ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 977542 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

今倉山〜赤岩〜二十六夜山 − 展望の無い展望の山 −

日程 2016年10月10日(月) [日帰り]
メンバー piazzolla
天候○ 天気 : 曇り 時々 雨。
○ 風速 : 普通。
○ 気温 : 涼しめ(17℃くらい)。
○ 視程 : 普通。
アクセス
利用交通機関
電車バス
○ 往路
 ・JR中央線/06:01 {最寄駅} - 06:26 八王子
 ・JR中央本線/06:35 八王子 - 07:19 大月
 ・富士急行線/07:22 大月 - 07:37 都留市
 ・富士急山梨バス/08:10 都留市駅BS - 8:40 道坂隧道BS [道坂隧道行き]
  ※ICカード利用可
  ※参考HP:http://www.city.tsuru.yamanashi.jp/div/kikaku/pdf/koukyoukoutsuu/H28bus-jikokuhyou.pdf

○ 復路
 ・都留市内循環バス/14:07 芭蕉月待ちの湯BS(※) - 14:20 赤坂BS [左回り]
  ※下山後に寄った「芭蕉月待ちの湯」からの最寄のバス停です
  ※ICカード利用可
  ※参考HP:http://www.city.tsuru.yamanashi.jp/div/kikaku/pdf/koukyoukoutsuu/H28bus-jikokuhyou.pdf
 ・富士急行線/14:37 富士山 - 14:50 大月
 ・JR中央本線/15:02 大月 - 15:39 立川 ※特急
 ・JR中央線/15:41 立川 - 16:00 {最寄駅}
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
○ CT(標準) : 4時間30分
○ CT(実績) : 3時間10分 (休憩含まず)
コース状況/
危険箇所等
〇 雨で湿ったロープ場(数箇所あり)の下りがよく滑りました。
〇 矢名沢に架かる丸太橋の一つが壊れて通行止めになってました。
  橋のすぐ上流側から渡渉できますが、増水時等は要注意です。
〇 その他は特に危険箇所はありません。
〇 トレースが明朗な上、道標も整備されているため、道迷いの心配も無いと思います。
その他周辺情報(1) トイレ
 以下の場所にありました。
   都留市駅(構内)
   芭蕉月待ちの湯
  ※コース中はトイレがないため、,悩僂泙擦討くと良いでしょう。

(2) 登山ポスト
 見つかりませんでした。

(3) 温泉施設
 下山口からほど近い場所にある「芭蕉月待ちの湯」に行きました。
 温め適温(源泉35度)でいつまでも浸かっていられるお湯でした。
  ※営業時間:10:00 〜 21:00 (20:30最終受付)
  ※休館日:月曜日(祝日等例外あり)
  ※料金:710円
  ※参考HP:http://tsukimachi.velvet.jp/
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ ファーストエイドキット 常備薬 携帯 時計 タオル カメラ

写真

都留市駅(富士急行線)からバスに揺られること30分。終点の道坂隧道BSで降車し、トンネルの左側に付けられた登山口から登山開始です!
2016年10月10日 08:40撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
都留市駅(富士急行線)からバスに揺られること30分。終点の道坂隧道BSで降車し、トンネルの左側に付けられた登山口から登山開始です!
1
10分ほど進むとT字路になります。去年のGWは、ここを右折して御正体山(みしょうたいさん:1682m)へ縦走したっけか。今日は左折し、最初のピークの今倉山(いまくらやま:1470m)を目指します。
2016年10月10日 08:53撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10分ほど進むとT字路になります。去年のGWは、ここを右折して御正体山(みしょうたいさん:1682m)へ縦走したっけか。今日は左折し、最初のピークの今倉山(いまくらやま:1470m)を目指します。
1
ここからが最初の難所でした。オヤマボクチが、まるでマリオのパックンフラワーのように登山道の両脇から襲い掛かってくるのです!
2016年10月10日 09:01撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからが最初の難所でした。オヤマボクチが、まるでマリオのパックンフラワーのように登山道の両脇から襲い掛かってくるのです!
4
ってか、あれ?今日は晴れのはずじゃ・・・。順調に高度を上げつつも、一向に好天しない天気。嫌な予感に駆られます。
2016年10月10日 09:05撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ってか、あれ?今日は晴れのはずじゃ・・・。順調に高度を上げつつも、一向に好天しない天気。嫌な予感に駆られます。
1
続いての難所。ヤマトリカブトの猛毒攻撃をかわしながらの急登に心拍数が上がります。
2016年10月10日 09:08撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
続いての難所。ヤマトリカブトの猛毒攻撃をかわしながらの急登に心拍数が上がります。
4
そんなこんなであっという間に今倉山に到着!一応、山梨百名山ということですが、展望はありません。喉を潤して、次の目的地、赤岩(あかいわ:1450m)へと急ぎます。
2016年10月10日 09:29撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そんなこんなであっという間に今倉山に到着!一応、山梨百名山ということですが、展望はありません。喉を潤して、次の目的地、赤岩(あかいわ:1450m)へと急ぎます。
2
雨粒のレース。なんてね。
2016年10月10日 09:39撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨粒のレース。なんてね。
1
今倉山の西峰には御座入山(ございりやま:1480m)という別名があるようです。東峰より10m高いので、一応今日の最高地点ということになります。
2016年10月10日 09:43撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今倉山の西峰には御座入山(ございりやま:1480m)という別名があるようです。東峰より10m高いので、一応今日の最高地点ということになります。
2
これは、ナガバノコウヤボウキかな?(その後、hamburgさんの記録を拝見し、タカオヒゴタイという名前だと分かりました)
2016年10月10日 09:44撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは、ナガバノコウヤボウキかな?(その後、hamburgさんの記録を拝見し、タカオヒゴタイという名前だと分かりました)
2
そうそう。リンドウも沢山咲いてました。
2016年10月10日 09:48撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そうそう。リンドウも沢山咲いてました。
1
ってか、全然晴れないじゃないかー💦。もうすぐ赤岩着いちゃうよー。気持ち歩くスピード落としめで。
2016年10月10日 09:58撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ってか、全然晴れないじゃないかー💦。もうすぐ赤岩着いちゃうよー。気持ち歩くスピード落としめで。
3
景色が期待できないので、下ばっか見て歩いてたらムラサキシメジを発見しました。何気に初めて見るかも。ちょっと嬉しい。
2016年10月10日 10:01撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
景色が期待できないので、下ばっか見て歩いてたらムラサキシメジを発見しました。何気に初めて見るかも。ちょっと嬉しい。
1
ミズナラの大木。霧が幻想的です。
2016年10月10日 10:04撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミズナラの大木。霧が幻想的です。
3
一度も青空を見ることもないまま、赤岩に着いてしまいました。
2016年10月10日 10:31撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一度も青空を見ることもないまま、赤岩に着いてしまいました。
2
と、ここで奇跡が!雲が切れ、御正体山と杓子山(しゃくしさん:1598m)とを前景に従えた雄大な富士の裾野が・・・。というのを期待してました(涙)。
2016年10月10日 10:30撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
と、ここで奇跡が!雲が切れ、御正体山と杓子山(しゃくしさん:1598m)とを前景に従えた雄大な富士の裾野が・・・。というのを期待してました(涙)。
3
ふんっだ!横になるのにちょうど良い岩があったので、ちょっとだけ粘って待ってみることにしました。こんなことなら本でも持ってくれば良かった。
2016年10月10日 10:34撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふんっだ!横になるのにちょうど良い岩があったので、ちょっとだけ粘って待ってみることにしました。こんなことなら本でも持ってくれば良かった。
4
と、そこへ無情の雨が降ってきたので、あえなく断念。
2016年10月10日 11:07撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
と、そこへ無情の雨が降ってきたので、あえなく断念。
2
ブナの巨木の幹にワカメのような苔が張り付いてました。
2016年10月10日 11:08撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナの巨木の幹にワカメのような苔が張り付いてました。
2
稜線の下方向がやけに明るいな。晴れる兆しかと思いましたが、気のせいでした。
2016年10月10日 11:14撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線の下方向がやけに明るいな。晴れる兆しかと思いましたが、気のせいでした。
一旦CM、いや、林道を挟みます。
2016年10月10日 11:17撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一旦CM、いや、林道を挟みます。
1
コウヤボウキ。関東では絶滅の危機に瀕しているらしいけど、今年の夏は良く見かけたな。
2016年10月10日 11:25撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コウヤボウキ。関東では絶滅の危機に瀕しているらしいけど、今年の夏は良く見かけたな。
3
おおおおっ!あの標識は!
2016年10月10日 11:31撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おおおおっ!あの標識は!
1
二十六夜山(にじゅうろくやさん:1297m)到着!ここから300m下の九鬼山(くきさん:970m)を眺めるのを楽しみにしていたのですが、心の目でも見えませんでした。
2016年10月10日 11:31撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二十六夜山(にじゅうろくやさん:1297m)到着!ここから300m下の九鬼山(くきさん:970m)を眺めるのを楽しみにしていたのですが、心の目でも見えませんでした。
2
「十十六夜」って書くのですね。今日は天気が悪くて残念だったけど、なかなか趣のある良い山頂でした。
2016年10月10日 11:32撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「十十六夜」って書くのですね。今日は天気が悪くて残念だったけど、なかなか趣のある良い山頂でした。
2
なだらかな下り。調子に乗って走ったら、案の定尻餅つきました(涙)。
2016年10月10日 11:40撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なだらかな下り。調子に乗って走ったら、案の定尻餅つきました(涙)。
1
湧き水枯渇の話題もよく耳にするこのご時世では珍しく、この「仙人水」なる湧き水は、湧いたそばから川となって登山道を分断するほどの水量でした。要渡渉です。美味でした。
2016年10月10日 12:00撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湧き水枯渇の話題もよく耳にするこのご時世では珍しく、この「仙人水」なる湧き水は、湧いたそばから川となって登山道を分断するほどの水量でした。要渡渉です。美味でした。
3
恐らく先ほどの仙人水が水源であろう支流が矢名沢に合流するあたりに、苔むした祠がありました。
2016年10月10日 12:07撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
恐らく先ほどの仙人水が水源であろう支流が矢名沢に合流するあたりに、苔むした祠がありました。
1
下山後は「芭蕉月待ちの湯」で汗を流しました。温め適温でいつまでも浸かっていられるので、月待ちというよりはバス待ちに持って来いの湯でした。
2016年10月10日 12:32撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山後は「芭蕉月待ちの湯」で汗を流しました。温め適温でいつまでも浸かっていられるので、月待ちというよりはバス待ちに持って来いの湯でした。
4
撮影機材:

感想/記録

書店で立ち読みしたガイドブックで、赤岩(あかいわ:1450m)の
存在を知りました。別名、松山(まつやま)。

名前だけ聞くとぱっとしませんが、その頂から見事な富士山が眺められる
展望の山として、密かな人気を博しているようです。

当然天気の良い日を狙って訪れたつもりだったのですが、
見事に予報に裏切られてしまいました。無念。。。

展望の無い展望の山なんて、ジョン・レノンのいないビートルズ、
或いは、天ぷらの乗っていない天丼、はたまた、、、

というわけで、いつかまた(今度こそ晴天に)登り直すことにします!
訪問者数:231人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/4/4
投稿数: 173
2016/10/11 16:27
 お疲れ様です。
私も、このコース2回登っています。赤岩からの富士絶景は最高でした。二十六夜山からの富士も見ごたえがあります。今回は生憎でしたが、是非再チャレンジしてみてください。この日は私は笹子を登っていました。秀麗富岳の標識が泣き出しそうでした。
登録日: 2014/5/12
投稿数: 39
2016/10/12 0:58
 Re: お疲れ様です。
gijinさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
色んな山から望む富士を知り尽くされているgijinさんのお墨付きとあれば、
再び登らない訳には行きませんね。せっかくなので次は嫁と登ります。
笹子もあいにくでしたか。この日はどこも予報に裏切られたようです。
登録日: 2012/4/30
投稿数: 3333
2016/10/12 21:41
 行きも帰りも同じバスでしたね
piazzolla さん
こんばんは

私の記録の写真(松山山頂)にpiazzolla さんの後ろ姿が写っています。
私達は遅かったので、 に入らず14:07のbusでした。
ヘルメットを被っていたのが、私です。
rainにはまいりましたね
私もまたいつか(今度こそ晴天に)登り直すことにします!

hamburg
登録日: 2014/5/12
投稿数: 39
2016/10/12 23:35
 Re: 行きも帰りも同じバスでしたね
hamburgさん、はじめまして!piazzollaと申します。

実は、いつも密かに記録を参考にさせて頂いております。
赤岩頂上でも、ちらっと「低山でもヘルメットを」の話をされているのが聞こえたので、
「もしやっ」とは思っていたのですが、人違いを恐れて話しかけられませんでした(笑)。
せっかくお会いできたのにとても惜しいことをしました。日本は狭いですね。

hamburgさんの記録も拝見させて頂き、僕の記録の花の名前が間違えだらけだと
分かったので、早速訂正しようと思います(汗)。いつもながら大変勉強になります。

これからも覗き見させて頂くと思うので、どうか宜しくお願い致します!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ