ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 978138 全員に公開 ハイキング磐梯・吾妻・安達太良

大好物の山容 磐梯山(八方平登山口から反時計回り周回)

日程 2016年10月10日(月) [日帰り]
メンバー mojack
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
八方平登山口の駐車場を利用しました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち86%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間43分
休憩
47分
合計
5時間30分
S八方台登山口06:1106:32裏磐梯スキー場分岐06:3407:28弘法清水07:2907:45磐梯山08:0408:25弘法清水08:2908:59三合目分岐09:0409:51火口原分岐09:5910:48銅沼10:5011:17裏磐梯スキー場分岐11:2311:41八方台登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に危険箇所はありません。
櫛ケ峰から火口原に降りていく道は急ですので、少し気を使います。
その他周辺情報汗を流すためにラビスパ裏磐梯に向かいましたが、駐車場まで行列のため、諦め、猪苗代湖畔にあるレイクサイド磐光の日帰り入浴を利用しました。600円です。猪苗代湖を一望できる露天風呂でした。

写真

登山道の入口は駐車場のすぐ横にあります。登山届もここで提出できます。
2016年10月10日 06:09撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道の入口は駐車場のすぐ横にあります。登山届もここで提出できます。
木道は濡れているので滑ります。
2016年10月10日 06:33撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木道は濡れているので滑ります。
秋の装いの登山道が気持ち良いです。
2016年10月10日 06:45撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秋の装いの登山道が気持ち良いです。
霧がかかっていましたが、お花畑から一瞬だけ頂上が望めました。
2016年10月10日 07:17撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧がかかっていましたが、お花畑から一瞬だけ頂上が望めました。
2
頂上まではもう少し。岩がゴロゴロです。
2016年10月10日 07:28撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上まではもう少し。岩がゴロゴロです。
一瞬、霧が抜け、紅葉する斜面を拝めました。
2016年10月10日 07:40撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一瞬、霧が抜け、紅葉する斜面を拝めました。
1
頂上に到着。猪苗代湖がボンヤリ。
2016年10月10日 07:48撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上に到着。猪苗代湖がボンヤリ。
霧の晴れ間をパシャり。風が寒いので、頂上からは退散です。
2016年10月10日 07:49撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧の晴れ間をパシャり。風が寒いので、頂上からは退散です。
霧の晴れ間からお花畑を見下ろします。
2016年10月10日 08:06撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧の晴れ間からお花畑を見下ろします。
1
小屋まで降りてくると、頂上は晴れてきました。
2016年10月10日 08:28撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋まで降りてくると、頂上は晴れてきました。
紅葉真っ盛り。
2016年10月10日 08:32撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉真っ盛り。
3
これから向かう銅沼(あかぬま)を見下ろします。
2016年10月10日 08:40撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから向かう銅沼(あかぬま)を見下ろします。
今一度、山頂を拝みます。
2016年10月10日 08:48撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今一度、山頂を拝みます。
1
噴火口方面に小野川湖と秋元湖が見えます。
2016年10月10日 08:49撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
噴火口方面に小野川湖と秋元湖が見えます。
櫛ケ峰を見下ろします。好物な風景です。
2016年10月10日 08:51撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
櫛ケ峰を見下ろします。好物な風景です。
1
噴火口から銅沼と桧原湖。
2016年10月10日 09:03撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
噴火口から銅沼と桧原湖。
稜線を進みます。
2016年10月10日 09:09撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線を進みます。
荒々しい山頂までの景色。
2016年10月10日 09:19撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒々しい山頂までの景色。
広い火口原。
2016年10月10日 09:49撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広い火口原。
128年前まで、山が存在したとは思えません。
2016年10月10日 09:56撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
128年前まで、山が存在したとは思えません。
櫛ケ峰を見ながら、昼食にしました。
2016年10月10日 10:09撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
櫛ケ峰を見ながら、昼食にしました。
絵画のような風景。
2016年10月10日 10:20撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
絵画のような風景。
今日イチの赤でした。
2016年10月10日 10:31撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日イチの赤でした。
1
銅沼に到着。素晴らしい景色です。空が青くないのが残念。
2016年10月10日 10:47撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
銅沼に到着。素晴らしい景色です。空が青くないのが残念。
1
中ノ湯跡まで戻ってきました。ここから、登山口まで20分ほどです。
2016年10月10日 11:24撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中ノ湯跡まで戻ってきました。ここから、登山口まで20分ほどです。
撮影機材:

感想/記録
by mojack

天気はイマイチでしたが、ブラタモリに出てきた山体崩壊の景色を生で見たく、磐梯山に向かいました。到着時には磐梯山頂上付近は霧に包まれていましたが、頂上から下山を始めるとキリが取れ始め、下から頂上を見上げることはできました。
噴火口を中心とする山容は素晴らしく、見るに良し、歩くに良しの山でした。次は青空が望める時に来たいと思います。
訪問者数:202人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

紅葉 花畑 木道 時計回り 反時計回り
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ