ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 979690 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

南八ヶ岳キレット越え周回 阿弥陀岳〜赤岳〜権現岳〜西岳〜舟山十字路

日程 2016年10月10日(月) [日帰り]
メンバー YAMA555(写真), その他メンバー3人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
仲間と松戸駅で待ち合わせ。八潮南IC〜首都高〜中央道〜小淵沢ICより下道。
道の駅こぶちざわで仮眠。3連休とあってか道の駅は車でいっぱいでした。
早朝、船山十字路の駐車場へ移動。現在駐車場工事中で手前に停められるスペースが6台位。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち86%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間38分
休憩
1時間13分
合計
9時間51分
S舟山十字路05:1506:06美濃戸口・舟山十字路分岐06:22御小屋山06:51不動清水07:0008:06西ノ肩08:0708:10西の肩(岩場)08:13阿弥陀岳08:2508:42中岳のコル08:51中岳08:5209:07文三郎尾根分岐09:17赤岳09:3909:45竜頭峰09:49真教寺尾根分岐10:37キレット小屋10:4011:06ツルネ11:0711:32旭岳11:3311:47縦走路分岐11:52権現岳11:5512:07縦走路分岐12:1112:12権現小屋12:1312:19東ギボシ12:25西ギボシ12:32のろし場12:3312:45青年小屋12:4612:52乙女の水12:5313:20西岳13:3114:20信玄の隠岩 14:2114:51広河原15:00舟山十字路 水場15:06舟山十字路G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ルートはEtrex20xのGPSデータです。
歩き方は若干早め、休憩は各ピークで10分程度、その他何箇所かで小休止。
高原地図のコースタイム14時間10分を短縮しています。
コース状況/
危険箇所等
●参考資料
山と高原地図「八ヶ岳」

●全体的な感想
八ヶ岳の4つのピークを踏む満足のルート。しかも途中キレットを越える。
累積標高差2400m越え、距離19km弱、途中は鎖場、梯子多数ある岩稜帯歩きとかなりタフなコースです。

●舟山十字路(駐車場)ー御小屋尾根→阿弥陀岳
コース明瞭。登り始め左に入る道標を見逃さないように。
不動清水の水場は本当に1分なので冷たい水でノドを潤すと良いです。
その先は急坂になっていき、最後は鎖場あります。
冬は直下は難儀しそう。

●阿弥陀岳→赤岳
阿弥陀からのくだりは急坂の岩稜帯なので落石、スリップは十分注意。
赤岳直下も岩稜帯、同じように落石、スリップ注意。

●赤岳ーキレット→権現岳
キレット小屋までは岩稜帯の急傾斜。梯子、鎖場も数箇所あります。
厳しい所はないので慎重さがあれば大丈夫か。
キレット近辺は樹林帯だが、すぐに権現への登りは岩稜帯になります。
最後の20mの鉄梯子は高度間あり面白いです。

●権現岳→西岳
権現からギボシをトラバースする箇所は滑落注意。冬は特に厳しいルートになりそう。
ノロシバを越えるとゆるやかな下りで青年小屋に到着。
青年小屋からは苔むした緩やかな登山道が続き、最後ちょっと登って西岳。

●西岳→舟山十字路(駐車場)
西岳からのくだりは樹林帯に入ります。若干道が不明瞭ですが、テープは一定間隔であり。雪がついていると分かりづらい雰囲気。
信玄の隠岩付近から更に道は不明瞭になります。なるべく明るいうちに歩いた方が安全かも。広河原に出れば、沢を2度渡って林道歩きですぐに十字路に着きます。
その他周辺情報●温泉
モミの湯にて汗を流しました。500円也。
100円返却式ロッカーあり。シャンプー、ボディーシャンプー。
露天風呂あり。
休憩場所あり。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

5:15舟山十字路を出発。ヘッドライト点灯です。
駐車場整備工事中でその手前に数台程度しか駐車できません。
10/31までみたい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5:15舟山十字路を出発。ヘッドライト点灯です。
駐車場整備工事中でその手前に数台程度しか駐車できません。
10/31までみたい。
御小屋尾根は登山道明瞭です。
最初はなだらかでドンドン進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御小屋尾根は登山道明瞭です。
最初はなだらかでドンドン進みます。
1
途中に美濃戸方面への道標あり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中に美濃戸方面への道標あり。
6:23御小屋山に到着。展望はなし。
スタートから1時間10分程度(40分ほど短縮)。
余力あるので休まずに進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6:23御小屋山に到着。展望はなし。
スタートから1時間10分程度(40分ほど短縮)。
余力あるので休まずに進む。
1
不動清水に6:52到着。
御小屋山から30分程度(1時間10分短縮)なんか随分早い。
この看板から1分それると水場あり。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動清水に6:52到着。
御小屋山から30分程度(1時間10分短縮)なんか随分早い。
この看板から1分それると水場あり。

不動清水は水がコンコンと湧き出ている。
冷たくて旨い。
不動清水から少しずつ登山道は急になってくる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動清水は水がコンコンと湧き出ている。
冷たくて旨い。
不動清水から少しずつ登山道は急になってくる。
1
7:40展望が開けてくる。
懸念していた通り風が強い。
やっぱり秋だなー結構寒い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:40展望が開けてくる。
懸念していた通り風が強い。
やっぱり秋だなー結構寒い。
4
南側、周回終盤の権現から西岳の稜線が見える。
そしてその奥には南アルプスの峰々。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南側、周回終盤の権現から西岳の稜線が見える。
そしてその奥には南アルプスの峰々。
2
斜面は更に急坂になり、途中鎖場もある。
冬季は結構厳しいんでないでしょうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斜面は更に急坂になり、途中鎖場もある。
冬季は結構厳しいんでないでしょうか。
阿弥陀岳山頂に8:13到着(2時間20分短縮)。結構人が多かったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳山頂に8:13到着(2時間20分短縮)。結構人が多かったです。
2
阿弥陀山頂から権現岳。そして富士山が左側。
この景色は八ヶ岳のピークでも好きなアングル。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀山頂から権現岳。そして富士山が左側。
この景色は八ヶ岳のピークでも好きなアングル。
1
中央アルプスに御嶽山が雲海の上に広がる。
久しぶりに最高の天気。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央アルプスに御嶽山が雲海の上に広がる。
久しぶりに最高の天気。
1
気温が低く風があるため空気がクリア。
北アルプスも槍穂から後立山方面までズラッと見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気温が低く風があるため空気がクリア。
北アルプスも槍穂から後立山方面までズラッと見える。
1
そして一際目立つのが富士山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして一際目立つのが富士山。
正面には赤岳がそびえる。
今日は長い行程なので、早速阿弥陀を降りる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面には赤岳がそびえる。
今日は長い行程なので、早速阿弥陀を降りる。
4
中岳を下って赤岳を望む。
良い景色ですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳を下って赤岳を望む。
良い景色ですね。
2
文三郎分岐より先は岩稜帯。
結構ヘルメット被っている人増えたな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
文三郎分岐より先は岩稜帯。
結構ヘルメット被っている人増えたな。
2
赤岳最後の登り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳最後の登り。
2
標高2899mの赤岳に9:28到着。
スタートから4時間10分(2時間40分短縮)。
青空に道標が映えるね〜。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高2899mの赤岳に9:28到着。
スタートから4時間10分(2時間40分短縮)。
青空に道標が映えるね〜。
3
赤岳山頂からは北八ヶ岳に続く稜線が全て見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳山頂からは北八ヶ岳に続く稜線が全て見えました。
赤岳山頂の祠。刀が可愛いですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳山頂の祠。刀が可愛いですね。
1
眼下には赤岳鉱泉と行者小屋が見えました。
結構テント張ってあったな〜。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼下には赤岳鉱泉と行者小屋が見えました。
結構テント張ってあったな〜。
1
権現岳への長いキレット越えがあるので早々に出発。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現岳への長いキレット越えがあるので早々に出発。
いざ権現へ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いざ権現へ!
2
この分岐からキレット越えに入りますが、ここから先はグッと人が減る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この分岐からキレット越えに入りますが、ここから先はグッと人が減る。
しばらくは結構こんな感じの岩稜帯歩き。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくは結構こんな感じの岩稜帯歩き。
1
振り返って赤岳。キレイですね^^。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って赤岳。キレイですね^^。
3
途中から結構急な下り。キレット小屋まで本当に随分落とされるね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中から結構急な下り。キレット小屋まで本当に随分落とされるね。
2
梯子、鎖多数あり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梯子、鎖多数あり。
奥はバリルートの天狗尾根の天狗岩。カッコいいですね。
いつか歩いてみたい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥はバリルートの天狗尾根の天狗岩。カッコいいですね。
いつか歩いてみたい。
3
痩せているので気を抜かずに歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
痩せているので気を抜かずに歩きます。
2
ようやく鞍部が見えてきました。
結構下ったなー。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく鞍部が見えてきました。
結構下ったなー。
キレット小屋つきました。
なかなか良いペース。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キレット小屋つきました。
なかなか良いペース。
1
ツルネ。ここから分岐みたいですね。
ルートは地図に載ってませんが。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツルネ。ここから分岐みたいですね。
ルートは地図に載ってませんが。
しばらく登るといよいよ権現岳への急坂。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく登るといよいよ権現岳への急坂。
4
急坂を登っていくと見えてきたのが岩稜にかかる長い梯子。
遠くからでもはっきり見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急坂を登っていくと見えてきたのが岩稜にかかる長い梯子。
遠くからでもはっきり見えます。
約20mくらいでしょうか。
今まで登ったことある梯子の中でも長い部類に入るよね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
約20mくらいでしょうか。
今まで登ったことある梯子の中でも長い部類に入るよね。
3
鉄梯子。高度間もあるねー。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄梯子。高度間もあるねー。
権現岳山頂の岩はもう目の前です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現岳山頂の岩はもう目の前です。
鉄梯子を上ると山頂は近く。これが最後の権現の岩稜。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄梯子を上ると山頂は近く。これが最後の権現の岩稜。
3
権現岳山頂11:50到着ー。
キレット越え終わって八ヶ岳南側の稜線がつながりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現岳山頂11:50到着ー。
キレット越え終わって八ヶ岳南側の稜線がつながりました。
1
青空の下4人で記念撮影。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空の下4人で記念撮影。
3
ふと後ろを見るとガスの中にブロッケン現象!
なんと祝福してくれているかのよう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふと後ろを見るとガスの中にブロッケン現象!
なんと祝福してくれているかのよう。
3
権現から少し下りた落ち着いた場所で赤岳を見ながらしばし休憩。ここまでくれば暗くなる前に下山できそう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現から少し下りた落ち着いた場所で赤岳を見ながらしばし休憩。ここまでくれば暗くなる前に下山できそう。
1
これからギボシを越えて青年小屋に下ります。
左奥が網笠山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これからギボシを越えて青年小屋に下ります。
左奥が網笠山。
2
ギボシトラバース中。結構イヤらしいよね。
冬は厳しそう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ギボシトラバース中。結構イヤらしいよね。
冬は厳しそう。
3
青年小屋見えてきました。ここのテン場はいいよね〜。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青年小屋見えてきました。ここのテン場はいいよね〜。
1
乙女の水。青年小屋から4分の場所にあります。
冷たくて美味しーい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乙女の水。青年小屋から4分の場所にあります。
冷たくて美味しーい。
2
西岳に向かう稜線は樹林帯ながら苔むした雰囲気がとても印象的です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西岳に向かう稜線は樹林帯ながら苔むした雰囲気がとても印象的です。
1
西岳に13:20到着。網笠山が目の前に見えますね。
網笠西岳は今シーズンの冬に来てますが、良い雰囲気です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西岳に13:20到着。網笠山が目の前に見えますね。
網笠西岳は今シーズンの冬に来てますが、良い雰囲気です。
1
西岳から若干不明瞭な登山道を下り信玄の隠岩まで来ました。
ここままっすぐに下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西岳から若干不明瞭な登山道を下り信玄の隠岩まで来ました。
ここままっすぐに下ります。
しばらくするとグッと右に曲がり道標。
広河原方面へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくするとグッと右に曲がり道標。
広河原方面へ。
広河原方面への道は若干不明瞭です。
暗くなると分かりづらくなりそう。明るいうちに下りてくれてよかったですわ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広河原方面への道は若干不明瞭です。
暗くなると分かりづらくなりそう。明るいうちに下りてくれてよかったですわ。
広河原で2度沢を徒渉。今回は飛び石でクリア。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広河原で2度沢を徒渉。今回は飛び石でクリア。
1
最後に駐車場近くに水場。
冷たい水で顔を洗ってスッキリ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後に駐車場近くに水場。
冷たい水で顔を洗ってスッキリ。
モミの湯で汗を流しました。500円也。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モミの湯で汗を流しました。500円也。
1

感想/記録

3連休またまた天候不良で予定していた上越のシーズンラスト沢登りは中止になってしまいました。予報を見ると月曜日は天気が快方に向かうようなのでガッツリ歩きたいと。そこで南八ヶ岳、まだ歩いてないキレット越えを日帰りで実行することになりました。コースタイム14時間10分果たして暗くなる前に下山できるか、チャレンジです!

コースが長いためヘッドライトをつけて登山開始。途中水場で1回休憩を取り、テンポ良く歩く。阿弥陀直下の急坂もなんのその。
阿弥陀岳山頂に到着すると風は強いが、シャープな空気が心地よい。権現の奥に見える南アルプスを筆頭に富士山、中央アルプス、御嶽山、乗鞍岳、大キレットと尖峰際立つ槍ヶ岳の中央アルプス、更には後立山、頚城山塊が雲海の上に広がっていた。権現岳が向かいに大きいが、赤岳経由の登山路はまだまだ遠い。グズついた天気が続く中、久しぶりの展望にしばし見とれながらも行程が長いので先を急ぐ。

赤岳までは登山者も多く、さすが人気の稜線。そしてヘルメット着用者が多くて驚いた。いよいよ安全面でヘルメットが常識になってきつつありますね。赤岳からの展望はさすがだが人が多いので早めにキレット越えに逃げる。

初キレットは思いのほか鞍部までの下降が長く驚いたが、以前真教寺尾根から見た天狗岩が間近に見えて感動。岩稜帯歩きを適度に楽しめて良いルート。権現直下の20mの梯子は高度間もあり面白い。

権現岳ではブロッケン現象まで見えた。これで八ヶ岳では2回目、結構ついているかも。下山の目処もついたので赤岳の展望を楽しみながらゆっくり目に食事休憩を取った。

青年小屋から西岳のルートは苔の雰囲気がよく、下山時は若干長いが途中から軽快に下れる。ただし、信玄の隠岩よりさきは道が悪く不明瞭なため、暗くなるとルートロストしそうなので注意。

八ヶ岳日帰りはどのルートも結構ハードで面白いが、舟山十字路からも間違いなく面白いルート。来年は美し森〜県界尾根〜赤岳〜権現岳〜天女山の周回ルートにチャレンジしたいな。





訪問者数:275人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/9/29
投稿数: 41
2016/10/12 22:51
 ガッツリですねー
YAMA555さん、こんばんは。
コースタイム14時間越えとは歩き応えのあるコースですな。
しかも中々渋いルートで、さすがですね〜
やっぱり八ヶ岳はいいですね、私はまだ赤岳しか行ったことがないので、硫黄岳や天狗岳なども歩いてみたいなと思ってます。
またどこか行きましょう!
登録日: 2009/11/28
投稿数: 257
2016/10/13 12:42
 Re: ガッツリです
ya_saさん、歩いてみたかったキレットを通過し南部は無事につながりました。
ロングコース1人だと結構縮められますが、仲間と行ってこれだけ縮められると楽しいですね。足が合うって重要です。
北八の方は、まだ天狗の稜線と黒百合ヒュッテから麦草峠がつながっていないので、いつか歩きたいですね〜。
kaz
登録日: 2008/8/24
投稿数: 254
2016/10/17 23:15
 凄すぎるぅ〜(@_@)
グループ山行でこんなルートをしかも凄いコースタイムで… いやはや凄すぎですよ(@_@;)
凄すぎるうえに最高のお天気、YAMAさん大満足だったんじゃないですかぁ?
登録日: 2009/11/28
投稿数: 257
2016/10/18 0:28
 Re: 凄すぎるぅ〜(@_@)
こんばんは〜。今月はご多忙みたいでご一緒できませんでしたね。
kazさん一緒でもきっと同じ結果だと思いますが、足の合う仲間が揃うと楽しいですね。
沢納めが出来なかったのは残念ですが、違った意味でグループ山行でも日帰りガッツリ歩けるのが分かって満足満足♪
明日は来月以降の山の計画話しましょうね〜。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ