ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 977897 全員に公開 ハイキング比良山系

武奈ヶ岳

日程 2016年10月09日(日) 〜 2016年10月10日(月)
メンバー hiro-san(記録), bunpaku(食事)
天候一日目:曇り一時小雨
二日目:晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
JR北小松駅
JR比良駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち55%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間37分
休憩
23分
合計
5時間0分
S登山口(北小松・楊梅滝)09:4110:01楊梅の滝10:0810:38涼峠10:3911:11ヤケ山11:1312:17ヤケオ山12:2112:47フジハゲのピーク13:10釈迦岳13:1513:34カラ岳13:3613:51次郎坊山13:55比良明神14:04比良ロッジ跡14:0514:13八雲ヶ原14:1414:41宿泊地
2日目
山行
3時間35分
休憩
7分
合計
3時間42分
宿泊地09:2010:03金糞峠10:0510:40堂満岳10:4512:00登山口13:02ゴール地点・比良トピアG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
北小松から楊梅滝まで急な登りの舗装路です
涼峠からヤケ山、ヤケオ山は急登です、
堂満岳からの下りは激下りです。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 笛(鈴)(1) 筆記具(1) 保険証(コピー)(1) 飲料(1) ティッシュ(1) バンドエイド(1) タオル(1) 携帯電話(1) 雨具(1) 防寒着(1) ストック(1) 水筒(1) 時計(1) 非常食(1) 帽子(1) サングラス(1) ファーストエイドキット(1) GPS(1) カメラ(1) ガイド地図(1) 1/25000地形図(1)

写真

北小松駅からこんなにも遠かったかな??
2016年10月09日 09:24撮影 by Nexus 7, asus
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北小松駅からこんなにも遠かったかな??
雨の後なので?勢いよく沢山流れています
2016年10月09日 09:31撮影 by Nexus 7, asus
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨の後なので?勢いよく沢山流れています
滝見ポイントから
2016年10月09日 09:53撮影 by Nexus 7, asus
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝見ポイントから
涼峠です
2016年10月09日 10:32撮影 by Nexus 7, asus
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涼峠です
順調にヤケ山
2016年10月09日 11:08撮影 by Nexus 7, asus
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
順調にヤケ山
北西方向、蛇谷ヶ峰方面?
昼からは北部からはれるはずなのに・・・
2016年10月09日 11:48撮影 by Nexus 7, asus
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北西方向、蛇谷ヶ峰方面?
昼からは北部からはれるはずなのに・・・
ぼちぼち昼にする?
2016年10月09日 12:00撮影 by Nexus 7, asus
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ぼちぼち昼にする?
ヤケオ山です
以前も釈迦岳のつもりがここで昼食
今回も。ただし、風がきつかったので陰によけました
2016年10月09日 12:18撮影 by Nexus 7, asus
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤケオ山です
以前も釈迦岳のつもりがここで昼食
今回も。ただし、風がきつかったので陰によけました
釈迦岳に向かう途中のやせ尾根
2016年10月09日 12:48撮影 by Nexus 7, asus
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釈迦岳に向かう途中のやせ尾根
写真では分かりづらいですが地上は日が差しているところもあります
2016年10月09日 12:56撮影 by Nexus 7, asus
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真では分かりづらいですが地上は日が差しているところもあります
やっと釈迦岳。
眺望のないのは以前と同じ。
ルートをあやまり北平峠方面へいったん下りました
2016年10月09日 13:08撮影 by Nexus 7, asus
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと釈迦岳。
眺望のないのは以前と同じ。
ルートをあやまり北平峠方面へいったん下りました
ルートに復帰してカラ岳の手前からヤケオ山方面
2016年10月09日 13:29撮影 by Nexus 7, asus
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルートに復帰してカラ岳の手前からヤケオ山方面
ここがカラ岳の山頂?
2016年10月09日 13:35撮影 by Nexus 7, asus
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここがカラ岳の山頂?
歩きやすい道です
2016年10月09日 13:38撮影 by Nexus 7, asus
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩きやすい道です
旧リフトあと?
2016年10月09日 13:59撮影 by Nexus 7, asus
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧リフトあと?
なだらかな斜面を下って奥まったところのある八雲観音に登山の無事を感謝
2016年10月09日 14:18撮影 by Nexus 7, asus
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なだらかな斜面を下って奥まったところのある八雲観音に登山の無事を感謝
いろいろあって、翌日は快晴の予感!
2016年10月10日 05:30撮影 by Nexus 7, asus
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いろいろあって、翌日は快晴の予感!
スキー場跡?斜面を登って東側の空
2016年10月10日 05:42撮影 by Nexus 7, asus
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキー場跡?斜面を登って東側の空
琵琶湖も輝いています
2016年10月10日 06:04撮影 by Nexus 7, asus
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
琵琶湖も輝いています
コヤモノ分岐
予定していたコースとは違いますが、まぁいいか
2016年10月10日 06:08撮影 by Nexus 7, asus
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コヤモノ分岐
予定していたコースとは違いますが、まぁいいか
山頂です
ガスってます
日が差し始めたらガスが昇ってくることを失念していました
2016年10月10日 06:24撮影 by Nexus 7, asus
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂です
ガスってます
日が差し始めたらガスが昇ってくることを失念していました
このコースを上ってくるはずだったのですが
2016年10月10日 07:12撮影 by Nexus 7, asus
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このコースを上ってくるはずだったのですが
水もきれいできもちいい
2016年10月10日 07:12撮影 by Nexus 7, asus
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水もきれいできもちいい
緑もきれいです
2016年10月10日 07:13撮影 by Nexus 7, asus
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緑もきれいです
時間はたっぷりあるので、出発も遅め
このころには空もは快晴です!
2016年10月10日 09:21撮影 by Nexus 7, asus
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時間はたっぷりあるので、出発も遅め
このころには空もは快晴です!
湿原も最高にきれい!
2016年10月10日 09:22撮影 by Nexus 7, asus
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湿原も最高にきれい!
山と高原地図の通過タイムよりも大幅に超過して金糞峠です
2016年10月10日 10:03撮影 by Nexus 7, asus
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山と高原地図の通過タイムよりも大幅に超過して金糞峠です
りんどう
2016年10月10日 10:37撮影 by Nexus 7, asus
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
りんどう
堂満岳山頂です
2016年10月10日 10:42撮影 by Nexus 7, asus
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堂満岳山頂です
琵琶湖がきらきら輝いています
2016年10月10日 10:43撮影 by Nexus 7, asus
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
琵琶湖がきらきら輝いています
ちょっと遠回りしましたが
2016年10月10日 13:02撮影 by Nexus 7, asus
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと遠回りしましたが
おつかれさま!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おつかれさま!
ようがんばりました!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようがんばりました!
なんぼでも、いけます!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんぼでも、いけます!

感想/記録

10月のテン泊は東野さんと数年ぶりに北小松から揚梅滝・ヤケ山・ヤケオ山経由釈迦岳から八雲ケ原でテント、そして武奈ヶ岳。下りは金糞峠を経て堂満岳から一気にイン谷口へ。最後は比良トピアで反省会。実に素晴らしい計画です。
が、天気の回復が思わしくなく1日日延べしての山行き。それでも天気予報に裏切られ、1日目は午後からは晴れの予報も曇り・・・。
しかし、夏日にさらされなかっただけましとしましょう。
八雲が原は初めてですが、テン場の目の前に池もあり落ち着く感じでした。明神平もスキー場跡でここもスキー場跡でしたが、なんとなく、通じるものがあるような・・・。
初日は思った以上に時間がかかったのとテント設営後日没まで時間がなかったため、武奈ヶ岳登頂はあきらめ早めの宴会モード!東野さんの晩ご飯の主菜(焼き肉)を肴に4時過ぎから酒盛りでした。
それでも、自分のテントに帰ってからご飯を炊き予定通りカツ丼を当てに更に酒を飲みながら夜は更けていきました。
2日目は予定通り5時起き、5時半出発で武奈ヶ岳山頂を目指します。
結構、草深くて(地図を十分確認しなくて?)予定していたコースではなく旧ゲレンデを直登してコヤマの分岐方面に登ってしまいました。途中から春に縦走したときのコースに出てやっと、登るコースを間違っていたことに気がつきました。
出発時は快晴の天気でしたが、山頂に着く頃には陽も高くなり下方から沢山ガスが登ってきて景色を楽しむことは出来ませんでした。目は早くから覚めていたので、日の出の時間に会わせずにもっと早くテントを出ればよかった・・・。
テン場の出発は8時のつもりでしたが、今日は下山だけなのでゆっくりして、9時20分発。遅い!
八雲が原を金糞峠に向け下ります。こんな山の上なのに、なんて豊富な水、緑。みんなが沢山訪れるわけがわかりました。
金糞峠まで来ると沢山の登山者です。イン谷口からはほとんどの方が青ガレを登ってくるようです。私たちは時間もあるので当初予定通り堂満岳経由で下ります。
縦走路から堂満岳山頂に向かうルートは結構急登だったりやせ尾根だったり、楽しめます(実は、このあたりでストック1本を紛失したもよう)。
山頂から東側は琵琶湖の絶景です!!今日は昨日の天気が嘘のようにまるっきり快晴なので琵琶湖の湖面の輝きが夏の陽光とともに際だっています。
琵琶湖の景色を堪能した後は下りです。山と高原地図でも「危険」マークのあった激下り。おもわず滑ってしまいました。あーいたっ!
それからも結構下りが続き、やっと、下山。でも、結局イン谷口にはでれず、バイパスをくぐって、やっとの思いで比良トピア到着。
ゆっくりと温泉で汗を流し、いつもとは違い、ほどほどのビールで?反省会。
今度は天気のよいときに、できれば縦走したです。次は来春かな?
※この山行記録は以下の投稿キャンペーンに参加しています。
ヤマレコMAPを使って山に登ろう! by ヤマレコ
訪問者数:31人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ