ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 981713 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走妙高・戸隠・雨飾

黒姫山 北信五岳いちマイナーな山?

日程 2016年10月15日(土) [日帰り]
メンバー SK-II
天候晴れ。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
戸隠を通って大橋登山口に駐車。空きスペースに3台程度停められます。
手前の林道入口には10台程度停められる模様。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間25分
休憩
50分
合計
6時間15分
S黒姫山西新道登山口06:1006:20古池07:25新道分岐07:3008:00しなの木08:50しらたま平09:0509:20峰ノ大池分岐09:35黒姫山10:0010:15峰ノ大池分岐11:00しらたま平11:00しなの木11:20新道分岐11:2512:10古池12:25黒姫山西新道登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コースタイムはおおよそ。
登山口は「黒姫山西新道登山口」と表示されていますが、ヤマケイ地図および現地の標識は「大橋登山口」となっていました。
コース状況/
危険箇所等
危険箇所は特になし。里山の道といった感じです。
木の根が張り出ていたり、粘土質の地面が滑ったり、ぬかるみがあったり。
頂上下に少し岩場がありますが、メジャーな山と違って足の置き場に困る岩場。
ストックはしまうのがよろしいかと。
その他周辺情報戸隠地域にそば屋が沢山。どこも混雑しています。
温泉は戸隠に神告げ温泉、霊仙寺湖に天狗の館あり。

写真

早朝の大橋登山口。駐車場はありませんが3,4台停められます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早朝の大橋登山口。駐車場はありませんが3,4台停められます。
まずはこんな感じ。笹はずっと生えています。古池を目指す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずはこんな感じ。笹はずっと生えています。古池を目指す。
古池に到着。水面に映る黒姫山。寒いせいか霧が水面から立ち上っています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古池に到着。水面に映る黒姫山。寒いせいか霧が水面から立ち上っています。
5
畔にあったお社。登山の安全を祈願。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
畔にあったお社。登山の安全を祈願。
古池から望む五地蔵山と高妻山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古池から望む五地蔵山と高妻山。
2
古池から望む黒姫山その2。さあ登るぞー。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古池から望む黒姫山その2。さあ登るぞー。
7
しばらくして沢渡り。小さいけど水量はある。古池の水源?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくして沢渡り。小さいけど水量はある。古池の水源?
登山道は荒れている場所もあり地味に登りにくい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道は荒れている場所もあり地味に登りにくい。
ほぼ紅葉していませんが、一部色付き始めています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほぼ紅葉していませんが、一部色付き始めています。
西登山道と新道の分岐に到着。小休止の後、新道へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西登山道と新道の分岐に到着。小休止の後、新道へ。
基本紅葉してませんが、局所的にこんなところも。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
基本紅葉してませんが、局所的にこんなところも。
2
局所的紅葉その2。遠くにどこかの山並み。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
局所的紅葉その2。遠くにどこかの山並み。
2
しなの木。休憩ポイントですが素通り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しなの木。休憩ポイントですが素通り。
1
林中を登り、しらたま平に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林中を登り、しらたま平に到着。
1
一気に視界が開ける。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一気に視界が開ける。
戸隠、五地蔵、高妻、乙妻。1週間遅く来ればいい感じの紅葉が見られそう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戸隠、五地蔵、高妻、乙妻。1週間遅く来ればいい感じの紅葉が見られそう。
3
五地蔵山の向こうには白馬鑓〜鹿島槍が。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五地蔵山の向こうには白馬鑓〜鹿島槍が。
1
飯縄山。意外と遠くに見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飯縄山。意外と遠くに見える。
1
飯縄と戸隠の間、眼下には戸隠牧場と、今朝通ってきた古池。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飯縄と戸隠の間、眼下には戸隠牧場と、今朝通ってきた古池。
遥か南西には槍ヶ岳。ズーム&トリミング。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遥か南西には槍ヶ岳。ズーム&トリミング。
1
北西に目を向けると噴煙を上げる焼山と前に登った火打山。あちらも紅葉はまだの模様。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北西に目を向けると噴煙を上げる焼山と前に登った火打山。あちらも紅葉はまだの模様。
いざや山頂へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いざや山頂へ。
ずっと一人だったのですが、しらたま平で二人の方に追いつかれ、先を譲りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ずっと一人だったのですが、しらたま平で二人の方に追いつかれ、先を譲りました。
山頂下にはちょっとした岩場があるのですが、登りにくいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂下にはちょっとした岩場があるのですが、登りにくいです。
山頂に到着!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に到着!
2
黒姫山2053mに2度目の登頂。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒姫山2053mに2度目の登頂。
左から焼山、火打山、妙高山。妙高山の山麓も紅葉が綺麗になりそうな気配。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左から焼山、火打山、妙高山。妙高山の山麓も紅葉が綺麗になりそうな気配。
3
東方眼下には野尻湖。その向こうが斑尾山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東方眼下には野尻湖。その向こうが斑尾山。
一服して景色を楽しんだら下山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一服して景色を楽しんだら下山。
しらたま平を通過。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しらたま平を通過。
しなの木を通過。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しなの木を通過。
分岐に帰着。ひと休憩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐に帰着。ひと休憩。
1
古池に帰着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古池に帰着。
朝と違い、霧はないけど、黒姫山が水面に映っていない。なぜ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝と違い、霧はないけど、黒姫山が水面に映っていない。なぜ。
登山口に帰着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口に帰着。
ヤマレココースだと西新道登山口と出ますが、看板には大橋登山口とあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマレココースだと西新道登山口と出ますが、看板には大橋登山口とあります。

感想/記録
by SK-II

「まみくとい」すなわち「斑尾、妙高、黒姫、戸隠、飯縄」。この5山を北信では「北信五岳」と呼びます。
北信五岳はすでに制覇しているのですが、黒姫と妙高のレコを上げていないため、改めて2山に登ってレコを上げようと思い、まずは黒姫山に登ってきました。

天気は晴れ。ひさびさの登山日和でした。
紅葉を期待していたのですが、こちらはまだまだ。惜しい山行となりました。
もっといい山を狙って行けばよかった〜などと思わなくもなかったり。
しかしまあ、近場の山でいい運動になりました。

・黒姫山
黒姫山は北信五岳の中でもマイナーな気がします。レコも少ないですし、あまり売りがないような……。

魅力を再発見したいと思い、登ってみましたが、細かく木の根の張った道、ぬかるみ、粘土質の滑る道、足場に困る岩場、など、道が歩きにくくいまひとつ。
戸隠の戸渡や妙高の岩場のような楽しい場所もなし。

あえて良い点を挙げると、ロケーションはよさげだと思いました。
しらたま平や山頂からは、高妻山の北側山麓や、妙高山の南側山麓が見渡せるのですが、紅葉していれば絶景だと思います。
その辺はまたいずれ確かめたいと思います。

レコが少ないので、人も少ないかと思いましたが、下山時にけっこうな人とスレ違いました。
登りの朝一は誰にも合わず、クマに怯えながら登っていましたが……。


さて、北信五岳レコ、残りは妙高山一つです。妙高山は2回登ったので今度は3回目。
これは来年になると思います。いつ登ろうか、計画も楽しみのうちです。
訪問者数:461人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ストック 紅葉 山行 地蔵
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ