ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 979774 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

阿弥陀岳・横岳・硫黄岳:美濃戸より赤岳鉱泉BC

日程 2016年10月09日(日) 〜 2016年10月10日(月)
メンバー sicher(CL), その他メンバー1人
天候9日 雨後晴
10日 晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
赤岳山荘に駐車、1日 1000円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち79%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間48分
休憩
1時間27分
合計
7時間15分
S赤岳山荘07:2707:36美濃戸山荘08:24堰堤広場09:27赤岳鉱泉10:1510:46行者小屋10:4711:14中岳のコル登山道水場11:1911:23阿弥陀岳北稜11:2411:40中岳のコル11:4212:10阿弥陀岳12:2612:44中岳のコル12:4513:04中岳13:0513:26文三郎尾根分岐13:2714:08行者小屋14:1914:42赤岳鉱泉
2日目
山行
6時間17分
休憩
1時間35分
合計
7時間52分
赤岳鉱泉04:0704:47行者小屋04:4805:56地蔵の頭05:5706:12二十三夜峰06:29日ノ岳06:3106:36鉾岳06:3706:43石尊峰06:57横岳(三叉峰)07:0007:10無名峰07:1107:16横岳(奥ノ院)07:33台座ノ頭07:3407:52硫黄岳山荘08:1908:42硫黄岳08:4609:17赤岩の頭09:50ジョウゴ沢09:5109:54大同心沢(大同心ルンゼ)分岐09:5510:00赤岳鉱泉10:5011:28堰堤広場11:2911:54美濃戸山荘11:5511:59赤岳山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山ポストは赤岳山荘前にある。
その他周辺情報立寄りの湯 もみの湯 大人500円
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

雨の中覚悟を決めて出発する為に、登山届をポストに入れる。
2016年10月09日 07:19撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨の中覚悟を決めて出発する為に、登山届をポストに入れる。
北沢と南沢の分岐
2016年10月09日 07:37撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北沢と南沢の分岐
道が川のようになっている。
2016年10月09日 08:02撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道が川のようになっている。
沢も増水している。
2016年10月09日 08:38撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢も増水している。
天場はまばら
2016年10月09日 09:27撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天場はまばら
鉱泉小屋
2016年10月09日 10:14撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉱泉小屋
中山乗越
2016年10月09日 10:40撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中山乗越
行者小屋の前はかなり賑わっている。
赤岳鉱泉より人が多い。
2016年10月09日 10:47撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋の前はかなり賑わっている。
赤岳鉱泉より人が多い。
行者小屋
2016年10月09日 10:47撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋
天場はまばら
2016年10月09日 10:47撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天場はまばら
中岳のコルと文三郎尾根の分岐
2016年10月09日 10:56撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳のコルと文三郎尾根の分岐
中岳のコル
2016年10月09日 11:39撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳のコル
阿弥陀岳山頂はガスの中
2016年10月09日 12:04撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳山頂はガスの中
阿弥陀岳山頂
2016年10月09日 12:11撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳山頂
南尾根
2016年10月09日 12:11撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南尾根
穂高連峰
2016年10月09日 12:16撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高連峰
乗鞍岳
2016年10月09日 12:16撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗鞍岳
御嶽山
2016年10月09日 12:16撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御嶽山
1
富士山
2016年10月09日 12:18撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山
1
赤岳
2016年10月09日 12:23撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳
1
横岳
2016年10月09日 12:23撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳
中岳頂上
2016年10月09日 13:00撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳頂上
阿弥陀岳を後にする
2016年10月09日 13:00撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳を後にする
権現岳
2016年10月09日 13:18撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現岳
赤岳
2016年10月09日 13:23撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳
文三郎乗越
2016年10月09日 13:23撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
文三郎乗越
赤岳から次々と下山してくる。
2016年10月09日 13:24撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳から次々と下山してくる。
マムートの階段は以前より痛んでます。
2016年10月09日 13:28撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マムートの階段は以前より痛んでます。
行者小屋のテン場は行きよりかなり増えていた。
2016年10月09日 14:07撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋のテン場は行きよりかなり増えていた。
赤岳鉱泉のテン場も少しは増えている。
2016年10月09日 14:50撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉のテン場も少しは増えている。
阿弥陀岳
2016年10月10日 05:47撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳
朝陽に染まる赤岳
2016年10月10日 05:51撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝陽に染まる赤岳
2
朝日に染まる穂高連峰
2016年10月10日 05:52撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日に染まる穂高連峰
朝日に染まる乗鞍岳
2016年10月10日 05:52撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日に染まる乗鞍岳
朝日に染まる御嶽山
2016年10月10日 05:52撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日に染まる御嶽山
地蔵の頭
2016年10月10日 05:55撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵の頭
1
日ノ岳のルンゼ
2016年10月10日 06:25撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日ノ岳のルンゼ
横岳頂上
2016年10月10日 07:17撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳頂上
大同心と小同心
2016年10月10日 07:25撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大同心と小同心
稜線に出てから風が強いのでちゃんと休憩を摂っていないので、ここで大休止を取る。
2016年10月10日 07:53撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に出てから風が強いのでちゃんと休憩を摂っていないので、ここで大休止を取る。
穂高連峰
2016年10月10日 08:45撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高連峰
後立山連峰
2016年10月10日 08:45撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後立山連峰
中央アルプス
2016年10月10日 08:45撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央アルプス
下山して見ると、テントがかなり撤収されていた。
2016年10月10日 10:21撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山して見ると、テントがかなり撤収されていた。

感想/記録
by sicher

昨年もこの時期に午前中雨の中を入山したが、今年も雨の中を入山する事となった。
予定では、6時に出発予定であったが、余りの雨の活きよいに負けて少し治まるまで車中で待機していた。
天気予想では回復の傾向があるので、時間の経過とともに良くなるとは確信していたが、目の前で雨の活きよいを見せつけられると、ついつい弱気になってしまうのは、小生だけであろうか。

天気予想通りに天気は回復し、予定の行動を消化する事ができたのが何よりであった。
訪問者数:125人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ