ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 980175 全員に公開 ハイキング大山・蒜山

「冬が待ち遠しい。」伯耆大山・弥山&剣ヶ峰

日程 2016年10月12日(水) [日帰り]
メンバー DON-CHAN
天候くもり のち 晴れ のち 小雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
米子道 溝口ICまで高速を走る。その後、
・夏道〜弥山:南光河原駐車場(無料期間)を利用
・三ノ沢〜剣ヶ峰:文殊堂そばの駐車場(無料)を利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

●夏道〜弥山
南光河原駐車場(6:35)・・・六合目避難小屋(7:25〜7:35)・・・弥山(8:09〜8:11)・・・山頂避難小屋(8:14〜8:31)・・・元谷周辺でマッタリ(9:15〜9:38)・・・南光河原駐車場(10:02)
※行動時間 3時間27分(休憩等を含む)

-----南光河原駐車場より文殊堂まで車で移動-----

●三ノ沢〜剣ヶ峰
文殊堂(10:17)・・・最終堰堤(10:45)・・・[お疲れモードで休憩多数]・・・槍ヶ峰(11:54〜12:00)・・・剣ヶ峰(12:14)・・・文殊堂(13:14)
※行動時間 2時間57分(休憩等を含む)
コース状況/
危険箇所等
・夏道〜弥山
 一般ルートで特に問題はありません。
・三ノ沢〜剣ヶ峰
 一般ルートではありません。滑落の危険もあります。
※ルート図は手書きです。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

装備

備考 カメラは持参したが、肝心のSDカードが入ってなかった。
その為、iPhoneで写真を撮る羽目に…

写真

●夏山登山道を登高中、振り返って弓ヶ浜を眼下に見る。
2016年10月12日 07:19撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
●夏山登山道を登高中、振り返って弓ヶ浜を眼下に見る。
8
六合目避難小屋に到着し休憩をとる。積雪期に下山中、吹雪かれこの避難小屋にS師匠と駆け込んだ事が懐かしく思い出される。
2016年10月12日 07:26撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六合目避難小屋に到着し休憩をとる。積雪期に下山中、吹雪かれこの避難小屋にS師匠と駆け込んだ事が懐かしく思い出される。
2
ナナカマドと日本海
2016年10月12日 07:33撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナナカマドと日本海
5
六合目避難小屋あたりから伯耆大山北面を観察しながら登高。
2016年10月12日 07:58撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六合目避難小屋あたりから伯耆大山北面を観察しながら登高。
4
写真中央に別山。別山の裏から恐怖の?吊尾根が伸びている。
2016年10月12日 07:58撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真中央に別山。別山の裏から恐怖の?吊尾根が伸びている。
7
頂上避難小屋までやってきた。今シーズンは、どの程度この避難小屋が雪に埋没するのだろうか?
2016年10月12日 08:08撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上避難小屋までやってきた。今シーズンは、どの程度この避難小屋が雪に埋没するのだろうか?
1
伯耆大山・弥山の山頂碑
2016年10月12日 08:09撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伯耆大山・弥山の山頂碑
2
『立入禁止』の看板がしっかりと立てられている。弥山〜剣ヶ峰の縦走路は、この時期には行きたくない。
2016年10月12日 08:10撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
『立入禁止』の看板がしっかりと立てられている。弥山〜剣ヶ峰の縦走路は、この時期には行きたくない。
11
夏山登山道を下りたら、三ノ沢から剣ヶ峰を目指す。
2016年10月12日 08:10撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏山登山道を下りたら、三ノ沢から剣ヶ峰を目指す。
4
今年の冬には、この稜線がどれだけ神々しく輝くのだろうか。
2016年10月12日 08:10撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今年の冬には、この稜線がどれだけ神々しく輝くのだろうか。
11
ちなみに、冬(2012年1月22日)の弥山〜剣ヶ峰、神々しい。
2012年01月22日 11:41撮影 by Canon IXY DIGITAL 510 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちなみに、冬(2012年1月22日)の弥山〜剣ヶ峰、神々しい。
25
妄想の後、山頂避難小屋でしばらく休憩としよう。
2016年10月12日 08:11撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
妄想の後、山頂避難小屋でしばらく休憩としよう。
3
休憩後、再び夏山登山道を下って行く。別山を違う角度から眺める。
2016年10月12日 08:13撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩後、再び夏山登山道を下って行く。別山を違う角度から眺める。
5
八合尾根を眺める。
2016年10月12日 08:39撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八合尾根を眺める。
10
行者谷分かれから元谷方面へ下る。元谷付近から北面を見上げる。素晴らしい眺めにウットリする。
2016年10月12日 09:20撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者谷分かれから元谷方面へ下る。元谷付近から北面を見上げる。素晴らしい眺めにウットリする。
6
元谷付近から北面を見上げる。こちらは、ユートピア側。
2016年10月12日 09:25撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
元谷付近から北面を見上げる。こちらは、ユートピア側。
2
大神山神社奥宮
2016年10月12日 09:51撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大神山神社奥宮
1
大山寺橋から見上げる伯耆大山。
夏山登山道〜弥山『完』
2016年10月12日 10:02撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大山寺橋から見上げる伯耆大山。
夏山登山道〜弥山『完』
4
●車で大山環状道路を走り文殊堂へ行く。ここから剣ヶ峰を目指して三ノ沢を詰める。
2016年10月12日 10:17撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
●車で大山環状道路を走り文殊堂へ行く。ここから剣ヶ峰を目指して三ノ沢を詰める。
1
文殊堂から右岸の工事用道路をしばらく進む。ガスに煙る伯耆大山・南面を前方に見る。
2016年10月12日 10:18撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
文殊堂から右岸の工事用道路をしばらく進む。ガスに煙る伯耆大山・南面を前方に見る。
2
最終堰堤の手前まで左岸の踏み跡をたどり、最終堰堤は右岸から登る。ここまで迷う心配は、ほぼ無い。
2016年10月12日 10:42撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最終堰堤の手前まで左岸の踏み跡をたどり、最終堰堤は右岸から登る。ここまで迷う心配は、ほぼ無い。
1
最終堰堤を越えてしばらく進むと、この景色が眼前に広がる。何とも素晴らしい!
2016年10月12日 10:47撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最終堰堤を越えてしばらく進むと、この景色が眼前に広がる。何とも素晴らしい!
19
素晴らしい眺めだが、足元はガレていて歩き難い。
2016年10月12日 10:57撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
素晴らしい眺めだが、足元はガレていて歩き難い。
17
「今日は絶対に迷わない!」と意気込んで進んでいたら、前方に分かり易いテープがあった。前回来た時には無かった気がするが…
2016年10月12日 11:09撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「今日は絶対に迷わない!」と意気込んで進んでいたら、前方に分かり易いテープがあった。前回来た時には無かった気がするが…
2
テープに誘導されるように踏み跡を辿って登高して行けば何ら問題はない。
2016年10月12日 11:10撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テープに誘導されるように踏み跡を辿って登高して行けば何ら問題はない。
2
鬼の角のような岩峰を仰ぎながら進む。しかしながら、だんだんとお疲れモードに突入し、思う様に先に進まない。情けない…
2016年10月12日 11:11撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鬼の角のような岩峰を仰ぎながら進む。しかしながら、だんだんとお疲れモードに突入し、思う様に先に進まない。情けない…
5
癒やしの一輪
2016年10月12日 11:36撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
癒やしの一輪
9
稜線まであと少しだと自分を励ましながら登高して行く。
2016年10月12日 11:41撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線まであと少しだと自分を励ましながら登高して行く。
3
くもりゆく天気に少々萎える。
2016年10月12日 11:45撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
くもりゆく天気に少々萎える。
3
せっかくここまで来たのだから、剣ヶ峰には必ず行くと気持ちを新たにして進む。
2016年10月12日 11:54撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
せっかくここまで来たのだから、剣ヶ峰には必ず行くと気持ちを新たにして進む。
6
槍ヶ峰から剣ヶ峰への縦走路
2016年10月12日 11:54撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ峰から剣ヶ峰への縦走路
10
槍ヶ峰から『山陰のマッターホルン』こと烏ヶ山を見る。
2016年10月12日 11:54撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ峰から『山陰のマッターホルン』こと烏ヶ山を見る。
7
剣ヶ峰(標高1729m)に到着。
2016年10月12日 12:14撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰(標高1729m)に到着。
11
剣ヶ峰から弥山へと続く縦走路を眺める。
2016年10月12日 12:14撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰から弥山へと続く縦走路を眺める。
8
槍尾根と烏ヶ山
2016年10月12日 12:27撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍尾根と烏ヶ山
14
三ノ沢〜剣ヶ峰『完』
お疲れ様でした。
2016年10月12日 13:14撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ノ沢〜剣ヶ峰『完』
お疲れ様でした。
1
撮影機材:

感想/記録

冬が待ち遠しく、トレーニングがてら、伯耆大山へ行ってきました。

夏山登山道から弥山だけでは、物足りないものがあったので、
三ノ沢から剣ヶ峰にも行ってきました。

終日晴れ予報だったけど、午後から天気が下り坂となり、
そこは残念でしたが、冬山に向けての程よいトレーニングになりました。
訪問者数:569人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ