ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 979252 全員に公開 ハイキング京都・北摂

弥十郎ヶ嶽

日程 2016年10月10日(月) [日帰り]
メンバー no2
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
畑市登山口に駐車場は殆どありません。
今回、勝手に止めさせてもらったのは、新墓地前のスペースで2〜3台が限度です。少々止めるのに気が引ける思いがあります。細い舗装路を進むとゲートがあり、その先に数台駐車できるかと。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

畑市駐車ポイント〜27分 吹越峠〜40分 洞窟〜16分 稜線分岐〜10分 山頂〜10分 北峰〜15分 P573付近〜35分 林道出合〜 5分 駐車ポイント
コース状況/
危険箇所等
谷ルートは、ガレ場もありますが、整備もされ危険度は低いです。
尾根ルートは、不明瞭な個所もありP573辺りは地形図の登山道と相違する箇所が何カ所かあり。辻へのルートとの分岐から北西への尾根ルートを踏む予定でしたが、現場で変更する結果になりました。

装備

個人装備 長袖シャツ 雨具 行動食 非常食 地図(地形図) 予備電池 GPS ファーストエイドキット ツェルト

写真

白髪岳から30分ほどかかりました。篠山味祭りで少し渋滞です。新しい墓地前に駐車させていただきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白髪岳から30分ほどかかりました。篠山味祭りで少し渋滞です。新しい墓地前に駐車させていただきました。
1
舗装路を2分ほど進むとゲートがあります。この先に何台か駐車できそうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
舗装路を2分ほど進むとゲートがあります。この先に何台か駐車できそうです。
1
こちらは左側
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは左側
2
朽ちかけた案内板あり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朽ちかけた案内板あり
1
広めの杉木立登山道を進みます。
こちらで左への案内あり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広めの杉木立登山道を進みます。
こちらで左への案内あり
1
植樹林帯を登ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
植樹林帯を登ります
吹越峠 駐車スペースから30分弱
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吹越峠 駐車スペースから30分弱
1
曽地からのルートと合流です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
曽地からのルートと合流です
2
案内板は充実していますね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
案内板は充実していますね
1
ユリ道を進むと右手に谷が近づいてきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ユリ道を進むと右手に谷が近づいてきます。
谷筋に出ました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷筋に出ました
ここで渡渉です 案内板とテープあり 
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで渡渉です 案内板とテープあり 
2
ここで右手へ上がります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで右手へ上がります
1
滝の上部へ出ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝の上部へ出ました。
2
ここで、谷筋を登る「岩場道」と右へ迂回するルートに分かれます。少し覗きましたが、あまり踏まれていないような…迂回路へ廻りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで、谷筋を登る「岩場道」と右へ迂回するルートに分かれます。少し覗きましたが、あまり踏まれていないような…迂回路へ廻りました。
1
岩場道と合流です 迂回道もロープ場もあり結構段差がありました。 こちらはプチ藪漕ぎ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場道と合流です 迂回道もロープ場もあり結構段差がありました。 こちらはプチ藪漕ぎ?
1
洞窟到着です。中には入ってません。怖いですから(笑い)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
洞窟到着です。中には入ってません。怖いですから(笑い)
3
洞窟の少し先のルートは少し分かりづらいですが、踏跡がわかります。この辺りはハッキリしてますけど。朽ちた案内板がありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
洞窟の少し先のルートは少し分かりづらいですが、踏跡がわかります。この辺りはハッキリしてますけど。朽ちた案内板がありました。
1
稜線分岐到着 吹越峠から1時間弱です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線分岐到着 吹越峠から1時間弱です
1
ハッキリした登山道を進むと先が明るくなり10分で山頂到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハッキリした登山道を進むと先が明るくなり10分で山頂到着
2
来た道を戻り稜線分岐へ戻ってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来た道を戻り稜線分岐へ戻ってきました。
1
倒れた案内板にマジックにて左が「谷道」まっすぐが「尾根道」と記入あり。予定通り尾根道を進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒れた案内板にマジックにて左が「谷道」まっすぐが「尾根道」と記入あり。予定通り尾根道を進みます。
1
5分で 弥十郎ヶ嶽北峰
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5分で 弥十郎ヶ嶽北峰
山頂に案内板あり。ここで今回最大のチョンボ。左はP621の平内丸址を経て吹越峠方面へのルートだと勘違い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に案内板あり。ここで今回最大のチョンボ。左はP621の平内丸址を経て吹越峠方面へのルートだと勘違い。
1
P573は辻方面への通過点なので地図も確認せず、案内板の通り直進してしまった。この尾根を下るが…踏跡も薄く勾配も地形図より緩い??心配になりGPSにて確認すると北東への尾根を下っています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P573は辻方面への通過点なので地図も確認せず、案内板の通り直進してしまった。この尾根を下るが…踏跡も薄く勾配も地形図より緩い??心配になりGPSにて確認すると北東への尾根を下っています。
1
地形図に無い辻方面へのルートだったようです。北峰へ戻ってきました。案内板の方角を見ると赤テープが何カ所も。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地形図に無い辻方面へのルートだったようです。北峰へ戻ってきました。案内板の方角を見ると赤テープが何カ所も。
西へ一旦下り途中でP621方面とP573方面へ分かれるのかと…P621方向は確認できず。目印とGPSにて北西方向へ下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西へ一旦下り途中でP621方面とP573方面へ分かれるのかと…P621方向は確認できず。目印とGPSにて北西方向へ下ります。
勾配が緩くなったところは登山道もハッキリしていて、案内板もありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
勾配が緩くなったところは登山道もハッキリしていて、案内板もありました。
1
尾根筋をP573に向け下ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根筋をP573に向け下ります
1
ここでルートが左へ捲きます。ここは、素直に直進せず左へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここでルートが左へ捲きます。ここは、素直に直進せず左へ。
1
ハッキリした登山道ですね 少々安堵
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハッキリした登山道ですね 少々安堵
1
こちらでも尾根筋から左へ捲きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらでも尾根筋から左へ捲きます。
今度は右へ。この左手がP573のようで、地形図のようにピークは通過しないようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今度は右へ。この左手がP573のようで、地形図のようにピークは通過しないようです。
地形図にある、P573北側で分岐あり。直進は地形図にある辻への尾根ルートのよう ここは左へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地形図にある、P573北側で分岐あり。直進は地形図にある辻への尾根ルートのよう ここは左へ
登山道もハッキリしています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道もハッキリしています
P573の北側斜面を捲いて下っているようです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P573の北側斜面を捲いて下っているようです
この手前でまたまた思案です。というのも地形図にある当初下ろうと思っていた北西側の尾根ルートと交差したからです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この手前でまたまた思案です。というのも地形図にある当初下ろうと思っていた北西側の尾根ルートと交差したからです。
交差した場所の目印。辻? 尾根筋を北へ進んで西へ折れ点を直進すると辻ですが…地形図にルートはありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
交差した場所の目印。辻? 尾根筋を北へ進んで西へ折れ点を直進すると辻ですが…地形図にルートはありません。
1
ここは、ハッキリした方のルートと目印を下ることにしました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは、ハッキリした方のルートと目印を下ることにしました。
お〜畑市へのルート案内板がありました。ハッキリしないこの先ですが、下の方を見るとルートが見えます。ここを左となると踏跡もなく急です。回り込む形で左方向へ下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お〜畑市へのルート案内板がありました。ハッキリしないこの先ですが、下の方を見るとルートが見えます。ここを左となると踏跡もなく急です。回り込む形で左方向へ下ります。
1
この辺りは登山道もハッキリしています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りは登山道もハッキリしています。
直進はブッシュで大層ですね。左へ下っている踏跡あり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直進はブッシュで大層ですね。左へ下っている踏跡あり。
1
踏跡を進むと…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏跡を進むと…
1
林道へ出ました。地形図にある実線のルートです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道へ出ました。地形図にある実線のルートです。
1
殆ど使われていない林道のようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
殆ど使われていない林道のようです。
1
見覚えのあるゲートです。駐車ポイントのすぐ傍。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見覚えのあるゲートです。駐車ポイントのすぐ傍。
施錠もなく助かりました。結果、当初下る予定だった地形図のルートより、ショートカットした形で降りてこられました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
施錠もなく助かりました。結果、当初下る予定だった地形図のルートより、ショートカットした形で降りてこられました。

感想/記録
by no2

 午前中の白髪岳・松尾山からこちらへ車移動。住山から25分少々かと。

山と渓谷の「山の便利帳」の関西地図に弥十郎ヶ嶽が載っていまして、山名のこともあり印象に残っておりました。白髪山もこの弥十郎ヶ嶽も3〜4時間で周回できるので、午前と午後に分けて登ってきました。

このような洞窟って久しぶりに見たように思います。ルートは短いですが、所々注意が必要ですが、危険と感じる個所はありません。
ただし、尾根ルートにて畑市へ下る場合は、注意が必要かと。ただ、あまり地図を見ず、道なりに目印頼りに進まれる方は、逆に畑市まで下ってこられる気がします??
地形図に無いルートが結構あります。GPSがあれば安心と思いますが、その画面にルートがない場合は、少々不安になります。急に曲がったるするもので。
まだまだ修行が足りません。

今回は、単純なミスを犯してしまい、反省材料ができた山行でした。

今週の穂高辺りは週末にかけて天候が安定しそうです。延び延びになっている北ア行も行けるかな。仕事で邪魔が入らなかったらいいんですけど。絶対行くぞ〜

PS 写真容量の都合により当初のアップより割愛しております。
訪問者数:218人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ