ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 979053 全員に公開 トレイルラン奥多摩・高尾

日本山岳耐久レース

日程 2016年10月09日(日) 〜 2016年10月10日(月)
メンバー oicha
天候曇、夜一時雨
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち75%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
15時間39分
休憩
5時間9分
合計
20時間48分
Sスタート地点13:0014:18今熊神社(下社)14:2014:41523m圏峰(川口丘陵方面分岐)15:05610m圏峰(舟子尾根ノ頭)15:12豆佐嵐山(棚沢入ノ峰・ウツギ窪ノ峰)15:19入山峠(新)15:28津地尾山15:43鳥切場(森久保峠)15:4615:49弾左衛門ノ峰15:53弾左衛門ノ峰−新多摩線81号鉄塔分岐16:10栗ノ木沢ノ頭(トヤド)16:1116:56ウルシガヤノ頭16:5717:33醍醐丸(篠窪ノ峰・灰平ノ峰)17:3417:48大蔵里山17:51山ノ神18:14連行峰18:20茅丸18:25生藤山18:32軍刀利神社元社18:41熊倉山18:50坊主山19:01栗坂の丸19:08浅間峠19:33日原峠19:3419:44土俵岳20:02小棡峠20:14丸山20:21笛吹峠20:32藤尾分岐20:40笹ヶタワノ峰20:4120:45数馬峠20:57田和峠21:09西原峠21:55大沢山21:5622:00三頭山避難小屋22:0322:05ムシカリ峠22:13三頭山(西峰)22:14三頭山22:27見晴し小屋22:2822:39鞘口峠22:4022:55栂ノ尾23:01砥山23:07戸沢峯23:0823:13風張峠駐車場23:34月夜見山23:41月夜見第二駐車場23:4423:52焼ツ萩平23:59天神山00:08水窪山00:12小河内峠00:41ソーヤノ丸デッコ00:50惣岳山01:03御前山01:0401:09御前山避難小屋05:5006:08クロノ尾山06:17鞘口山(太郎指ノ峰・大平ノ峰)06:27大ダワ06:3207:19大岳山07:39鍋割山分岐07:49綾広の滝07:5008:00長尾平分岐08:00御岳山08:34日の出山09:10タルクボノ峰(樽窪ノ峰)09:13分岐点(金比羅尾根・ロンデン尾根分岐点)09:33南沢山09:3409:45金比羅山09:57ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報光明山荘は閉鎖してしまったとのこと。
10日朝8時まで秋川駅近くの「阿伎留の四季」が利用可能でした。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ 靴下 防寒着 雨具 ザック 行動食 飲料 ハイドレーション 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス タオル

感想/記録
by oicha

個人的に怪我や故障、疲労を貯めたくなかっのもあり、最後尾から完走目標でスタート。スタート直後、走ったところで途中渋滞するだろうと歩いて進むと、広徳寺からさっそく渋滞。結局、渋滞を抜けるのに1時間弱。
醍醐丸到着頃に暗くなりはじめライトオン。暗くなってくると、後ろの方の人は平地や緩やかな下りも歩く人が多く、ついこらえきれずに追い越し基調に。浅間峠あたりでアームカバー装着。コースの記憶がおぼろげだったおかげか、実時間の割には三頭山にあっというまについた印象。鞘口峠まで下っている最中に雨が降りはじめ、気温の低下と相まって雨具上装着。ガスるのはハセツネでよくあることだけど今年はいつもに増してガスが濃い。
スタート時に2.5L持った水を月夜見までに飲みきらなかったのは初めて。ポカリ1Lと水0.5Lを補給。
抑え目で進んできた割には御前山の登りでややペースダウン。少し眠くなってきたのと、ゴールしても寝る用意をしてきていないのもあり、1時頃から御前山避難小屋で仮眠。先客は登山者2名+選手2名、あとから何名か出たり入ったりはしていた様子。
すっかり爆睡していたら、6時前に「もうすぐスイーパーが来ますよ〜」とオフィシャルに起こされる。(汗)
一眠りしたおかげか、すっかり明るくなっているおかげか、いつもなら長く感じる大ダワまでの下りもあっという間。明るい中での大岳山の登り下りも新鮮。綾広の水場で念のため空のペットに300mlぐらい給水したけれど、結局ゴールまで手付かずのまま温存。
最後の金比羅尾根では少しだけ20時間台を意識してほんの少しペースアップ。
抑えめペースと寒い時間帯を避難小屋でやり過ごせ、いつもと随分違うハセツネでしたがこれはこれで楽しかったです。
訪問者数:113人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ