ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 980473 全員に公開 ハイキング日光・那須・筑波

那須岳で紅葉とうまいパンと温泉

日程 2016年10月11日(火) [日帰り]
メンバー yashihiro
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
那須ロープウェイで駐車場に入るまで約30分待ち。平日だからと甘く見ていたら思わぬ誤算。恐るべし紅葉シーズン。休日に来ていたらホントに登りそびれたかも。そういう意味では今日来たのはラッキーだったか?
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間10分
休憩
1時間10分
合計
3時間20分
S那須ロープウェイ山頂駅11:5012:20牛ヶ首12:30姥ヶ坂12:40姥ヶ平13:4013:50姥ヶ坂13:50無間地獄14:00硫黄鉱山跡14:20お釜口14:30那須岳14:4015:10那須ロープウェイ山頂駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
コルや山頂では風が強く、体感温度は平地の冬並みでした。周りを見ていてもダウン・ネックゲイター・風よけになる各種アウターを使っている方が多かったです。
その他周辺情報登山後温泉は鹿の湯。ど硫黄な温泉。那須に来たからにゃあ入らない訳にいかんでしょ。しばらく自分が硫黄な香りになれます。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

那須高原のペニーレインというパン屋さんで昼ごはんを調達。店構えが雰囲気あります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
那須高原のペニーレインというパン屋さんで昼ごはんを調達。店構えが雰囲気あります。
ロープウェイよりも駐車場に入るまでの混雑が想像以上でしたが、山頂駅に着きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイよりも駐車場に入るまでの混雑が想像以上でしたが、山頂駅に着きました。
雲の多い空。山頂駅付近から那須岳を見る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲の多い空。山頂駅付近から那須岳を見る。
まずは牛ヶ首方向を目指します。さっそく紅葉がきれい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは牛ヶ首方向を目指します。さっそく紅葉がきれい。
1
茶臼を西側から回り込むように進みます。途中で振り返ると、なだらかな高低差があるのに気付きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茶臼を西側から回り込むように進みます。途中で振り返ると、なだらかな高低差があるのに気付きます。
姥ヶ平が見えてきました。紅葉見頃!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
姥ヶ平が見えてきました。紅葉見頃!
牛ヶ首に着きました。山頂方面は険しい景色。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牛ヶ首に着きました。山頂方面は険しい景色。
赤が目に沁みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤が目に沁みます。
1
三脚を立てて写真撮影している人も多いです。朝日が当たると、よりきれいなんだろうなあ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三脚を立てて写真撮影している人も多いです。朝日が当たると、よりきれいなんだろうなあ。
1
紅葉と茶臼岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉と茶臼岳。
姥ヶ平に降りてきました。ここだけ砂地で公園みたいです。お昼休憩に丁度良い場所。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
姥ヶ平に降りてきました。ここだけ砂地で公園みたいです。お昼休憩に丁度良い場所。
姥ヶ平から茶臼岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
姥ヶ平から茶臼岳。
こんな感じで見える場所に陣取り、お昼にします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じで見える場所に陣取り、お昼にします。
1
ペニーレインさんで仕入れたパンをいただきます。スープのお湯を沸かすのにバーナーを出したので、ついでにパンを焼きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ペニーレインさんで仕入れたパンをいただきます。スープのお湯を沸かすのにバーナーを出したので、ついでにパンを焼きます。
4
焦げ目ができるとパンうまし。紅葉バックに美味いものあり、二重のごちそう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焦げ目ができるとパンうまし。紅葉バックに美味いものあり、二重のごちそう。
2
雲が出てきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲が出てきた。
1
一つ一つもきれいなんです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一つ一つもきれいなんです。
1
峰の茶屋跡方向に回ります。すぐそばから煙が噴き出て硫黄の香りが強いです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峰の茶屋跡方向に回ります。すぐそばから煙が噴き出て硫黄の香りが強いです。
「無間地獄」の標識が。植物がなく、岩が多く、常に煙が立っている景色は地獄を連想させるんだな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「無間地獄」の標識が。植物がなく、岩が多く、常に煙が立っている景色は地獄を連想させるんだな。
地獄の口。黄色い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地獄の口。黄色い。
写真にすると黒っぽくなっていますが、あちこち結構赤いです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真にすると黒っぽくなっていますが、あちこち結構赤いです。
頂上方面に向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上方面に向かいます。
岩肌と紅葉と緑のコントラスト。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩肌と紅葉と緑のコントラスト。
荒涼とした景色。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒涼とした景色。
空が青いとなお良かったのですが。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空が青いとなお良かったのですが。
1
向こうに見えるのは乗鞍岳か?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
向こうに見えるのは乗鞍岳か?
山と雲を見下ろす格好。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山と雲を見下ろす格好。
下山開始。周囲には人が少なくなりました。
ほとんどの人が下山完了な時間なのだと思います。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山開始。周囲には人が少なくなりました。
ほとんどの人が下山完了な時間なのだと思います。
ロープウェイ山頂駅近くから茶臼岳を見上げる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイ山頂駅近くから茶臼岳を見上げる。
駅の中にて。山でこんなクマに出会ったら、それはそれで怖い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駅の中にて。山でこんなクマに出会ったら、それはそれで怖い。
下山後、温泉を目指して来ました。殺生石近くの風景。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山後、温泉を目指して来ました。殺生石近くの風景。
鹿の湯。歴史ある湯治場ですが、風情がありつつ清潔感もある作りでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿の湯。歴史ある湯治場ですが、風情がありつつ清潔感もある作りでした。
この真っ白な硫黄泉に浸かったのである。しばらくは体が温まっていました。温泉に感謝。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この真っ白な硫黄泉に浸かったのである。しばらくは体が温まっていました。温泉に感謝。

感想/記録

昨日、蓼科山に登って景色を堪能したのですが、なんか足りなかった…と帰りの中央道35km大渋滞の中で考えていました。
敢えて言えば紅葉か。
今の時期で紅葉が見られる場所と言って思い浮かんだのは那須の茶臼岳。
平日なら余裕でサクッと行けるに違いないとも思いました。

翌日も休みだったため行けると踏んだのですが、早く起きることができず那須高原に着いたのが10:30。ペニーレインで昼食用の美味しそうなパンを調達し、「もうこれで登るだけ!ま〜お昼ごはんには丁度いい時間だったな」と浮かれ気味に車を進めていたら…駐車場にサクッと…駐められませんでした。。
駐車場に入るまでには20台程度の行列ができる混み具合。
下山してくる人も多くなる時間帯だったので30分位の待ち時間で無事駐車。山頂駅に着いた時には12:00になってしまいました。
これがもし休日だったら、どれだけ混むのだろうか。

待った甲斐あって、紅葉盛りの姥ヶ平は真っ赤な絶景でありました。
正面に煙を吐く茶臼岳と紅葉を眺めながら香ばしいパンとスープを頂きまして「金はかかっていないが絶品のランチになったなあ」と大変満足な気分に。
そうなるともう、山頂は二の次みたいになってしまいましたが、やはり登らない訳にはいかないので裏から回る形で山頂へ向かいました。
以前登った時には、正面から直登のコースで山頂に着きましたが、今回のコースの方が数段楽に歩けると感じました。体力のない方は牛ヶ首経由で裏から山頂がおすすめです。
下山後は鹿の湯へ。文句なしの硫黄泉。骨抜きにされました。
今度は時間に余裕をもって、三斗小屋温泉方面にも足を延ばしてみたいです。
訪問者数:197人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ