ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 982901 全員に公開 雪山ハイキング鳥海山

鳥海山(百宅口)

日程 2016年10月15日(土) [日帰り]
メンバー monjuko
天候雨のち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間14分
休憩
26分
合計
6時間40分
S大清水06:4607:17大倉08:10屏風岩08:34唐獅子平09:09霧ヶ平09:1310:06七高山10:1810:46鳥海山12:00唐獅子平12:1012:24屏風岩13:00大倉13:26大清水G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
百宅口はあまり人気がないのでしょうか?紅葉の中、整備された登山ルートにも関わらず、この日は3組ほどの登山者しかいないようでした。
コース状況/
危険箇所等
大清水から唐獅子平まで、木道が雨上がりで非常に滑りやすい。山頂周辺は積雪豊富。山頂の岩場は雪に覆われていて、ルート不明瞭。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

百宅口登山口。
2016年10月15日 06:36撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
百宅口登山口。
1
百宅口駐車場。広い駐車場に車は自分の車のみ。
2016年10月15日 06:39撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
百宅口駐車場。広い駐車場に車は自分の車のみ。
登山口から1分ほどで、大清水。ここで水を確保。かなりの水量。
2016年10月15日 06:45撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から1分ほどで、大清水。ここで水を確保。かなりの水量。
大清水から山頂を仰ぎ見る。山頂付近に白い雪がはっきりと見える。
2016年10月15日 06:46撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大清水から山頂を仰ぎ見る。山頂付近に白い雪がはっきりと見える。
1
登山道は紅葉の中。落ち葉の絨毯を踏みしめながら。
2016年10月15日 07:08撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道は紅葉の中。落ち葉の絨毯を踏みしめながら。
2
大倉。五合目の表示あり。
2016年10月15日 07:17撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大倉。五合目の表示あり。
紅葉が素晴らしい。
2016年10月15日 07:17撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉が素晴らしい。
4
ルートには木道や木の階段があるが、濡れて苔むして滑りやすい。特に下りは要注意。
2016年10月15日 07:26撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルートには木道や木の階段があるが、濡れて苔むして滑りやすい。特に下りは要注意。
タッツラ坂。六合目表示あり。
2016年10月15日 07:48撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タッツラ坂。六合目表示あり。
屏風岩。七合目表示あり。視界が広がると同時に風が冷たい。
2016年10月15日 08:10撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
屏風岩。七合目表示あり。視界が広がると同時に風が冷たい。
2
唐獅子平。八合目。
2016年10月15日 08:34撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐獅子平。八合目。
唐獅子平避難小屋。
2016年10月15日 08:34撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐獅子平避難小屋。
4
唐獅子平からの山頂。山頂は、まだまだ先だ。
2016年10月15日 08:35撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐獅子平からの山頂。山頂は、まだまだ先だ。
5
霧ヶ平。九合目。ここから、登山道は傾斜が増した。
2016年10月15日 09:09撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧ヶ平。九合目。ここから、登山道は傾斜が増した。
霧ヶ平の先から登山道に雪が混じる。
2016年10月15日 09:13撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧ヶ平の先から登山道に雪が混じる。
稜線の手前では、かなりの積雪量。
2016年10月15日 09:31撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線の手前では、かなりの積雪量。
2
稜線に出て、びっくり。完全に雪山。
2016年10月15日 09:52撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に出て、びっくり。完全に雪山。
5
稜線の取りつきから正面の新山山頂。
2016年10月15日 09:52撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線の取りつきから正面の新山山頂。
5
七高山山頂。
2016年10月15日 10:06撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七高山山頂。
5
七高山から秋田県側を見下ろす。
2016年10月15日 10:11撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七高山から秋田県側を見下ろす。
1
七高山から日本海を遠望。目視ではかなり鮮明に日本海が見下ろせる。
2016年10月15日 10:12撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七高山から日本海を遠望。目視ではかなり鮮明に日本海が見下ろせる。
2
歩いて来た稜線を振り返る。
2016年10月15日 10:18撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いて来た稜線を振り返る。
2
七高山から新山へのルートの取りつき。鎖やロープがあるが、雪に埋もれている。足場は問題なく、一気に下りきった。
2016年10月15日 10:19撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七高山から新山へのルートの取りつき。鎖やロープがあるが、雪に埋もれている。足場は問題なく、一気に下りきった。
3
登山口から見えた大きな岩。裏側は、エビの尻尾状態。
2016年10月15日 10:21撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から見えた大きな岩。裏側は、エビの尻尾状態。
1
小屋の標識。
2016年10月15日 10:32撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋の標識。
新山山頂方面。
2016年10月15日 10:32撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新山山頂方面。
1
山頂周辺の岩場。山頂標識のあるところまで行かずに、下山を決意。
2016年10月15日 10:46撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂周辺の岩場。山頂標識のあるところまで行かずに、下山を決意。
3
再び、稜線に戻ってきた。
2016年10月15日 11:11撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び、稜線に戻ってきた。
下山時の霧ヶ平周辺。
2016年10月15日 11:34撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山時の霧ヶ平周辺。
最後に唐獅子平からこれまでのルートを振り返る。
2016年10月15日 12:05撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後に唐獅子平からこれまでのルートを振り返る。
5
無事下山。この日の百宅口からの登山者は3組か。
2016年10月15日 13:26撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事下山。この日の百宅口からの登山者は3組か。
3
撮影機材:

感想/記録

登山口から仰ぎ見た山頂に白い雪がかぶさり、ある程度のスキルと装備がないと厳しい登山だと思います。8年前の10月上旬に、山頂直下で猛吹雪に遭い、山頂を断念してのリベンジ。駐車場に到着した朝6時の時点では雨模様。東の空が明るくなってきたので、迷わず、出発しました。大倉に着く頃には、天気は雨から晴れに変わり、周囲の紅葉に息を飲みました。ルートの木道が朝の雨で濡れて、しかも苔に覆われているため、非常に滑りやすいです。唐獅子平までは、紅葉した樹木のトンネルが続き、視界が開けませんが、唐獅子平から先は、360度の視界が広がります。次第に、ルートに雪が混じりますが、アイゼンの装着は必要ありませんでした。霧ヶ平から稜線までは、見た目以上に傾斜がきつく、しかも靴に雪がまとわりついて、結構体力を消耗しました。稜線に出て、びっくり。一面の銀世界。雪は凍っておらず、柔らかい雪なので、歩くには問題はありませんでした。先に七高山へ向かいました。山頂ではあまりの寒さに、カメラのシャッターを押す指の感覚がなくなり難儀しました。新山への取りつきは急傾斜の下りで、鎖やロープが雪で覆われていました。ただ、雪が柔らかいので、足場の確保は問題なく、クリアできました。小屋への取りつきから新山への岩場の上りは、白いペイントの矢印がありますが、ところどころ雪で隠れて不明瞭な箇所があります。最初の岩場を越え、次の岩場への大きな鞍部を迎えた時点で引き返すことに。鳥海山の山頂標識には、今回もたどり着けず。大清水の小屋の前で豊富な水量の水場があります。百宅口からの登山者は僅かでしたが、稜線から七高山、山頂小屋の周辺はかなりの人出でした。10月に入ってからの鳥海山は、雪山を覚悟する必要がありそうです。
訪問者数:318人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ