ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 980132 全員に公開 ハイキング近畿

ヤマレコMAPで、賤ヶ岳

日程 2016年10月12日(水) [日帰り]
メンバー gmt66(記録), その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
(パーキング)余呉湖観光館駐車場(無料)を、利用させて頂きました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間40分
休憩
1時間10分
合計
5時間50分
S余呉湖観光館10:0910:29岩崎山10:3011:01大岩山11:1612:27賤ヶ岳13:1713:41賤ヶ岳13:4515:59余呉湖観光館G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
行程 12.8辧 行動時間 3:59。 停止時間 2:00。
移動平均速 3.2/h。 平均速 2.1/h。
コース状況/
危険箇所等
※江土登山口から、賤ヶ岳山頂までは、次項 ↓◆↓、の急登区間を除き道幅も広く、歩き易い登山道です。一部、林道を歩く区間もあります。

.好拭璽箸痢峭湘敕仍蓋」から、岩崎山に続く尾根に登り着くまで、しばらく急登です。
P349の少し手前に、私の足で登り切るのに、約10分間程かかる、急登区間がありました。
l優岳山頂手前にも、私の足で、約5分程かかる、つづら折れの急登区間がありました。

※賤ヶ岳山頂から、「飯浦(はんのうら)⇔ 余呉湖」分岐点までは、急勾配の階段降りの連続です。分岐から、余呉湖畔の周回路までの区間は、石ゴロゴロの少し荒れた登山道を下って行きます。山頂から、湖畔に降り立つまでは、足元に十分注意で、気が抜けません!
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

余呉湖畔の北東にある、余呉湖観光館の駐車場に、駐車させて頂きました。本日は、ここから「江土登山口〜岩崎山〜大岩山〜賤ヶ岳山頂〜飯浦⇔余呉湖分岐〜余呉湖西岸散策路〜衣掛け柳」のコースで、伝説の湖「余呉湖」を一周します。
2016年10月12日 10:08撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
余呉湖畔の北東にある、余呉湖観光館の駐車場に、駐車させて頂きました。本日は、ここから「江土登山口〜岩崎山〜大岩山〜賤ヶ岳山頂〜飯浦⇔余呉湖分岐〜余呉湖西岸散策路〜衣掛け柳」のコースで、伝説の湖「余呉湖」を一周します。
スマートフォンに「ヤマレコMAP」を立ち上げます。タイトルは、「賤ヶ岳」。ジャンルは、「ハイキング」。エリアは、「近畿」と入力しました。画面に「余呉湖地域」のオフライン地図「野坂山地」を、表示させました。GPSのログ機能も開始させ、準備「OK」です。
ここで、1枚目の写真を撮りました。「写真とメモ記事」の保存も、「OK」です。
2016年10月12日 10:09撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スマートフォンに「ヤマレコMAP」を立ち上げます。タイトルは、「賤ヶ岳」。ジャンルは、「ハイキング」。エリアは、「近畿」と入力しました。画面に「余呉湖地域」のオフライン地図「野坂山地」を、表示させました。GPSのログ機能も開始させ、準備「OK」です。
ここで、1枚目の写真を撮りました。「写真とメモ記事」の保存も、「OK」です。
3
この地図の「現在地」から、余呉湖をぐるりと一周します。
2016年10月12日 10:09撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この地図の「現在地」から、余呉湖をぐるりと一周します。
1
観光スポットが、写真付きで案内されています。
2016年10月12日 10:10撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観光スポットが、写真付きで案内されています。
1
余呉湖観光館から、江土の集落内を歩いて、賤ヶ岳への登山口の一つ、「江土登山口」前に来ました。
2016年10月12日 10:14撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
余呉湖観光館から、江土の集落内を歩いて、賤ヶ岳への登山口の一つ、「江土登山口」前に来ました。
登り始めると。すぐに「村草神社古跡」の前を通ります。
2016年10月12日 10:15撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り始めると。すぐに「村草神社古跡」の前を通ります。
1
道中の安全を、お祈りしました。
2016年10月12日 10:15撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道中の安全を、お祈りしました。
4
ずっと、登りが続いています。
2016年10月12日 10:17撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ずっと、登りが続いています。
1
道幅のある、歩き易い登山道です。
2016年10月12日 10:19撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道幅のある、歩き易い登山道です。
1
岩崎山に続く尾根まで、登って来ました。ここからは、緩やかなアップダウンの繰り返しです。
2016年10月12日 10:23撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩崎山に続く尾根まで、登って来ました。ここからは、緩やかなアップダウンの繰り返しです。
1
江土登山口から約10分で、さっそく「岩崎山砦跡」の案内板が、目に入りました。下に、「岩崎山三角点→すぐ」の標識もありました。寄り道して、見に行きます。
2016年10月12日 10:24撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
江土登山口から約10分で、さっそく「岩崎山砦跡」の案内板が、目に入りました。下に、「岩崎山三角点→すぐ」の標識もありました。寄り道して、見に行きます。
岩崎山砦跡に入る脇道沿いには、現在地を示す案内板が、いくつか建てられていました。
2016年10月12日 10:25撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩崎山砦跡に入る脇道沿いには、現在地を示す案内板が、いくつか建てられていました。
1
砦の中心部に向かって、歩いて行きます。
2016年10月12日 10:26撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砦の中心部に向かって、歩いて行きます。
1
砦の中心「主郭部」まで、歩いて来ました。
2016年10月12日 10:28撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砦の中心「主郭部」まで、歩いて来ました。
主郭部の奥に、「岩崎山(209.66m)」のプレートが、掛けられていました。(先程の分岐から、ここまで約5分かかりました。)
2016年10月12日 10:29撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
主郭部の奥に、「岩崎山(209.66m)」のプレートが、掛けられていました。(先程の分岐から、ここまで約5分かかりました。)
2
岩崎山の三角点です。
2016年10月12日 10:29撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩崎山の三角点です。
3
左側奥にある「岩崎山砦跡」から、賤ヶ岳への登山道に戻って来ました。
2016年10月12日 10:33撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左側奥にある「岩崎山砦跡」から、賤ヶ岳への登山道に戻って来ました。
1
快適な登山道が、続きます。
2016年10月12日 10:42撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快適な登山道が、続きます。
1
右側に分岐があります。余呉湖東岸の周回路から登って来る登山道と、ここで合流します。
2016年10月12日 10:43撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右側に分岐があります。余呉湖東岸の周回路から登って来る登山道と、ここで合流します。
少し、覗いて見ます。分岐を右手に入り、振り返って見ています。右上方向が、賤ヶ岳ほうめんです。
2016年10月12日 10:43撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し、覗いて見ます。分岐を右手に入り、振り返って見ています。右上方向が、賤ヶ岳ほうめんです。
急な階段道が、下に続いていました。この登山道で登ると、近道になりますが、急な階段上りになりそうです。
2016年10月12日 10:44撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急な階段道が、下に続いていました。この登山道で登ると、近道になりますが、急な階段上りになりそうです。
戻って来ました。振り返って、見ています。一息入れて、手前方向に進みます。
2016年10月12日 10:46撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戻って来ました。振り返って、見ています。一息入れて、手前方向に進みます。
暑くもなく、寒くもなく、足が進みます。
2016年10月12日 10:50撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暑くもなく、寒くもなく、足が進みます。
1
ここで、林道と合流しました。
2016年10月12日 10:53撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで、林道と合流しました。
ほんの少しだけ、林道を歩きます。
2016年10月12日 10:54撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほんの少しだけ、林道を歩きます。
ほんの、2〜3分で、左手の登山道に戻ります。
2016年10月12日 10:57撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほんの、2〜3分で、左手の登山道に戻ります。
2
また登山道を、歩いて行きます。
2016年10月12日 10:58撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また登山道を、歩いて行きます。
先に、木柵が見えて来ました。
2016年10月12日 10:59撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先に、木柵が見えて来ました。
木柵に沿って、歩いて行きます。
2016年10月12日 11:00撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木柵に沿って、歩いて行きます。
1
下に、林道が見えて来ました。
2016年10月12日 11:02撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下に、林道が見えて来ました。
また、林道と合流です。
2016年10月12日 11:02撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また、林道と合流です。
分岐には、「中川清秀の墓」の標識が、建っています。
2016年10月12日 11:03撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐には、「中川清秀の墓」の標識が、建っています。
1
また分岐には、「余呉八景、青嵐 大岩山」の碑も、建てられていました。
2016年10月12日 11:03撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また分岐には、「余呉八景、青嵐 大岩山」の碑も、建てられていました。
2
中川清秀の墓に、お参りします。
2016年10月12日 11:04撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中川清秀の墓に、お参りします。
この付近一帯の大岩山には、砦が設けられていました。
2016年10月12日 11:04撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この付近一帯の大岩山には、砦が設けられていました。
分岐から、坂道を登ると、広場になっていました。中川清秀公は、この坂道の途中で、戦死されたそうです。
2016年10月12日 11:05撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐から、坂道を登ると、広場になっていました。中川清秀公は、この坂道の途中で、戦死されたそうです。
1
大岩山は、賤ヶ岳合戦において、中川清秀が構えた陣地跡です。
2016年10月12日 11:05撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岩山は、賤ヶ岳合戦において、中川清秀が構えた陣地跡です。
1
大岩山砦跡の、案内板です。
2016年10月12日 11:05撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岩山砦跡の、案内板です。
先の方に、大きなお墓が見えます。
2016年10月12日 11:08撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先の方に、大きなお墓が見えます。
2
主郭部の様子です。
2016年10月12日 11:10撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
主郭部の様子です。
大岩山砦跡の主郭部に、中川清秀の墓が建てられていました。
2016年10月12日 11:09撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岩山砦跡の主郭部に、中川清秀の墓が建てられていました。
2
大岩山砦、主郭部の先を見に行きます。
2016年10月12日 11:13撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岩山砦、主郭部の先を見に行きます。
尾根の少し先まで、行ってみました。何も見当たらないので、この赤杭で、折り返しました。
2016年10月12日 11:14撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根の少し先まで、行ってみました。何も見当たらないので、この赤杭で、折り返しました。
4
大岩山砦跡から、分岐に戻って来ました。ここからは、しばらく林道歩きになります。
2016年10月12日 11:18撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岩山砦跡から、分岐に戻って来ました。ここからは、しばらく林道歩きになります。
林道歩きは、ここまで、また登山道に入ります。
2016年10月12日 11:22撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道歩きは、ここまで、また登山道に入ります。
しばらく歩くと、「中川清秀の首洗い池」の標識がありました。「池まで、50m」と、記されています。
2016年10月12日 11:26撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく歩くと、「中川清秀の首洗い池」の標識がありました。「池まで、50m」と、記されています。
池へは、左下に降りて行きます。現在では、小さな水たまりの様に、なっていました。
2016年10月12日 11:28撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池へは、左下に降りて行きます。現在では、小さな水たまりの様に、なっていました。
1
登山道に、戻って来ました。
2016年10月12日 11:32撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道に、戻って来ました。
前方に、石碑が見えて来ました。
2016年10月12日 11:33撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前方に、石碑が見えて来ました。
「猿が馬場」、羽柴秀吉の陣跡です。
2016年10月12日 11:34撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「猿が馬場」、羽柴秀吉の陣跡です。
2
何か、記されていますが、風化して読むことが出来ません。
2016年10月12日 11:35撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何か、記されていますが、風化して読むことが出来ません。
左手に、分岐があります。「木之本へ」と、記されています。
2016年10月12日 11:37撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手に、分岐があります。「木之本へ」と、記されています。
よく整備された、登山道です。
2016年10月12日 11:37撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よく整備された、登山道です。
右手に時々、余呉湖が見えて来ました。
2016年10月12日 11:45撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手に時々、余呉湖が見えて来ました。
1
登山道が、急な登りに変わって来ました。P349mへの登りです
2016年10月12日 11:49撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道が、急な登りに変わって来ました。P349mへの登りです
道端に、こぶ付きの木がありました。
2016年10月12日 11:53撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道端に、こぶ付きの木がありました。
この様な、登り勾配が続いています。
2016年10月12日 11:54撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この様な、登り勾配が続いています。
賤ヶ岳山頂まで、あと0.9卉賄世泙如登って来ました。
2016年10月12日 12:00撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
賤ヶ岳山頂まで、あと0.9卉賄世泙如登って来ました。
登山道を外れて、木々の隙間から。アップで余呉湖を撮ってみました。
2016年10月12日 12:04撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道を外れて、木々の隙間から。アップで余呉湖を撮ってみました。
5
P349mの、山頂部はもう少し、先の様です。
2016年10月12日 12:07撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P349mの、山頂部はもう少し、先の様です。
チラチラと、横見をしながら!
2016年10月12日 12:08撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チラチラと、横見をしながら!
樹木の間から、余呉湖が見えます。
2016年10月12日 12:09撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹木の間から、余呉湖が見えます。
ここから、10m先位が、P349m ピークの様です。
2016年10月12日 12:10撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから、10m先位が、P349m ピークの様です。
ピークから少し、下りになります。
2016年10月12日 12:12撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピークから少し、下りになります。
緩やかなアップダウンの尾根歩きに、変わりました。
2016年10月12日 12:14撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緩やかなアップダウンの尾根歩きに、変わりました。
急な登り勾配に、変わってきました。賤ヶ岳山頂への、最後の登りの様です。
2016年10月12日 12:17撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急な登り勾配に、変わってきました。賤ヶ岳山頂への、最後の登りの様です。
つづら折れに、登って行きます。
2016年10月12日 12:20撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つづら折れに、登って行きます。
賤ヶ岳山頂への階段が、見えて来ました。
2016年10月12日 12:23撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
賤ヶ岳山頂への階段が、見えて来ました。
1
前記の階段を登って、振り返りました。山頂から、今登って来た登山道方面に下山する時は、ここからです。「余呉駅 3.9辧廚良玄韻、建っています。
2016年10月12日 12:24撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前記の階段を登って、振り返りました。山頂から、今登って来た登山道方面に下山する時は、ここからです。「余呉駅 3.9辧廚良玄韻、建っています。
山頂は、何段かに分かれた広場になっています。展望台も、数カ所に設置されています。
2016年10月12日 12:24撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は、何段かに分かれた広場になっています。展望台も、数カ所に設置されています。
7
標識、案内看板類が、たくさん設置されています。
2016年10月12日 12:25撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標識、案内看板類が、たくさん設置されています。
6
賤ヶ岳山頂も、戦国の砦跡でした。
2016年10月12日 12:25撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
賤ヶ岳山頂も、戦国の砦跡でした。
2
賤ヶ岳山頂には、トイレが設置されています。
2016年10月12日 12:26撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
賤ヶ岳山頂には、トイレが設置されています。
1
山頂広場の様子です。
2016年10月12日 12:27撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂広場の様子です。
5
武将のモニュメントです。
2016年10月12日 12:27撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武将のモニュメントです。
1
賤ヶ岳の、三等「三角点」です。
2016年10月12日 12:28撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
賤ヶ岳の、三等「三角点」です。
5
賤ヶ岳の山頂からは、三方向の景色が、眺められます。北方向の、余呉湖方面です。
2016年10月12日 12:29撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
賤ヶ岳の山頂からは、三方向の景色が、眺められます。北方向の、余呉湖方面です。
6
この展望台からは、東〜南方向が、眺められます。
2016年10月12日 12:30撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この展望台からは、東〜南方向が、眺められます。
2
賤ヶ岳から南方向に続く、山本山方面と、琵琶湖の一部が、眺められます。
2016年10月12日 12:30撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
賤ヶ岳から南方向に続く、山本山方面と、琵琶湖の一部が、眺められます。
3
東〜東南方向です。中央の伊吹山の手前に、小谷山が見えています。
2016年10月12日 12:31撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東〜東南方向です。中央の伊吹山の手前に、小谷山が見えています。
4
山頂広場の様子です。
2016年10月12日 12:33撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂広場の様子です。
1
同定板です。
2016年10月12日 12:33撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同定板です。
広場の片隅に、大きな看板が建てられています。平日ですが、観光シーズンでもあり、地元のボランティアガイドさんが、駐在されていました。
2016年10月12日 12:34撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広場の片隅に、大きな看板が建てられています。平日ですが、観光シーズンでもあり、地元のボランティアガイドさんが、駐在されていました。
1
私達も、この大看板の前で、地元長浜市の「奥びわ湖観光ボランティア協会」のガイドさんに、「賤ヶ岳」の歴史や、「余呉湖」の伝説について、お話をして頂きました。「ありがとうございました。」
2016年10月12日 12:36撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
私達も、この大看板の前で、地元長浜市の「奥びわ湖観光ボランティア協会」のガイドさんに、「賤ヶ岳」の歴史や、「余呉湖」の伝説について、お話をして頂きました。「ありがとうございました。」
山頂広場は、砦跡で段差があり、いろんな眺めが楽しめます。
2016年10月12日 12:37撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂広場は、砦跡で段差があり、いろんな眺めが楽しめます。
4
賤ヶ岳合戦の、「七人槍」についての説明です。
2016年10月12日 12:38撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
賤ヶ岳合戦の、「七人槍」についての説明です。
1
山頂広場で、ゆっくりと昼食をとりました。
2016年10月12日 13:17撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂広場で、ゆっくりと昼食をとりました。
10
山頂から、リフト乗り場の山上駅まで、約300mとの事、見学に行きます。ここから、下って行きます。
2016年10月12日 13:17撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から、リフト乗り場の山上駅まで、約300mとの事、見学に行きます。ここから、下って行きます。
結構勾配のある、下り階段を降りていきます。
2016年10月12日 13:20撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構勾配のある、下り階段を降りていきます。
賤ヶ岳の麓には、三味線や琴糸の生産で有名な、大音の里があります。
2016年10月12日 13:23撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
賤ヶ岳の麓には、三味線や琴糸の生産で有名な、大音の里があります。
1
リフト駅への途中、西方面の眺めです。周りの山々が直接琵琶湖に沈む、奥琵琶湖の雄大な風景です。
2016年10月12日 13:23撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リフト駅への途中、西方面の眺めです。周りの山々が直接琵琶湖に沈む、奥琵琶湖の雄大な風景です。
5
リフト乗り場の、山上駅まで降りて来ました。
2016年10月12日 13:25撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リフト乗り場の、山上駅まで降りて来ました。
リフト乗り場の南側です。何か、標識が建っています。
2016年10月12日 13:26撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リフト乗り場の南側です。何か、標識が建っています。
ここから、南方向に細長く伸びる「山本山」に繋がる、縦走路入口でした。
2016年10月12日 13:26撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから、南方向に細長く伸びる「山本山」に繋がる、縦走路入口でした。
少し、山本山への縦走路に、入って見ました。
2016年10月12日 13:27撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し、山本山への縦走路に、入って見ました。
縦走路の様子です。
2016年10月12日 13:28撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縦走路の様子です。
東側が開けて、伊吹山と小谷山が見えました。ここで、引き返します。
2016年10月12日 13:29撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東側が開けて、伊吹山と小谷山が見えました。ここで、引き返します。
2
リフト乗り場に、戻って来ました。
2016年10月12日 13:31撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リフト乗り場に、戻って来ました。
1
乗り場の先端に行って、下を覗いて見ました。
2016年10月12日 13:30撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗り場の先端に行って、下を覗いて見ました。
景色を眺めながら、賤ヶ岳山頂に戻ります。
2016年10月12日 13:33撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
景色を眺めながら、賤ヶ岳山頂に戻ります。
4
賤ヶ岳山頂南側の広場まで、登って来ました。
2016年10月12日 13:41撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
賤ヶ岳山頂南側の広場まで、登って来ました。
ここは、南西方面が開けて、奥琵琶湖が望めます。またここには、大きな東屋が建てられています。
2016年10月12日 13:41撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは、南西方面が開けて、奥琵琶湖が望めます。またここには、大きな東屋が建てられています。
1
東屋の、内部です。
2016年10月12日 13:43撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東屋の、内部です。
東屋の西側に、「飯浦⇔余呉湖」分岐に降りる、下山口があります。
2016年10月12日 13:45撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東屋の西側に、「飯浦⇔余呉湖」分岐に降りる、下山口があります。
余呉湖畔まで、1.5劼任后
2016年10月12日 13:45撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
余呉湖畔まで、1.5劼任后
余呉湖畔に向かって、下山します。急な階段を下って行きます。
2016年10月12日 13:46撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
余呉湖畔に向かって、下山します。急な階段を下って行きます。
油断すると、踏み外したり、滑ったりします。油断大敵です。
2016年10月12日 13:47撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
油断すると、踏み外したり、滑ったりします。油断大敵です。
また、急な階段が続きます。
2016年10月12日 13:53撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また、急な階段が続きます。
下に、「飯浦⇔余呉湖」分岐が見えて来ました。左の「飯浦」側に下ると、琵琶湖岸の飯浦集落に出ます。私達は、余呉湖を一周しますので、右の余呉湖方面に下ります。
2016年10月12日 14:01撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下に、「飯浦⇔余呉湖」分岐が見えて来ました。左の「飯浦」側に下ると、琵琶湖岸の飯浦集落に出ます。私達は、余呉湖を一周しますので、右の余呉湖方面に下ります。
左の飯浦方面です。覗いて見ました。つづら折れの急な下りとなっています。
2016年10月12日 14:04撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左の飯浦方面です。覗いて見ました。つづら折れの急な下りとなっています。
戻って来ました。急な登りです。
2016年10月12日 14:06撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戻って来ました。急な登りです。
右上は、賤ヶ岳山頂への登山道です。
2016年10月12日 14:06撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右上は、賤ヶ岳山頂への登山道です。
1
ここで休憩して、余呉湖方面へ下ります。
2016年10月12日 14:07撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで休憩して、余呉湖方面へ下ります。
この辺りは、良い登山道ですが!
2016年10月12日 14:08撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りは、良い登山道ですが!
ここまでに、石ゴロゴロの歩きにくい所が、何箇所かありました。
2016年10月12日 14:13撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまでに、石ゴロゴロの歩きにくい所が、何箇所かありました。
1
この辺り、特に足元に注意です。
2016年10月12日 14:16撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺り、特に足元に注意です。
この辺りも、油断できません!
2016年10月12日 14:20撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りも、油断できません!
前方に、余呉湖の周遊路が見えて来ました。
2016年10月12日 14:25撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前方に、余呉湖の周遊路が見えて来ました。
やっと湖畔に降りて来ました。余呉湖の湖面が見えます。
2016年10月12日 14:26撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと湖畔に降りて来ました。余呉湖の湖面が見えます。
降りてきた登山道の名称は、「飯浦越え切通し」でした。ここからだと、山頂まで、1.5劼函急登になりますが、近いです。
2016年10月12日 14:26撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
降りてきた登山道の名称は、「飯浦越え切通し」でした。ここからだと、山頂まで、1.5劼函急登になりますが、近いです。
振り返った、登山口の様子です。
2016年10月12日 14:27撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返った、登山口の様子です。
湖畔に降りてきた所は、「国民宿舎、余呉荘」の横でした。現在は、休館中です。
2016年10月12日 14:28撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湖畔に降りてきた所は、「国民宿舎、余呉荘」の横でした。現在は、休館中です。
ここから余呉湖西岸の周遊路を、歩いて余呉湖観光館に戻ります。
2016年10月12日 14:28撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから余呉湖西岸の周遊路を、歩いて余呉湖観光館に戻ります。
2
周遊路の山手には、「俳句の道」という、散策路が造られていました。
2016年10月12日 14:40撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
周遊路の山手には、「俳句の道」という、散策路が造られていました。
「俳句の道」の所々に、俳句が掲示されていました。
2016年10月12日 14:42撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「俳句の道」の所々に、俳句が掲示されていました。
1
いろんな歴史が、ありました。
2016年10月12日 14:44撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いろんな歴史が、ありました。
余呉湖八景の「賤ヶ岳慕雪」の碑が、建てられていました。
2016年10月12日 14:49撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
余呉湖八景の「賤ヶ岳慕雪」の碑が、建てられていました。
湖畔には、緑地がたくさん造られています。
2016年10月12日 14:52撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湖畔には、緑地がたくさん造られています。
1
「森羅崎の森壕」の案内板に、つられて、左手の山に登って見ました。
2016年10月12日 15:02撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「森羅崎の森壕」の案内板に、つられて、左手の山に登って見ました。
樹間から湖面が見え、この様な眺めでした。
2016年10月12日 15:04撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹間から湖面が見え、この様な眺めでした。
「菊石姫と目玉石」由来の場所です。
2016年10月12日 15:05撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「菊石姫と目玉石」由来の場所です。
由来が、記されています。
2016年10月12日 15:06撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
由来が、記されています。
今日はあまり花を、見かけませんでした。ススキでも、どうぞ!
2016年10月12日 15:10撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はあまり花を、見かけませんでした。ススキでも、どうぞ!
余呉湖の周遊路から、近道の農道に入ります。
2016年10月12日 15:11撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
余呉湖の周遊路から、近道の農道に入ります。
対岸に歩いて来た、岩崎山から大岩山へと続く、山並みが見えます。
2016年10月12日 15:13撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
対岸に歩いて来た、岩崎山から大岩山へと続く、山並みが見えます。
寄り道で、湖岸に出てみます。
2016年10月12日 15:15撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寄り道で、湖岸に出てみます。
中央の出っ張った岬の上が。賤ヶ岳です。
2016年10月12日 15:16撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央の出っ張った岬の上が。賤ヶ岳です。
1
アップです。
2016年10月12日 15:17撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップです。
1
東岸の様子です。
2016年10月12日 15:18撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東岸の様子です。
1
農道に戻り、北に向かいます。
2016年10月12日 15:21撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
農道に戻り、北に向かいます。
1
余呉湖の北側に、回って来ました。通りの北側は、JR北陸本線の線路です。ここから、緑地公園に入ります。
2016年10月12日 15:29撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
余呉湖の北側に、回って来ました。通りの北側は、JR北陸本線の線路です。ここから、緑地公園に入ります。
公園の大看板です。
2016年10月12日 15:32撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
公園の大看板です。
北岸からの、賤ヶ岳です。
2016年10月12日 15:34撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岸からの、賤ヶ岳です。
3
釣り桟橋の、入口です。ワカサギ釣りのシーズンには、たいへん賑わいます。
2016年10月12日 15:34撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釣り桟橋の、入口です。ワカサギ釣りのシーズンには、たいへん賑わいます。
釣り桟橋の様子です。
2016年10月12日 15:35撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釣り桟橋の様子です。
釣り桟橋の構造です。下に大きなタンク型の、ブイが取り付けられています。これで、浮かんでいるのですね!
2016年10月12日 15:35撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釣り桟橋の構造です。下に大きなタンク型の、ブイが取り付けられています。これで、浮かんでいるのですね!
「衣掛け柳」を探しながら歩いていますが、見当たりません! 付近を見渡しても、大きな柳の木は、これしかありませんが、何の表示もありません! やはり、これでは無いようです。
2016年10月12日 15:37撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「衣掛け柳」を探しながら歩いていますが、見当たりません! 付近を見渡しても、大きな柳の木は、これしかありませんが、何の表示もありません! やはり、これでは無いようです。
公園を出て、市道をしばらく歩いて行くと、大きな古木が見えてきました。
2016年10月12日 15:41撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
公園を出て、市道をしばらく歩いて行くと、大きな古木が見えてきました。
1
手前に石碑が、建っています。
2016年10月12日 15:41撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前に石碑が、建っています。
古木の向こう側に、案内板が建てられていました。「天女の衣掛け柳」と、記されています。
2016年10月12日 15:42撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古木の向こう側に、案内板が建てられていました。「天女の衣掛け柳」と、記されています。
見た目には、とても柳の木には見えませんが、この古木が「衣掛け柳」でした。
2016年10月12日 15:43撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見た目には、とても柳の木には見えませんが、この古木が「衣掛け柳」でした。
北岸の市道を、東に歩いて行きます。
2016年10月12日 15:44撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岸の市道を、東に歩いて行きます。
2
北側には、JR北陸本線の「余呉駅」が、見えます。
2016年10月12日 15:49撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側には、JR北陸本線の「余呉駅」が、見えます。
突き当りの白い建物が、JR余呉駅です。
2016年10月12日 15:53撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
突き当りの白い建物が、JR余呉駅です。
羽衣橋を渡ると、ゴールの「余呉湖観光館」まで、あと少しです。
2016年10月12日 15:55撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
羽衣橋を渡ると、ゴールの「余呉湖観光館」まで、あと少しです。
後は、川に沿って歩くだけです。
2016年10月12日 15:55撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後は、川に沿って歩くだけです。
やっと、花を見かけました。
2016年10月12日 15:56撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと、花を見かけました。
1
往路では、左の生活道路に入り、江土登山口に向かいました。
2016年10月12日 15:57撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
往路では、左の生活道路に入り、江土登山口に向かいました。
余呉湖観光館に、戻って来ました。
2016年10月12日 15:58撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
余呉湖観光館に、戻って来ました。
余呉湖を眺めながら、スマートフォンを取り出して、「ヤマレコMAP」の終了作業をします。
_萍椋顕爾痢∪嶇箸痢崕了」をタッチして、「登山を終了します。」➾よろしいですか?の、問い合わせあり➾「終了」をもう一度、タッチする。
∋街垉録の作成➾「OK」をタッチする。
場所名=賤ヶ岳。 ジャンル=ハイキング。 エリア=近畿。 
掲載する写真と、記事をチェックして、➾画面左下の、緑枠の「下書き保存」をタッチする。➾保存しても、よろしいか?の、問い合わせアリ。→「OK」をタッチする。➾下書き保存が終了すると➾画面に、「保存が終了しました。」の表示がされ、すぐに消えます。
ぅ好沺璽肇侫ンで作成した「山行記録」が、「ヤマレコサイト」に保存されました。
ジ紊蓮⊆宅のパソコンや、スマートフォンで「山行記録」の仕上げをして、「ヤマレコサイト」に投稿して下さい。
2016年10月12日 15:59撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
余呉湖を眺めながら、スマートフォンを取り出して、「ヤマレコMAP」の終了作業をします。
_萍椋顕爾痢∪嶇箸痢崕了」をタッチして、「登山を終了します。」➾よろしいですか?の、問い合わせあり➾「終了」をもう一度、タッチする。
∋街垉録の作成➾「OK」をタッチする。
場所名=賤ヶ岳。 ジャンル=ハイキング。 エリア=近畿。 
掲載する写真と、記事をチェックして、➾画面左下の、緑枠の「下書き保存」をタッチする。➾保存しても、よろしいか?の、問い合わせアリ。→「OK」をタッチする。➾下書き保存が終了すると➾画面に、「保存が終了しました。」の表示がされ、すぐに消えます。
ぅ好沺璽肇侫ンで作成した「山行記録」が、「ヤマレコサイト」に保存されました。
ジ紊蓮⊆宅のパソコンや、スマートフォンで「山行記録」の仕上げをして、「ヤマレコサイト」に投稿して下さい。
3
(参考)スマートフォン本体で、取得した「GPSログ」です。元気よく、飛び跳ねています。
2016年10月12日 21:50撮影 by EX-ZS170, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(参考)スマートフォン本体で、取得した「GPSログ」です。元気よく、飛び跳ねています。
(参考)賤ヶ岳の南に続く、山本山まで縦走して、折り返してきたような、距離を飛んでいます。
2016年10月12日 21:50撮影 by EX-ZS170, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(参考)賤ヶ岳の南に続く、山本山まで縦走して、折り返してきたような、距離を飛んでいます。
(参考)
2016年10月12日 21:51撮影 by EX-ZS170, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(参考)
(参考)
2016年10月12日 21:52撮影 by EX-ZS170, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(参考)
(参考)
2016年10月12日 21:53撮影 by EX-ZS170, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(参考)
(参考)余呉湖観光館をスタートして、江土登山口からしばらくの間は、綺麗にGPSログが録れていますが、そこから急に、飛んでしまいました。
2016年10月12日 21:55撮影 by EX-ZS170, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(参考)余呉湖観光館をスタートして、江土登山口からしばらくの間は、綺麗にGPSログが録れていますが、そこから急に、飛んでしまいました。
(参考)
2016年10月12日 21:58撮影 by EX-ZS170, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(参考)

感想/記録
by gmt66

スマートフォンに、ダウンロードした「ヤマレコMAP」の習熟訓練で、琵琶湖北端にある「賤ヶ岳」に登って来ました。「写真や、メモ記事」の保存は出来ましたが、GPSログの取得はうまくいきませんでした。余呉湖観光館をスタートして、江土登山口までは、GPSログは綺麗に録れましたが、登山口から岩崎山に向かってしばらく登ると、交信電波状態が悪くなったのか、ログが思わぬ方向に飛んでしまいました。最終的には登山を終了した余呉湖観光館前で、ログは終了出来ましたが、近くのJR余呉駅から、本日歩いてもいない、二駅先のJR河毛駅近くまで、GPSログが飛んでいました。衛星からの電波を受信して、地球上の正確な位置を把握できる「ガーミンGPS機」や、「GPSログ専用機」と異なり、スマートフォン本体のGPS機能は,電話機という性格上、専用機に比べると衛星電波の捕獲機能が劣ります。また各契約電話会社の「ネットワーク通信基地局」と、電波による交信を行い、現在位置を常に把握するという点に、重きが置かれている為、基地局から遠く離れた場所、電波状態の悪い山間部等では、現在地を素早く正確に表示できないのは、やむを得ない事かもしれません。 
※「写真コーナー」の最後に、スマートフォン本体の「飛んだ! GPSログ」を、参考として掲載しました。

☻☻☻☻ 本日も、山行記録の「GPSログ」は、リリーフの「ガーミン君」にお願いしました。綺麗に録れています。
※この山行記録は以下の投稿キャンペーンに参加しています。
ヤマレコMAPを使って山に登ろう! by ヤマレコ
訪問者数:481人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 林道 三角点 GPS 山行 近道 東屋 リフト
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ