似ているわけでは無いが謂われは何だろう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
特にお猿に似ているわけでは無いが謂われは何だろう。
お猿岩下の池。随分長くなった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お猿岩下の池。随分長くなった。
池の横を通って獣道を辿って山頂へショートカットを試みる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池の横を通って獣道を辿って山頂へショートカットを試みる。
苔生した岩が美しい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔生した岩が美しい。
こうなると猿にも見えるがどうだろう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こうなると猿にも見えるがどうだろう。
昔、この辺りも木が一杯生えていた。その時尖った岩を見て一寸探してみたがこんな岩しか見つけられなかった。記憶ではもっと高かった様に思う。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昔、この辺りも木が一杯生えていた。その時尖った岩を見て一寸探してみたがこんな岩しか見つけられなかった。記憶ではもっと高かった様に思う。
ここもたしか池だった様な気がするが今は全く水が無い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここもたしか池だった様な気がするが今は全く水が無い。
石灰岩の尾根越しに見る風景。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石灰岩の尾根越しに見る風景。
伊吹山を眺める。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊吹山を眺める。
三角点の西側のピーク。手前は大きなドリーネになっている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点の西側のピーク。手前は大きなドリーネになっている。
霊仙の三角点。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霊仙の三角点。
1
山頂から北側を眺める。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から北側を眺める。
山頂からお虎ヶ池。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からお虎ヶ池。
1
山頂の標識。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の標識。
1
最高点に向かう途中から経塚山と避難小屋。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最高点に向かう途中から経塚山と避難小屋。
最高点に向かうが昔は、笹を潜ったのに今は何も遮るものが無い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最高点に向かうが昔は、笹を潜ったのに今は何も遮るものが無い。
これから向かう西南凌。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから向かう西南凌。
ここもショートカットで真っ直ぐ降りて行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここもショートカットで真っ直ぐ降りて行く。
多分今まで無かった所に水溜まりが出来ている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
多分今まで無かった所に水溜まりが出来ている。
笹が消えてから何も生えて無い所が目立つ様になって来た。これからますます荒れてくるのだろうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹が消えてから何も生えて無い所が目立つ様になって来た。これからますます荒れてくるのだろうか。
草の生えている所では鹿が餌を食べている?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草の生えている所では鹿が餌を食べている?
南霊仙の池。霊仙では一番大きな池の様に思う。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南霊仙の池。霊仙では一番大きな池の様に思う。
最高点と三角点の山を振り返る。天気が良く気持ちよい見晴らしだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最高点と三角点の山を振り返る。天気が良く気持ちよい見晴らしだ。
1
道中で一つだけ見かけたトリカブトの花。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道中で一つだけ見かけたトリカブトの花。
近江展望台。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
近江展望台。
1
今まで通って来た所を振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今まで通って来た所を振り返る。
1
かっては綺麗な杉の林だった所も鹿害で全滅した。多分その伐採跡なんだろうが兎に角歩きにくい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かっては綺麗な杉の林だった所も鹿害で全滅した。多分その伐採跡なんだろうが兎に角歩きにくい。
伐採跡をやっと抜けて振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伐採跡をやっと抜けて振り返る。
多分この辺から降りれば良いだろうと入って行くとそれなりの道跡があった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
多分この辺から降りれば良いだろうと入って行くとそれなりの道跡があった。
さらに続く道を探して降りて行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに続く道を探して降りて行く。
その内道形が無くなり傾斜もきつい。このまま降りて行って良いものか判断が付きかねてトラバースする。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その内道形が無くなり傾斜もきつい。このまま降りて行って良いものか判断が付きかねてトラバースする。
小さな谷を越え次の尾根に向かう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さな谷を越え次の尾根に向かう。
ズルズル滑る土の斜面を怖々トラバースする。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ズルズル滑る土の斜面を怖々トラバースする。
やっとテープのある尾根に着いた。しかし狙っていた尾根とは違う様だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっとテープのある尾根に着いた。しかし狙っていた尾根とは違う様だった。
テープが付いているだけ有って良い道が続く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テープが付いているだけ有って良い道が続く。
尾根上にあるP513辺り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根上にあるP513辺り。
やっと尾根の先端に着いた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと尾根の先端に着いた。
降り着いた所は大洞谷を渡る丸木橋の所だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
降り着いた所は大洞谷を渡る丸木橋の所だった。
大水で削られた道はそのままだった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大水で削られた道はそのままだった。
最初の予定では新しく出来た堰堤の所に降りてくる予定だった。残念、矢張り降りるのは難しい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の予定では新しく出来た堰堤の所に降りてくる予定だった。残念、矢張り降りるのは難しい。
落合神社まで帰ってきた。朝早い出発だった事もあるが予想以上早く帰れた。朝一台も無かった車は合計すると10台余りに増えていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落合神社まで帰ってきた。朝早い出発だった事もあるが予想以上早く帰れた。朝一台も無かった車は合計すると10台余りに増えていた。

感想/記録
by yjin

久し振りに鈴鹿に行こう。御池、霊仙どちらにしようか?御池は車で上がれないし霊仙にしよう。
ついでに長らく行ってないミクネも行ってみよう。下山も大洞谷へ降りるいずれかの尾根にしよう。

ミクネは意外と簡単に行けたが下山に計画した尾根下りは難航した。昔はもっと色々な道(作業道など)が有ったと記憶しているがそれらを殆ど見つける事が出来なかった。また登れば何でも無い様な傾斜も下りでは切れ落ちている様に感じる。今日は久々に緊張した。
訪問者数:234人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ