ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 981535 全員に公開 ハイキング東海

衣笠山から滝頭山

日程 2016年10月15日(土) [日帰り]
メンバー 60blue
アクセス
利用交通機関
車・バイク
滝頭公園に駐車場あり。公園には自販機他、比較的清潔なトイレあり。トイレは個室も様式便座。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間11分
休憩
1時間44分
合計
3時間55分
S滝頭公園07:1508:00衣笠山08:2009:10滝頭山09:15恐竜の背09:3910:00滝頭公園11:0011:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コースタイムは手入力の適当な時間なので参考にはなりません。
恐竜の背でしばらく写真を撮っていたのと、そこから小川にそって滝頭公園の池のところまで下りそこで昼食&休憩をしていました。
コース状況/
危険箇所等
でっかいクモの巣だらけ!竜の背のところも凄かった。途中、登山道の木の根元にハチが何匹か浮遊していて、最初は気づかず黒いズボンを攻撃されてました・・・。
慌てて突っ走って振り切りましたが情けない悲鳴が辺りに少し響きました。刺されてはいません。そのほか、ロープ伝いでもずるずる滑る箇所あり。グローブは滑りにくいものを。
その他周辺情報温泉は伊良湖岬まで行かないとなさそうでしたので直帰しました。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 ツェルト ストック カメラ 三脚
備考 家にGPS代わりのスマホを、現地の車の中に汗ふきタオルを忘れる痛恨のミス!

写真

滝頭公園を越え、田原斎場だったかな?の案内看板を越えていくとあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝頭公園を越え、田原斎場だったかな?の案内看板を越えていくとあります。
1
衣笠山山頂の展望台からの眺めです。清々しいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
衣笠山山頂の展望台からの眺めです。清々しいです。
2
展望台からの眺めその2。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台からの眺めその2。
1
たぶん衣笠山山頂を超えてぐるっと回っている辺りの岩場からの眺望です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たぶん衣笠山山頂を超えてぐるっと回っている辺りの岩場からの眺望です。
衣笠山から下る途中にある休憩所。ここまでクモの巣だらけの登山道でしたので使おうとは思わなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
衣笠山から下る途中にある休憩所。ここまでクモの巣だらけの登山道でしたので使おうとは思わなかった。
滝頭山山頂。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝頭山山頂。
1
滝頭山山頂からの眺望はないに等しい・・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝頭山山頂からの眺望はないに等しい・・・。
1
恐竜の背から!
街を指さしてるんですが、天を差した方がカッコがついたかもw
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
恐竜の背から!
街を指さしてるんですが、天を差した方がカッコがついたかもw
1
恐竜の背から指さした先の眺望です。晴天にあっぱれ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
恐竜の背から指さした先の眺望です。晴天にあっぱれ!
恐竜の背。岩場を入れるとゴツさと山の緑の柔らかさと空のさわやかさがいい感じ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
恐竜の背。岩場を入れるとゴツさと山の緑の柔らかさと空のさわやかさがいい感じ。
2

感想/記録
by 60blue

どこもかしこもクモの巣だらけでした。トレッキングポールでクモの巣をかきわけないといけない箇所が2,3ありました。恐竜の背のところは入り口が巣で塞がっていて躊躇するほどでした。
衣笠山から直降する道は細くクモの巣だらけだったため、ルート通りの迂回路です。
恐竜の背を過ぎた先の小川のところも石造りの川なのですが、川の方にまで垂れていた木の枝から川向こうにまたがるようにでかいクモの巣が張っていてびっくりでした。そこから小川に沿って下る道は途中、急な坂道でロープ伝いでも滑るほどです。
1番の修羅場は衣笠山を車道に抜け、その向かいにある滝頭山につながる遊歩道から再度入山してしばらく行ったところで、気づかずにハチのテリトリーに入っていたことです。木の根元に巣があるようでした。最初はアシナガかとも思いましたが、どうやらスズメバチっぽくて怖かったです。一目散に駆け抜けました。
それ以外では案内表示もたくさんありましたし、あらかじめコースを頭に入れておけば登山経験豊富な人は地図とコンパスで行けそうです。初めての人はGPSがあるといいと思います。僕は写真撮影のために機材を持っていたのでひたすら疲れました。。。
訪問者数:105人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

コンパス GPS スズメバチ グローブ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ