ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 980908 全員に公開 ハイキング槍・穂高・乗鞍

御嶽 五の池小屋でだらだらと(濁河温泉から往復)

日程 2016年10月09日(日) 〜 2016年10月10日(月)
メンバー NanjaMonja, その他メンバー1人
天候10/9  雨のち晴れ
10/10 晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
濁河温泉駐車場(無料)
20台くらい駐車可能
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち59%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間24分
休憩
59分
合計
4時間23分
S御嶽小坂登山口08:4509:11仙人橋09:1309:24七合目09:2709:54湯ノ花峠10:0610:39のぞき岩10:4011:15お助け水〈八合目〉11:5013:00飛騨頂上13:0613:08五の池小屋
2日目
山行
4時間30分
休憩
1時間29分
合計
5時間59分
飛騨頂上07:3508:06継子岳08:1308:31継子岳2峰08:4609:05四ノ池(渡渉点)09:22三・四・五ノ池分岐09:43五の池小屋10:1011:08お助け水〈八合目〉11:31のぞき岩12:0712:35湯ノ花峠13:00七合目13:09仙人橋13:1213:32御嶽小坂登山口13:3313:34ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
自宅発4:00→濁河温泉7:00着
コース状況/
危険箇所等
■ 危険箇所なし
■ 登山ポスト:登山口にあり
■ トイレ:登山口にあり
■ 水場なし
「お助け水」というポイントがありますが、今は水は出ていません
■ 熊出没情報不明
 ですが、熊がいて当然です
■ ヒル発生情報不明
■ 携帯電波状況
 ソフトバンクがお助け水付近まで通話可能でした
 五の池小屋は、フリーのWiFi使えます
その他周辺情報・濁河温泉に、市営の露天風呂があります(500円)
・厳立峡 ひめしゃがの湯(650円)※JAF会員100円割引あり

写真

濁河温泉駐車場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
濁河温泉駐車場
湯の花峠
このあたり、谷から硫黄のにおいが上がってきます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯の花峠
このあたり、谷から硫黄のにおいが上がってきます
五の池小屋まで42番あるらしい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五の池小屋まで42番あるらしい
高速道路みたいな標識
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高速道路みたいな標識
のぞき岩
ガスってなにも見えず
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
のぞき岩
ガスってなにも見えず
お助け水
でも水は出ていないらしい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お助け水
でも水は出ていないらしい
森林限界に来た
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林限界に来た
飛騨頂上に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛騨頂上に到着
富士山見えた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山見えた
名物シフォンケーキ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名物シフォンケーキ
奥に剣ヶ峰が見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥に剣ヶ峰が見える
夕陽の五の池小屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕陽の五の池小屋
翌朝、快晴
日の出を待つ人々
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝、快晴
日の出を待つ人々
朝焼けの飛騨頂上
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝焼けの飛騨頂上
朝焼けの摩利支天
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝焼けの摩利支天
今日は白山がよく見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は白山がよく見える
五の池凍ってます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五の池凍ってます
継子岳へ向かいます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
継子岳へ向かいます
振り返ると剣ヶ峰方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると剣ヶ峰方面
乗鞍と北アルプス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗鞍と北アルプス
クロマメノキ
食べてみたけど・・・特に・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クロマメノキ
食べてみたけど・・・特に・・・
ぐるっと回ってまた三の池
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ぐるっと回ってまた三の池
ぞくっとくるようなきれいな色
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ぞくっとくるようなきれいな色
もう遅いけど・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう遅いけど・・・
しらびその林
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しらびその林
ただいま〜
お疲れ様でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ただいま〜
お疲れ様でした

感想/記録

噴火して以来、なぜか「御嶽登らなくちゃ」という思いが募ってました。
特に、「慰霊登山したい」というわけでもなく、噴火の惨状を見たいわけでもないのに、山に呼ばれてるような不思議な気分です。
実は僕は御嶽山を毛嫌いしてました。というのは・・・
若かりし頃、田ノ原から登ったのですが、途中の小屋?土産物屋?が商売根性丸出しで、歩いていて非常に嫌な気分になりました。
それ以来「あんな山二度と行くもんか」と思ったものです。
(でも、眺めるのは大好きなんです)
噴火から2年経ち、だんだん登山規制が解除される中、頂上部分の北側はほとんど被害もなく、池巡りをしてのんびりできるらしいと知って、むらむらと誘惑に駆られてきたのです。
そして、登山者がまだ少ない今のうちに静かな御嶽に登っておきたいと考えました。
でも、どうせなら山頂で1泊してのんびり楽しみたいな。

しかし、今年はどうも天候が不順で、週末のタイミングが合いません。
,泙此∈能蕕侶弉茲10/1〜2の予定 →雨で中止
⊆,侶弉茲10/8〜9、これも雨予想なのでやめ
それじゃあ、10/9〜10はどうだ?
(この機を逃したら、小屋は閉まるし、雪の心配もあるし)
8日夜から9日朝にかけて、寒冷前線が通過する。それが過ぎれば冬型の気圧配置になるので、御嶽は晴れるはずと。(雪もあるかもね)
週末が近づくと「ヤマテン」と「GPV気象予報」をひたすらチェック。
前線の通過は9日朝で確定のよう。なら、現地(濁河温泉)で天候回復を待とうじゃないか。
9時スタート予定とする。ま、最悪10時頃まで待ってもいいや。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
【1日目】
さて、家を4時出発、雨のR41をひたすら走る。途中、下呂温泉のあたりで土砂降り。「お〜、これ前線の通過か?」
でも、濁河温泉に着いた頃には小降りになっていました。
「よし、これなら期待できる。」
登山道の様子がちょっと心配。渡渉とかあったら増水してて厄介だな。

駐車場の車は少なめ。こんな天気にのこのこ来るようなもの好きはそんなにいないか。
うたた寝したり、準備をしたりしていると、周りの車からぞろぞろと人が。「ありゃ?みんな居たのね・・・」
皆さん、僕たちと同じことを考えてたみたいで。
結局、9時ごろには10人以上が出発しました。
予想通り雨も止んで、登山道も一部が小川になってたけどまあ許容範囲。
森林限界を越えるころには青空&雲海が見れました。
そしてたどり着いた飛騨頂上、雨は降ってないけどすごい強風。
五の池小屋へチェックイン、とりあえず寝場所を確保しておいて、さて摩利支天へでも行ってこようかと外へ出たけど、100mも行かないうちに強風に恐怖を感じてさっさと撤退。
(よくみんな登ってるな〜)
僕らは小屋の周りの景色で満足することにします。
それにしても、この小屋からの景色がすごい。左右(東西)に雲海が見える・・・
右を見ると、雲海のかなたに白山が島のように浮いている。
左を見ると、こちらも雲海の向こうに中央アルプスと南アルプスが重なっていて、富士山も頭をのぞかせている。
景色に満足したら、小屋のカフェで、あったかいココアと名物のシフォンケーキ。今まで山小屋でこんなにくつろいだことない。
そして、夕食。だけど食事中にちょうど日没タイム。
誰かが「日没だ」と言った瞬間、食事そっちのけで全員外に飛び出してテラスで夕日見物。
(なんだか変ですこの小屋&宿泊客。でも面白い〜)
そして夕食終了と同時に、食堂近辺は居酒屋になっちゃいました。
めちゃ賑やかです。
でも僕らはちょっと疲れたので、先に休ませてもらいました。

【2日目】
ご来光見物といっても、小屋から50m歩けば見えるので、5時起床で充分。4時起床でヘッデンつけて暗いうちにゴソゴソ出発、なんて必要は全くない。
寝ぼけ眼でご来光を見た後は、小屋に戻ってあったかい朝食。
手作り味噌の味噌汁おいしい。
縦走する山でもなくて下山するだけだから、皆、朝からのんびりモード、朝食終わっても雑談してるもんだから、「次の組があるので」と追い立てられました。
かといって、まだ時間はたっぷりあるので、一応寝床を引き払ったらまた食堂へ舞い戻って、朝のコーヒータイム。
(こんなぐ〜たら登山は初めてだ)
7時半ころになって、やっと腰を上げて、手ぶらで池巡りの散歩に出発。
継子岳〜四の池〜三の池と約2時間、ぶらぶら回ってきました。
小屋へ帰ってくると10時ごろ、名残惜しいけど「そろそろ下りようか〜」
今日は昨日と違い好天で、風もないので気持ちよく歩けます。
雲海に向かって降りていくのはとても悔しい。
のぞき岩でカップラーメン食べて、昨日は見る余裕がなかった周りのシラビソ原生林を眺めながら、苔のモフモフを触りながら、あいかわらずのんびりと降りてきました。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
山も素晴らしいけど、五の池小屋にすっかりやられてしまいました。
「あんな山二度と行くもんか」から、「また行きたい〜、また五の池小屋泊まりたい〜」に180度以上変わってしまった山行でした。
訪問者数:76人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ