ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 979546 全員に公開 トレイルラン中央アルプス

中央アルプス大縦走

日程 2016年10月10日(月) [日帰り]
メンバー chiten
天候晴れのち曇り
午後からは一時霧が出ましたが、「晴れの得意日」だけあって概ね良好でした。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
菅の台バスセンター前の駐車場に止めました。
600円/1回です。
駐車場代ケチりたい人は、歩いて5〜10分程度の駒ケ根高原スキー場に止めるとタダです。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険な箇所は特にないですが、ハイマツが登山道を隠していることが度々あります。迷うほどではありませんが、松脂もつくので地味にうっとうしいです。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

早朝2時からの登山開始。
未明は満天の星空だったので、駐車場にいた若い男性が「コレだけでも来た価値がある」とはしゃいでいました。
2016年10月10日 05:46撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早朝2時からの登山開始。
未明は満天の星空だったので、駐車場にいた若い男性が「コレだけでも来た価値がある」とはしゃいでいました。
2
秋といえばやっぱり雲海。
かつての職場が雲海の名所でしたが、飽きることはなく、いつどこで見ても気持ちがいいものです。
2016年10月10日 05:56撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秋といえばやっぱり雲海。
かつての職場が雲海の名所でしたが、飽きることはなく、いつどこで見ても気持ちがいいものです。
2
南アルプスの山の端からご来光です。
2016年10月10日 06:01撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプスの山の端からご来光です。
5
東斜面が真っ赤に染まります。
2016年10月10日 06:18撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東斜面が真っ赤に染まります。
さあ空木岳まであと少し!
2016年10月10日 06:35撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ空木岳まであと少し!
山頂です。
西からの風が強く、晴れの予報とは裏腹に意外と寒かったです。
2016年10月10日 07:22撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂です。
西からの風が強く、晴れの予報とは裏腹に意外と寒かったです。
1
南アルプスの後ろには富士山も。
2016年10月10日 07:22撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプスの後ろには富士山も。
1
先は長いです。
2016年10月10日 07:23撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先は長いです。
東川岳山頂から今来た空木岳方面を望みます。
空木岳〜木曾殿小屋の道のりは険しく、檜尾岳から空木岳へ向かう人々にとっては最難関の場所になりそうです。
2016年10月10日 08:21撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東川岳山頂から今来た空木岳方面を望みます。
空木岳〜木曾殿小屋の道のりは険しく、檜尾岳から空木岳へ向かう人々にとっては最難関の場所になりそうです。
熊沢岳山頂にて。
2016年10月10日 09:22撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊沢岳山頂にて。
遠くに見えるのは御岳山です。
2016年10月10日 09:30撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに見えるのは御岳山です。
2
檜尾岳山頂から空木岳方面を望みます。
意外とアップダウンがあり、険しいです。
2016年10月10日 10:22撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
檜尾岳山頂から空木岳方面を望みます。
意外とアップダウンがあり、険しいです。
3
避難小屋越しの南アルプス+富士山。
2016年10月10日 10:23撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋越しの南アルプス+富士山。
2
宝剣岳に向かいます。
奥に見えるのは中岳と駒ケ岳です。
2016年10月10日 12:30撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝剣岳に向かいます。
奥に見えるのは中岳と駒ケ岳です。
1
宝剣岳山頂にて。
2016年10月10日 12:48撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝剣岳山頂にて。
1
岩の上から駒ケ岳を望みます。
2016年10月10日 12:51撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩の上から駒ケ岳を望みます。
人がぎょうさんおりますな。
2016年10月10日 12:51撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人がぎょうさんおりますな。
1
千畳敷カール。
ちなみに13時時点でロープウェイ2.5時間待ちでした。
2016年10月10日 12:51撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千畳敷カール。
ちなみに13時時点でロープウェイ2.5時間待ちでした。
駒ケ岳に到着。人多いです。
2016年10月10日 13:54撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒ケ岳に到着。人多いです。
2
2.5時間も待っているのは嫌なので、自力で下山することに。
2016年10月10日 14:37撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2.5時間も待っているのは嫌なので、自力で下山することに。
ロープウェイの駅では、案内放送が止むことなく聞こえてきます。
この時はさらに増えて3.5時間待ちだったそうですが、誰一人として北御所方面に下る人はいませんでした。
2016年10月10日 14:37撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイの駅では、案内放送が止むことなく聞こえてきます。
この時はさらに増えて3.5時間待ちだったそうですが、誰一人として北御所方面に下る人はいませんでした。
3

感想/記録
by chiten

最近幕営登山ばかりやっていたので、久しぶりのトレランスタイル。疲れましたが天気も良く、最高でした。

紅葉はもう終わりがけでしたが、それでも綺麗で、しかも夜は満天の星空。ただ山頂付近は霜も降りており、冬山の気配が漂います。山小屋も各所閉まり始めているので、状況を確認してから登って下さい。今年は雪がたくさん降るといいですね。

ちなみに今回は駒ケ根尾根から空木岳へ向かい、木曽駒ケ岳へ向かいました。このコースを日帰りで挑む人は大抵千畳敷から空木岳へ向かいますが、それだと、
.丱垢了枠まで待たなければならない
(池山方面は体力に合わせて、好きな時間に登り始められます)
檜尾岳を越えた後は、疲れていても駒ケ根尾根を自力で下山しなければならない
(逆ならバテてもロープウェイを使ったり、駒ケ岳をカットできたり、柔軟に対応できます)
9眞禄膠しなければならない
(ただでさえ登り始めが遅くなるのに、のんびりと順応している暇は私にはないです)
とデメリットが多いと思い、空木岳→駒ケ岳にしました。

それと体育の日だけあって、宝剣岳以降は人が……。北御所登山口へ向かう人は全くいなかったので、多分ほとんどの人は往復ロープウェイなのでしょう。おじいさんおばあさんや子ども連れには何にも言う気はないですが、山ガールやカップルでいちゃいちゃ登っている人たちは、せめて片道だけでも自力で歩いてほしいものです。(嫉妬心もあります(笑))
訪問者数:275人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/8/18
投稿数: 218
2016/10/12 15:03
 空木岳山頂手前で(^ ^)
chitenさん、こんにちは\(^o^)/
ノロノロ歩いていたshin0609です(^_^;)
この日は、最高の天気で初めての中央アルプス堪能しました。稜線最高でしたね。
僕はあの後、失速して、ロープウェイ下山待ちの餌食になってしまいました(^_^;)
カメラが違うのか撮影技術か、僕とは違い綺麗な写真ですね(^ ^)
またどこかで\(^o^)/
登録日: 2014/11/3
投稿数: 2
2016/10/12 23:48
 Re: 空木岳山頂手前で(^ ^)
shin0609さん。コメントありがとうございます。
天気もずっとよく、本当にいい登山日和になりましたね。

実は私も頂上山荘で2.5時間待ちと聞くまでは、早く帰れた方が楽なのでロープウェイを使おうと思ったのですが……。
暇つぶしするものもなく(まだガラケーです(笑))、体力もそこまで消耗していなかったので、思い切って下っちゃいました。

しかし、shin0609さんの記録を拝見させていただきましたが、horikoさんという方はすごいですね。まだまだ自分が甘いかを痛感させられました。またどこかの山でお会いしましょう。

ちなみにカメラはそんなに重くないうえ、ザックに引っ掛けるようにしているので、重さはほとんど感じないのですが、ちょうど急所のあたりにあるために、走りにくくはなりますね。いらない補足、失礼しました。
登録日: 2013/4/22
投稿数: 301
2016/10/14 16:44
 あたらしい考え方
こんにちは。
自分も中央アルプスを縦走を考えてはいましたが、ロープウェイから空木岳を経て、菅の台に出るか、木曽駒高原から上がってきて、空木岳を目指すかの2択だと勝手に思い込んでおりましたが、確かにルート的にも菅ノ台から北御所ゴールにするのも手ですね。

といっても15時間は行動できないので、体力ついたら真似させていただきます。
登録日: 2014/11/3
投稿数: 2
2016/10/25 17:09
 Re: あたらしい考え方
返信遅れてすみません。

私が考える「空木→木曽駒」の最大のメリットは、やっぱり「ロープウェイで下りられる」ということだと思います。今回は異常な混雑だったので待つのは止めましたが、そういうオプションをいくつか持っていれば、体力がなくても挑戦できたりするものです。

実際私はここ数年、目に見えるほど体力が落ちているので、今回は9Lのザック+カメラ(一眼レフ)で装備を最小限にしました。それができるのも、「千畳敷に辿り着けばとりあえず泊まるところがある」というオプションを持っていたからで、そのためお金はいつもよりたくさん持って行っていました。もちろんサバイバルシートなどは持っていますが、そういう軽装備で行けたのも、このルートのオプションが多いからにほかなりません。

宝剣〜木曽駒は俗化していますが、それ以外は静かで気持ちのいい縦走路です。来年の天気のいい日には、ぜひ行ってみたらどうでしょうか?

補足
sugar_jirouさんの記録を拝見させていただきましたが、スピードは十分かと思います。実は私の地元は大山なので、いくつか勝手に記録を比較させて頂きましたが、この走力なら10〜12時間程度あれば下山できるのではないでしょうか。(もし間違っていたらすみません)丹沢が暑い真夏に、ぜひ一度縦走してみてください。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ