ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 981303 全員に公開 ハイキング中国山地西部

高地山ー首かたげ山−天狗坊山

日程 2016年10月14日(金) [日帰り]
メンバー wideroad
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
内日の県道34号と県道40号交差点を小月方面に750m進むと右に「立石観音右へ」の柱がある。その道を進む。650m先に『慈愛観音』がありその前に駐車する。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間13分
休憩
17分
合計
4時間30分
S慈愛観音06:4806:59兵士見送り場07:14立石観音07:41高地山07:4408:09高地峠08:50首かたげ山08:5509:30天狗坊山09:3910:10首かたげ山10:58高地峠11:18慈愛観音G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
『立石観音』から高地山峠ルートと合流する尾根に出るまで薮漕ぎが続く。
『首かたげ山』山頂手前が急勾配で足場が悪いので注意
その他周辺情報コンビニ等近隣にないので事前に準備を
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

慈愛観音
2016年10月14日 06:49撮影 by E-PM2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
慈愛観音
『慈愛観音』前
2016年10月14日 06:50撮影 by E-PM2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
『慈愛観音』前
高地峠ハイキングコースの案内
2016年10月14日 06:59撮影 by E-PM2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高地峠ハイキングコースの案内
兵士見送り場
2016年10月14日 07:00撮影 by E-PM2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
兵士見送り場
立石観音の説明板
2016年10月14日 07:05撮影 by E-PM2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立石観音の説明板
牛頭観音
2016年10月14日 07:10撮影 by E-PM2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牛頭観音
立石観音
2016年10月14日 07:14撮影 by E-PM2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立石観音
『立石観音』から先は薮漕ぎ
2016年10月14日 07:22撮影 by E-PM2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
『立石観音』から先は薮漕ぎ
高地山山頂
2016年10月14日 07:42撮影 by E-PM2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高地山山頂
1
三角点
2016年10月14日 07:43撮影 by E-PM2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点
ここから『高地峠』へ
2016年10月14日 07:53撮影 by E-PM2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから『高地峠』へ
高地峠
2016年10月14日 08:10撮影 by E-PM2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高地峠
小月方面
『周防灘』と小野田の『竜王山』が見える
2016年10月14日 08:37撮影 by E-PM2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小月方面
『周防灘』と小野田の『竜王山』が見える
小月の『雄笠山』
2016年10月14日 08:38撮影 by E-PM2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小月の『雄笠山』
首かたげ山山頂
2016年10月14日 08:50撮影 by E-PM2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
首かたげ山山頂
天狗坊山山頂
2016年10月14日 09:30撮影 by E-PM2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗坊山山頂
『天狗坊山』の樹間から吉見『竜王山』が見える
2016年10月14日 09:32撮影 by E-PM2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
『天狗坊山』の樹間から吉見『竜王山』が見える
ズボンにダニが喰い付いていた!?
下山後に気付く
2016年10月14日 11:23撮影 by E-PM2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ズボンにダニが喰い付いていた!?
下山後に気付く
1
麓から見た『高地山』
2016年10月14日 11:32撮影 by E-PM2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
麓から見た『高地山』
グリーンロードから見た『高地峠』『首かたげ山』の稜線
右の谷部分『高地峠』
中央『首かたげ山』
2016年10月14日 11:51撮影 by E-PM2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
グリーンロードから見た『高地峠』『首かたげ山』の稜線
右の谷部分『高地峠』
中央『首かたげ山』

感想/記録

下関の里山ハイクです。『茶臼山』をあとにし移動です。
車で細い道を進んで『慈愛観音』前まで行くとゲートがありました。事前情報になく、googlemapのストリートビューにもなかったので設置されたのは最近なのでしょう。ゲートを開ければ終点の『兵士見送り場』まで行けます。予定ではそのつもりでしたが、何となくここから歩こうと思いました。歩いていくと終点手前で木が倒れ道を塞いでいました。歩いて正解でした!
ハイキングコースの案内によると内日と清末を結ぶ主要道だったとのこと、しかし、現在は通る人いませんね。整備されなくなったので気軽にハイキングという感じの道ではございません。
『立石観音』まではすこぶる順調。『立石観音』の横から『高地山』へ向かいます。ここから薮漕ぎです。覚悟してましたけど。振り返ると『鬼ヶ城』『狩音山』『笠ヶ岳』が望めます(写真撮り忘れた…)。薮漕ぎを終えると『高地峠』ルートと合流、尾根を進めば山頂です。雑木に囲まれ展望はありません。一休みして『高地峠』へ向かいます。
急勾配の道を下って行きNO.10送電鉄塔に出たら右下からハイキングコースに出ます。中国電力の標柱を見て左に行くと『高地峠』です。ここから急勾配の斜面の踏み跡を登って行きます。『天狗坊山』まで赤テープがあるので迷うことはないでしょう。
斜面を登りきると平坦な尾根を進みます。小月方面の展望が開けている場所があるので楽しみながら進めます。『首かたげ山』山頂手前がこのコースの最難関です。『高地峠』の取り付きの斜面がかわいく思える急勾配で足元が悪い。頑張って這い上がりました。この山頂も展望は期待できません。急勾配を登りきった辺りで少し開けている程度です。
『天狗坊山』まで尾根道を快適に歩いていける。『天狗坊山』山頂も雑木に囲まれているが、西側の樹間から『竜王山』を見ることができました。
帰りは『首かたげ山』の急斜面を慎重に下り『高地峠』まで戻り、ハイキングコースを通って『慈愛観音』まで戻りました。
帰り支度をし、シューズを脱ごうとしたらズボンに黒い物が付いているのに気が付きました。なんだろうと見ると…マダニ!?払い落とそうとしましたが、ズボンに喰い付いていて落ちないではないですか!車内にあった団扇を使ってどうにか落としました。いつから付いていたのか?薮漕ぎのときか?とりあえず身体の見える範囲を確認して帰宅。妻に首等見えない部位を確認してもらいました。大丈夫のようです。一安心。
訪問者数:72人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

赤テープ 三角点 トビ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ