ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 983011 全員に公開 ハイキング奥秩父

埼玉県 武甲山に登る

日程 2016年09月01日(木) [日帰り]
メンバー kariogaryu
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
秩父市中心部から15分足らずで一の鳥居登山口兼駐車場に。
駐車場は20台以上は可。入口付近に簡易トイレあり。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
埼玉県 武甲山(1304)に登る

日時:2016年9月1日(木)    天気:晴時々曇り
コース:一の鳥居登山口〜十二丁〜不動滝(十八丁)〜大杉の広場〜武甲神社
   (〜武甲山往復)〜シラジクボ〜十二丁〜一の鳥居登山口 
  メンバー:単独 
  
  秩父市の象徴的存在で市内のどこからも見える大きな山。また市内の中心部からわずか15分足らずで登山口に達する。登山道も整備され市民にとって最も親しまれている山。
  ところが市内から望むその姿・形は石灰の採掘で丸裸となり、あたかも巨大な要塞を思わせるようで見るも無残である。
  
  秩父市の中心地から見るとまさにその裏側である一の鳥居登山口までは車でわずか15分足らず。おまけに一の鳥居から表参道を使えば山頂まで2時間30分。登山道は整備され、それほどきつい上りもないので老若男女を問わず多くの人々が登っている。
  
  コース全体を振り返ると杉の人工林が続く大きくなだらかな斜面をジグザグに登っていつだけで景色はまったく閉ざされ、楽しみの少ない山である。
  比較的きついのは始めの沢沿いの舗装された直線道。勾配はそれほどあるわけでもないがセメントで固められているためか足元にこたえる。この舗装路が終わるとジグザグ道に変わるが、相変わらず変化に乏しい。その中で気を紛らわせてくれたのが登山道脇にあった不動滝だった。滝はそれほど大きくはないものの、滝から流れ出る水を簡単に飲むことが出来、これがなんと美味しかったことか。まさに疲れそのものが吹っ飛んで行った。それに登山道脇には2ℓ位のペットボトルが沢山あったので水汲み用かと思っていると何とそれは山頂にあるトイレ用のものだった。登山者にペットボトルに水を詰め込んで山頂まで運んでもらいたい旨のお願い書きがあったが、自分には残念ながらそれだけの余力はなかった。
  
  その後も相変わらず杉の人工林の中をジグザグに登って行くと山頂近くにある武甲神社に達した。周りはかなり広い平坦地(と言っても緩い傾斜はあるが)で、神社そのものも大きな建物だった。
  
  神社の裏手を通り抜け、さらに高い所に達するとそこは金網で囲われていた狭い山頂兼展望台だった。ここは唯一の展望台だ秩父市内のみならず遠くには昨年登った浅間山(黒斑山)や浅間隠山まで見えたのは感動ものだった。
  
  下山は大持山から妻坂峠経由で出発点の一の鳥居へ戻るつもりだった。ところが広島への帰りのことを思うと途中で気が変わり最初の鞍部であるシラジクボから下山することにした。
  
  武甲神社からシラジクボへの道は今までの道とは異なり、道幅の狭いどこにでも見られる登山道だった。結構急な下りが続いたが右手に続いたカラマツ林(左手はヒノキの人工林)が気持ちを和ませてくれた。シラジクボから縦走路と別れて左手に折れるとヒノキ林の中のトラバース状の下りが続いた。下るに従い人工林はヒノキから杉に変わり大斜面をジグザグに下り始めた。途中、林道に近づいたり横切ったりするが、殆ど林道を避けてショートカットを繰り返しながら下っていた。こちらも登った時と同様、周囲はヒノキや杉の人工林でおまけに展望はまったく利かないので楽しみは殆どない。最後に鉄板の橋を渡ると上りの時、使った舗装路(表参道)と合流し右手に沢を見ながら下ると出発点の一の鳥居の駐車場に戻った(山頂からの所要時間は2時間足らずだった)。
  
  (参考タイム)
  
  上り
  一の鳥居登山口兼駐車場(0.40)不動滝(0.41)大杉の広場(0.52)武甲神社
  (往復5分足らず)武甲山山頂兼展望台
  
  下り
  武甲神社(0.30)シラジクボ(0.58)鉄板橋(表道との合流点)(0.20)一の鳥居登山口兼駐車  場
  
  したがって 
   上り 一の鳥居〜大杉の広場〜武甲山    約2時間15分
   下り 武甲山〜シラジクボ〜一の鳥居    約1時間50分

写真

一の鳥居駐車場にあった案内図。
2016年09月01日 06:39撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一の鳥居駐車場にあった案内図。
一の鳥居登山口兼駐車場。奥から入口(鳥居のある所)を見る。この登山口は秩父市の中心地から見るとちょうど真裏になる。市の中心部から車で15分足らず。
2016年09月01日 06:40撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一の鳥居登山口兼駐車場。奥から入口(鳥居のある所)を見る。この登山口は秩父市の中心地から見るとちょうど真裏になる。市の中心部から車で15分足らず。
沢沿いの舗装路が終わるとこのような階段があった。武甲山まで約1時間40分、大杉の広場まで50分とあった。
2016年09月01日 08:21撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いの舗装路が終わるとこのような階段があった。武甲山まで約1時間40分、大杉の広場まで50分とあった。
一の鳥居登山口から約40分、登山道脇に不動滝があった。
2016年09月01日 08:29撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一の鳥居登山口から約40分、登山道脇に不動滝があった。
滝の下の登山道脇にはこのようなペットボトルが山積みされていた。山頂にある武甲神社脇のトイレ用らしく登山者にも水を入れて運搬して欲しいとの協力要請の標識も見られた。
2016年09月01日 08:30撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝の下の登山道脇にはこのようなペットボトルが山積みされていた。山頂にある武甲神社脇のトイレ用らしく登山者にも水を入れて運搬して欲しいとの協力要請の標識も見られた。
大杉の広場。とにかくこの山は杉の人工林だらけ。ここは標高1000mで武甲山まで約50分とあった。
2016年09月01日 09:13撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大杉の広場。とにかくこの山は杉の人工林だらけ。ここは標高1000mで武甲山まで約50分とあった。
登山口から約2時間15分で山頂直下の武甲神社へ。山頂へは神社の裏手を2〜3分緩やかに登る。
2016年09月01日 10:13撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から約2時間15分で山頂直下の武甲神社へ。山頂へは神社の裏手を2〜3分緩やかに登る。
登山中、丁石が至るところに見られるが神社は五十二丁とあった。
2016年09月01日 10:14撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山中、丁石が至るところに見られるが神社は五十二丁とあった。
神社裏の山頂から金網越しに秩父市を俯瞰。遠くに見えるのは浅間山とか浅間隠山らしい。昨年登った山だけに懐かしかった。
2016年09月01日 10:54撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神社裏の山頂から金網越しに秩父市を俯瞰。遠くに見えるのは浅間山とか浅間隠山らしい。昨年登った山だけに懐かしかった。
1
シラジクボに向かって下る途中見えた大持山など。
2016年09月01日 11:09撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シラジクボに向かって下る途中見えた大持山など。
武甲神社から急斜を30分近く下るとシラジクボ。ここで縦走路と別れて下山に向かった。
2016年09月01日 12:45撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武甲神社から急斜を30分近く下るとシラジクボ。ここで縦走路と別れて下山に向かった。
武甲山は見かけはゴツゴツしているが登ると至って平凡。展望の閉ざされた杉の人工林の中の登山道は何か今ひとつ魅力に欠けていた。
2016年10月22日 16:55撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武甲山は見かけはゴツゴツしているが登ると至って平凡。展望の閉ざされた杉の人工林の中の登山道は何か今ひとつ魅力に欠けていた。
撮影機材:
訪問者数:36人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

鞍部 林道 ヒノキ カラマツ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ