ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 977871 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

やっと行けた慰霊登山 御嶽山

日程 2016年10月10日(月) [日帰り]
メンバー inocchi
天候晴れ!
アクセス
利用交通機関
車・バイク
朝5時過ぎに登山口駐車場は20台弱先着
何とか空きスペースに入れ込む
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち47%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
だいぶ年月が経っている部分もあり、木道が腐っている部分箇所あり。
特に前半の樹林帯の木道は、濡れていてよく滑る
その他周辺情報濁河温泉にある下呂市営の温泉 大人500円
(浴槽は露天のみ、洗い場にボディソープやシャンプー等あり)
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

御嶽神社横の6合目
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御嶽神社横の6合目
1
湯の花峠 標高2103ⅿ
飛騨頂上まで2.6辧135分
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯の花峠 標高2103ⅿ
飛騨頂上まで2.6辧135分
蛙岩
無事に帰ることができますように
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛙岩
無事に帰ることができますように
のぞき岩 標高2290ⅿ
飛騨頂上まで2辧100分
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
のぞき岩 標高2290ⅿ
飛騨頂上まで2辧100分
五ノ池小屋まで100ⅿごとにある標識
残り半分を切った!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五ノ池小屋まで100ⅿごとにある標識
残り半分を切った!
八合目のお助け水(水はありません)
標高2450ⅿ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八合目のお助け水(水はありません)
標高2450ⅿ
今朝は冷え込んだみたいです
薄氷
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今朝は冷え込んだみたいです
薄氷
右から笠ヶ岳、黒部五郎岳、その右奥に薬師岳、一番左は北ノ俣岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右から笠ヶ岳、黒部五郎岳、その右奥に薬師岳、一番左は北ノ俣岳
2
雲と雲海
下界は雲に覆われているようだけど、山の上は文句なしの天気
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲と雲海
下界は雲に覆われているようだけど、山の上は文句なしの天気
五ノ池小屋に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五ノ池小屋に到着
1
雲上の薪ストーブカフェ ぱんだ屋

おしゃれです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲上の薪ストーブカフェ ぱんだ屋

おしゃれです
1
薪ストーブで暖まらせてもらいました

カフェメニューにはワインや日替わりのケーキまで!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薪ストーブで暖まらせてもらいました

カフェメニューにはワインや日替わりのケーキまで!
1
本日のケーキ
薪ストーブで焼くんだそうです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日のケーキ
薪ストーブで焼くんだそうです
さあ、摩利支天山を目指します
まずは目の前の摩利支天乗越へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ、摩利支天山を目指します
まずは目の前の摩利支天乗越へ
1
乗越手前から望む継子岳

その奥に、前穂奥穂の吊尾根から槍ヶ岳への稜線
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗越手前から望む継子岳

その奥に、前穂奥穂の吊尾根から槍ヶ岳への稜線
3
乗越から南アルプス
奥の左から甲斐駒ケ岳、ちょっと離れて北岳
真ん中には富士山も!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗越から南アルプス
奥の左から甲斐駒ケ岳、ちょっと離れて北岳
真ん中には富士山も!
1
奥が摩利支天山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥が摩利支天山
2
で、さくっと摩利支天山頂上
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
で、さくっと摩利支天山頂上
2
乗越から二ノ池本館に向かいます。左下に見えるのは二ノ池新館。
左奥に灰をかぶったままの剣ヶ峰山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗越から二ノ池本館に向かいます。左下に見えるのは二ノ池新館。
左奥に灰をかぶったままの剣ヶ峰山頂
1
二ノ池は未だに灰だらけです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二ノ池は未だに灰だらけです
二ノ池本館は、業者が取り壊し作業中
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二ノ池本館は、業者が取り壊し作業中
1
半分以上は灰に埋まったままです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
半分以上は灰に埋まったままです
1
空とのギャップが…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空とのギャップが…
歩くところもこんな感じ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩くところもこんな感じ
道端にある火山灰は、今でも柔らかいです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道端にある火山灰は、今でも柔らかいです
こんな感じ

こんな灰が10僂20僂眄僂發辰疹態の中を捜索にあたった自衛隊の方々は、とても大変だったことと思います。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じ

こんな灰が10僂20僂眄僂發辰疹態の中を捜索にあたった自衛隊の方々は、とても大変だったことと思います。
ここから先は立入禁止区域です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから先は立入禁止区域です
御嶽頂上山荘と御嶽剣ヶ峰山荘
早く全員が見つかることを願っています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御嶽頂上山荘と御嶽剣ヶ峰山荘
早く全員が見つかることを願っています
2
すぐ下に覚明小屋とその右下に石室山荘
以前子供と登った時に、上の子が石室山荘で汁粉を食べたのを思い出しました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐ下に覚明小屋とその右下に石室山荘
以前子供と登った時に、上の子が石室山荘で汁粉を食べたのを思い出しました
結局、慰霊場所は二ノ池としました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結局、慰霊場所は二ノ池としました
行くも登り戻るも登り
賽の河原(三途の川)とはよく言ったもの
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行くも登り戻るも登り
賽の河原(三途の川)とはよく言ったもの
三ノ池はとてもきれいなエメラルドグリーンでした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ノ池はとてもきれいなエメラルドグリーンでした
2
五ノ池小屋へ戻ってきて昼ごはん
(これ⊕パン)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五ノ池小屋へ戻ってきて昼ごはん
(これ⊕パン)
昼ごはんの後は、継子岳へ向かいます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昼ごはんの後は、継子岳へ向かいます
草紅葉がきれいです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草紅葉がきれいです
風は強いんだけど雲は上がってきません。
重い雲なんだろうな。下界はあまり天気が良くないかも…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風は強いんだけど雲は上がってきません。
重い雲なんだろうな。下界はあまり天気が良くないかも…
飛び込み台? 展望台?

どうも旧道が廃れたため、通行止めにしている模様
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛び込み台? 展望台?

どうも旧道が廃れたため、通行止めにしている模様
七福神のお出迎え

ありがとうございました。無事に帰って来られました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七福神のお出迎え

ありがとうございました。無事に帰って来られました。

感想/記録

いつかは行かなきゃ とずっと思っていた御嶽慰霊登山
ようやく行くことができました。

平成26年9月27日の噴火からもう2年以上が経ちます。
実は翌28日に御嶽山に登るつもりで準備していたさなかの噴火でした。
何だか、生かせてもらった感じがずっとしていて、慰霊に行かなければと思っていました。

未だ見つかっていない方々の早期発見と、亡くなった方々のご冥福をお祈りします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 〜〜〜〜〜


というわけで初めて濁河登山口から登りました。
前半の樹林帯は、廃れてきているのと濡れているのとで木道が良く滑りました。
帰りが思いやられます。

紅葉もあまりなく、淡々と登っていきます。
五ノ池小屋まで、終始登りばかりです。

五ノ池小屋はとてもきれいで、薪ストーブが似合うおしゃれな山小屋です。
ご主人がストーブで、燻製用のチキンをローストしていました。
薪ストーブでは、自家製のケーキも焼くそうです。
残念ながら小屋下の五ノ池は、いまいちでした。
でも池にせり出したデッキは展望も良く最高でした。
(何と小屋からこたつを出してお昼寝デッキに設置してありました!)
泊まってみたい山小屋の一つです。

小屋のすぐ上に飛騨頂上があります。


取りあえず摩利支天山を目指します。
摩利支天まで登ると、剣ヶ峰などの噴火の様子がよく見えました。
怖かっただろうな・・・

できるだけ近いところで慰霊をしたいと思い、二ノ池方面を目指します。
二ノ池の先の乗越まで行きましたが、頂上が見えなかったり、場所が無かったりだったので、戻って二ノ池で線香を焚き、弔いました。


五ノ池小屋まで戻って昼を食べ、そのあと継子岳をピストンして下山しました。
継子岳へ向かう時の稜線は下からの風がものすごく、上着無しでは到底無理でした。
天気は良くても風は強く、体感温度は結構低かったです。
訪問者数:307人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ