ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 979063 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

白馬岳〜鉱山道

日程 2016年10月09日(日) 〜 2016年10月10日(月)
メンバー mutsu-G
天候初日:雨
2日目:晴れ・ガス
アクセス
利用交通機関
バス
毎日アルペン号を利用し5:20に栂池高原着
7:00ゴンドラ運転開始
7:30始発ロープウェイ乗車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間45分
休憩
15分
合計
3時間0分
S栂池ヒュッテ07:5509:15風吹大池方面分岐09:2510:25乗鞍岳10:3010:55白馬大池山荘
2日目
山行
7時間21分
休憩
49分
合計
8時間10分
白馬大池山荘06:2007:00船越ノ頭07:43小蓮華山07:5308:28三国境08:3009:00白馬岳09:1009:20白馬山荘09:3009:43白馬岳09:5010:20三国境10:3011:00鉱山道分岐11:25鉱山道水場12:08鉱山事務所跡12:08瀬戸川仮橋14:13蓮華の森分岐14:30蓮華温泉G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
栂池自然園〜白馬岳は登山者も多く、良く整備された登山道。
鉱山道は登山者は少ないが、整備状況は悪くありません。踏み跡が薄い箇所には必ずリボン若しくはペンキのマークがあり、迷う危険も少ない、と言いながら一回道を間違えましたが。瀬戸川が増水すると下流の橋が渡れなくなることもあるようなので、事前に情報を得る必要があります。
その他周辺情報下山後、蓮華温泉に入りました。最終バスまでの時間があまり無かったので内湯のみでしたが清潔でいいお湯でした。
数箇所点在している露天風呂は温泉マニアの友人の話では「衝撃的に開放的」とのことです。

写真

毎日アルペン号。シーズン終盤で客は少なめでした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毎日アルペン号。シーズン終盤で客は少なめでした
2
アルペン号車内。少し怪しい雰囲気
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アルペン号車内。少し怪しい雰囲気
7:00のゴンドライブの運転開始までの間、待合室で準備。トイレあり。雨が降っていたので屋根のある施設はありがたかった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:00のゴンドライブの運転開始までの間、待合室で準備。トイレあり。雨が降っていたので屋根のある施設はありがたかった
ゴンドライブ。6人乗り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴンドライブ。6人乗り
1
ゴンドラからの紅葉。この辺が一番綺麗でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴンドラからの紅葉。この辺が一番綺麗でした
2
紅葉供ガラスの水滴が雨を物語る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉供ガラスの水滴が雨を物語る
ゴンドラを降りロープウェイ乗り場へ少し歩きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴンドラを降りロープウェイ乗り場へ少し歩きます
ロープウェイ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイ
ロープウェイを降りると雨がやんでいました。テンションアップ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイを降りると雨がやんでいました。テンションアップ
栂池ヒュッテ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栂池ヒュッテ
2
ヒュッテ脇が登山道の入り口。大雪渓は雪が減り、クレバスなど危険な状態のため通行止めです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒュッテ脇が登山道の入り口。大雪渓は雪が減り、クレバスなど危険な状態のため通行止めです
自然園周辺の紅葉は既に終わっていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自然園周辺の紅葉は既に終わっていました
1
ひとまず乗鞍岳を目指します
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひとまず乗鞍岳を目指します
着きました。ここから風雨が激しくなってきます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
着きました。ここから風雨が激しくなってきます
1
大池。ガスであまり見えず
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大池。ガスであまり見えず
白馬大池山荘が見えてきました。風雨が激しく、この先の稜線は更に酷いと思われたので、今日は大池泊まりに
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬大池山荘が見えてきました。風雨が激しく、この先の稜線は更に酷いと思われたので、今日は大池泊まりに
2
早く着くとすることがないので当然こうなります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早く着くとすることがないので当然こうなります
3
つまみはこれと
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つまみはこれと
1
これ。懐かしい漫画が揃っていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これ。懐かしい漫画が揃っていました
3
小屋内部。廊下を挟んで両側に小部屋があります。この日は2階でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋内部。廊下を挟んで両側に小部屋があります。この日は2階でした
1
4畳の部屋を3人で使わせてもらえたので余裕あり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4畳の部屋を3人で使わせてもらえたので余裕あり
1
夕食はカレーライス。レトルトと思われますがお代わり自由
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕食はカレーライス。レトルトと思われますがお代わり自由
3
朝食。美味しかったです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝食。美味しかったです
2
一夜明けて、晴天。よっしゃ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一夜明けて、晴天。よっしゃ!
3
お世話になりました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お世話になりました
1
水溜りは凍っていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水溜りは凍っていました
1
大池越しに日が昇ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大池越しに日が昇ります
まずは小蓮華山へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは小蓮華山へ
高度を上げていく
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高度を上げていく
2
火打・妙高、雨飾山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
火打・妙高、雨飾山
1
高妻山や戸隠山でしょうか
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高妻山や戸隠山でしょうか
1
中央アルプス?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央アルプス?
1
鹿島槍、五竜、唐松
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿島槍、五竜、唐松
7
白馬鑓からキレットを超えて鹿島槍までの稜線
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬鑓からキレットを超えて鹿島槍までの稜線
4
五竜の右に剱岳が顔を出しています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五竜の右に剱岳が顔を出しています
5
船越の頭。標識の右に遠く富士山が見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
船越の頭。標識の右に遠く富士山が見える
2
雲海の彼方に浅間山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海の彼方に浅間山
2
中央遠くは水晶岳か?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央遠くは水晶岳か?
2
槍ヶ岳が顔をのぞかす
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳が顔をのぞかす
2
目指す白馬ピーク
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目指す白馬ピーク
3
小蓮華山到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小蓮華山到着
あれはニセピーク
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれはニセピーク
2
旭岳?堂々としています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旭岳?堂々としています
1
馬の背からピークへ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬の背からピークへ
3
山頂で。着いたばかりの方に撮っていただきました。ザックを降ろす間もなく頼んでしまってすいませんでした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂で。着いたばかりの方に撮っていただきました。ザックを降ろす間もなく頼んでしまってすいませんでした
8
山頂からの大展望
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からの大展望
2
遠く槍・穂高
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠く槍・穂高
1
白馬山荘に寄って山バッジをゲット
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬山荘に寄って山バッジをゲット
1
雪倉岳、朝日岳方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪倉岳、朝日岳方面
1
鉱山道に向けて下ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉱山道に向けて下ります
1
鉱山道への分岐。ペンキがないと分からないかも
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉱山道への分岐。ペンキがないと分からないかも
1
水場「うまい水」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場「うまい水」
塩谷精錬所跡
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塩谷精錬所跡
誤ってここを左にいってしまう。こんなにはっきりと印があるのに。下ばかりみてるとダメですね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
誤ってここを左にいってしまう。こんなにはっきりと印があるのに。下ばかりみてるとダメですね
標高を下げていくと黄葉が残っていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高を下げていくと黄葉が残っていました
写真では分かりづらいが結構綺麗でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真では分かりづらいが結構綺麗でした
恐らくここは全盛期であればかなりの美しさだっただろうと思います
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
恐らくここは全盛期であればかなりの美しさだっただろうと思います
1
「比丘尼飯場」とかかれた標識。ここが鉱山事務所跡だったのか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「比丘尼飯場」とかかれた標識。ここが鉱山事務所跡だったのか?
紅葉のトンネルのような箇所
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉のトンネルのような箇所
写真が下手なので上手く写っていないのが残念
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真が下手なので上手く写っていないのが残念
1
鉄パイプの橋。冬場は撤去されるようです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄パイプの橋。冬場は撤去されるようです
蓮華温泉に下山しました。受付で甘酒をいただいた後入浴(800円)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓮華温泉に下山しました。受付で甘酒をいただいた後入浴(800円)
1
バスで平岩駅へ。何もなし
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バスで平岩駅へ。何もなし
駅ホーム。当然単線です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駅ホーム。当然単線です
大糸線。車内は結構立派でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大糸線。車内は結構立派でした
4
糸魚川駅で新幹線に乗り換えて帰りました。それにしても遠かった・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
糸魚川駅で新幹線に乗り換えて帰りました。それにしても遠かった・・・
3

感想/記録

「山と渓谷」10月号に触発されてどうしても北アルプスの紅葉が観たくなった。何箇所か迷ったが日数やアプローチなどの条件制限も加味して栂池から白馬岳に登り、鉱山道を経て蓮華温泉に下山するコースにした。鉱山道は人も少なく、マイナーではあるが、最盛期の紅葉は「息を呑む」ほどとのことで特に楽しみにしていた。
当初の計画では初日に白馬山荘まで上がり、二日目は雪倉岳をピストンして下山する予定だったが、悪天候のため白馬大池山荘に宿泊。二日目は雪倉岳を端折らざるを得なくなったのはやや残念だが、初日の強風を考えるに自分の力では登らなくて正解だったと思う。
大池山荘では同部屋の恐らく同年代と思われる(違っていたらごめんなさい)経験豊富な方々のお話も伺え、非常に参考になるのとともに嬉しく感じた。
二日目は初日と打って変わって晴天に恵まれ、山頂からは澄んだ空気も相俟って北アルプス中の山々が見渡せるほどの展望を堪能できた。思えば、白馬岳は学生時代に2度登って以来。当時は体調を崩したり、夏合宿初日の慌しさがあったり、こんなに展望を楽しめたのは今回が初めてかもしれない。
「娘の土産に」と白馬山荘まで山バッジを買いに寄ったため(大池山荘にはいいバッジが無かったので)時間がかかり、鉱山道は急ぎ足になった。噂通り人が少なく、というより誰にも会わず、静かな山歩きが楽しめた。白馬山荘の方が「人が歩かない」と仰っていたので道が荒れているのでは?と覚悟していたが、予想以上に整備されており、危険箇所や歩き辛い場所は無かった。下山間際の木道が濡れていて異常に滑って難儀したことくらいか。おかげで最終バスに間にあうか不安だったが、余裕を持って下山でき、温泉にも入れた。
紅葉は残念ながら終わりに近かったが、最盛期であればかなりの美しさだったろうと思わせる箇所も数箇所あり、味わい深い道筋とともに、「また来てみたい」と感じさせるに充分だった。よい山行だったと思う。
訪問者数:314人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/8/28
投稿数: 2
2016/10/11 22:15
 お疲れ様でした〜
先輩チームが同じ頃、唐松岳に登られてました〜!!山同士、接近遭遇でしたね?!V(^_^)V
た〜くさんの美しい山の写真を何回も見ていると、自分も行ったつもりになれました!!
登録日: 2011/8/21
投稿数: 30
2016/10/12 20:32
 コメントありがとうございます
筋肉痛で腿がぱんぱんです笑
唐松岳は3年前の秋にアルプス
登録日: 2011/8/21
投稿数: 30
2016/10/12 20:34
 続き
復帰戦で行きました。
ロープウェイで手軽に登れるけれど好展望の良い山ですね。暖かくなったらkorenさんもいかがですか?

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ