ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 982177 全員に公開 ハイキング八幡平・岩手山・秋田駒

和賀岳(高下口):渡渉と急登、静かなみちのくの紅葉

日程 2016年10月15日(土) [日帰り]
メンバー kyen
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
和賀岳高下岳登山口駐車10台程度、10日は6時半で3台目だった。県道1号線から登山口標柱で左折、高下林道は舗装4km、ダート4km、状態はまずまず許容範囲。水たまりや段差に注意。(船形の柳沢林道より悪いが、小荒沢林道より良い。)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間49分
休憩
1時間21分
合計
8時間10分
S和賀岳・高下岳登山口06:3006:59赤沢分岐07:26高下分岐08:05和賀川渡渉点08:3010:10こけ平10:2010:55和賀岳11:1211:32こけ平12:47和賀川渡渉点13:1514:01高下分岐14:0214:18赤沢分岐14:40和賀岳・高下岳登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険個所は雨天、増水の場合の渡渉。その他の道は良く整備されている。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

登山口から少し植林の杉林を登る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から少し植林の杉林を登る。
2
少し登ると下界の霧も晴れてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し登ると下界の霧も晴れてきた。
7
ブナの林を登る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナの林を登る。
1
皺縞岐、直進は皺竺戞∈犬蕨族豎戮悄
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
皺縞岐、直進は皺竺戞∈犬蕨族豎戮悄
1
和賀岳へは尾根の900m付近をトラバースしていく。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
和賀岳へは尾根の900m付近をトラバースしていく。。
4
和賀川への下りから和賀岳方面が見える。右が和賀岳かな、遠い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
和賀川への下りから和賀岳方面が見える。右が和賀岳かな、遠い。
2
大きな水音と共に、和賀川が見えてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きな水音と共に、和賀川が見えてきた。
7
和賀川渡渉点、上流側。水量多い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
和賀川渡渉点、上流側。水量多い。
7
裸足も何なので、体育館履きを用意。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裸足も何なので、体育館履きを用意。
17
中州からの写真。ほぼこの中央を渡渉してきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中州からの写真。ほぼこの中央を渡渉してきた。
16
この登山道は紅葉は多くないが、1000m位からちらほら。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この登山道は紅葉は多くないが、1000m位からちらほら。
7
この尾根の主役はブナ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この尾根の主役はブナ。
4
ブナの黄葉も出てきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナの黄葉も出てきた。
2
モミジも少しあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モミジも少しあります。
9
ほとんど展望のない尾根だが、皺竺戮見えるポイント。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほとんど展望のない尾根だが、皺竺戮見えるポイント。
14
溝のような所やその周辺を急登する。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
溝のような所やその周辺を急登する。
2
やっと森林限界を出た。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと森林限界を出た。
3
コケ平で大きく展望が広がる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コケ平で大きく展望が広がる。
5
コケ平から皺竺戞
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コケ平から皺竺戞
3
和賀岳に続く尾根、和賀岳の右側。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
和賀岳に続く尾根、和賀岳の右側。
5
コケ平から和賀岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コケ平から和賀岳。
13
コケ平から。薬師岳に続く尾根。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コケ平から。薬師岳に続く尾根。
6
稜線上を少し行って、和賀岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線上を少し行って、和賀岳。
12
さらに進んで和賀岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに進んで和賀岳。
7
薬師岳との間の谷の紅葉がきれい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳との間の谷の紅葉がきれい。
21
和賀岳に近づいていく。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
和賀岳に近づいていく。
4
振り返るとコケ平の西面の紅葉がきれい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返るとコケ平の西面の紅葉がきれい。
11
草原を和賀岳に向かう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草原を和賀岳に向かう。
7
和賀岳山頂直下から皺竺戮ら根菅岳への稜線。紅葉には向こうの稜線の方が良いかも。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
和賀岳山頂直下から皺竺戮ら根菅岳への稜線。紅葉には向こうの稜線の方が良いかも。
3
和賀岳山頂。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
和賀岳山頂。
8
和賀岳北方の稜線と、右に根菅岳。秘峰、羽後朝日岳は見えないか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
和賀岳北方の稜線と、右に根菅岳。秘峰、羽後朝日岳は見えないか。
1
和賀岳山頂から薬師岳への稜線。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
和賀岳山頂から薬師岳への稜線。
3
紅葉を見ながら、コケ平へ戻る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉を見ながら、コケ平へ戻る。
3
和賀岳を振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
和賀岳を振り返る。
10
遠くからだときれいなんだけど、少し枯れ気味。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くからだときれいなんだけど、少し枯れ気味。
6
紅葉を見ながら、コケ平へ戻る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉を見ながら、コケ平へ戻る。
15
コケ平からもう一度、和賀岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コケ平からもう一度、和賀岳。
6
南方向の山々。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南方向の山々。
3
コケ平下から皺竺戞
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コケ平下から皺竺戞
3
紅葉の下り道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉の下り道。
2
ブナの林を下る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナの林を下る。
13
また、渡渉です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また、渡渉です。
5
渡渉点から和賀川下流方向。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡渉点から和賀川下流方向。
2
少し登り返して、和賀川の流れを見る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し登り返して、和賀川の流れを見る。
3
ブナ林を200m登り返し。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナ林を200m登り返し。
2
登山口に着きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口に着きました。
3

感想/記録
by kyen

今週の週末は天気が良さそうである。秋になって気温が適当になって来たら行こうと思っていた和賀山塊の盟主、和賀岳に行ってみることにした。紅葉も良い感じになっていないかな。今日は晴れ間違いなしとは思うものの、秋田道湯田ICを出て県道1号線に入ると濃霧で霧雨。昨日から秋田県は一部雲が架かって雨も降っているので、少し気になる。高下林道は舗装4km、そのままダートになり後4km、状態はまずまず許容範囲。登山口に駐車場は100m先との表示があり、少し広くなった駐車スペースがある。10台程度。そこまでの道も幅は広いので縦列でも駐車可能。駐車場では上空に青空が見え、霧は早めに消えそうだ。

登山口から入ると、すぐに短い急登となるが、杉林に入り、緩く登っていく。直ぐにブナを中心とした広葉樹林帯となり、緩急繰り返す登りとなる。赤沢分岐からはブナの林の中を真っすぐ一定の傾斜で登っていくと皺縞岐の標識がある。左に和賀岳方面に向かうとトラバースとなるが、少し登り気味でこの辺りは標高900mである。さらに緩い下りでしばらく行くと、和賀川への急な下りとなる。この辺りから和賀岳らしい稜線が見えるが、結構遠く見える。川に近づくと大きな水音が聞こえてきて、川が見え、最後の急降下となる。渡渉点に出るが、川の様子を見ると、やはりマークの正面辺りを渡るのがいいようだ。裸足では何なので体育館履き(地下足袋もあるんだけど履くのが面倒なので)をもってきたので、履き替えて川へ入る。中州まで幅10m程度、深さは膝位まで、水底も注意すれば安定した所を渡ることができる。でも、すごく冷たい。中州から対岸はごく狭いので問題ない。

コケ平までは標高差600mの登りである。渡渉点から直ぐに右にキャンプ場がある。ここから最初、尾根に取りつくまでは急登である。尾根上で登りはやや緩くなる。周りはブナが多い樹林帯で、展望はない。植生から紅葉も目立たない。後半には、再び急登となるが、溝状の所、あるいはその土手などを登っていく。周りのブナは黄葉がきれいになってくる。途中で右に皺竺戮望める場所がある。登りが緩くなると、笹原となり、周囲が見えるようになる。あと少しでコケ平である。展望が一気に広がる。稜線に出ると、今日は風が冷たい。周囲の山は見えるが、雲が流れており、遠望は利かなかった。和賀岳が標高差100mとは思えない程大きく見える。和賀岳から薬師岳への尾根も大きい。コケ平から少しの草原で昼食休憩、寝っ転がると、青空がきれい。さて、稜線上を和賀岳に向かう。この辺りは7月にはニッコウキスゲの原になるのだろうな。振り返るとコケ平西面や薬師岳との間の谷の紅葉が素晴らしい。和賀岳に取りつくと、最初は草原、次いで笹原、頂上直下は、また草原の登りで山頂に到着する。

山頂からの下りは紅葉を見ながら下る。遠くからはきれいなのだが、カエデはやや枯れ気味である。この辺りは気象条件が厳しいんだろうな。コケ平で和賀岳、皺竺戮鬚發Π貪挂椶望討付けて、樹林帯に下る。もう一度、和賀川の渡渉である。でもその後、また登り返さなければならない。以前、二口峠から南面白山まで往復したときの、最後の糸岳の登り、やはり200mを思い出してしまった。でもその時よりは楽だった。やはり山頂に登るのとは違うのかな。

和賀岳の登山道はかなり整備が行き届いていて、全体的には登り易い道であった。やはりこの山域の登山者は多くなく、今日出会った方は、5組6名だった。
訪問者数:347人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/3/25
投稿数: 1243
2016/10/18 23:14
 kyenさん、今晩は
 和賀岳、いいですね〜 。頂稜部の笹原のグリーンの海原に、鮮やかな珊瑚のように浮かぶ紅葉が見事です 。麓のブナ林ももちgood、さすがはブナの本場ですね〜。
 和賀岳は、30年程前東北の山に足を運び始めて、その存在に気が付いて以来の懸案でした。先の在仙中の8月になんとか甘露水口から初登を果たせました。が、花 期はやや逃した感もあるので、次回はニッコウキスゲ満開の時期に、この高下口から登ってみたいと思っていたところです。
 ですが、この紅葉期mapleの写真を見ると・・・・、秋もいいかな〜

 行きたい山は多いが、実行する体力・精神力と暇が付いていかないodaxでした
登録日: 2012/6/10
投稿数: 172
2016/10/19 0:13
 odax さん、今晩は
私も和賀山塊の名を知って以来、その奥深い山域に行ってみたいと思っておりました。ニッコウキスゲの季節もいいのですが、暑いし虫が多いんですよね。今年は、秋になって気候が良くなったら行こうと計画していました。栗駒や蔵王の様な圧倒的な紅葉ではありませんが、稜線上はきれいでした。皺叱の登山道はよく整備されていますが、和賀川の渡渉は結構本格的なので、増水時は注意です。

甘露水口は昨年夏の豪雨以来、林道が不通で復旧作業中らしいです。登山道もやや荒れ気味ということです。

今年の紅葉の季節はあちこち行くことができましたが、そろそろ忙しくなりそうです。

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ