ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 980199 全員に公開 ハイキング甲斐駒・北岳

2ヶ月ぶりに山、紅葉にはまだ早かったが櫛形山、山梨百名山

日程 2016年10月12日(水) [日帰り]
メンバー Y-chan
天候晴れ、曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
自宅から県道で伊奈ケ湖めざし、それから林道を見晴らし平目指して上がります。見晴平前の平成峡入口の数台のスペースに車を止めました。
駐車スペースのすぐのところの橋梁の工事があるようです。10月17日〜10月21日。http://www.pref.yamanashi.jp/rindoujyouhou/kisei.php?id=7
林道は落石あります、注意。
また冬季閉鎖にもなります。11月下旬以降は情報注意。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち82%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間27分
休憩
1時間24分
合計
6時間51分
S平成峡入口08:2509:40北尾根分岐地点10:0010:25アヤメ平10:3010:57裸山のコル11:07もみじ沢11:32休憩所11:46北岳展望デッキ12:1012:20池ノ茶屋登山口12:2513:12櫛形山(最高点)13:2513:52裸山13:5914:16アヤメ平14:58見晴らし台15:0815:16平成峡入口15:16ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
(平成峡入口〜北尾根登山口分岐)
何度か渡渉あります。またちょっと不安定なトラバースもありますが、
慎重に行けば問題ありません。あまり人が歩かないので、クマ対策は必要。

(北尾根登山口分岐〜アヤメ平)
急登りです。
樹木を見ながら進みます。

(アヤメ平〜裸山のコル〜もみじ沢〜北岳展望デッキ〜池の茶屋)
いわゆるトレッキングコース。
南アルプス市の前市長の置き土産。
本当に必要だったか、、議論のあるところ。
もみじ平まで大きく下り、そこから池の茶屋まで登り返します。
ガレたところもあります。

(池の茶屋〜櫛形山山頂)
歩きやすい道。
短いとはいえ、急登ですね。

(櫛形山山頂〜裸山)
裸山からは白峰三山や富士山、悪沢岳、赤石岳、
聖岳なども樹林越しに見えるはずですが、本日は、
白峰三山、富士山は見えました。

(裸山〜アヤメ平)
問題ありません。

(アヤメ平〜見晴らし平〜平成峡入口)
ガレたところもあり、浮石注意。
見晴らし平から平成峡入口までは林道歩き。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

平成峡入口から出発です。久し振りの山。
始めはガスがかかった感じでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平成峡入口から出発です。久し振りの山。
始めはガスがかかった感じでした。
秋ですが、2000mに満たない標高では、空を見上げると新緑のようです。足元には、栗とかが落ちていますが、、。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秋ですが、2000mに満たない標高では、空を見上げると新緑のようです。足元には、栗とかが落ちていますが、、。
千代の滝。
何度か渡渉ありますが、水量豊富でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千代の滝。
何度か渡渉ありますが、水量豊富でした。
1
食べられるのか、どうか、わかりませんが、キノコもそこかしこに生えていました。
キノコわかれば良いのですが、、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
食べられるのか、どうか、わかりませんが、キノコもそこかしこに生えていました。
キノコわかれば良いのですが、、
サルとかが食べているのでしょうか、、。
実が残っているものもありますが、、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サルとかが食べているのでしょうか、、。
実が残っているものもありますが、、
直径15cm以上もあるだろう、キノコの半分。
これは食べらないないやつでしょう?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直径15cm以上もあるだろう、キノコの半分。
これは食べらないないやつでしょう?
アヤメ平。トイレも2基、健在。ただ、トイレは11月30日までのようです。
ここからトレッキングコースに入ります。
ぐるっと巡って、あとでアヤメ平に戻ってきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アヤメ平。トイレも2基、健在。ただ、トイレは11月30日までのようです。
ここからトレッキングコースに入ります。
ぐるっと巡って、あとでアヤメ平に戻ってきます。
アヤメ平からトレッキングコースを歩きます。
鳳凰三山方面見えていますね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アヤメ平からトレッキングコースを歩きます。
鳳凰三山方面見えていますね。
北岳もチラッと。今日は甲府盆地は曇りがちのように山からは見えましたが、白峰三山はばっちりの1日でした。
何か、白峰三山を歩いていない自分が悔しくなりましたが、、。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳もチラッと。今日は甲府盆地は曇りがちのように山からは見えましたが、白峰三山はばっちりの1日でした。
何か、白峰三山を歩いていない自分が悔しくなりましたが、、。
甲斐駒ケ岳もチラッと。
やはり白さが目立つ山ですね、、。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲斐駒ケ岳もチラッと。
やはり白さが目立つ山ですね、、。
1
紅葉もチラッと。
まだちょっと早いですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉もチラッと。
まだちょっと早いですね。
1
紅葉はまだまだのもみじ沢、そして休憩所を過ぎて、北岳展望デッキ。ここまでは池の茶屋から車椅子でもアクセス可能、、でも一体どれくらいの方が車椅子でここまで来られたかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉はまだまだのもみじ沢、そして休憩所を過ぎて、北岳展望デッキ。ここまでは池の茶屋から車椅子でもアクセス可能、、でも一体どれくらいの方が車椅子でここまで来られたかな?
2
北岳展望デッキからは北岳がすっきり。でも北岳も含まれる白峰三山全部は見えないんですよ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳展望デッキからは北岳がすっきり。でも北岳も含まれる白峰三山全部は見えないんですよ。
5
でも甲斐駒ケ岳はチラッと見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも甲斐駒ケ岳はチラッと見えます。
4
鳳凰三山方面もよく見えます。歩きたいな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳳凰三山方面もよく見えます。歩きたいな。
3
甲斐駒ケ岳から鳳凰三山方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲斐駒ケ岳から鳳凰三山方面。
2
池の茶屋から北岳展望デッキまでは、車椅子でもアクセス可能なトレッキングコース。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池の茶屋から北岳展望デッキまでは、車椅子でもアクセス可能なトレッキングコース。
池の茶屋です。誰もいません。
車も一台も止まっていません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池の茶屋です。誰もいません。
車も一台も止まっていません。
1
池の茶屋から再び登り。ネットがありますね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池の茶屋から再び登り。ネットがありますね。
ようやく少しまとまった紅葉。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく少しまとまった紅葉。
お花も咲いていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お花も咲いていました。
白峰三山が一望できるスポット。天気が良いのはすばらしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白峰三山が一望できるスポット。天気が良いのはすばらしい。
5
地味な櫛形山山頂。眺望は反対側の富士山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地味な櫛形山山頂。眺望は反対側の富士山。
富士山見えて良かった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山見えて良かった。
2
マルバタケブキ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マルバタケブキ?
裸山に到着です。北岳見えますね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裸山に到着です。北岳見えますね。
北岳とは反対側に富士山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳とは反対側に富士山。
2
アヤメ平に戻ってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アヤメ平に戻ってきました。
1
見晴らし平の異様なもの。
誰が設置したのか、南アルプス市に問い合わせないと。
鍵をかけ、バーの部分にかける。一個の鍵には男女の名前。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴らし平の異様なもの。
誰が設置したのか、南アルプス市に問い合わせないと。
鍵をかけ、バーの部分にかける。一個の鍵には男女の名前。
これまで存在しているこのオブジェの隣にあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これまで存在しているこのオブジェの隣にあります。
八ヶ岳も見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳も見えました。
1

感想/記録
by Y-chan

山行きとしては8月5日以来、櫛形山としては、
裏山なのに6月10日以来となりました。
夏は混雑嫌いで山から遠ざかることも良くありますが、
今夏は、8月初旬から9月中旬までお盆などを除いた週末に、
山梨県が地域限定の通訳ガイドを養成する講習を受け、
9月24日に口述試験を経て、9月30日、めでたく合格となるまで、
落ち着かず、山に行けませんでした。

8月5日の鳳凰山
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-931966.html
6月10日の櫛形山
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-893416.html

そんな怒涛の講習も終わりますと今度は天候に翻弄されました。
こうなると毎週のような感じの登山も次第に次の一歩を踏み出すのに、
時間がかかるようになって、ようやくの登山ということになりました。
まずは、良かった。
これで、少しは気持ちの面でも弾みがつきますが、
とき既に初雪や初氷などの便りを聞く頃ですね、、、

それにしても長かった。
2ヶ月も山に入らないなんて。
正直、感覚が狂ってきます。やはり少なくとも2週に1度は山に入らないといけません。
今後は毎週何とか時間を作って登りたい。

さて、、
本日は、展望に恵まれた登山となりました。
しばらく振りということで、朝早くの起床もやめ、ゆったりとおきだし、
結局、8:25の登山開始。開始地も櫛形山林道をだいぶ上がった、櫛形山中腹、
見晴らし平の手前の平成峡入口から。
歩き始めるとやはり、ちょっとつらい。
やっぱりね、、。

それでもアヤメ平以降は勘を取り戻したように歩けました。
アヤメ平からはトレッキングコース。
北岳を始めとして、白峰三山、甲斐駒ケ岳、鳳凰三山、
早川尾根などの眺望あり、満足。
期待していた紅葉はやはりまだ早いようで、池の茶屋から
櫛形山山頂に至る登りで何とか見られた程度でした。
櫛形山も2000mちょっとですから、10月下旬以降でしょうか、本格的な紅葉は、、。

本日歩いた距離は約16.5km。
今後は少しずつ、距離を延ばしていきたい。

9月30日に発表となった山梨県地域限定通訳ガイド。
本当は国家試験の通訳案内士の資格がないと報酬は受けられないのですが、
山梨県は特区として例外扱い。
少しでも仕事になれば良いのですが、、。

そうそう、、誰にも会わない登山でした。


櫛形山は2016年1月14日にも登っています。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-797212.html

2015年3回歩いていますね。
4月23日の記録
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-618786.html
6月8日の記録
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-656142.html
12月16日の記録
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-779880.html
訪問者数:408人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ