ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 982317 全員に公開 ハイキング近畿

赤坂山、三国山

日程 2016年10月15日(土) [日帰り]
メンバー nakato932
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
マキノ高原の登山者用駐車場を利用しました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち66%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間10分
休憩
20分
合計
4時間30分
Sマキノ高原(登山者用駐車場)08:5009:00赤坂山・三国山登山口09:33武奈の木平09:3410:03鉄塔広場10:0410:07粟柄越10:0810:16赤坂山10:1810:32明王ノ禿10:3310:49三国山分岐10:58三国山11:0111:10三国山分岐11:27明王ノ禿11:3611:48赤坂山11:55粟柄越12:01鉄塔広場12:23武奈の木平12:57調子ヶ滝12:5913:13赤坂山・三国山登山口13:20マキノ高原(登山者用駐車場)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
マキノ高原8:50→粟柄越登山口9:00→武奈ノ木平9:32(水分補給)→鉄塔ピーク10:03→粟柄越10:07→赤坂山10:16(水分補給)→明王の禿10:32→三国山分岐10:49→三国山10:58(水分補給)→明王の禿11:27(昼食)11:36→赤坂山11:48→粟柄越11:55→武奈ノ木平12:23→調子ヶ滝12:57(水分補給)→粟柄越登山口13:13→マキノ高原13:20着でした。
コース状況/
危険箇所等
マキノ高原〜粟柄越、序盤は急坂有り、石が多い場所では足元注意。
粟柄越〜赤坂山、一部掘れた部分有り、悪天候時は道迷い注意。
赤坂山〜明王の禿、ザレ地有り、階段が崩れ気味な場所有り、明王の禿では柵の外側には出ない事。
明王の禿〜三国山分岐、概ね歩き易い。
三国山分岐〜三国山、一部急坂有り。
赤坂山歩道〜調子ヶ滝〜マキノ高原、ハイキングコースと林道を繋ぐ、でも意外に距離が有ります。
その他周辺情報トイレはマキノ高原に複数有ります。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

個人装備

個人装備品
数量
備考
ザック 1個 ジュラ28
予備電池 2本 単三
ヘッドランプ 1個
昭文社地図 山行地域による
コンパス 1個
GPS 1個
カメラ 1個
雨具 1枚
個人装備品
数量
備考
飲料 1.8L 炭酸水、お茶等
ロールペーパー 適量
タオル 2枚
携帯電話 1個
サバイバルシート 1個 半身用
適量
折り畳み傘 1本
手袋 1式

写真

マキノ高原にて…気持ち良い位の青空が広がっています
2016年10月15日 08:53撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マキノ高原にて…気持ち良い位の青空が広がっています
2
広くて歩き易い道になります…この付近でレンズキャップを落とした模様
2016年10月15日 09:17撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広くて歩き易い道になります…この付近でレンズキャップを落とした模様
1
やや終盤気味なアキノキリンソウ
2016年10月15日 09:24撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やや終盤気味なアキノキリンソウ
2
小さなセンブリ
2016年10月15日 09:26撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さなセンブリ
10
ひっそりと咲くセンブリ
2016年10月15日 09:26撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひっそりと咲くセンブリ
4
センブリと小蜂
2016年10月15日 09:34撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
センブリと小蜂
7
緑が心地良い…ここでレンズキャップを落とした事を気付くがそのまま進みます
2016年10月15日 09:38撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緑が心地良い…ここでレンズキャップを落とした事を気付くがそのまま進みます
木陰が心地良い道です
2016年10月15日 09:53撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木陰が心地良い道です
2
送電線鉄塔下からマキノ市街と琵琶湖を望む
2016年10月15日 10:03撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
送電線鉄塔下からマキノ市街と琵琶湖を望む
2
送電線鉄塔下から明王の禿と乗鞍岳を望む
2016年10月15日 10:03撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
送電線鉄塔下から明王の禿と乗鞍岳を望む
3
送電線鉄塔下から赤坂山を望む
2016年10月15日 10:04撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
送電線鉄塔下から赤坂山を望む
2
石仏…勇ましいお姿なので不動明王像かな?
2016年10月15日 10:08撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石仏…勇ましいお姿なので不動明王像かな?
2
ススキが咲き乱れる稜線にて
2016年10月15日 10:08撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ススキが咲き乱れる稜線にて
3
稜線より三方方面を望む…遠くには若狭湾も見えています
2016年10月15日 10:10撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線より三方方面を望む…遠くには若狭湾も見えています
3
赤坂山より寒風方面を望む
2016年10月15日 10:16撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤坂山より寒風方面を望む
2
赤坂山よりマキノ市街と琵琶湖を望む
2016年10月15日 10:17撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤坂山よりマキノ市街と琵琶湖を望む
3
赤坂山より三方方面を望む…遠くには若狭湾も見えています
2016年10月15日 10:17撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤坂山より三方方面を望む…遠くには若狭湾も見えています
2
赤坂山より三国山と明王の禿を望む
2016年10月15日 10:18撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤坂山より三国山と明王の禿を望む
1
明王の禿を望む
2016年10月15日 10:27撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明王の禿を望む
4
明王の禿近くより赤坂山を振り返る
2016年10月15日 10:29撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明王の禿近くより赤坂山を振り返る
3
明王の禿にて…背景には赤坂山が写っています
2016年10月15日 10:33撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明王の禿にて…背景には赤坂山が写っています
2
明王の禿を望む
2016年10月15日 10:36撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明王の禿を望む
2
黄葉が進んだ木も有りました
2016年10月15日 10:51撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黄葉が進んだ木も有りました
2
心地良い樹林
2016年10月15日 10:52撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
心地良い樹林
1
三国山にて
2016年10月15日 10:58撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三国山にて
2
三国山より乗鞍岳方面を望む
2016年10月15日 10:59撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三国山より乗鞍岳方面を望む
4
再び赤坂山に帰って来ました
2016年10月15日 11:48撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び赤坂山に帰って来ました
1
稜線より三方方面を望む…ススキが黄金色に彩ります
2016年10月15日 11:50撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線より三方方面を望む…ススキが黄金色に彩ります
1
心地良い樹林
2016年10月15日 12:05撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
心地良い樹林
1
残り花のキタヤマブシ
2016年10月15日 12:17撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残り花のキタヤマブシ
8
調子ヶ滝に寄りました
2016年10月15日 12:58撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
調子ヶ滝に寄りました
5

感想/記録

今日は友人と一緒に登る予定でしたが風邪により参加されず結局単独となる。
かなり好天そうだったので眺めの良い赤坂山から寒風へ行く事にします。

遠いので時間が掛かりマキノ高原には8:40着、登山者用駐車場を利用します。

今回から登山靴新調(前のと色違い)しましたがやや堅さは在るも履き易く特に問題なし。
粟柄越登山口に入ると階段混じりの急坂が辛い、しばらく我慢すれば歩き易く緩やかな道で快適です。

あと今回からカメラレンズも新調したのですが、途中でレンズキャップを落としてしまいました。
気付いたのが武奈ノ木平を越えてからでわざわざ引き返すのも手間だったのでそのまま進みます。

朝は涼しかったのですが好天で結構暑い、でも樹林の道は木陰が心地良いです。
鉄塔ピークまで来ると琵琶湖が一望出来て最高です!

粟柄越からは溝が掘れてザレ気味な部分も在りますが暫くの登りで赤坂山に着きます。
こちらからは360度好展望で琵琶湖から若狭湾、明王の禿、三国山、乗鞍岳(高島トレイル)、伊吹山などがよく見えました。

ここからは予定通り明王の禿へ向かいますが近付くと更に迫力が有ります。
登山道はザレた崖を避けて作られているので怖さは殆どなく、柵の内側に入らなければ安全です。
明王の禿で眺めを愉しみルートを考えます…ここで予定変更して三国山まで行く事にします。
行きに落としたレンズキャップが在るかどうか確かめたく帰りも同じルートとします。

三国山へは樹林が豊かで起伏が少ない道で歩いていて気持ち良いです。
まだ紅葉には早く一部の木々が色付いている程度ですが全体的には秋の気配を感じましたね。

三国山では樹林に囲まれ東側しか展望が有りませんが乗鞍岳や伊吹山が見えました。
同じルートを引き返し明王の禿で昼食にして、赤坂山への登り返しを頑張れば後は下るだけ。

下山も同じルートを下りますが結局レンズキャップは見つからず…後日新しいのを買うことにします。
終盤階段道が嫌だったので調子ヶ滝方面へ下ります、初めて使いますが意外に歩き易い道でした。

林道に出てから分岐を調子ヶ滝方面へ入るもこちらは結構長く、林道から遊歩道に変わって暫くで着きました。
滝を見た後は林道と遊歩道を繋いでマキノ高原へと至りました。

花は少な目でアキノキリンソウ(やや終盤)、センブリ、キタヤマブシ(終盤)が見れた程度でした。
紅葉は一部の木々では色付くも全体的にはまだまだでしたね。
訪問者数:273人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ