ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 978504 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走日高山脈

アポイ岳〜吉田岳〜ピンネシリ

日程 2016年10月10日(月) [日帰り]
メンバー kenyo
天候晴れ、しかし強風
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間55分
休憩
42分
合計
8時間37分
Sスタート地点07:4409:40アポイ岳10:24吉田岳10:3312:18ピンネシリ12:4914:06吉田岳14:0814:45アポイ岳16:21ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
最初は久々に楽古岳に登る予定でした。
しかし実は嫌な予感はありました。言うまでもなく、台風10号の爪痕です。
「ヤマレコ」を始め、どのサイトを見ても楽古岳の8月中旬以降の記録がないのです。ただ、色々調べたのですが楽古山荘までの林道が通行止めである情報もなく、私は「7割方通行止めだろう」と予測して、代替プランを携えて楽古岳に向かいました。

案の定、林道は途中から通行止めでした。
私は行き先を「アポイ岳〜吉田岳〜ピンネシリ」の縦走に変えることにしました。
実はアポイ岳〜吉田岳の縦走は春先に登っていたのですが、その時に「吉田岳から先はダニがスゴイ!」との情報を得ていたため、秋になってダニが出なくなってからピンネシリに挑戦しようと思っていたのです。
・・・と言うか、気温低過ぎです。
実は釧路湿原を走っていた時、温度計は−1℃を指していました。(笑
その時はまだ標高1472mの楽古岳に登る可能性もあったのです。更に予報では風速18m!
真冬の装備が必要です。

吉田岳からピンネシリまでは笹薮漕ぎ、ハイマツ漕ぎ、ツツジ漕ぎと、藪漕ぎのオンパレードで体力を消耗しました。ピンネシリ直下の笹薮は踏み跡がハッキリせず、獣道と交差する所もあって迷いやすいポイントです。

また予報通り、風は冷たく、この私が吹き飛ばされそうになるほどの強風でした。
帰りの温泉で、魂まで温まった気分です♪
コース状況/
危険箇所等
先の台風10号の爪痕が痛々しかったです。3〜4合目の登山道脇のクリークは大きく抉れ、7合目周辺の登山道は階段が土砂ごと流され、アポイ岳固有の高山植物も斜面ごと流されていました。
吉田岳からピンネシリへ向かうコースは藪漕ぎがキツイです。またピンネシリ直下の笹薮は踏み跡がハッキリせず、時折獣道と交差しておりピンクテープや赤テープを慎重に確認しながら歩くべきです。
その他周辺情報帰りはガソリンスタンドの営業時間が心配で、アポイ山荘(温泉ではありません)には寄らずに様似町内のスタンドへ直行。天馬街道を走り、峠を越えてから忠類の「アルコ236」にて入浴。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 ゲイター 着替え 予備靴紐 ザック ザックカバー 昼ごはん 非常食 飲料 ガスカートリッジ ハイドレーション コンロ 地図 コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 携帯 ポール ナイフ タオル カメラ ペットボトル

写真

出発して間もなく、(釧路)湿原道路でこの気温
2016年10月10日 04:30撮影 by PENTAX Q10 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出発して間もなく、(釧路)湿原道路でこの気温
6合目〜7合目途中から冬島漁港と様似の街並み
2016年10月10日 08:54撮影 by PENTAX Q10 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6合目〜7合目途中から冬島漁港と様似の街並み
1
アポイ岳7合目を超えて振り返る
2016年10月10日 09:05撮影 by PENTAX Q10 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アポイ岳7合目を超えて振り返る
2
右手にアポイ岳、左端に吉田岳
2016年10月10日 09:07撮影 by PENTAX Q10 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手にアポイ岳、左端に吉田岳
1
吉田岳の向こうに遠くピンネシリが見えます
2016年10月10日 09:25撮影 by PENTAX Q10 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吉田岳の向こうに遠くピンネシリが見えます
1
アポイ岳9合目から振り返る
2016年10月10日 09:32撮影 by PENTAX Q10 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アポイ岳9合目から振り返る
3
アポイ岳山頂
2016年10月10日 09:39撮影 by PENTAX Q10 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アポイ岳山頂
3
吉田岳山頂
風が半端じゃありません
2016年10月10日 10:24撮影 by PENTAX Q10 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吉田岳山頂
風が半端じゃありません
4
吉田岳からピンネシリ
遠いなぁ・・・
2016年10月10日 10:32撮影 by PENTAX Q10 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吉田岳からピンネシリ
遠いなぁ・・・
2
ナンとかピンネシリ山頂
2016年10月10日 12:17撮影 by PENTAX Q10 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナンとかピンネシリ山頂
5
好きだなぁ、この山並み
右端に襟裳岬
2016年10月10日 14:13撮影 by PENTAX Q10 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
好きだなぁ、この山並み
右端に襟裳岬
2
アポイ岳7合目
アポイ固有の高山植物が咲く斜面が崩れています
2016年10月10日 15:14撮影 by PENTAX Q10 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アポイ岳7合目
アポイ固有の高山植物が咲く斜面が崩れています
登山道の階段が土砂ごと流されています
2016年10月10日 15:18撮影 by PENTAX Q10 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道の階段が土砂ごと流されています
撮影機材:

感想/記録
by kenyo



訪問者数:278人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

赤テープ 藪漕ぎ クリ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ