ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 978356 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走四国剣山

三嶺(みうね)〜次郎笈縦走

日程 2016年10月09日(日) 〜 2016年10月10日(月)
メンバー Mameta7jp, その他メンバー1人
天候曇り後晴
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間0分
休憩
1時間20分
合計
5時間20分
Sスタート地点11:4012:40林道出会い11:4014:20三嶺避難小屋15:2015:30三嶺15:5016:00三嶺避難小屋
2日目
山行
6時間50分
休憩
10分
合計
7時間0分
三嶺避難小屋06:2008:00白髪避難小屋09:40高ノ瀬10:30丸石避難小屋11:00丸石12:10次郎笈12:2013:20リフト西島駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

妙に生活感のある人形がならぶ名頃登山口より元気に出発します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
妙に生活感のある人形がならぶ名頃登山口より元気に出発します。
熊鈴付けたトイプーが山から降りてきました。呼び止められて、「何?」的な。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊鈴付けたトイプーが山から降りてきました。呼び止められて、「何?」的な。
1
ガスのかかった樹林帯を黙々と登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスのかかった樹林帯を黙々と登ります。
1
やがて大岩が見えてくると小屋は近い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やがて大岩が見えてくると小屋は近い。
1
本日のお宿、立派な三嶺避難小屋。もちろん無料です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日のお宿、立派な三嶺避難小屋。もちろん無料です。
3
荷物をおいて、一息ついたらとりあえず三嶺山頂へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荷物をおいて、一息ついたらとりあえず三嶺山頂へ。
3
その後、小屋脇でブロッケン現象が見れると聞いて喜んで写真を撮りに走りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その後、小屋脇でブロッケン現象が見れると聞いて喜んで写真を撮りに走りました。
4
暗くなるまで、焼酎湯割りとめざしでまったりします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暗くなるまで、焼酎湯割りとめざしでまったりします。
1
翌朝。モルゲンに染まる三嶺と同行者。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝。モルゲンに染まる三嶺と同行者。
3
展望最高の小屋でした。バイバイ。一旦、三嶺に登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望最高の小屋でした。バイバイ。一旦、三嶺に登ります。
三嶺山頂から雲の中へ一旦激下り、その後、急登を経て再び雲の上に出ます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三嶺山頂から雲の中へ一旦激下り、その後、急登を経て再び雲の上に出ます。
2
朝方いた三嶺が既に雲の向こうに。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝方いた三嶺が既に雲の向こうに。
2
少し雲が晴れました。景色最高。奥に見える山まで行きますよ〜。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し雲が晴れました。景色最高。奥に見える山まで行きますよ〜。
2
食べれそうなキノコ。私が物知りだったらなぁ。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
食べれそうなキノコ。私が物知りだったらなぁ。。
快適な縦走路。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快適な縦走路。
1
明るい縦走路。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明るい縦走路。
1
こんな奴が時々癒してくれます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな奴が時々癒してくれます。
1
こんな奴も癒してくれました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな奴も癒してくれました。
道中、ガスっぽかったのですが、丸石まで来るとスッキリ!晴れました!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道中、ガスっぽかったのですが、丸石まで来るとスッキリ!晴れました!!
3
気持ちいい。。同行者にモデルになってもらいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちいい。。同行者にモデルになってもらいます。
1
今日イチの景色かな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日イチの景色かな?
2
次郎笈到着!長かった縦走もようやく終わり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次郎笈到着!長かった縦走もようやく終わり。
3
剣山はパスし、更にリフトで下山する堕落っぷり。これでいいんです!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣山はパスし、更にリフトで下山する堕落っぷり。これでいいんです!
1

感想/記録

 ようやく首の故障もほぼ治り、しばらく休んでいた縦走を解禁しました。折角の三連休ですが信州は微妙?天気が確実に良さそうな四国の三嶺〜剣縦走を選択。
 自身3回目となるこのコースですが、1回目は剣から三嶺経由温泉施設へ終始雨の中の縦走、2回目は紅葉狩のつもりが流れ流れて小雪の舞う時期に(当然紅葉は終わってます)。満を持しての今回です。
 果たして、、、ですが予想通り2日目は午後から晴!紅葉の色づきは早かったのか遅かったのかちょっと残念でしたが、最高の景色を楽しむことの出来た縦走でした。テント持参、水分は水汲みが面倒なので2人2日分で8L。久しぶりの縦走で靴擦れがきつかったです。大人の事情(足裏事情?その他)もあって縦走は次郎笈までとし、剣はパス。勢い余って片道1000円を超えるリフトでセレブな下山を楽しみました。これでいいんでしょうか?いいんです!

(メモ)
・見の越からバスで名頃登山口へ。登山シーズンのみ1日2本
・名頃登山道:「山と高原地図」の地図と違い尾根沿いに付け替えられている。
 標高差950m程度、樹林帯の登り一辺倒。
・三嶺避難小屋:水場まで10分位かな?後で酌みにくるのはやや面倒。
 トイレはあり、紙は持って帰る事。
 無料です(ので仕方ないですが、夜は静かに過ごしたかったなぁ。)。
・白髪避難小屋、丸石避難小屋はキャパが小さいです。
 午後到着予定ならテント持参推奨。
・三嶺から剣稜線への乗り換えは鞍部まで250m下って登り返し。
 剣方面から来る場合はここが頑張りどころ。
・剣山のトラバース道は、崩壊しており、大剣神社まで50m位登らされる。

 P.S.剣方面から縦走されてきた多分関東地方の山岳会の方と思いますが世話になりました。この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。
訪問者数:224人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ