ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 978386 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走赤城・榛名・荒船

荒船山(線ヶ滝、左岸コース〜相沢)

日程 2016年10月10日(月) [日帰り]
メンバー yoshiyan
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
<往路>
「かじか倶楽部」の送迎
<復路>
荒船の湯から下仁田駅までしもにたバス
http://www.town.shimonita.lg.jp/kikaku-zaisei/m02/m02/m01/m02/09.html
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち70%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間31分
休憩
32分
合計
6時間3分
S荒船山立岩登山口(線ヶ滝登山口)08:0008:05威怒牟畿不動分岐08:0708:31威怒牟畿不動星尾峠分岐08:3209:43イモリの滝(蠑螈の滝)10:44星尾峠11:12荒船山11:1511:51艫岩12:1514:01荒船の湯14:0314:03ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報【登山後の温泉】
荒船の湯
http://www.town.shimonita.lg.jp/geopark/m03/m04/800.html
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

蝉の渓谷
2016年10月09日 15:07撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蝉の渓谷
1
南牧村星尾集落の石垣
2016年10月09日 15:54撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南牧村星尾集落の石垣
1
一つの石の周りに6つの石が綺麗に並んでいる
2016年10月09日 15:55撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一つの石の周りに6つの石が綺麗に並んでいる
1
星尾集落から見上げる立石
2016年10月09日 16:13撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
星尾集落から見上げる立石
4
古民家
2016年10月09日 16:52撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古民家
線ヶ滝
2016年10月10日 07:55撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
線ヶ滝
1
登山口
2016年10月10日 07:59撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口
威怒牟幾を目指す
2016年10月10日 08:07撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
威怒牟幾を目指す
木の橋はすべりそうで怖い
2016年10月10日 08:08撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の橋はすべりそうで怖い
道は不明瞭
2016年10月10日 08:52撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道は不明瞭
休憩所があるので一瞬安心するも
2016年10月10日 09:14撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩所があるので一瞬安心するも
明らかにやばい橋。これは渡らず渡渉。
2016年10月10日 09:19撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明らかにやばい橋。これは渡らず渡渉。
イモリの滝
2016年10月10日 09:43撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イモリの滝
1
ほとんど高度を稼ぐことができない
2016年10月10日 09:48撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほとんど高度を稼ぐことができない
残っている花はトリカブトくらい
2016年10月10日 09:51撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残っている花はトリカブトくらい
1
田口峠分岐
2016年10月10日 09:56撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
田口峠分岐
ようやく星尾峠着
2016年10月10日 10:44撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく星尾峠着
やや紅葉始まる
2016年10月10日 10:46撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やや紅葉始まる
経塚山を目指す
2016年10月10日 11:01撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
経塚山を目指す
10分ほどの上り
2016年10月10日 11:05撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10分ほどの上り
祠があるが山頂感なし
2016年10月10日 11:13撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祠があるが山頂感なし
1
艫岩目指して歩く
2016年10月10日 11:22撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
艫岩目指して歩く
高度1300mを忘れそうな平地が続く
2016年10月10日 11:28撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高度1300mを忘れそうな平地が続く
秋色
2016年10月10日 11:28撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秋色
山頂平地の笹ヤブの中に祠
2016年10月10日 11:35撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂平地の笹ヤブの中に祠
1
艫岩の休憩処
2016年10月10日 12:01撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
艫岩の休憩処
艫岩着
2016年10月10日 12:08撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
艫岩着
残念ながら北アルプスまでは見えない
2016年10月10日 11:52撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残念ながら北アルプスまでは見えない
浅間山は上のほうに雲
2016年10月10日 11:55撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅間山は上のほうに雲
浅間山の脇に草津白根山が見える
2016年10月10日 11:54撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅間山の脇に草津白根山が見える
1
崖なので写真以上の高度感があります
2016年10月10日 11:53撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崖なので写真以上の高度感があります
手前が妙義山で奥が榛名山
2016年10月10日 12:13撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前が妙義山で奥が榛名山
1
相沢方向に下山
2016年10月10日 12:17撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相沢方向に下山
木の階段が濡れて滑る
2016年10月10日 12:21撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の階段が濡れて滑る
中ノ宮。写真に入りきりません
2016年10月10日 12:53撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中ノ宮。写真に入りきりません
まだまだ濃い緑
2016年10月10日 13:01撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ濃い緑
登山口着
2016年10月10日 13:28撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口着
1
近道
2016年10月10日 13:56撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
近道
稲穂
2016年10月10日 13:59撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稲穂
荒船の湯到着
2016年10月10日 14:05撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒船の湯到着
1

感想/記録

群馬県南牧村。日本一の「限界集落」と呼ばれているらしい。

今回前泊地として選んだ「かじか倶楽部」は南牧村でも最奥の星尾地区にあった。上信電鉄の終点下仁田駅から車で約35分。かじか倶楽部のご主人に送迎いただだきながらお話を伺った。

両側に山の迫るこの地区には平地がほとんどなく、山の斜面を切り拓き、見事な石垣を作りあげている。砥石の産地であり、上州と信州を結ぶ地として関所が置かれていたこと。かつてはこんにゃくはここでしか栽培できず、それで潤っていたが、平地での栽培が可能になったために衰退したことなどなど。

集落を散歩して見るとくぬぎ石を使って、ひとつの石の周りに6つの石を丁寧に並べた石垣は本当に見事なもの。地区にある「諏訪神社」には御柱がさりげなく立っているし、その周辺から見上げる立石の景観は圧巻である。

さて、今回の山行は「荒船山」

その山容は極めて独特でまさに航空母艦のようですが、今回の南牧村から北側相沢登山口に降りるルートでは全体を見ることが出来ないのがやや残念です。

線ケ滝の登山口まではかじか倶楽部のご主人に車で送迎いただきました。(西上州の山であれば大概どこでも送迎しますとのことでした。)

ここからは複数の登山ルートがあります。岩登りに自信がある人は立石経由がおもしろいと思いますが、今回はパス。威怒牟畿不動からのルートを選択しました。

沢沿いの道には木の橋がかかっているのですが、滑りそうでちと怖いです。

威怒牟畿不動を目指して歩いているともうすぐ着くかというあたりで「荒船山近道」という看板を発見。これに従い、左折したところ「左岸ルート」に導かれることに。このルート、標高1000mあたりを西に平行移動するので距離が長い割には標高を稼ぐことができません。途中にあるイモリ滝もあんまり言われないとわからない程度の滝でした。そこから先は田口峠分岐まで沢沿いを上るのですが、道は不鮮明でわかりにくいです。赤テープの目印はあるにはあるのですが、渡渉点等わかりにくく、探すのに時間がかかってしまいます。結果的には「近道」とはならなかったようです。

ここまでは誰とも会うこともない山行でしたが、星尾峠近辺から登山客と遭遇し始めます。山頂が平なふしぎな山なので上に行くほど水はけが悪いのかかなりの泥道になってしまいます。スパッツをしていて正解でした。

まずは戦艦の船首にあたる経塚山に登ってみますが、標高1422mは今回の山行の最高点なのですが山頂には祠がある程度でほとんど眺望もなく、「山頂らしさ」は感じられません。

この後は船尾にあたる艫岩を目指して歩くのですが、ここがこの山ならではの不思議な体験です。徒歩25分の間、高度1300mとは思えない平坦な道を歩き続けます。これが本当に航空母艦だったら何台戦闘機が格納できるんだろう?

やがて艫岩に到着。浅間山の上のほうは雲に隠れていましたが、まずまずの絶景を楽しむことができました。艫岩の先は断崖絶壁になっていて転落事故なども起っているようなのであまり近づかないようにはしましたが、少し離れたところからも結構な高度感が感じられました。

下山は相沢登山口へ。荒船の湯で汗を流して下山しました。

ちなみに今回のテーマソングは中島みゆきの「宙船」。頭の中でずーっと鳴っていました。
https://www.youtube.com/watch?v=fXcGnibvKnU

荒船不動や(現時点では通行止めのようですが)内山峠からですともっと簡単に登れるようですが、見所が多い南牧村から登ってみるのも良いのではないでしょうか。かじか倶楽部に宿泊するとご主人自慢の「秘密の」地下カウンターバーでお酒が楽しめるかもしれませんよ。
訪問者数:258人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/5/5
投稿数: 180
2016/10/16 22:41
 いやもう…
yoshiyanさん、こんにちは。

なんてったって、「宙船」に拍手!!
で、「かじか倶楽部」。地元に居ながら(地元だから?)知りませんでした。引出しに入れておきます。
登録日: 2009/8/16
投稿数: 48
2016/10/17 21:02
 Re: いやもう…
Papibanさん、こんにちは。

そ、そこですか。
この歌詞にはなかなか思うものがありますねえ。
同世代のPapibanさんに共感してもらえてうれしいです。

「そのやまは自らをxらふねと忘れているのか
そのやまは舞い上がるその時を忘れているのか,,,」

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ