ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 979020 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走六甲・摩耶・有馬

六甲全縦トレ(菊水山・鍋蓋山・摩耶山)

日程 2016年10月10日(月) [日帰り]
メンバー buntyan
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
往路:神戸電鉄鵯越駅
帰路:阪急バス摩耶ロッジBS〜阪急電車六甲駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち81%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間58分
休憩
52分
合計
5時間50分
S鵯越駅09:0310:17菊水山10:1810:54天王吊橋11:24鍋蓋山11:4812:08再度越12:12大龍寺12:27桜茶屋(市が原)12:3412:46天狗道分岐点13:33学校林道分岐13:3414:07行者尾根分岐14:1214:16イノシシのある展望地14:2014:20アドベンチャールート分岐(全山縦走路側)14:2714:30天狗道マザーツリー14:3314:39摩耶山14:43掬星台14:53オテル・ド・摩耶G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
菊水山登山口〜菊水山頂
神戸電鉄鵯越駅から六甲縦走路を30分ほど行くと菊水山登山口に到着します。ここまで標識があるので、迷うことはありません。
登山口から山頂までは急坂が続きます。もし、須磨浦公園から六甲縦走を始めた場合は最初のの難関区間になります。
菊水山〜天王吊橋
西側の急坂と同じくこの東側の道も急下り道です。足の置き場を確認しながら下ります。
天王吊橋〜鍋蓋山頂
菊水山から天王吊橋に下ったかと思ったらまた鍋蓋山への登り返しになります。この下り登りが厳しいです。息を整えて登りましょう。
鍋蓋山〜大龍寺赤門
勾配の少ない尾根道が続きます。特に神戸市街側の見晴らしが良いので、菊水山・鍋蓋山と急坂の上り下りの後では疲れを忘れるます。
大龍寺赤門〜市が原
この区間15分ほどの行程ですが、舗装道路を進みます。途中イロハカエデがたくさん植生しているので、11月には紅葉がキレイでしょうね。
市が原〜摩耶山掬星台
第2の難関区間です。4か所ほどのアップダウンを繰り返し、標高差約500mを登りきれば摩耶山掬星台に到着です。今回は摩耶山をゴールにし、縦走路を10分ほど進んだところにある「オテル・ド・摩耶」で日帰り入浴をして終了しました。
その他周辺情報オテルド摩耶
入浴(タオル付)+グラスビール+おつまみ→1,000円(入浴のみなら540円)
http://www.hotel-de-maya.com/
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

神戸電鉄鵯越駅を9時02分にスタート。最初の菊水山を目指します。
2016年10月10日 09:02撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神戸電鉄鵯越駅を9時02分にスタート。最初の菊水山を目指します。
1
改札口前の踏切を渡って広場の奥が菊水山へのコースです。
2016年10月10日 09:04撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
改札口前の踏切を渡って広場の奥が菊水山へのコースです。
数分歩けば樹林地帯。気持ち良い木漏れ日を浴びながら進みます。
2016年10月10日 09:13撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
数分歩けば樹林地帯。気持ち良い木漏れ日を浴びながら進みます。
1
最初の分岐点は左折。
2016年10月10日 09:17撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の分岐点は左折。
下水道センターの前を通過。この施設の奥にトイレがあります。
2016年10月10日 09:26撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下水道センターの前を通過。この施設の奥にトイレがあります。
センターを右に見ながら巻くように進めば・・・
2016年10月10日 09:27撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
センターを右に見ながら巻くように進めば・・・
kikusui Base前に来ました。石井ダムの建設工事中はこの道を直進しましたが、ダム完成後は道も取り壊され左の階段を旧菊水山駅方面進むことになりました。
Kikusui Baseから「岬めぐり」の歌声が流れていました。
2016年10月10日 09:30撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
kikusui Base前に来ました。石井ダムの建設工事中はこの道を直進しましたが、ダム完成後は道も取り壊され左の階段を旧菊水山駅方面進むことになりました。
Kikusui Baseから「岬めぐり」の歌声が流れていました。
2
菊水山への急登が始まります。
2016年10月10日 09:56撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
菊水山への急登が始まります。
樹脂製の黒い階段
2016年10月10日 09:58撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹脂製の黒い階段
岩場の急坂を乗り越えて・・・
2016年10月10日 10:11撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場の急坂を乗り越えて・・・
山頂直下の展望の良いところから撮りました。
2016年10月10日 10:13撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下の展望の良いところから撮りました。
2
パノラマ撮影
2016年10月10日 10:14撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パノラマ撮影
同じバショカラ通常撮影
2016年10月10日 10:14撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じバショカラ通常撮影
標高459mの菊水山に到着です。
2016年10月10日 10:16撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高459mの菊水山に到着です。
3
三角点にタッチ。
2016年10月10日 10:17撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点にタッチ。
1
菊水山を通過して左に標識がある地点です。ほとんどのハイカーはここを直進しますが、わたしはこの標識のそばにある脇道に入りました。この道の方がアップダウンもなく正規の縦走路に合流できます。
2016年10月10日 10:33撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
菊水山を通過して左に標識がある地点です。ほとんどのハイカーはここを直進しますが、わたしはこの標識のそばにある脇道に入りました。この道の方がアップダウンもなく正規の縦走路に合流できます。
一度有馬街道に架かる天王吊り橋まで下り、あの鍋蓋山を登り返します。
2016年10月10日 10:39撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一度有馬街道に架かる天王吊り橋まで下り、あの鍋蓋山を登り返します。
1
菊水山は登りも下りも急です。
2016年10月10日 10:42撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
菊水山は登りも下りも急です。
下り切ったらダムで堰き止められた池の横を通過します。
2016年10月10日 10:52撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下り切ったらダムで堰き止められた池の横を通過します。
天王吊橋を渡ります。
2016年10月10日 10:53撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天王吊橋を渡ります。
1
下を有馬街道が通っていました。
2016年10月10日 10:53撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下を有馬街道が通っていました。
鍋蓋山への道から菊水山を望みました。山肌の崩落がひどいです。
2016年10月10日 11:04撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋蓋山への道から菊水山を望みました。山肌の崩落がひどいです。
2
こんな山道ですが、
2016年10月10日 11:07撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな山道ですが、
岩場を越えれば
2016年10月10日 11:09撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場を越えれば
1
フラットな道になります。
2016年10月10日 11:11撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フラットな道になります。
1
森林リフレッシュ事業を展開しているようです。
2016年10月10日 11:12撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林リフレッシュ事業を展開しているようです。
この尾根の特に南側斜面の樹木を伐採していました。
夏の暑い日にここを通過した時、木陰が少なくて暑い思いをしましたが、この日は温かい日差しで気持ちよかったです。
2016年10月10日 11:12撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この尾根の特に南側斜面の樹木を伐採していました。
夏の暑い日にここを通過した時、木陰が少なくて暑い思いをしましたが、この日は温かい日差しで気持ちよかったです。
標高486mの鍋蓋山頂に到着。
2016年10月10日 11:23撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高486mの鍋蓋山頂に到着。
3
山頂の標識
2016年10月10日 11:23撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の標識
2
鍋蓋山でお昼の小休止の後、大龍寺に向かいました。大龍寺までの区間は気持ちの良い尾根道が続きます。
2016年10月10日 12:09撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋蓋山でお昼の小休止の後、大龍寺に向かいました。大龍寺までの区間は気持ちの良い尾根道が続きます。
大龍寺階段下に到着。
2016年10月10日 12:13撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大龍寺階段下に到着。
大龍寺赤門前を通過して
2016年10月10日 12:15撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大龍寺赤門前を通過して
1
市が原への舗装道路を下りました。
2016年10月10日 12:20撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
市が原への舗装道路を下りました。
市が原では団体の家族連れでしょうか、水遊びやお弁当を食べていました。
2016年10月10日 12:27撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
市が原では団体の家族連れでしょうか、水遊びやお弁当を食べていました。
市が原の桜茶屋、奥にきれいなトイレがあります。
2016年10月10日 12:29撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
市が原の桜茶屋、奥にきれいなトイレがあります。
1
さぁ〜!摩耶山への登りが始まります。
2016年10月10日 12:43撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さぁ〜!摩耶山への登りが始まります。
右が摩耶山方面、左がトゥエンティクロス方面です。
2016年10月10日 12:44撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右が摩耶山方面、左がトゥエンティクロス方面です。
六甲山系の標識にはこんな「つうほうプレート」がたくさんあります。山道で119番通報するとき標識識別番号(この場合:ち−1−7−1)と言えば場所が分かるシステムになっているようです。
2016年10月10日 12:44撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六甲山系の標識にはこんな「つうほうプレート」がたくさんあります。山道で119番通報するとき標識識別番号(この場合:ち−1−7−1)と言えば場所が分かるシステムになっているようです。
この場所、夏に来た時は左の草が道に覆いかぶさって藪漕ぎ状態で登りましたが、いまではカットされていて歩き易くなっていました。管理しておられる方に感謝です。
2016年10月10日 12:45撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この場所、夏に来た時は左の草が道に覆いかぶさって藪漕ぎ状態で登りましたが、いまではカットされていて歩き易くなっていました。管理しておられる方に感謝です。
最初のピーク旧道との分岐点
2016年10月10日 12:57撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初のピーク旧道との分岐点
1
学校林道との分岐点(標高555m)
2016年10月10日 12:57撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
学校林道との分岐点(標高555m)
摩耶山までにはこんな岩場もあります。
2016年10月10日 13:53撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
摩耶山までにはこんな岩場もあります。
岩場
2016年10月10日 13:54撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場
この地点にくると必ずこの角度で写真を撮ります。ポートアイランド方面です。
2016年10月10日 13:55撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この地点にくると必ずこの角度で写真を撮ります。ポートアイランド方面です。
4
この石段に来ると摩耶山掬星台はもうすぐです。
2016年10月10日 14:32撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この石段に来ると摩耶山掬星台はもうすぐです。
NHKの電波塔前を通過したら
2016年10月10日 14:37撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
NHKの電波塔前を通過したら
摩耶山掬星台に到着しました。
2016年10月10日 14:42撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
摩耶山掬星台に到着しました。
1
標高690mの掬星台です。
2016年10月10日 14:43撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高690mの掬星台です。
3
掬星台から縦走路を10分で「オテル・ド・摩耶(摩耶ロッジ)」に到着。今回はここがゴール。オテル・ド・摩耶の日帰り入浴(タオル付)+グラスビール+おつまみ=1,000円の後、阪急バスで阪急電車六甲駅まで下りました。(910円)
2016年10月10日 14:52撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
掬星台から縦走路を10分で「オテル・ド・摩耶(摩耶ロッジ)」に到着。今回はここがゴール。オテル・ド・摩耶の日帰り入浴(タオル付)+グラスビール+おつまみ=1,000円の後、阪急バスで阪急電車六甲駅まで下りました。(910円)

感想/記録

「2016KOBE六甲全山縦走大会」に参加することになりました。この大会、毎年11月の第二日曜日(今年は13日)と23日の2回あるのですが、わたしは23日の大会に申し込みました。
8月にはこの大会に参加することを前提に3回六甲山系をあるきましたが、9月は家や会社の用事でまったくあることができず体か完全になまってしまいました。
この日は六甲縦走路で一番ハードな区間を歩くことでどれだけ体がなまっているかを試すためことがメインテーマでした。
思っていた通り案の定、体は元通りになっていました。最初の菊水山の登りでは息が上がり一時休憩が数度、鍋蓋山でも足の運びが遅くなり予定していた時間からは遅れる始末。挙句の果てには摩耶山天狗道では両大腿部がケイレンし始めました。マッサージしながらも何とか摩耶山掬星台に到着しましたが、全山縦走大会の本番へ向けて不安が募りました。
まだ本番当日まで1か月以上ありますが、完走できる体作りに頑張るつもりです。
訪問者数:133人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

急登 林道 三角点 崩落 藪漕ぎ 紅葉
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ