ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 977606 全員に公開 ハイキング四国剣山

次郎岌

日程 2016年10月10日(月) [日帰り]
メンバー batayan7
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道438号線経由見ノ越峠
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち79%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間9分
休憩
17分
合計
4時間26分
Sリフト西島駅10:5111:08大剣神社11:43剣山11:4512:52次郎笈12:5714:13大剣神社14:1914:38リフト西島駅15:10見ノ越登山口15:1415:17ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
リフト西島駅から次郎岌へのトラバース道は通行禁止となっていた。
大剣神社から次郎岌へのトラバース道は通行可。
その他周辺情報休日で駐車場が満車状態。
第3駐車場が2Km先にあるらしいが少し遠すぎる。
仕方なく道幅の広い路肩に駐車。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

出発点の西島駅からの眺望
2016年10月10日 11:07撮影 by Nexus 4, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出発点の西島駅からの眺望
大剣神社。ここから下って次郎岌方面にトラバース。
2016年10月10日 11:07撮影 by Nexus 4, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大剣神社。ここから下って次郎岌方面にトラバース。
剣山から次郎岌方面
2016年10月10日 11:47撮影 by Nexus 4, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣山から次郎岌方面
鞍部辺りから次郎岌方面。
2016年10月10日 12:21撮影 by Nexus 4, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍部辺りから次郎岌方面。
次郎岌から剣山方面
2016年10月10日 12:54撮影 by Nexus 4, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次郎岌から剣山方面
まだ新しい次郎岌の山頂標識。
30〜40人程度の登山客で賑わっていました。
2016年10月10日 12:55撮影 by Nexus 4, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ新しい次郎岌の山頂標識。
30〜40人程度の登山客で賑わっていました。
1
三嶺への縦走路分岐点に人だかり。
2016年10月10日 12:55撮影 by Nexus 4, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三嶺への縦走路分岐点に人だかり。
次郎岌から大剣神社へのトラバース道分岐点。
次郎岌で親しくなった愛知からの登山者さんを記念撮影。
2016年10月10日 13:43撮影 by Nexus 4, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次郎岌から大剣神社へのトラバース道分岐点。
次郎岌で親しくなった愛知からの登山者さんを記念撮影。

感想/記録

私の場合、毎日が日曜日ですから、今日が祭日だと知ったのは今朝起きてからです。
昨日分かっていれば予定変更もできたはず。各方面の人で駐車場の空きが心配だったからです。案の定、登山客の車で見ノ越付近はごったがえしています。朝10時ですから空きを待つわけにもいきません。仕方なく、道路を拡張したスペースに路上駐車をすると警備員から注意を受けます。2Km先に駐車場があるとのこと。勘弁して下さい。仕方なく今日の登山は中止だと決めて帰っていると、警備員の目の届かない空きスペースに皆さん駐車しています。丁度、まだ空きスペースが残っています。罪悪感を感じながらも即座にその空きスペースに駐車しました。
道中からガスがかかり、眺望は諦めていましたが、駐車トラブルで時間を潰していたら晴天の秋晴れとなりました。ラッキー。
今回の目的地は次郎岌です。まだ体力的に心配な時期なので往路はリフトを使い、西島駅を出発点としました。復路はリフトを使わずに見ノ越峠まで徒歩です。
コースは、大剣神社から次郎岌までのトラバース道を使って、取り合えず次郎岌山頂を目指します。余力があれば尾根道づたいに剣山山頂を通過し見ノ越峠まで帰るという算段です。ところが、トラバース道の分岐点、二度見展望所で進路を間違ったのです。その場所で昼食をされている方がいて、邪魔しては悪いとそそくさに上方面に上がったのです。尾根付近がやけに賑わっているなと感じつつ尾根に出ると、なんと、剣山の山頂です。
余力があれば云々の話ではありません。取り合えず昼食を取って、悲壮な想いで次郎岌に向かいます。天候も幸いしてか、しんどいながらも楽しい道中でした。
山頂に着くと、狭いところに30人位の登山者がひしめきあっています。休憩で腰を下ろした隣の同年輩の方と親しくなり、世間話に花が咲きます。
昨日は石鎚山を登ってこられたそうです。今晩、愛知県に帰られるそうです。袖すりあうも多生の縁といいます。いつまでも健康で長生きされることを願います。
今回の剣山と次郎岌山歩きで感じたことは、老若男女誰からも親しまれ愛されている山なんだということです。特に、小さな子供連れの家族登山が印象に残りました。
訪問者数:242人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

鞍部 ガス リフト
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ