ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 978365 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走谷川・武尊

紅葉の谷川岳 西黒尾根〜俎山稜

日程 2016年10月10日(月) [日帰り]
メンバー growmonoshiloko
天候晴れのち曇り、小雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
白毛門駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち73%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
肩の小屋〜天神平までは大渋滞のため遅延しています。標準CT1時間45分の所を2時間20分かかっています。
コース状況/
危険箇所等
オジカ沢の頭〜小障子の頭の坂はぬかるみ滑りやすい転倒注意。
相変わらず天神尾根の木道、階段は滑る。
三連休最終日、天狗の溜り場から先は大渋滞。
詳細はブログにて掲載しております。
http://drf1969.blog.fc2.com/blog-entry-467.html
http://drf1969.blog.fc2.com/blog-entry-468.html
http://drf1969.blog.fc2.com/blog-entry-469.html
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

早朝4時15分に白毛門駐車場を出発。西黒尾根登山道に到着。いつものポーズで気合充分のshilokoさん。気温10℃。
2016年10月10日 04:47撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早朝4時15分に白毛門駐車場を出発。西黒尾根登山道に到着。いつものポーズで気合充分のshilokoさん。気温10℃。
2
ヘッドライトを付けて暗い樹林帯を進む。エルブナに挨拶。
2016年10月10日 05:17撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヘッドライトを付けて暗い樹林帯を進む。エルブナに挨拶。
2
樹林帯から朝日に映る笠ヶ岳、大烏帽子、朝日岳。
2016年10月10日 06:09撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯から朝日に映る笠ヶ岳、大烏帽子、朝日岳。
6
5時48分日の出だが、武尊山から6時10分にご来光。
2016年10月10日 06:14撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5時48分日の出だが、武尊山から6時10分にご来光。
1
RW天神平駅、高倉山、天神山、天神尾根。
2016年10月10日 06:14撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
RW天神平駅、高倉山、天神山、天神尾根。
2
朝日を見つめるshilokoさん。樹林帯の急登で汗だく。
2016年10月10日 06:16撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日を見つめるshilokoさん。樹林帯の急登で汗だく。
2
ラクダのコブを上がるshilokoさん。東尾根のナイフリッジが切り立つ。
2016年10月10日 06:27撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ラクダのコブを上がるshilokoさん。東尾根のナイフリッジが切り立つ。
2
登り切り白毛門〜清水峠までの美しい稜線を眺める。馬蹄形を行く人も今日は多いだろう。
2016年10月10日 06:27撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り切り白毛門〜清水峠までの美しい稜線を眺める。馬蹄形を行く人も今日は多いだろう。
2
笠ヶ岳、大烏帽子、朝日岳。また訪れたい。
2016年10月10日 06:28撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳、大烏帽子、朝日岳。また訪れたい。
2
白毛門、ジジ岩、ババ岩が白髪になる時期も近い。
2016年10月10日 06:28撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白毛門、ジジ岩、ババ岩が白髪になる時期も近い。
3
ラクダのコル、氷河跡方面。美しい紅葉。
2016年10月10日 06:29撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ラクダのコル、氷河跡方面。美しい紅葉。
北に目をやると東尾根から切り立つ谷川岳東壁の険しい断崖。
2016年10月10日 06:30撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北に目をやると東尾根から切り立つ谷川岳東壁の険しい断崖。
1
鎖場を上がるshilokoさん。
2016年10月10日 06:35撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場を上がるshilokoさん。
1
ラクダのコル手前の鎖場を上がる。
標高を上げるとさすがに空気がひんやりしてくる。気温8℃。
2016年10月10日 06:38撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ラクダのコル手前の鎖場を上がる。
標高を上げるとさすがに空気がひんやりしてくる。気温8℃。
2
天神尾根の美しい紅葉とガス襲来。
2016年10月10日 06:41撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天神尾根の美しい紅葉とガス襲来。
1
巻機山、割引岳。清水峠、白崩避難小屋。
2016年10月10日 06:42撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻機山、割引岳。清水峠、白崩避難小屋。
1
ラクダのコルから氷河跡方面。ガスでザンゲ岩すら見えず。
2016年10月10日 06:42撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ラクダのコルから氷河跡方面。ガスでザンゲ岩すら見えず。
振り返ると下はマチガ沢。
2016年10月10日 06:55撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると下はマチガ沢。
1
氷河跡、蛇紋岩一枚岩からラクダのコル方面。左から至仏山、燧ヶ岳、武尊山、日光白根、錫ヶ岳。
2016年10月10日 06:55撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氷河跡、蛇紋岩一枚岩からラクダのコル方面。左から至仏山、燧ヶ岳、武尊山、日光白根、錫ヶ岳。
1
RW天神平駅はすでに眼下に。中央に阿能川岳、遠くに榛名山。
2016年10月10日 06:55撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
RW天神平駅はすでに眼下に。中央に阿能川岳、遠くに榛名山。
ザンゲ岩手前のザレ場を登るshilokoさん。左手にはマチガ沢。
2016年10月10日 06:57撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザンゲ岩手前のザレ場を登るshilokoさん。左手にはマチガ沢。
2
紅葉に彩られた天神尾根、中ゴー尾根、台形が特徴の阿能川岳。
2016年10月10日 07:13撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉に彩られた天神尾根、中ゴー尾根、台形が特徴の阿能川岳。
1
テレ端で、天神尾根の美しい紅葉。
2016年10月10日 07:14撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テレ端で、天神尾根の美しい紅葉。
2
広角にすると、天神山まで入る。
2016年10月10日 07:21撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広角にすると、天神山まで入る。
歩んできた稜線を眺めるshilokoさん。氷河跡と武尊山を見つめる。
2016年10月10日 07:32撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩んできた稜線を眺めるshilokoさん。氷河跡と武尊山を見つめる。
1
山頂とザンゲ岩が見えてきた。
2016年10月10日 07:32撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂とザンゲ岩が見えてきた。
肩の小屋は朝の掃除中。
2016年10月10日 08:03撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩の小屋は朝の掃除中。
”ソーレかっ飛ばせshiloko、ソーレかっ飛ばせホームラン!” ランディー・バースのようにバックスクリーンに放り込め!
2016年10月10日 08:08撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
”ソーレかっ飛ばせshiloko、ソーレかっ飛ばせホームラン!” ランディー・バースのようにバックスクリーンに放り込め!
3
記念に・・・RWからの登山者が来る前なので空いていた。三人だけ。
2016年10月10日 08:18撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
記念に・・・RWからの登山者が来る前なので空いていた。三人だけ。
7
山頂の寒さに着こむshilokoさん。気温0℃。吐く息が白く風が冷たい。
2016年10月10日 08:22撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の寒さに着こむshilokoさん。気温0℃。吐く息が白く風が冷たい。
1
あさぼらけの肩の小屋前。混雑する前の静寂。今日の目的、谷川岳主脈爼山稜へ向かう。
2016年10月10日 08:29撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あさぼらけの肩の小屋前。混雑する前の静寂。今日の目的、谷川岳主脈爼山稜へ向かう。
1
ハクサンフウロの紅葉。
2016年10月10日 08:41撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンフウロの紅葉。
2
ガスに覆われた登山道。強く冷たい北風で体感気温はマイナス2℃。
2016年10月10日 09:04撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスに覆われた登山道。強く冷たい北風で体感気温はマイナス2℃。
オジカ沢の頭は見えず・・・
2016年10月10日 09:05撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オジカ沢の頭は見えず・・・
1
アカモノが一輪咲いていた!
2016年10月10日 09:07撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アカモノが一輪咲いていた!
4
肩の小屋から1km地点。マツダランプ。
2016年10月10日 09:08撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩の小屋から1km地点。マツダランプ。
1
ガスが切れ、風が強く吹き抜ける時は時々景色が見えた。オジカ沢の頭、マナイタグラ。
2016年10月10日 09:21撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスが切れ、風が強く吹き抜ける時は時々景色が見えた。オジカ沢の頭、マナイタグラ。
1
幕岩、幕岩尾根が見える。切れ込むオジカ沢。私たちの立つ下には上越新幹線大清水トンネルが通っている。
2016年10月10日 09:21撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幕岩、幕岩尾根が見える。切れ込むオジカ沢。私たちの立つ下には上越新幹線大清水トンネルが通っている。
オジカ沢の頭手前の鎖場を登るshilokoさん。
2016年10月10日 09:22撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オジカ沢の頭手前の鎖場を登るshilokoさん。
2
オジカ沢手前の岩場が見える。岩場には美しい紅葉が似合う。
2016年10月10日 09:24撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オジカ沢手前の岩場が見える。岩場には美しい紅葉が似合う。
湯沢町方面からガスが吹き上げて滝のように流れてくる。
2016年10月10日 09:24撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯沢町方面からガスが吹き上げて滝のように流れてくる。
1
オジカ沢手前のキレット。南へ巻いて行く。
2016年10月10日 09:29撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オジカ沢手前のキレット。南へ巻いて行く。
2
大障子の頭、小障子の頭が初めて見えた。爼山稜。
2016年10月10日 09:30撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大障子の頭、小障子の頭が初めて見えた。爼山稜。
3
オジカ沢の頭への鎖場を上がるshilokoさん。
2016年10月10日 09:35撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オジカ沢の頭への鎖場を上がるshilokoさん。
1
オジカ沢の頭にて・・・いつも強風吹き荒れる場所。服装で寒さが理解していただけると思う。初雪は例年10月20日頃。
2016年10月10日 09:47撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オジカ沢の頭にて・・・いつも強風吹き荒れる場所。服装で寒さが理解していただけると思う。初雪は例年10月20日頃。
7
オジカ沢の頭避難小屋を観察するshilokoさん。
2016年10月10日 09:57撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オジカ沢の頭避難小屋を観察するshilokoさん。
2
マナイタグラ山稜、幕岩尾根へと連なる。
2016年10月10日 10:31撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マナイタグラ山稜、幕岩尾根へと連なる。
1
オジカ沢を撮影するshilokoさん。
2016年10月10日 10:32撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オジカ沢を撮影するshilokoさん。
1
美しい沢のせせらぎを集める赤谷川本谷。赤谷湖へ流れていく。私たちが立つこの下には関越自動車道関越トンネルが通っている。
2016年10月10日 10:33撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美しい沢のせせらぎを集める赤谷川本谷。赤谷湖へ流れていく。私たちが立つこの下には関越自動車道関越トンネルが通っている。
3
小障子の頭到着。ガスが酷く小雨が降り始めたので、大障子避難小屋へ退避、昼食。
2016年10月10日 10:40撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小障子の頭到着。ガスが酷く小雨が降り始めたので、大障子避難小屋へ退避、昼食。
草紅葉、紅葉。
2016年10月10日 10:47撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草紅葉、紅葉。
昼食は海鮮の具がたっぷりエビ、イカ、アサリのスープパスタ。冷えた体には暖かいスープを。shilokoさんにはアルコールを。再装備して12時少し前に出発。
2016年10月10日 11:27撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昼食は海鮮の具がたっぷりエビ、イカ、アサリのスープパスタ。冷えた体には暖かいスープを。shilokoさんにはアルコールを。再装備して12時少し前に出発。
5
ハクサンフウロが一輪咲いていた!
2016年10月10日 13:53撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンフウロが一輪咲いていた!
4
天神尾根へ下り、天狗の留まり場には老若男女が留まっていた。
2016年10月10日 14:40撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天神尾根へ下り、天狗の留まり場には老若男女が留まっていた。
天神尾根は三連休最終日で登山道大渋滞。鎖がある箇所で詰まってしまい後続は待つことを余儀なくされた。西黒尾根で降りればと悔やんだ。
2016年10月10日 14:41撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天神尾根は三連休最終日で登山道大渋滞。鎖がある箇所で詰まってしまい後続は待つことを余儀なくされた。西黒尾根で降りればと悔やんだ。
1
渋滞中に中ゴー尾根、爼山稜の美しいガスの流れが見られた。
2016年10月10日 14:50撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渋滞中に中ゴー尾根、爼山稜の美しいガスの流れが見られた。
3
大渋滞する天神尾根。土日祝日にはあまり来ないので想定外。先週10月2日は1000通以上登山届が出されたそうだ。西黒尾根下る時間と変わらなかった。悔やむ。
2016年10月10日 15:07撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大渋滞する天神尾根。土日祝日にはあまり来ないので想定外。先週10月2日は1000通以上登山届が出されたそうだ。西黒尾根下る時間と変わらなかった。悔やむ。
4
谷川岳、また来る日まで・・・
2016年10月10日 16:18撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷川岳、また来る日まで・・・
1

感想/記録

 三連休最終日、午前中は好天が予想されるので日の出前から山行。
shilokoさんも同行されるので大障子の頭まで11時着の天神尾根下山16時を計画。

 前橋市を3時に出発、4時過ぎに白毛門駐車場に到着。
20台以上止まっていた。その先の無料駐車場にも多数の車があった。
6時前はRW土合駅はロープで閉鎖されている。

 真っ暗の西黒尾根登山口から急登へ、ヘッドライトを付けて進んで行く。
樹林帯は気温10℃、急登を上がると体が温まり汗をかく。
動いてるうちはカットソー一枚で充分。
樹林帯から岩場にシフトすると日の出となった。
ラクダのコルからは天神尾根の美しい紅葉、東壁断崖に点在する紅葉が見られた。
ただし山頂はすでにガス模様。上からの景色は望めそうもないが先へ進む。

 あさぼらけのトマノ耳は3人しかおらず、三脚使って悠々記念撮影。
肩の小屋近辺も人影がなかった。気温は0℃吐く息が白い。
あとで聞いたが午後は山頂撮影に30分待ちの長い列が出来たそうだ。
まるでアイドルの握手会、撮影会のようだ。

 ガスにかかる谷川連峰主脈方面、爼山稜へ向かう。
中ゴー分岐先からは北西の冷たい強風に吹かれながらの歩み。
ガスの濃淡と風向きのタイミングにより、時々美しい爼山稜が見られた。
私たちの足元、この稜線の下に関越トンネル、大清水トンネルがあり、自分も通ったのだと思うと感慨深い。

 相変わらずオジカ沢の頭では猛烈な風に煽られた。体感温度はマイナス2℃で今季初めてソフトシェルと手袋を着用した。肩の小屋からオジカ沢の頭までは誰もおらず、途中すれ違う人もいなかった。
 
 オジカ沢から小障子の頭へと下る道はぬかるみが多く非常に滑りやすい。
三回転倒した。しかもガスが濃くなり小雨模様となってきた。
大障子の頭はパスして大障子避難小屋で昼食をとって引き返すことに。
大障子避難小屋で一緒になったカップルの方は吾策新道から来られ、途中熊の気配を感じたそうだ。危険を回避するために天神尾根から帰り土合駅から土樽駅で電車で帰ることにしていた。良い判断。

 ガスと小雨の中を肩の小屋まで戻り、天神尾根へ。
かなり混んでいたが、並行スライドさせて頂き先を急いだ。
しかし天狗の留まり場手前の鎖場から熊穴沢避難小屋手前の下りまで大渋滞。
10月2日は登山届が1000通出されたそうだ。
標準CT1時間45分の所を2時間20分かかった。西黒尾根を降りたほうが速い・・・
しかもお金がかからない・・・かなり下ってしまったので後悔。
百回超谷川岳に来ているが、あれほどの人の行列を見るのは初めて。
平日ばかり来ているから世間ズレしている・・・

 滑る木道に注意しながらRW天神平駅到着。
RWで紅葉見物しながら15分で下山。これはこれで良い眺めだった。
歩いて国道を下り白毛門駐車場へ。もう10台も車がなかった。

 主脈復路、肩の小屋へ上がる道ではフラフラでしたが、shilokoさんはよく付いてこれました。今回は距離は短いですが西黒尾根、谷川主脈へのピストンでshilokoさんも、主脈縦走、馬蹄形への足掛かりにできたと思います。
 ほかの方の馬蹄形、西黒尾根のレコをみてタイムをご自身と比較されてらっしゃいますが、早く歩くことは出来なくても、まさしく一歩一歩確実にステップアップしていけば楽しみが先にあるということです。経験も大事です、焦らず行きましょう。

 詳細はブログにて掲載しております。
http://drf1969.blog.fc2.com/blog-entry-467.html
http://drf1969.blog.fc2.com/blog-entry-468.html
http://drf1969.blog.fc2.com/blog-entry-469.html
 

感想/記録

登山初心者なのですが、初めてヘッドランプつけての出発を体験しました。
CLが居ても暗くてオソロシイ←かなり亀足になってしまいがっかりどす(ー_ー;)。

でも、紅葉の山容は、朝日を浴びてる時間が一番美しかったように思います。


大障子ヘッドまで行くのが目標でしたが、オジカ沢ヘッドの強風と、その先のぬかるみに体温と足下を奪われ( ;∀;)、小障子ヘッドまでとなりました。


大障子避難小屋では、吾策新道からいらしたご夫婦や、縦走ちうの外国人のお兄さん二人組とご一緒しました。
恥ずかしくてあまり話しかけられなかったけど楽しかったです。


帰りの天神尾根ルートについては、たくさんの方が感想を記しているので、人混み苦手な者の苦悩をお察しくださいませ・・・(;´Д`)。
あ、でも関越トンネルの空気孔をじっくり眺められたのでよかったです(⌒‐⌒)。


訪問者数:257人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/3/2
投稿数: 54
2016/10/11 15:57
 あれだいね
growさん今回もCLありがとうございました。

個人的希望では西黒は3時間で行きたかったのですが、暗い中歩くのが想像以上に怖かったです( ´△`)。
夢はまだまだ先ですねw


パスタ美味しかったどす。ごちそうさまです♪
避難小屋ありがたいですね。
わたし寒さに弱いので、風を凌げておいしい栄養も摂れて、体力回復いたしました。
実はダウンも持参してましたw
外でご飯だったら着ていたと思います。

昨日はたくさんの人が谷川を訪れていたようですが、気まぐれで咲いていたハクサンフウロや初恋に気付いたひとはほんの僅かだと思います。
・・・と思うとラッキー(o^・^o)。
ハクサンフウロの紅葉した葉っぱも魅力的でしたね♪


つらいつらい急登でも、つらいつらい天神尾根の渋滞でも見放さずにお付き合いくださり感謝でございます。

雪山シーズンが始まるまで、もう少しお付き合いくださいませ(ФωФ)♪
登録日: 2013/11/18
投稿数: 102
2016/10/11 21:37
 これだいね
 こんばんは、shilokoさん。
コメントお寄せいただきありがとうございます。

 週末の度に天候が優れず、行先を悩ませますね。
10月7日金曜が快晴に近く良い日和でしたが、所詮雇われ人、お互い都合良く休めません。天気と暦の巡り合わせ、一期一会ですので今現在を楽しみましょう。

 西黒で山頂まで早い人なら2時間で行けるようですが、私たちには無理です。
ご自身で目標タイムを設定されてらっしゃるなら、それを目指して頑張りましょう。私は鈍足なので3時間で行ければ良いです。

 寒い季節の山食事となればスープ系の物が欲しくなりますよね。得意のラ王も良いですが少し工夫すれば、山に居ながら海鮮が具沢山のスープパスタが作れます。デュラムセモリナにはビタミンB群が多く含まれ代謝を促進し、ナイアシンは脂肪やアルコールの分解を助けます。しかし食後4〜5時間経過しないと吸収されないので何とも言えませんが・・・

 ハクサンフウロ、アカモノにはびっくりしましたね。中ゴー分岐先の岩場北側に咲いてましたからね。しかも岩場の陰にひっそりと。ガスで景色があまり見られませんでしたので小さな花々に癒されました。

 寒さに弱いshilokoさんは冬季は登られないとのこと、谷川岳の初雪は例年10月20日近辺です。上越の山々にも冬が訪れ始め、私はとても楽しみにしております。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ