ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 978831 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥秩父

瑞牆山・金峰山

日程 2016年10月10日(月) [日帰り]
メンバー Tomahawk
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち92%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

幽玄な瑞牆
2016年10月10日 09:45撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幽玄な瑞牆
3
心地よいトレイルをゆく
2016年10月10日 10:22撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
心地よいトレイルをゆく
不動滝
2016年10月10日 10:24撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動滝
1
山頂から何かを見ている
2016年10月10日 11:11撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から何かを見ている
2
大ヤスリのクライマー
ハイピークルート?
2016年10月10日 11:12撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大ヤスリのクライマー
ハイピークルート?
6
八丁平に続く尾根
2016年10月10日 11:12撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八丁平に続く尾根
2
恒例のくぐり
2016年10月10日 11:20撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
恒例のくぐり
と桃太郎岩
2016年10月10日 11:32撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
と桃太郎岩
大日岩
2016年10月10日 12:32撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日岩
1
廻り目平、今日は良さそう!
2016年10月10日 13:32撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
廻り目平、今日は良さそう!
1
五丈石は相変わらずの迫力
2016年10月10日 13:48撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五丈石は相変わらずの迫力
素晴らしい
2016年10月10日 13:53撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
素晴らしい
1
奥に山頂
2016年10月10日 13:55撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥に山頂
2
これからの木々
2016年10月10日 14:47撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これからの木々
紅葉も少し
2016年10月10日 14:50撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉も少し
大日小屋でバードウォッチン?
2016年10月10日 15:12撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日小屋でバードウォッチン?
撮影機材:

感想/記録

昨日親指岩で撃沈した。このところ人工壁すら触っていなかったため、身体は弱く、上半身は筋肉痛。良いクライミングは望めないので、仲間と別れ、下半身を鍛える旅に出ました。

自然公園の駐車場から急ぎ足で不動滝まで歩く。5年前に歩いた道を懐かしく振り返りながらの散策となった。当時は不動沢の岩峰を登るなんて想像すらしていなかった。亀の歩みながら、少しずつ進化している。1時間半で瑞牆の山頂へ。山頂は風が強いので、しばし休憩して富士見平へ下る。老若男女問わず登山者多し。

小屋で時間を確認するとまだ余裕がある。少しペースを落として予定通り金峰山往復することに。大日岩までの道ではシャリバテ気味だった。やはり水とクリフバー1本だけでは糖質が足りないのか。長い尾根歩きでそこそこ消耗して金峰山山頂へ。五丈岩は相変わらずどかっと、堂々と鎮座していた。参拝してささっと登らせて頂く。

あとは帰るだけ。しかし、山歩きをしていなかった足腰は弱り、悲鳴をあげた。少しばかり走ったが、瑞牆山荘に着いたのは、仲間との待ち合わせ時間ギリギリだった。冬に向けて少しだけトレーニングができた。
訪問者数:285人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

シャリバテ 紅葉 クリ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ