ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 981530 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

西穂高岳(岩峰カウントダウン:新穂高RW利用でピストン)

日程 2016年10月14日(金) [日帰り]
メンバー yuzupapa, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
3:30埼玉自宅→圏央道圏央鶴ヶ島IC〜中央道〜長野道松本IC→7:30新穂高ロープウェイ鍋平駐車場
ロープウェイ始発平日8:45(土日祝日8:15)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間42分
休憩
1時間22分
合計
6時間4分
S西穂高口(千石平)08:5809:18旧ボッカ道分岐09:51西穂山荘10:0210:17西穂丸山10:1810:56西穂独標11:0411:23ピラミッドピーク11:2611:36チャンピオンピーク4峰11:58西穂高岳12:3912:58チャンピオンピーク4峰13:0113:11ピラミッドピーク13:1513:32西穂独標13:3314:01西穂丸山14:0214:09西穂山荘14:1714:41旧ボッカ道分岐15:01西穂高口(千石平)15:0215:02ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
◎登山道
独標までは岩はあるものの一般登山道。独標から先は険しい岩場が続くので細心の注意が必要。私たちはそもそもヘルメットを持っていないが半分以上の人はかぶっていた。自分で落石注意していても他の登山者の落石は十分予想される場所なので、あった方が良いと思った。岩場でのすれ違いも渋滞が予想されるがお互い余裕を持ちたい。焦りが事故や怪我の元。
◎駐車場
一般駐車場600円、少し下に登山者用駐車場300円、さらに下にも登山者用駐車場がありおそらく無料。300円はRWチケット購入時に一緒に精算。
RW往復2800円 ザック6kg以上は200円(1人づつ計量)
◎トイレ
RW駅(但し駅自体8:20のオープンまでは閉っているので注意)、西穂山荘(100円)
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

新穂高RW白樺平駅。7時半に着いたけどこの時期の平日は8:45始発なので1時間以上待ち。
2016年10月14日 07:50撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新穂高RW白樺平駅。7時半に着いたけどこの時期の平日は8:45始発なので1時間以上待ち。
3
やっとロープウェイに乗り込むとうっすら紅葉の遠くに槍穂。
2016年10月14日 08:43撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっとロープウェイに乗り込むとうっすら紅葉の遠くに槍穂。
2
文明の利器で一気に2156m。
2016年10月14日 08:50撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
文明の利器で一気に2156m。
1
緑に赤、クリスマスカラーのゴゼンタチバナ。
2016年10月14日 08:54撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緑に赤、クリスマスカラーのゴゼンタチバナ。
2
RW駅から200mほど先の登山届出所で届提出。
2016年10月14日 08:57撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
RW駅から200mほど先の登山届出所で届提出。
最初は樹林帯。
2016年10月14日 09:18撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初は樹林帯。
1
5m位の高さに冬季登山道道標。雪の時期はどんなだろう。
2016年10月14日 09:47撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5m位の高さに冬季登山道道標。雪の時期はどんなだろう。
1
通年営業している西穂山荘の前で休憩。
2016年10月14日 09:50撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
通年営業している西穂山荘の前で休憩。
1
2.4km、楽勝。なんて思っていましたが…。
2016年10月14日 10:01撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2.4km、楽勝。なんて思っていましたが…。
いきなり大きな岩がゴロゴロ。
2016年10月14日 10:01撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いきなり大きな岩がゴロゴロ。
西穂山荘を振り返ると7月に登った焼岳が。奥には乗鞍。
2016年10月14日 10:01撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西穂山荘を振り返ると7月に登った焼岳が。奥には乗鞍。
3
西穂のギザギザが見えて来た。秋の雲もいい感じ。
2016年10月14日 10:02撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西穂のギザギザが見えて来た。秋の雲もいい感じ。
5
左手にはずっと笠ヶ岳と抜戸岳。
2016年10月14日 10:06撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手にはずっと笠ヶ岳と抜戸岳。
13
中々近づかない。
2016年10月14日 10:12撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中々近づかない。
6
とりあえず丸山に到着。
2016年10月14日 10:13撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とりあえず丸山に到着。
6
でも眺めはとても良い。
2016年10月14日 10:33撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも眺めはとても良い。
1
焼岳、改めて見ても迫力ある。
2016年10月14日 10:12撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼岳、改めて見ても迫力ある。
3
霞沢岳の下に上高地と大正池。
2016年10月14日 10:27撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霞沢岳の下に上高地と大正池。
4
八ヶ岳のすべての山並みと甲斐駒の奥には富士山も。
2016年10月14日 10:44撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳のすべての山並みと甲斐駒の奥には富士山も。
2
日陰には霜柱。寒い季節が近づいてる。
2016年10月14日 10:44撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日陰には霜柱。寒い季節が近づいてる。
3
右手が独標。左の尖がりはピラミッドピーク。西穂主峰はまだ奥。
2016年10月14日 10:45撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手が独標。左の尖がりはピラミッドピーク。西穂主峰はまだ奥。
5
独標の登り。〇印と→矢印を頼りによじ登り。
2016年10月14日 10:54撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
独標の登り。〇印と→矢印を頼りによじ登り。
2
綺麗な雲と笠ヶ岳をバックに西穂高岳独標2701m。ここが11峰で主峰(1峰)までカウントダウン。
2016年10月14日 10:56撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
綺麗な雲と笠ヶ岳をバックに西穂高岳独標2701m。ここが11峰で主峰(1峰)までカウントダウン。
12
左の尖がりは8峰ピラミッドピーク、次に7峰、少し丸いのは4峰チャンピオンピーク。主峰は隠れて見えないが右手に奥穂。
2016年10月14日 10:57撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左の尖がりは8峰ピラミッドピーク、次に7峰、少し丸いのは4峰チャンピオンピーク。主峰は隠れて見えないが右手に奥穂。
5
学生の時に槍から奥穂、そして吊尾根通って前穂。そこから岳沢経由で上高地に下りた事を思い出した。
2016年10月14日 10:58撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
学生の時に槍から奥穂、そして吊尾根通って前穂。そこから岳沢経由で上高地に下りた事を思い出した。
5
かなり急な独標を下り、次の10峰はあっさり通過。
2016年10月14日 11:07撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなり急な独標を下り、次の10峰はあっさり通過。
1
振り返ると独標に沢山の人が。
2016年10月14日 11:18撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると独標に沢山の人が。
2
左の人が立っている9峰に取り付き。緑の尖がりは8峰。9峰は登り下りとも要注意。
2016年10月14日 11:12撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左の人が立っている9峰に取り付き。緑の尖がりは8峰。9峰は登り下りとも要注意。
3
9峰の下り、足場が少ないとブログで情報もらっていたので落ち着いてクリア出来ました。
2016年10月14日 11:15撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9峰の下り、足場が少ないとブログで情報もらっていたので落ち着いてクリア出来ました。
10
ピラミッド?8峰ピラミッドピークはガレ場を登るだけ。
2016年10月14日 11:20撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピラミッド?8峰ピラミッドピークはガレ場を登るだけ。
7
ここから左の7峰、右の丸い4峰経由で奥の尖がりの主峰へ。
2016年10月14日 11:22撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから左の7峰、右の丸い4峰経由で奥の尖がりの主峰へ。
2
鎖のある7峰を登攀中の隊員。
2016年10月14日 11:28撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖のある7峰を登攀中の隊員。
6
7!テレビ東京キャラクター、ナナナの7ポーズ?
2016年10月14日 11:29撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7!テレビ東京キャラクター、ナナナの7ポーズ?
7
6峰は飛騨側をトラバーズ気味に登り難なくクリア。
2016年10月14日 11:32撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6峰は飛騨側をトラバーズ気味に登り難なくクリア。
4
5峰の番号が見つけられないまま4峰チャンピオンピーク。何故にチャンピオン?
2016年10月14日 11:38撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5峰の番号が見つけられないまま4峰チャンピオンピーク。何故にチャンピオン?
8
3峰のペイント。
2016年10月14日 11:40撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3峰のペイント。
2
2峰も飛騨側をトラバース気味に登る。
2016年10月14日 11:46撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2峰も飛騨側をトラバース気味に登る。
2
2峰、振り返り。残すは主峰のみ。
2016年10月14日 11:52撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2峰、振り返り。残すは主峰のみ。
2
下りで難儀している人達をしばし待ち、4足歩行でよじ登ります。
2016年10月14日 12:04撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りで難儀している人達をしばし待ち、4足歩行でよじ登ります。
3
この最後の登りが手がかり足がかりの少ない急な岩場。
2016年10月14日 12:00撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この最後の登りが手がかり足がかりの少ない急な岩場。
5
「主峰」の文字が。
2016年10月14日 12:31撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「主峰」の文字が。
3
西穂高岳2909m、頂きました。隊長、穂高全山登る事が出来ました。
2016年10月14日 12:03撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西穂高岳2909m、頂きました。隊長、穂高全山登る事が出来ました。
8
隊員は初めての穂高。写真撮って頂き、ありがとうございました。
2016年10月14日 12:10撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
隊員は初めての穂高。写真撮って頂き、ありがとうございました。
25
視界抜群なのに3等三角点。
2016年10月14日 12:14撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
視界抜群なのに3等三角点。
2
目の前にジャンダルム従えた奥穂。吊尾根の先に前穂、明神。刷毛で刷いた様な雲。
2016年10月14日 12:20撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目の前にジャンダルム従えた奥穂。吊尾根の先に前穂、明神。刷毛で刷いた様な雲。
6
奥穂の左手には涸沢岳、南岳、そして槍。
2016年10月14日 12:10撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂の左手には涸沢岳、南岳、そして槍。
6
槍の左には水晶、鷲羽、三俣蓮華、薬師やら。この辺りは全く未踏の憧れのエリア。
2016年10月14日 12:11撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍の左には水晶、鷲羽、三俣蓮華、薬師やら。この辺りは全く未踏の憧れのエリア。
3
槍ヶ岳、アップ。この角度、胸を張ってる様で、そんな意味でもとんがってます。
2016年10月14日 12:17撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳、アップ。この角度、胸を張ってる様で、そんな意味でもとんがってます。
5
ここにも別の意味でとんがっている人がいました。
2016年10月14日 12:29撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここにも別の意味でとんがっている人がいました。
13
軽めのランチをしてまたギザギザ通って右の丸い山に見えるRW駅まで下ります。
2016年10月14日 12:31撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
軽めのランチをしてまたギザギザ通って右の丸い山に見えるRW駅まで下ります。
2
ギザギザ、アップ。主峰も合わせてみんなで西穂高岳。
2016年10月14日 12:31撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ギザギザ、アップ。主峰も合わせてみんなで西穂高岳。
4
名残惜しいけど、ワンズが留守番しているので帰らねば。
2016年10月14日 12:50撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名残惜しいけど、ワンズが留守番しているので帰らねば。
3
今日は本当に雲の綺麗な1日。飽きずに眺めてた。
2016年10月14日 13:23撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は本当に雲の綺麗な1日。飽きずに眺めてた。
6
独標の登り返し。あまりの急さに赤青のめまい?
2016年10月14日 13:26撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
独標の登り返し。あまりの急さに赤青のめまい?
2
上から見ると余裕でピースの人。今日の岩場は全然平気だったらしい。
2016年10月14日 13:27撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上から見ると余裕でピースの人。今日の岩場は全然平気だったらしい。
5
丸山まで下りて振り返り。
2016年10月14日 13:59撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸山まで下りて振り返り。
4
西穂山荘からRW駅まで下る途中で西穂高岳。イワイワ楽しませて頂きました。
2016年10月14日 14:37撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西穂山荘からRW駅まで下る途中で西穂高岳。イワイワ楽しませて頂きました。
3
RWは毎時15分と45分発。何とか3時15分に間に合った。
2016年10月14日 14:59撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
RWは毎時15分と45分発。何とか3時15分に間に合った。
4
駅の傍に随分大事にされた三角点。でも手を出してタッチしてしまいました。
2016年10月14日 15:00撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駅の傍に随分大事にされた三角点。でも手を出してタッチしてしまいました。
2
すっかり雲が無くなり快晴の空を2階建てRWで下りて来ました。今日も無事下山、感謝です。おつかれやまでした。
2016年10月14日 15:32撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すっかり雲が無くなり快晴の空を2階建てRWで下りて来ました。今日も無事下山、感謝です。おつかれやまでした。
4

感想/記録

西穂高岳に出かけてきました。

学生時代に奥穂、北穂、前穂は登っていて穂高連峰の中で唯一登って無いのが西穂高岳でしたが、7月に焼岳に登った際に目の前の西穂を見て、登りたいと思っていました。ただワンズに留守番させている日帰り登山隊にとって登山のベース、新穂高ロープウェイは岐阜県で埼玉からは往復500Kmでとても遠い。しかもRWの時間制約もある。でもレコ友さんのレコ拝見して行きたい気持ちが強まり、ドッグシッターさんを頼んで決行しました。

始発まで1時間以上待ったロープウェイで西穂高口駅。登山スタートが9時は我が隊過去最も遅い時間だが、この日は時間が経つに連れ晴れ間が広がる予報。案の定、最初は雲も多かったが徐々に晴れて行き、綺麗な秋の雲に。下山時には雲ひとつ無くなっていました。

西穂高岳は13の岩峰で構成されているらしいですが12、13は良く分からず独標が11峰と言う事でそこから岩峰をカウントダウンしていきながら主峰を目指していきました。独標までは割と一般的な登山道ですが、その下りから険しい岩のルートが始まり、高度感もあり落石の危険も多々ありましたが、何とか主峰に立つ事が出来て隊員を穂高のひとつに連れてきてあげたかったので良かったです。天気も秋晴れで雄大な山の眺めもさる事ながら雲のアートを飽きる事無く眺めていました。

岩場歩きは楽しかったのですが岩場やヤセ尾根で難儀している人達とのすれ違いに結構時間が取られました。平日でこの調子なら土日は結構すれ違い渋滞とか起きそうですが、お互いの様子見ながら気持ちに余裕を持ちたいものです。

登山口まで辿り着くアクセスやRWの時間制約などで遅いスタート、岩稜帯で中々コースタイムも縮められない、RWも30分に1本の運行、帰りの高速の渋滞などで自宅に着いたのが8時。往復6時間の山歩きに往復8時間の運転、過去最も遅くワンズに悪い事をしましたが、山登りはとても満足の1日でした。
訪問者数:356人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/2/20
投稿数: 940
2016/10/15 23:04
 お疲れ様でした!
yuzupapaさん こんばんは♪
穂高全山登頂おめでとうございます!
西穂は13峰?も越えていくのですか!
丸山までの緑のやさしい雰囲気と
一転その先の岩稜歩きは気をつかいますね。
papaさんのサポートでmamaさんも
難なくクリアされて流石ユズ隊ですね。
青空と秋の雲と穂高連峰
美し過ぎる景色のもとご夫婦で歩けるなんて
羨ましく拝見しました〜
長時間お留守番していたワンズたちも
いいこいいこですね*
そしてロング運転もお疲れ様でした*
ha-na
登録日: 2011/2/20
投稿数: 3218
2016/10/16 20:02
 ha-naさん
こんばんは。コメントありがとうございます。

ゆずタロヲには遅い時間まで留守番させて申し訳無かったので、今日一緒にお山に行きました。以前櫛形山でガスガスで見られなかった白嶺三山が今日は綺麗に見えたので機嫌直してくれたかな?と言ってもワンズはおやつ以外には目もくれてませんでしたが。

社会人になって登山を止めていましたが、5年前に山に登ってみたいと言う隊員のひと言が無ければ、西穂高岳にも登っていなかったでしょう。おかげで積み残していた山にも登れたので尖んがってはいても隊員には感謝です。
登録日: 2015/5/15
投稿数: 198
2016/10/16 21:20
 祝 穂高完遂
yuzupapaさん こんばんは

読み残していた大切な小説をめくるように
登り残していた西穂高の山行
高揚感が伝わってきました

紺碧の秋空に輝く岩峰
何時までも眺めたくなる雲のアート
往復8時間かけても行く値打ちのある
素晴らしい秋の山行ですね*

いつも以上にpapaさんmamaさんの笑顔が
明るく弾けています

帰宅時のワンズちゃんのじゃれつく様子が想像
させます

お疲れ山でした

*chiho1212&お守リーズ*
 
登録日: 2013/11/10
投稿数: 3502
2016/10/16 22:14
 yuzupapaさん、こんばんは!
西穂高岳登頂、おめでとうございます♪
いやぁ〜、凄いですね!
険しい道(岩)を13峰を越えて、復路も13峰ですから...。

まぁ、自分には独標までしか行けませんので、その先は縁がないと思いますが、その先の様子がよく分かって良かったです。
青空が素晴らしい!!

んっ、確か14日(金)の山行でしたよね!
ママさんの西穂高岳の写真を見たような...。
あはっ、日付が15日(土)となってますよ。

お疲れさまでした。
登録日: 2011/2/20
投稿数: 3218
2016/10/17 6:31
 chihoさん
おはようございます。コメントありがとうございます。

西穂の山頂から目の前に広がる景色を眺めながら登山を再開して良かったなぁとしみじみ思いました。山に登ってみたいときっかけを作ってくれた隊員には感謝です(隊員は流行り物に弱いので単に山ガールブームに便乗しただけですが…)。

埼玉からの日帰りはきついですね。8時間は以前行った御嶽山以来でした。帰宅すると「遅い!腹減ったワン!」と怒られました。
登録日: 2011/2/20
投稿数: 3218
2016/10/17 6:48
 アヤモエさん
おはようございます。コメントありがとうございます。

本当だ、日付間違ってました。今直しました。ご指摘ありがとうございます。

12と13の峰が分からなかったので11からカウントダウンしてみました。アヤモエさんなら全然OKです。個人的には両神山の八丁コースの方が厳しいと思いました。
ただ距離は短いのに、すれ違いに結構時間がかかるのとロープウェイの時間の制約があり、自分で時間のコントロールが出来ないのがネックでした。でも焦るとそれこそ事故に繋がりかねないので気持ちのコントロールしながらゆっくり登り下りしました。隊員の厳しいブーイングにもセルフコントロールです(^^;
登録日: 2014/8/3
投稿数: 1551
2016/10/17 20:17
 素敵ですね!
yuzupapaさん こんばんは。

雄大な景色に   青い空
とても素敵な景色 が見られていいですね!

なにより
>隊員を穂高のひとつに連れてきてあげたかった
この言葉が一番素敵です。

往復500舛魯ツイ 旅でしたけど、とても素敵な一日でしたね。
ゆずちゃん、タロヲ君も「よかったね!」と言ってくれますよ
お疲れさまでした
登録日: 2011/2/20
投稿数: 3218
2016/10/17 20:48
 Cooさん
こんばんは。コメントありがとうございます。

多分今年最後の北アルプス、晴れて良かったです。山の眺めも良かったですが秋空の雲が綺麗でボーっと眺めていました。

隊員を穂高に連れてあげられましたが隊員は「西穂高は百名山?」と聞くので「穂高連峰のひとつだけど百名山のカウントは最高峰の奥穂高岳」と言うと「なんだ〜がっくり」と…。ゆずタロヲはそんな事言わずに帰ると大喜びしてくれましたけどね。
登録日: 2013/2/18
投稿数: 1601
2016/10/17 20:53
 西穂高!
yuzupapaさん こんばんは!

こちらはまたもや連日出掛けていまして遅コメお許し下さいませ^^;
しかし西穂高とは頑張りましたね!
岩岩はもちろんですが、なかなか新穂高RWに行くまで遠いですよね💦
行きはウキウキして大丈夫そうですが、帰りが運転ヤバそうです^^;

しかし良い天気でしたね!(人゚∀゚*)
北アなどの展望素晴らしいですね〜!
そして雲の感じが素敵です!
秋を感じますね!( ^ω^ )

往復500km!そしてワンズもお留守お疲れ様でした!

まんゆ〜十六茶
登録日: 2013/6/4
投稿数: 562
2016/10/18 4:01
 西穂!
ゆずぱぱさん、こんばんは。
西穂に行かれてたとは!
雄大な景色に目を奪われますね、きれいな写真ばかりです♡
こんな岩岩のところ、登りごたえありそうですね。
唯一登ってなかった西穂登頂、おめでとうございます♪
とんがってる?隊員もさわやかな表情ですね!(^^)!
登録日: 2011/2/20
投稿数: 3218
2016/10/18 6:27
 まんゆ〜さん
おはようございます。コメントありがとうございます。

頑張りました、運転を(^^;遠いですよね〜岐阜県ですから。帰りは留守番ワンズの顔が浮かんでいたので早く帰らないと怒ってるだろうな〜と眠くはありませんでした。

今週末は仕事、来週末は同窓会で今度はいつ出掛けられるやら。しばらく大人しくしておきます。
登録日: 2011/2/20
投稿数: 3218
2016/10/18 6:39
 アヤスミさん
おはようございます。コメントありがとうございます。

西穂高、穂高連峰の中で唯一3000mに満たないのですが、他の三つより険しい様な気がします(と言っても学生の頃の記憶なので曖昧ですが)。でもとんがった岩が好きなとんがった隊員には満足頂けた様です。

さわやか?隊員には表の顔と裏の顔があります…。
登録日: 2015/9/5
投稿数: 871
2016/10/18 15:14
 絶壁を。
こんにちは。コメントが遅くなりました。
快晴に北アルプスですか!長距離もお疲れ様でした。
ご夫婦で絶壁をサクッと、凄いですね!体幹が整っているのでしょうね。
私は数年前からヘソが曲がりましたので真っすぐ行けません(笑)
とても綺麗な青空の週末でしたね。やはりお天気が良いと元気になる気が致します。
今週末もお仕事ですよね、存じ上げておりました。頑張ってくださいませ。
登録日: 2011/2/20
投稿数: 3218
2016/10/18 18:32
 オリーブさん
こんばんは。コメントありがとうございます。

隊員は黙々歩く山より岩をよじ登る方が好きな様です。隊員もヘソ曲がりなのでそう言えばジグザグに登っていた様な(^^;
私は濡れ落ち葉の如く岩にへばりついてます。

燧もすごく良いお天気でしたね。やっぱり青空だと気持ち良いですね。

毎週の様に出掛けていたので高速代、ガソリン代が大変な事になっています。仕事にかこつけ少し大人しくします。
登録日: 2015/3/9
投稿数: 1121
2016/10/18 21:13
 青空が素晴らしい
yuzupapaさん、こんばんは!

よい天候のもと、西穂高岳にチャレンジされたのですね
青空が眩しいです
日帰りですと、なかなか大変そうですね
その分達成感も大きかったのではないでしょうか

岩稜系のお山がお好きなゆず隊
落石などがとても心配ですので、出来ればヘルメットを被ってくださいませ
私はいつか雪の丸山か独標にお邪魔出来たらいいなと思っています
登録日: 2011/2/20
投稿数: 3218
2016/10/18 21:54
 桜雪さん
こんばんは。コメントありがとうございます。

車のナビが「岐阜県に入りました」と言うのを聞いて、遠くまで来てしまったなぁ、と思いましたが、仰るとおりその分充実した山歩き、と言うか岩へばり?が出来ました。青空に高い秋の雲の綺麗な1日でした。

半分以上のの人がヘルメットしていました。自分で気をつけていても他の人の落石、いわゆるもらい事故みたいな事もありますからね。「ヘルメット要るよね〜」と話はしたのですがどちらが買うかで決着せず、です。

雪の丸山、いいですね。西穂山荘からスノーシューかアイゼンですね。そこからの雪を被った槍穂や北アルプスの眺めも見てみたいです。
登録日: 2010/10/12
投稿数: 644
2016/10/19 18:59
 この夏行ったので
やっと、皆さんの写真に現実味が・・・。  今まではあこがれていたけど縁のない場所と言う気持ちが少しありましたが、実際行ってみると長距離移動に少し自信が出てきました。来年も挑戦するぞ!!長距離移動に
 しかし、「往復で500キロ・・・」羨ましい。私、新穂高まで往復で1300キロでした。
登録日: 2011/2/20
投稿数: 3218
2016/10/19 20:08
 ヤマビコさん
こんばんは。コメントありがとうございます。

通勤帰りの電車で石鎚山のレコを拝見していました。ヤマビコさんは8月に槍、双六に登られてましたよね。双六辺りは未踏なので羨ましい〜。往復1300km、大変でしたね。500kmで羨ましいと言われると思いませんでした 11月にヤマビコさんの縄張りにお邪魔しますのでヨロシクです。

あっカープ優勝おめでとうございます。日本シリーズ始まりますが黒田で最後締めて欲しいですね
登録日: 2010/10/12
投稿数: 644
2016/10/19 21:03
 11月待ってますよ
広島の山しっかり紹介してくださいね。
カープ優勝「おめでとうございま〜す」。ほんと、広島県人以外のカープファンに感謝しています。(カープ女子にも)昔は、球場もガラガラで子供を連れて行った時、ライトスタンドから少しセンターよりに移動するだけで家族5人が弁当を広げてゆったり食べられていたものです。周りには誰も居ませんでした  新球場は比べ物にならないほど座席が広くなったけど、毎回満席近いので、弁当は膝の上でしか広げられません。  また、旧球場で観戦後、球場を後にしていると、大野豊投手も球場を出て帰る途中、球場を後にしているファンに「ありがとうございます」と一緒に歩いて声をかけていたものです。懐かしいな〜
登録日: 2015/1/25
投稿数: 460
2016/10/19 21:19
 笑顔でいっぱいの一日
ゆずパパさん、こんばんは。
青空と秋の雲、そして険しい稜線...言葉がありません。
楽しませていただきました。
写真とコメントを読んでいるだけで自分も歩いた気分になりましたよ。
人気のコースはどうしても混んでしまいますが、それを差し引いても魅力的だと思いました。
岩峰カウントダウンのアルプスハイキング、お疲れさまでした。
それにしても羨ましいな〜。
登録日: 2011/2/20
投稿数: 3218
2016/10/19 22:48
 ヤマビコさん マツダスタジアムでは無く市民球場時代に
広島支店勤務の時は阪神ファンでしたが、紙屋町の市民球場では完全アウェーで声を出して応援出来ませんでした。今は東京ドーム、横浜スタジアム、神宮、どこに行ってもカープ女子だらけです。応援も一体感があっていいですね。ロッテファンに似ています。
マツダスタジアムになってから行った事がありません。天然芝で日本で一番綺麗な球場ですね。楽天も天然芝になりましたが、ベースが古い宮城球場なのでハリボテ感があります。

11月は弥山にワンズハイク、恐羅漢、三瓶山辺りを考えていますがお天気どうかなぁ。晴れるといいのですが。楽しんできます。
登録日: 2011/2/20
投稿数: 3218
2016/10/19 23:03
 シークレットさん
こんばんは。コメントありがとうございます。

いやいや熊の気配のある丹沢の破線ルートを着々と踏破するシークレットさん、凄いです。時々赤線ルートを拝見しているのですが、丹沢、ビッシリですね!丹沢は中々行けてないので参考にさせて頂こうとしているのですが、レベルが高くて追いつけません。でも普通のルートのレコよりもずっと面白いです。

また奥様との破線ルートレコを楽しみにしています。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ