ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 981860 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走東海

奥穂高岳→ジャンダルム→西穂高岳 日帰り

日程 2016年10月14日(金) [日帰り]
メンバー zrx400
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
新穂高温泉の登山者用無料駐車場に車を停めました
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
12時間0分
休憩
40分
合計
12時間40分
S新穂高温泉23:4001:05白出沢出合01:50重太郎橋03:00荷継沢05:25穂高岳山荘06:0006:40奥穂高岳06:4508:15ジャンダルム11:10西穂高岳13:15新穂高ロープウェイ西穂高口13:45新穂高温泉G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
夜スタートだったので道がとても暗く、鉱石沢で道に迷いました。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー 行動食 非常食 飲料 ハイドレーション ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 針金 常備薬 保険証 携帯 時計 ストック ナイフ カメラ シェラフ ヘルメット

写真

新穂高温泉の登山指導センターです。
2016年10月13日 23:39撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新穂高温泉の登山指導センターです。
新穂高温泉口から入山して、しばらく歩くとゲートがあります。
2016年10月14日 00:02撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新穂高温泉口から入山して、しばらく歩くとゲートがあります。
白出沢出合。槍と奥穂の分岐です。
2016年10月14日 01:04撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白出沢出合。槍と奥穂の分岐です。
重太郎橋近辺。
2016年10月14日 01:49撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
重太郎橋近辺。
重太郎橋近辺。結構な崖。道幅も狭いです。
2016年10月14日 01:53撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
重太郎橋近辺。結構な崖。道幅も狭いです。
月明かりが眩しかったです。
2016年10月14日 02:12撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
月明かりが眩しかったです。
荷継沢。
2016年10月14日 03:00撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荷継沢。
しばらく登るとアビナイヨ到着。
2016年10月14日 04:11撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく登るとアビナイヨ到着。
1
奥穂高岳到着!まだ暗い...
2016年10月14日 05:25撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂高岳到着!まだ暗い...
穂高岳山荘から奥穂高岳
2016年10月14日 05:45撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高岳山荘から奥穂高岳
奥穂高岳山頂
2016年10月14日 06:43撮影 by HERO3+ Silver Edition, GoPro
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂高岳山頂
1
ウマノ背
2016年10月14日 07:18撮影 by HERO3+ Silver Edition, GoPro
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウマノ背
2
ウマノ背振り返って
2016年10月14日 07:21撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウマノ背振り返って
1
ロバの耳とジャンダルム
2016年10月14日 07:46撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロバの耳とジャンダルム
3
西穂高
ここまで来れば安心
2016年10月14日 11:10撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西穂高
ここまで来れば安心

感想/記録
by zrx400

日帰りジャンダルムです。登山経験の集大成として、自分を試す意味であえて日帰りを選びました。以下は体験した上でのアドバイス(あくまで主観、参考程度に...)です。
夜間のロングハイクについて
言うまでもなく、長時間高出力のヘッドライトが必要です。当然壊れることも考えて予備ヘッドライトも持ちましょう。夜間はヘッドライトが命綱です。今回はマイルストーンのMS-C1を使いました。スポットと広角モードの切替が分かりやすく、登山道の目印を探す時に便利です。夜間は昼間に比べると俄然道が分かりにくいです。昼間なら気付けても夜間だと道が分からないのはザラです。自分も2回ほど道に迷いました。そこで、夜間は思い込みでドンドン進まずに、小まめに振り返る事をオススメします。思わぬ方向に正解の道があったりします。鉱石沢は夜間特に道が分かりにくいので注意です。ガーミンのGPSは持っていると自分の現在地が分かるので心強いです。スマホの「山と高原地図」アプリはGPS機能も付いていて非常に便利ですが、iphoneだと低温下でいきなり電源が落ちたりするので注意です。夜間の行動は熊が怖いです。常に教われるかもしれない恐怖と戦わなければなりません。そんな時、味方になってくれたのが熊鈴でした。実は今も効果については疑いを持っています笑、しかし大事なのは効果の有無ではありませんでした。なぜか熊鈴を鳴らしている間はまるでバリアを張っているかのような安心感があったのです。理由はよく分かりません、とにかくやってみれば分かるという感じです笑。とにかく大いにメンタルをサポートしてくれました。
難易度について
奥穂〜西穂は、西穂独標〜西穂が可愛く感じるレベルです。実際今回、西穂に着いた時点でとてもホッとしたのを覚えています。経験値が足りないと感じてる方は、剱岳やザイテングラート、重太郎新道などで高所の移動に慣れること、三点支持の技術をシッカリと体得することをオススメします。奥穂〜西穂はジャンダルムも含め、激しい上下がかなり長く続きます。上半身も下半身もガッツリ使います。ばてないように行動食はハイカロリーなものをマメにとると良いです。オススメは井村屋のスポーツようかんです。片手で食べられ、高カロリーで美味しく、水分が多いので口が乾かないです。
奥穂〜西穂に必要なギアについて
ヘルメットは必須。ハーネスは不要。尖った岩や鎖が多いので、グローブ必須。オススメはブラックダイヤモンドのクラッググローブ。安くて滑りにくく、フィット感抜群です。
訪問者数:327人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ