ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 978342 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走霊仙・伊吹・藤原

藤原岳から御池岳

日程 2016年10月10日(月) [日帰り]
メンバー asakichi
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 自転車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.3〜0.4(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち49%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間31分
休憩
1時間42分
合計
9時間13分
S藤原岳大貝戸休憩所04:5405:42藤原岳表登山道五合目06:29藤原岳八合目06:3006:41藤原岳九合目06:4207:02藤原山荘07:0307:19藤原岳07:3807:50藤原山荘07:5108:15天狗岩08:1608:41頭蛇ヶ平08:4309:02白瀬峠09:0709:51御池岳・鈴北岳分岐09:5510:17御池岳10:27ボタンブチ10:4810:57奥の平11:08御池岳11:33日本庭園11:41鈴北岳11:4912:22鞍掛峠12:32鞍掛トンネル東登山口12:3913:20藤原岳大貝戸休憩所13:5114:07ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ログ消し忘れ、ゴールは大貝戸です。
コース状況/
危険箇所等
藤原⇒御池の縦走路はトレースが明確でないところがあり、テープ等を拾いつつルーファイが必要です。
その他周辺情報鞍掛峠は滋賀側通行止めですが、三重側はトンネルまで車で行けました。

写真

七合目、休んでいると朝日が差し始める
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX160 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七合目、休んでいると朝日が差し始める
いい天気かなと思ったら、
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX160 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい天気かなと思ったら、
藤原展望台では案外の曇り空
1980年01月01日 00:01撮影 by Canon PowerShot SX160 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藤原展望台では案外の曇り空
2
御池岳方面は青空
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX160 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御池岳方面は青空
1
カレンフェルトの彼方に霊山と伊吹
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX160 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カレンフェルトの彼方に霊山と伊吹
1
天狗岩(Elv.=1171m)
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX160 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岩(Elv.=1171m)
疎林のなかを、
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX160 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
疎林のなかを、
1
進んでゆく
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX160 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
進んでゆく
頭陀平からテーブルランドを望む
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX160 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頭陀平からテーブルランドを望む
2
小グルミ谷登り口
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX160 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小グルミ谷登り口
2
ボタンブチから
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX160 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ボタンブチから
3
琵琶湖方面
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX160 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
琵琶湖方面
1
草原に秋の風、
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX160 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草原に秋の風、
1
広々、奥の平
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX160 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広々、奥の平
2
霊山と伊吹
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX160 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霊山と伊吹
1
御池岳頂上
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX160 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御池岳頂上
1
御池⇒鈴北の草原、ドリーネが点在
1980年01月01日 00:01撮影 by Canon PowerShot SX160 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御池⇒鈴北の草原、ドリーネが点在
1
歩いていると楽しい
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX160 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いていると楽しい
鈴北岳は眺めがよい
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX160 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鈴北岳は眺めがよい
1
鈴ケ岳
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX160 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鈴ケ岳
1
鞍掛峠
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX160 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍掛峠
2
ここから西藤原までダウンヒル
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX160 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから西藤原までダウンヒル
1
登山口に帰還
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX160 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口に帰還
1
西藤原駅
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX160 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西藤原駅
撮影機材:

感想/記録

中学の時、初めて本格的な山登りに行ったが全然記憶にない御池岳と、行ったことのない藤原岳をつなげて縦走することにした。前夜に鞍掛峠にMTBを置き、大貝戸Pで車泊。夜になっても秋祭りの太鼓で賑やかだ。真っ暗の表登山道をホイッスルを吹き鳴らしつつ登ると徐々に下界の灯火が消え、七合目で朝日が差す。藤原岳展望台からは南鈴鹿、濃尾平野、伊勢湾が眺められるが曇ってきてやや地味な趣だ。朝めし食って御池への縦走路を進むが、行く手の近江側は青空で天狗岩で晴天域に入る。縦走路は時にトレースが薄くなりテープを拾いGPSも見ながら進む。御池の急登を登り、山頂を過ぎてそのまま進むと草原が広がっていた。ボタンブチ手前のプチ・ボタンブチで昼めし、眺め良し、青空、微風、虫もヒルもいないし快適そのもの。眼下の白倉岳、T字尾根、次回はこっちから来るかと考える。奥の平は北側も展望が開け、のどかな北伊勢の田野が足元に広がる。山頂に戻って少し下り、今度はテーブルランドの西側を進む。左右の低い丘の間の草原に池、ドリーネ、カレンフェルトが点在する。この歩きは楽しい。右手の小高い丘に左からまわりこんでゆるゆる登り、広くて見晴らしの良い鈴北岳に着いた。伊吹や北鈴鹿、青い琵琶湖の眺めを楽しみ、鞍掛峠へ。峠からトンネル前に下り、そこからMTBでR309を一気に下る。寒くもなく、車も少なく(トンネルで通行止め)爽快なダウンヒルだった。藤原、御池はともに良い山、ソロならではの縦走+ダウンヒルのコースとしては理想的だと思います。
訪問者数:351人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/10/13
投稿数: 1
2016/10/12 20:26
 参考になりました!
MTBを使う方法があったのですね(笑)。
登録日: 2013/2/9
投稿数: 1
2016/10/13 12:17
 Re: 参考になりました!
鞍掛からのR309は急すぎずMTBにちょうどよい傾斜です。何よりトンネルが通れないので車が少ないのが良いですね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ