ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 979845 全員に公開 ハイキング札幌近郊

定山渓天狗岳東尾根(ローソク岩手前まで)

日程 2016年10月11日(火) [日帰り]
メンバー bigbang
天候晴れ後、曇り後、雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間29分
休憩
0分
合計
7時間29分
Sスタート地点08:0215:31ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
林道取り付き地点 8:35
第一尾根ピーク 9:20
第一分岐 9:35
第二分岐 10:15
第三分岐 11:05
ローソク岩手前到達地点 12:10
第二分岐 14:05
林道下山地点 15:05
コース状況/
危険箇所等
廃道となっているので道は所々不鮮明、後半は笹藪多い。尾根が分かれるピークが3個所ほどあるので下山時尾根を間違えないように。
その他周辺情報定山渓温泉日帰り湯
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

天狗岳林道を定山渓側から入る。通常の天狗小屋側からと距離的には同じくらい。
2016年10月11日 15:29撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岳林道を定山渓側から入る。通常の天狗小屋側からと距離的には同じくらい。
2
豊平川源流が林道に迫って流れる。入口はここからわずか。
2016年10月11日 15:11撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
豊平川源流が林道に迫って流れる。入口はここからわずか。
このピンクテープのところが目印。藪の中に入り。正面の尾根に取り付く。
2016年10月11日 15:09撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このピンクテープのところが目印。藪の中に入り。正面の尾根に取り付く。
2
上がってきたところ。尾根のピークまでは不鮮明だが藪はない。
2016年10月11日 08:51撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上がってきたところ。尾根のピークまでは不鮮明だが藪はない。
1
こんな感じのところを登ってゆく。
2016年10月11日 08:51撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じのところを登ってゆく。
おー、昨年つけておいた黄テープがあった。
2016年10月11日 08:55撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おー、昨年つけておいた黄テープがあった。
段々、急になってくる。わずかな距離なので少しのがんばり。
2016年10月11日 09:15撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
段々、急になってくる。わずかな距離なので少しのがんばり。
あるかなきかの道を登ってゆく。
2016年10月11日 09:15撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あるかなきかの道を登ってゆく。
はじめの尾根のピークに近づくに従い廃道がはっきりしてくる。
2016年10月11日 09:16撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はじめの尾根のピークに近づくに従い廃道がはっきりしてくる。
1
ピークに出てからやせ尾根が続き、道もはっきりしてくる。
2016年10月11日 09:19撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピークに出てからやせ尾根が続き、道もはっきりしてくる。
1
こんな道がずっと続いてくれれば快適だが、
2016年10月11日 09:23撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな道がずっと続いてくれれば快適だが、
やがて笹が進入したところが出てくる。
2016年10月11日 09:37撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やがて笹が進入したところが出てくる。
天狗岳の取り付きに向かう尾根、この辺りまで廃道が残っている。
2016年10月11日 09:40撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岳の取り付きに向かう尾根、この辺りまで廃道が残っている。
1
そのまま進むと崖下に出てしまった。この上を歩かねばならないので少し戻り急な斜面を尾根に登る。
2016年10月11日 09:46撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そのまま進むと崖下に出てしまった。この上を歩かねばならないので少し戻り急な斜面を尾根に登る。
1
やっとはい上がってきた。周囲は紅葉が始まり景色が素晴らしい。
2016年10月11日 10:01撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっとはい上がってきた。周囲は紅葉が始まり景色が素晴らしい。
1
ここが先ほどの崖の上。
2016年10月11日 10:07撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが先ほどの崖の上。
1
北側の尾根。
2016年10月11日 10:07撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側の尾根。
うおー!木々の間から天狗岳の山塊が間近に現れる!
2016年10月11日 10:18撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うおー!木々の間から天狗岳の山塊が間近に現れる!
4
この辺りから段々笹藪がひどくなってくる。
2016年10月11日 10:38撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りから段々笹藪がひどくなってくる。
お助け、赤布目印。何年も前のものなのどろう。人工物にあうとなぜか元気が出る。
2016年10月11日 10:59撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お助け、赤布目印。何年も前のものなのどろう。人工物にあうとなぜか元気が出る。
2
天狗岳から伸びる北側の尾根だが、ここから見ると一度落ちている。
2016年10月11日 11:54撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岳から伸びる北側の尾根だが、ここから見ると一度落ちている。
天狗岳取り付きの尾根から、天狗岳の山塊が迫ってくる。しかしこの辺り、笹藪がひどくなってくる。
2016年10月11日 11:57撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岳取り付きの尾根から、天狗岳の山塊が迫ってくる。しかしこの辺り、笹藪がひどくなってくる。
ローソク岩手前まで来た。間近に天狗岳の異様な山塊が迫る。ここまで笹藪がひどかった。
2016年10月11日 12:07撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ローソク岩手前まで来た。間近に天狗岳の異様な山塊が迫る。ここまで笹藪がひどかった。
1
廃道になる前はここを降りてきたのか!多分左の凹部がルートだったのだろう。後半の登りの笹藪こぎで気力も体力も消耗してしまい、時間もなく、この崖に挑む気持ちは萎えてしまった。
2016年10月11日 12:07撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
廃道になる前はここを降りてきたのか!多分左の凹部がルートだったのだろう。後半の登りの笹藪こぎで気力も体力も消耗してしまい、時間もなく、この崖に挑む気持ちは萎えてしまった。
3
迫力ある天狗岳の異様な山容が聳える。
2016年10月11日 12:10撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
迫力ある天狗岳の異様な山容が聳える。
5
すぐそばまでやっと来れたが、あの崖を登る技術も気力も体力も時間もない×。この崖は一人では登れそうにないと判断。ここで引き返すことを決断した。
2016年10月11日 12:10撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐそばまでやっと来れたが、あの崖を登る技術も気力も体力も時間もない×。この崖は一人では登れそうにないと判断。ここで引き返すことを決断した。
2
白樺の木が生えている凹部はなんとか登れそう。その後の崖は危険がともなうだろう。いつか技術を磨き、時間の余裕をもって挑戦したい。
2016年10月11日 12:10撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白樺の木が生えている凹部はなんとか登れそう。その後の崖は危険がともなうだろう。いつか技術を磨き、時間の余裕をもって挑戦したい。
4
この藪を降りてゆく。しばらく続く。キノコがたくさん出ていた。
2016年10月11日 12:50撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この藪を降りてゆく。しばらく続く。キノコがたくさん出ていた。
1
やっと明瞭な道に出た。道はありがたい。
2016年10月11日 13:49撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと明瞭な道に出た。道はありがたい。
1
下りはルートを誤りやすいので尾根をはずさないように。大木が折れているこの地点も次回目安になる。
2016年10月11日 13:56撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りはルートを誤りやすいので尾根をはずさないように。大木が折れているこの地点も次回目安になる。
左手の尾根。
2016年10月11日 14:16撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手の尾根。
下りはこの沢と向かいの尾根を左手にして降りてくる。
2016年10月11日 14:16撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りはこの沢と向かいの尾根を左手にして降りてくる。
間違えやすい分岐に古い赤布と隣り合わせにピンクテープをつけておいた。
2016年10月11日 14:21撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間違えやすい分岐に古い赤布と隣り合わせにピンクテープをつけておいた。
いままで降りてきた廃道の延長に続いているが、誤り。ここは右手の尾根に向かう。
2016年10月11日 14:29撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いままで降りてきた廃道の延長に続いているが、誤り。ここは右手の尾根に向かう。
入口にピンクテープをつけておいた。
2016年10月11日 14:29撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入口にピンクテープをつけておいた。
紅葉が始まっている。尾根のピークから。
2016年10月11日 14:39撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉が始まっている。尾根のピークから。
降口。
2016年10月11日 14:40撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
降口。
川に戻ってきた。しんどかったなー。雨が本降りになる前に下山できてよかった。
2016年10月11日 15:11撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川に戻ってきた。しんどかったなー。雨が本降りになる前に下山できてよかった。
1
ミラー4で記念撮影。
2016年10月11日 15:19撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミラー4で記念撮影。
1
撮影機材:

感想/記録

天狗岳の東尾根ルートが廃道になってから久しいとあるが岩登りの人には時々使われているルートとあったので昨年、2回ほど途中まで行ってみた。確かに不明瞭で一部笹に覆われているがそれ程ひどく荒廃はしていなく十分歩けるという印象だった。一応ザイル、ハーネスを用意してできたら登攀を試みようとしたが前回から先のローソク岩の手前までの笹藪で時間を費やし、手前までたどり着いたが、巨大異様な天狗岳の山塊を目の当たりにし、登攀技術もなく、気力も体力も失せて引き返しました。が、この廃道から見る天狗岳の迫力ある山容は一見の価値がある。笹藪が苅れればとてもいいルートで廃道になってしまったのは残念。ここを登る岩登りの方々には賛嘆する。
訪問者数:227人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/8/6
投稿数: 490
2016/10/12 10:12
 bigbangさんはじめまして!
昔、沢ルートから登り東尾根を降りたことがあります。
当時からもう廃道っぽかったですね。
東尾根から登るなら正面の壁ではなく、壁を右側に回りこんだところから取り付けばいいですよ。
ところどころ道があるはずです。
僕も東尾根から登りたいとは思うのですが、廃道状態なので無理ですね〜。
岩峰直下の憩いの花園まで行けたのだけでもすごいと思います!
おつかれさまでした!
登録日: 2015/8/12
投稿数: 3
2016/10/12 23:39
 Re: i-tomoさん、コメントありがとうございます。
天狗岳東尾根ルートは、天狗岳の迫力ある山塊を向かいの尾根からずっと見ながら段々近づいてゆけるわくわくするコースですよね。廃道になってしまったは大変残念です。昔は危険と隣り合わせで登山を楽しんでいたのでしょうね。上級者限定にして自己責任で通れるルートとして復活して欲しいです。崖下にたどり着くまでに藪漕ぎで気力、体力消耗してしまいます。廃道のルートは右側にあるのですか。ご教授ありがとうございます。腕を磨いて次回時間に余裕を見て再挑戦したいと思います。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

林道 紅葉 白樺 ザイル 登攀 廃道
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ