ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 979427 全員に公開 ハイキング白山

雲上の白山と絶景のアルプス展望コース

日程 2016年10月09日(日) 〜 2016年10月10日(月)
メンバー naojirohalu-sankou, その他メンバー2人
天候10/9 ガスのち晴れ 10/10 晴れのちガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク
市ノ瀬からのシャトルバスは10/11の下山便で終了
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち65%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間55分
休憩
46分
合計
5時間41分
S別当出合08:4909:48中飯場10:35別当覗10:3611:34甚之助避難小屋12:0212:23南竜分岐12:2613:20黒ボコ岩13:3413:54弥陀ヶ原・エコーライン分岐14:30白山室堂
2日目
山行
5時間35分
休憩
3時間58分
合計
9時間33分
白山室堂04:5405:36白山06:3307:09白山室堂08:3709:19平瀬道・展望歩道分岐09:58アルプス展望台10:1910:58南竜山荘11:5412:06南竜道・エコーライン分岐12:0712:17南竜分岐12:35甚之助避難小屋12:5013:16別当覗13:42中飯場14:27別当出合G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険ヵ所特になし
その他周辺情報室堂山小屋は10/15で終了

写真

別当出合はガスの中。しばらく様子を見て、登山開始。
2016年10月09日 08:38撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
別当出合はガスの中。しばらく様子を見て、登山開始。
1
しゅぱーつ!ガスで吊り橋の先は見えない。
2016年10月09日 08:49撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しゅぱーつ!ガスで吊り橋の先は見えない。
前を行く姿もガスの中に消える。
2016年10月09日 08:50撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前を行く姿もガスの中に消える。
2
いつもの登り道は整備中のため下り専用の登山道を登る。こちらの方はなだらかだが、落石注意の箇所もある。
2016年10月09日 08:58撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつもの登り道は整備中のため下り専用の登山道を登る。こちらの方はなだらかだが、落石注意の箇所もある。
中飯場まではまずまずの出足。休むも景色はガスの中。
2016年10月09日 09:33撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中飯場まではまずまずの出足。休むも景色はガスの中。
今年の紅葉はいまいち、というより紅葉の時期がないかも。ところどころで赤く染まる葉が見られるだけ。
2016年10月09日 10:03撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今年の紅葉はいまいち、というより紅葉の時期がないかも。ところどころで赤く染まる葉が見られるだけ。
1
お腹がすいてきたが、甚之助小屋まではまだまだ。結構風が強く身体が冷える。
2016年10月09日 10:46撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お腹がすいてきたが、甚之助小屋まではまだまだ。結構風が強く身体が冷える。
十二曲がりはキツーい。黒ボコ岩が見えた!
2016年10月09日 13:14撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
十二曲がりはキツーい。黒ボコ岩が見えた!
初めて青空が覗く
2016年10月09日 13:18撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めて青空が覗く
体力を消耗しつつも、黒ボコ岩の上でガッツポーズ。
2016年10月09日 13:26撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
体力を消耗しつつも、黒ボコ岩の上でガッツポーズ。
1
黒ボコ岩を過ぎると、まもなく弥陀ヶ原へ。雲が切れ始め、青空が覗き出す。ここまでがんばったご褒美が目の前に広がる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒ボコ岩を過ぎると、まもなく弥陀ヶ原へ。雲が切れ始め、青空が覗き出す。ここまでがんばったご褒美が目の前に広がる。
弥陀ヶ原のライブカメラが顔を覗かせる。
2016年10月09日 13:51撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥陀ヶ原のライブカメラが顔を覗かせる。
少し登って、弥陀ヶ原を振り返る。
2016年10月09日 14:10撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し登って、弥陀ヶ原を振り返る。
室堂まであと少し。見上げれば、青い空に白山山頂が浮かび上がる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
室堂まであと少し。見上げれば、青い空に白山山頂が浮かび上がる。
室堂ビジターセンターに到着。
2016年10月09日 14:20撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
室堂ビジターセンターに到着。
ウラジロナナカマドの葉は落ち、赤い実だけが迎えてくれた。
2016年10月09日 14:20撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウラジロナナカマドの葉は落ち、赤い実だけが迎えてくれた。
1
雲一つない透き通った青空に白山がそびえ立つ。未明の豪雨が嘘のようだ。
2016年10月09日 15:29撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲一つない透き通った青空に白山がそびえ立つ。未明の豪雨が嘘のようだ。
御前峰に向かう登山道。明朝はここを登り、ご来光を拝むことに。
2016年10月09日 15:32撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御前峰に向かう登山道。明朝はここを登り、ご来光を拝むことに。
山頂の祠の緑の屋根がかすかに見える。
2016年10月09日 15:36撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の祠の緑の屋根がかすかに見える。
室堂の南は雲海。下界はまだガスの中らしい。
2016年10月09日 15:36撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
室堂の南は雲海。下界はまだガスの中らしい。
何度見ても、疲れを癒やす風景だ。
2016年10月09日 15:46撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何度見ても、疲れを癒やす風景だ。
シラタマノキの白い花がひっそり咲いている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シラタマノキの白い花がひっそり咲いている。
1
雲よ,もっと流れろ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲よ,もっと流れろ。
別山が雲海の中から、顔を出してきた。
2016年10月09日 16:56撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
別山が雲海の中から、顔を出してきた。
夕食もそこそこに山荘の西側へ
2016年10月09日 17:03撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕食もそこそこに山荘の西側へ
1
雲海の中に沈みゆく太陽。青空とのコントラストが寒さを忘れさせてくれる。
2016年10月09日 17:24撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海の中に沈みゆく太陽。青空とのコントラストが寒さを忘れさせてくれる。
3
日が沈む。
2016年10月09日 17:25撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日が沈む。
皆夕日の方角を眺めるが、一人だけ夕日に赤く染まる山頂を振り返る。
2016年10月09日 17:25撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
皆夕日の方角を眺めるが、一人だけ夕日に赤く染まる山頂を振り返る。
別山の方角の雲も赤く染まる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
別山の方角の雲も赤く染まる。
1
南の空に半月があり、星空の観察はもう少し時間が経過してからがベストだが、月の光を受ける白山も興味深い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南の空に半月があり、星空の観察はもう少し時間が経過してからがベストだが、月の光を受ける白山も興味深い。
1
ようやく、月も西の空に。星が綺麗に輝き出す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく、月も西の空に。星が綺麗に輝き出す。
1
南東の方角にはスバルが輝く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南東の方角にはスバルが輝く。
2
翌朝、御前峰へ
2016年10月10日 05:33撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝、御前峰へ
東の空が明るくなってきた。右に御岳、乗鞍、穂高と北アルプスの峰々。
2016年10月10日 05:40撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東の空が明るくなってきた。右に御岳、乗鞍、穂高と北アルプスの峰々。
北アルプスと乗鞍
2016年10月10日 05:42撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北アルプスと乗鞍
槍ヶ岳と穂高連峰
2016年10月10日 05:47撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳と穂高連峰
1
まもなく
2016年10月10日 05:48撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まもなく
ご来光!乗鞍方面から眩しい太陽が顔を出す。
2016年10月10日 05:54撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ご来光!乗鞍方面から眩しい太陽が顔を出す。
別山も赤く染まる。
2016年10月10日 05:59撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
別山も赤く染まる。
大汝峰
2016年10月10日 06:02撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大汝峰
1
雲海に浮かぶ北アルプスの峰。
2016年10月10日 06:02撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海に浮かぶ北アルプスの峰。
2
西には御前峰の影。
2016年10月10日 06:11撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西には御前峰の影。
紺屋ヶ池。
2016年10月10日 06:12撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紺屋ヶ池。
霜柱が
2016年10月10日 06:16撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霜柱が
御前ヶ峰を少し北上した岩場にて
2016年10月10日 06:18撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御前ヶ峰を少し北上した岩場にて
1
室堂と別山
2016年10月10日 06:35撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
室堂と別山
大長山、赤坂山
2016年10月10日 06:40撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大長山、赤坂山
遅めの朝食
2016年10月10日 07:38撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遅めの朝食
御前峰をバックに新らしい社
2016年10月10日 08:52撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御前峰をバックに新らしい社
抜けるような青空
2016年10月10日 08:54撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
抜けるような青空
クロマメノキがひときわ紅く。
2016年10月10日 09:08撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クロマメノキがひときわ紅く。
3
ウ〜ン
来てよかった
2016年10月10日 09:08撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウ〜ン
来てよかった
平瀬道を通って展望コースへ
2016年10月10日 09:08撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平瀬道を通って展望コースへ
クロマメノキの紅葉を見ながら歩く。
2016年10月10日 09:10撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クロマメノキの紅葉を見ながら歩く。
1
別山
2016年10月10日 09:12撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
別山
展望歩道、アルプス展望台へ。
2016年10月10日 09:15撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望歩道、アルプス展望台へ。
穂高と槍
2016年10月10日 09:26撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高と槍
御嶽山
2016年10月10日 09:27撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御嶽山
1
御前峰の見納め
2016年10月10日 09:30撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御前峰の見納め
眼下に白水湖。
2016年10月10日 09:37撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼下に白水湖。
赤いコケモモの実。左下はガンコウランの実。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤いコケモモの実。左下はガンコウランの実。
次回は,別山から白山を眺めるのもいいか。
2016年10月10日 09:46撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次回は,別山から白山を眺めるのもいいか。
別山をアップ
2016年10月10日 09:51撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
別山をアップ
御嶽山方面
2016年10月10日 09:51撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御嶽山方面
アルプス展望台に着いて、しばし休憩。
2016年10月10日 09:57撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アルプス展望台に着いて、しばし休憩。
この方は昨日別山に登り、今日は御前ヶ峰と御池巡りの後、展望コースで南竜まで帰るらしい。すごいね。
2016年10月10日 10:17撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この方は昨日別山に登り、今日は御前ヶ峰と御池巡りの後、展望コースで南竜まで帰るらしい。すごいね。
いよいよ南龍ヶ馬場
2016年10月10日 10:48撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ南龍ヶ馬場
1
ここは白山とは別世界
2016年10月10日 10:48撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは白山とは別世界
1
降りてきた道を振り返る
2016年10月10日 10:51撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
降りてきた道を振り返る
南竜馬場到着
2016年10月10日 10:55撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南竜馬場到着
ここで昼食休憩
2016年10月10日 10:57撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで昼食休憩
南竜道を歩く。ガスがかかってきた。
2016年10月10日 12:07撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南竜道を歩く。ガスがかかってきた。
危険箇所を150メートルほど進む。
2016年10月10日 12:14撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
危険箇所を150メートルほど進む。
砂防新道に合流
2016年10月10日 12:17撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砂防新道に合流
登山の途中は気がつかなかったが、下山時にツルリンドウの赤紫の実を発見。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山の途中は気がつかなかったが、下山時にツルリンドウの赤紫の実を発見。
1
ゴゼンタチバナの実もわずかに残っていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴゼンタチバナの実もわずかに残っていた。
1
幻想的な吊り橋。お疲れさま
2016年10月10日 14:25撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幻想的な吊り橋。お疲れさま

感想/記録

 今回はhaluさん、Fさん、Kさんと、二回延期になっていた白山登山。山小屋が閉まる前にどうしても白山に登りたい。しかし予報は雨だが山頂は晴れ間もありそう。
 市ノ瀬から余裕でバスに乗り別当出合まで行くと一面ガスに覆われ時折小雨も混じって寒いぐらい。30分ほど様子を見ていると他の皆さんはカッパを着てどんどん登って行かれる。我々も雨風が強まるなら撤退もありということでスタートする。
 キツイ十二曲がりを登って黒ボコまでたどり着くと青空が見え始める。弥陀ヶ原からは急激にガスが薄れて青空が広がる。昨年も途中はガスでも弥陀ヶ原に入ると晴れてきた記憶がよみがえる。室堂に着く頃には見事に晴れて気分は最高潮。来てよかったーとメンバー全員が感激する。
 室堂から雲海に沈んで行く夕日に感動。翌朝は乗鞍岳の南端から昇るご来光を拝む。いいことありますように(笑)
 朝食後は今回のハイライト、快晴のアルプス展望コースを下って行く。剣岳と立山連峰、槍ヶ岳と穂高連峰、御嶽山を左にに望み、男前の別山に向かって南竜まで下っていく。最高のロケーションで贅沢な景色を楽しむことが出来た。皆さんお疲れさまでした。

感想/記録

9日未明、豪雨の中を合流地点の南条SAに向けて出発。高速も速度制限がかかる。午前9時には雨も止み、午後から雲が切れて夕刻には青空が広がるという天気予報を信じて、市ノ瀬を目指す。市ノ瀬の駐車場は比較的空いていた。おそらく午後からの登山を目指す人が多いせいだろう。雨具を身につけて登りはじめる。室堂に着く頃には抜けるような青空が広がり、またもや晴れ男の記録は続く。一年前の白山とはまた違った姿を見せてくれた。色々な季節に登るもよし、コースを変えてもよし、決して飽きさせない山の一つだ。
訪問者数:158人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ