ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 980295 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走丹沢

幻の雷滝をみて蛭ヶ岳、姫次へ(Vルート市原新道を登った)

日程 2016年10月12日(水) [日帰り]
メンバー at_kazu
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち78%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間55分
休憩
21分
合計
5時間16分
Sスタート地点12:0112:01本間橋12:01本間沢12:01本間橋12:02魚止橋12:29伝道(伝導)12:3212:39造林小屋(鳥屋財産区造林小屋)12:4013:19雷平13:31大岩滝13:3413:38雷滝13:4914:29市原新道14:3015:02蛭ヶ岳山荘15:05蛭ヶ岳15:11小御岳15:1215:17ポッチノ頭15:24地蔵平15:30地蔵平道標15:34原小屋平15:44姫次15:47東海自然歩道最高地点15:53八丁坂ノ頭16:01黍殻避難小屋16:05大平分岐16:30大平16:3117:17ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
バリエーションルートは遭難防止のため歩き、一般ル−トは時間短縮のためトレランで進んだ。
コース状況/
危険箇所等
伝道〜雷滝〜蛭ヶ岳(市原新道)および大平〜早戸川林道はVR(バリエーションルート)のため道標はなく踏み跡も不明瞭なところが多数あり。渡渉もある。
蛭ヶ岳〜大平は一般登山道で特に問題なし。
大平〜早戸川林道はVR。距離は短いが取り付きがわかりにくく急登、渡渉あり。

写真

シマヘビが道の真ん中にいた!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シマヘビが道の真ん中にいた!
3
水量もたっぷりで見ごたえありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水量もたっぷりで見ごたえありました。
5
「雷滝」「市原新道」と書かれた皿。早戸大滝に行った時もこんな皿があったなー。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「雷滝」「市原新道」と書かれた皿。早戸大滝に行った時もこんな皿があったなー。
2
東丹沢詳細地図で鹿柵末端と書かれたところ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東丹沢詳細地図で鹿柵末端と書かれたところ。
東丹沢詳細地図でぶな美林帯と書かれたあたり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東丹沢詳細地図でぶな美林帯と書かれたあたり。
1
たしかに美林です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たしかに美林です。
1
東丹沢詳細地図で狩猟禁止看板と書かれたところ。
このあと遭難慰霊碑は気づかなかった(汗)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東丹沢詳細地図で狩猟禁止看板と書かれたところ。
このあと遭難慰霊碑は気づかなかった(汗)
1
蛭ヶ岳山荘の裏に出て核心部終了。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳山荘の裏に出て核心部終了。
1
大平から早戸川林道までのバリエーションルートに突入。地図だとこの場所なのだが、踏み跡なし。しばらく降りてから尾根を目指してトラバースしたので、もう少し上流側から入ったほうがよかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大平から早戸川林道までのバリエーションルートに突入。地図だとこの場所なのだが、踏み跡なし。しばらく降りてから尾根を目指してトラバースしたので、もう少し上流側から入ったほうがよかった。
この辺からはふみ跡や危険の標識もあって無事に下降する。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺からはふみ跡や危険の標識もあって無事に下降する。
ピンクテープのところから早戸川の河原に出た。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピンクテープのところから早戸川の河原に出た。
なかなか雰囲気の良い河原。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなか雰囲気の良い河原。
2
こちらは上流側。このあたりで渡渉ポイントを探す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは上流側。このあたりで渡渉ポイントを探す。
少し上流側に進むと対岸にピンクテープを発見。ただしここはカーブして深い所があるため、少し下流で渡渉した。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し上流側に進むと対岸にピンクテープを発見。ただしここはカーブして深い所があるため、少し下流で渡渉した。
早戸川林道にでた。あとは車に戻るだけ。
朽ち果てた道標がある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早戸川林道にでた。あとは車に戻るだけ。
朽ち果てた道標がある。

感想/記録

感想は日記(ブログ)へ!
訪問者数:270人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

急登 林道 渡渉 シマヘビ 道標 遭難
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ