ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 980610 全員に公開 トレイルラン関東

第24回日本山岳耐久レース ハセツネ 何とか完走

日程 2016年10月09日(日) 〜 2016年10月10日(月)
メンバー nai1964
天候曇り時々雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
都有地空き地に駐車 ¥1,000/日(合計¥2,000支払)
会場まで徒歩10分
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
17時間28分
休憩
1時間53分
合計
19時間21分
Sスタート地点13:0013:49今熊神社(下社)14:43入山峠(新)14:4515:04鳥切場(森久保峠)17:09醍醐丸(篠窪ノ峰・灰平ノ峰)17:2218:53熊倉山19:0219:14坊主山19:28栗坂の丸19:36浅間峠19:4220:18日原峠20:30土俵岳20:52小棡峠21:14丸山21:23笛吹峠21:38藤尾分岐21:47笹ヶタワノ峰21:4821:52数馬峠22:0022:13田和峠22:26西原峠22:3123:36大沢山23:52三頭山(西峰)23:54御堂峠00:11見晴し小屋00:1300:26鞘口峠00:43栂ノ尾00:4400:49砥山00:5000:57戸沢峯01:03風張峠駐車場01:23月夜見山01:29月夜見第二駐車場02:0802:16焼ツ萩平02:24天神山02:35水窪山02:3603:10ソーヤノ丸デッコ03:21惣岳山03:2503:39御前山03:4004:05クロノ尾山04:18鞘口山(太郎指ノ峰・大平ノ峰)04:35大ダワ04:4105:46大岳山05:4806:14鍋割山分岐06:1506:24綾広の滝06:37長尾平分岐07:05日の出山07:1507:50タルクボノ峰(樽窪ノ峰)07:5108:38ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
雨上がりだったのでぬかるみ箇所はあったが
逆にあれだけの人数が走ってこの程度ならよかった方かと
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 非常食 飲料 ハイドレーション 地図(地形図) 計画書 ヘッドランプ 予備電池 ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル

写真

結果的には勘違いだったスタート場所(^^;
2016年10月09日 12:20撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結果的には勘違いだったスタート場所(^^;
1
気合は入った
2016年10月09日 12:42撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気合は入った
1
想像以上の渋滞
2016年10月09日 13:15撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
想像以上の渋滞
1
日の出山より、、夜景か夜明けを見たかった
2016年10月10日 07:06撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日の出山より、、夜景か夜明けを見たかった
3
ザックも降ろさずハフハフ頂きました。
2016年10月10日 08:41撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザックも降ろさずハフハフ頂きました。
2

感想/記録

15時間を切りたいな位なタイムを目指していましたが
とんでもなくオーバーの悔し恥ずかし初参加でした。(^^;
14時間のプラカードの場所に並んでスタートし
それなりに周囲と同じペースで進みますが、渋滞が酷いこともありますが
太腿とハムの攣りそうな痛みと、思いのほか蒸し暑くて
水分2Lでは不足気味で、フラフラ。。
(節約したので月夜見CPまでギリギリ残りましたが)
休み休み進んで行きますが、第一関門でなく醍醐丸で
終わってしまった感じです。
浅間峠CPでボケッと休んでいたらシェルを着なかったため
ブルブル震えが来てしまい、慌ててリスタート。
ストックを使える浅間峠から先はストックに助けられて進みますが
ペースは上がりません。

良いペースの方が前に入ると頑張って付いていきますが
一人になるとどうしてもペースダウンしていました。
月夜見CP後は淡々と登り下りするのみで何だか何も考えていない、
所々寝ぼけながらの進行でした。
御前山以降はほぼ休憩なしで進みましたが
道端には倒れこんでいたり休んでいる方が目立ちました。

大岳山あたりで夜明けが近い雰囲気となり、夜明けは日の出山での
つもりが、まだまだ先は長い。

御岳山〜CP〜日の出山登山口の林道区間、はそこそこ走れたのと
ラストの金毘羅尾根も前走者を拾いながら殆ど歩かずに走れたし、
今回は腸脛靭帯も痛くならなかったしで、次回に繋がる気がしています。
(火曜日時点ではもうヤダと思ってましたが、やはりもっと短縮しなきゃ!と再チャレンジを祈念しています)

昨年ボラをして大変さは判っておりますので関係者の皆様有難うございました。
訪問者数:203人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ストック ザック 林道 ハセツネ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ