ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 980203 全員に公開 ハイキング京都・北摂

六個山

日程 2016年10月12日(水) [日帰り]
メンバー MOZART
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
●行き = 箕面駅
●帰り = 牧落駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間18分
休憩
35分
合計
3時間53分
S箕面駅10:4110:54小川口10:5711:42六個山11:5012:17「天上谷・落合谷」道標分岐12:1812:34「箕面駅」道標分岐(ランチ)12:5112:28落合谷橋(滝道合流)13:52箕面駅13:5814:11箕面市役所G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

小川口(登山口) 獣害柵を開けて入る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小川口(登山口) 獣害柵を開けて入る
要所々々に設置されている箕面の森案内板
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
要所々々に設置されている箕面の森案内板
道が張り巡らされており、分岐がいっぱい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道が張り巡らされており、分岐がいっぱい
広い展望が得られるところあり。生駒から金剛、和泉葛城、大阪中心部のビル群。さらに右手には大阪湾も見える。淡路島も見えているようだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広い展望が得られるところあり。生駒から金剛、和泉葛城、大阪中心部のビル群。さらに右手には大阪湾も見える。淡路島も見えているようだ。
1
六個山山頂到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六個山山頂到着
2
登ってきた方向を写す
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ってきた方向を写す
急な階段を下りる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急な階段を下りる
ここがハート広場らしい。賑わいを想像していたが、荒れている…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここがハート広場らしい。賑わいを想像していたが、荒れている…
ハート広場の奥に道あり。しかし箕面へはどちらへ? 東への桜谷コースに行ってみるが、引き返し、東尾根コースを進む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハート広場の奥に道あり。しかし箕面へはどちらへ? 東への桜谷コースに行ってみるが、引き返し、東尾根コースを進む
しばらく進むとゴルフ場に突き当たり 分岐。「天上谷・落合谷」方面へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく進むとゴルフ場に突き当たり 分岐。「天上谷・落合谷」方面へ
ゴルフ場を左手に見ながら
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴルフ場を左手に見ながら
道がえぐれて分断されている箇所。右手から回る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道がえぐれて分断されている箇所。右手から回る
分岐。451m地点の分岐と勘違い。箕面の森案内板の「E2」の箇所だった。持っていった地図にはこの道が書かれていないためのミス…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐。451m地点の分岐と勘違い。箕面の森案内板の「E2」の箇所だった。持っていった地図にはこの道が書かれていないためのミス…
ここで腹ごしらえ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで腹ごしらえ
谷筋に下り、流れに沿って下りていく
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷筋に下り、流れに沿って下りていく
アケボノソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アケボノソウ
2
落合谷はいい雰囲気
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落合谷はいい雰囲気
谷道の登り口に下りてきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷道の登り口に下りてきた
トンネルをくぐると滝道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トンネルをくぐると滝道
瀧安寺で振り返って
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瀧安寺で振り返って
落ち着いたいい雰囲気。しかし徐々にガチャガチャしてきて、俗世に戻る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち着いたいい雰囲気。しかし徐々にガチャガチャしてきて、俗世に戻る
1

感想/記録
by MOZART

キャンプのための訓練として重荷で箕面 六個山へ。箕面に別の用があるため。今回ひとり。また 重荷と言っても今回はフルではなく 10キロくらいだろうか。
六個山ははじめて。小川口へ道はわかりにくいが、近道をグーグルアースで調べておいたので、迷うことなく着くことができた。
市民の森(教学の森)として整備されてた場所だが 道は整備されすぎておらず、楽しめる。道は縦横無尽に張り巡らされているが、道標があるので問題はない。ただしはじめは「六個山」とは書かれておらず「ハート広場」に従う。
やがて ハート広場方面と六個山方面との分岐。
整備された平坦な道に登り出て、左に少し進むと山道 再開。少し登ったところで、広い展望が得られる箇所がある。
山頂はすぐだという気持ちになったが、間違いだった。巻き道を経て、急な階段などをこなさなければならない。
もうすぐと思いながら息を切らされるので、なんだか なめていた相手に返り討ちにあった感じ。
六個山山頂到着。広場になっている。二等三角点があり、点名としては松尾山というらしい。

さて 来た道を引き返し、ハート広場へ。
平坦な道を進むと荒れた広場に到着。大きな案内板も外れて落ちてしまっている。人っ子ひとりおらず、寂しい雰囲気。
そのまま北に進むと尾根道に突き当たった。東へ「桜谷コース」、西へ「東尾根コース」とある。箕面へはどちらへ?
東への桜谷コースに行ってみるが、南に向かうので引き返し、東尾根コースを進む。
しばらく行くと、ゴルフ場の覗く分岐。「天上谷・落合谷」方面へ。
ゴルフ場を左手にしながら進む。有刺鉄線とビニールシートが施されているが、ビニールシートがボロボロで汚らしい。

ゴルフ場を離れ、さらに北東へ進むと「五月山 / 箕面駅」の分岐。
ここを451m地点の分岐と勘違い。実は箕面の森案内板の「E2」の箇所だった。持っていった地図にはこの分岐と南東への道が書かれていないのだ…。
適当な場所に座ってコンビニで買ったおにぎりふたつをいただく。
かずー氏とならスープを作ったりして、おやつも入れて いつも1時間ほど休憩するが、ひとりだとわずか10分ほどで休憩を終えた。
箕面山のそばを通ると思っているので、登れるものなら登りたいと思っていたが、山をひとつ挟んだ向こうだった。
谷に下り、瀬に沿って下りていく。なかなかいい道だ。

軽装の人に交じって滝道を下りていく。
実は箕面は私の生まれた地。母方の祖母は箕面駅に近い法林寺に眠っており、いとこは箕面市役所に勤めている。
牧落まで歩き、用事を済ませてから、祖母の家のあった場所を通って帰った。

それにしてもキャンプのお供にと購入した台湾製のMP3プレイヤー、音質はいいが、機能面でヒドイ。ちゃんと曲の順番どおり再生できる方法を考えないと…。
訪問者数:91人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ