ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 980462 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走尾瀬・奥利根

尾瀬 3日間

日程 2016年10月08日(土) 〜 2016年10月10日(月)
メンバー haseatskier, その他メンバー2人
天候曇り、雨、晴れ
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
大清水駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち75%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
1時間43分
休憩
18分
合計
2時間1分
Sスタート地点10:4711:02冬路沢橋11:13岩清水11:1811:52三平峠(尾瀬峠)12:07三平下(尾瀬沼山荘)12:35長蔵小屋12:4812:48宿泊地
2日目
山行
2時間39分
休憩
8分
合計
2時間47分
長英新道分岐08:5709:29沼尻平09:3510:01白砂峠10:39イヨドマリ沢10:55見晴新道分岐11:06桧枝岐小屋11:0811:44見晴(下田代十字路)
3日目
山行
6時間27分
休憩
2時間27分
合計
8時間54分
見晴(下田代十字路)04:4804:59見晴新道分岐07:28温泉小屋道・見晴新道 分岐07:45燧ヶ岳08:4908:5709:1009:28ミノブチ岳09:4211:23長英新道分岐11:2611:32三本唐松11:3311:38長蔵小屋12:2212:39三平下(尾瀬沼山荘)12:51三平峠(尾瀬峠)13:14岩清水13:2113:30冬路沢橋13:3113:42一ノ瀬休憩所G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ

写真

感想/記録

 黄/紅葉を期待し、10月の3連休に尾瀬に行きました。 7月に再開した燧ケ岳登山道の見晴新道を通ってみるのも今回の計画の楽しみです。
 2日目は残念ながら雨でしたが、雨で植生が生き生きした森を見ながら歩くのもまた良しですが、せっかくの紅葉が日の光に映えないのは残念なところです。
 3日目、燧ケ岳から下山後の晴れ間に勇姿を現した燧ケ岳を長蔵小屋無料休憩所あたりから見た写真です。 頂上に少し雲をかぶっているのが珍しいです。

計画は以下のような感じです。

1日目
12:00 大清水 - 13:10 一ノ瀬 - 14:25 三平峠 - 14:40 三平下 - 15:05 長蔵小屋(1泊)
2日目
07:00 長蔵小屋 - 07:25 三平下 - 07:55 南岸分岐 - 08:40 沼尻 - 09:20 白砂峠(白砂乗越) - 10:30 1477m地点 - 10:40 見晴(下田代十字路) - 10:55 東電分岐 - 11:15 東電小屋 11:45 - 12:05 ヨッピ吊橋 - 12:55 牛首分岐 - 13:40 山ノ鼻 - 14:25 牛首分岐 - 15:05 竜宮十字路 - 15:35 見晴(下田代十字路)第二長蔵小屋(1泊)
3日目 ※実際は5:00出発予定です
07:00 見晴(下田代十字路)第二長蔵小屋 - 07:15 1477m地点 - 08:45 白砂峠(白砂乗越) - 09:20 沼尻 - 12:20 御池岳 - 13:05 柴安グラ - 13:20 旧温泉小屋分岐 - 13:40 柴安グラ - 14:15 御池岳 - 16:45 長英新道分岐 - 17:05 長蔵小屋無料休憩所 - 17:30 三平下 - 17:50 三平峠 - 18:50 一ノ瀬 - 19:50 大清水

2016年10月8日(土) 1日目
 6:15頃大清水駐車場に到着。 同行者その他2名との待ち合わせは12:00予定でしたが、念のため混雑を予想してかなり早めに到着しました。 駐車場料金は3日分(500円*3日)を支払いました。 その後早朝出発のため車内で同行者到着まで仮眠。
10:30頃 低公害車(700円)により大清水から一ノ瀬まで楽々移動
10:45頃 一ノ瀬に到着、尾瀬に入山
12:30頃 長蔵小屋に到着
 予約した時は相部屋でしたが、キャンセルがでたのか3名個室になっていました。
13:00頃 昼めし+夕食兼ねて野外宴会(一次会)開始
 各自3本持参の冷凍ビール、日本酒(秩父錦)、焼酎(いいちこ等)、おつまみ、小料理を持ち寄り、野外宴会を楽しみました。
• タンドリーチキン(一次会)
• 人参たっぷり高野豆腐の煮物(一次会)
• さんまの缶詰を使った炊込みごはん(一次会)・・・メスティン使用
• もつ鍋、もつ鍋ラーメン(二次会)
• その他各種おつまみ(一次会、二次会)
• もつ鍋ごはん(翌朝食)・・・メスティン使用
16:30頃 宴会が落ち着いた頃、大江湿原をお散歩

2016年10月9日(日) 2日目
08:00頃 雨が降っている中、小屋を出なければならない。。。
 長蔵小屋休憩所でしばらく様子見
08:40頃 雨が降っているが止む様子がないので見晴に向かって出発
08:57 浅湖湿原の草紅葉がきれいでした。
09:05 沼尻に向かって湖畔を進みます。
09:08
09:27 沼尻平に到着
09:30 沼尻休憩所跡に到着
 沼尻休憩所には最新のトイレ(ウォシュレット+バイオ)が稼働しています。
09:54 白砂田代に到着
10:53 白砂峠を越えてから見晴新道への分岐に到着
 明日はここから燧ケ岳に登ります。
11:08 見晴に到着
 第二長蔵小屋の前で、コーヒーでゆっくりしてから12:00にチェックイン。 雨が降っているので、近くの小屋で昼食をとりました。
 午後も雨が降り続き、小屋からは外出せず、部屋でゆっくりしました。 ここは相部屋の1つでしたが、我々3名以外に最後まで入ってくることがなかったので結果的に個室同様でした。
 長蔵小屋の風呂は男女別、シャワー設備は1つありました。 第二長蔵小屋は浴室は1つなので男女時間帯で入替でした。 シャワー設備なしで、湯船のみ、6人はいったらいっぱいになる大きさですが、小屋で風呂に入れるだけでもありがたいです。

2016年10月10日(月) 3日目
04:48 小屋を出発
 朝食はお弁当にしてもらい前日の夕食後に受け取りました。 04:00起床後いただきました。
07:12 温泉小屋からの廃道分岐に到着
 ここまでは、急斜面ぬかるみ地獄でしたが、ここからは岩場の道になります。
07:50 燧ケ岳山頂(柴安ぐら)2356m到着
 霧につつまれ展望無し。 強い風が吹く中ハイマツの影に隠れてラーメン食べて晴れるの待ちましたが、結果的に昼前に晴れたようです。(予報では9:00に晴れる予定でしたが) 最終日なのでそこまで待てなかったです。
2015/9/6に登頂して晴れていたときの展望はこんな感じなんです。。。
08:47 柴安ぐらを下山開始
09:08 俎ぐら到着
09:34 ミノブチ岳到着
11:29 長英新道登山口に到着
 ここに着くころに天気がだいぶよくなりました。
11:37 大江湿原に到着
 やはり、日が出ると紅葉が映えます。
11:45 長蔵小屋休憩所に到着
 しばらくコーヒー飲みながら休憩。
12:20 長蔵小屋休憩所を一ノ瀬に向けて出発
13:44 一ノ瀬の登山口に到着
14:00頃 一ノ瀬から大清水に向かって低公害車に乗車
 帰りは途中の温泉で汗を流し、高速道路は事故渋滞等で使い物にならなかったので、すべて下道で帰宅。
訪問者数:140人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ハイマツ 乗越 紅葉 廃道 草紅葉
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ