ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 983065 全員に公開 ハイキング剱・立山

晩秋・快晴の剱岳【早月尾根】

日程 2016年10月15日(土) [日帰り]
メンバー anpan39
天候終日快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
馬場島駐車場 30台無料、早月尾根登山口前も数台停められます。
トイレ2か所。水洗で清潔。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間7分
休憩
1時間28分
合計
10時間35分
S馬場島04:2606:53早月小屋08:36カニのハサミ08:57剱岳10:1210:29カニのハサミ12:27早月小屋12:4015:01馬場島15:01ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
登り:剱岳山頂まで休憩なし4時間30分
下り:4時間50分
コース状況/
危険箇所等
登山口〜早月尾根:良く整備されている。階段も多く足を痛めずに登り降りしやすい。標高1400~1800mは比較的急坂で、木の根が多くやや登りにくい。
早月小屋〜剱岳山頂:岩場が出てくるとロープ場から始まり、鎖が増えてくる。カニのハサミ(剱岳直下の長い鎖場)はやや高度感があるものの慎重に通過すれば問題なし。ただし雪がついた岩が滑りやすいため注意が必要。
その他周辺情報早月小屋は閉鎖されていましたが、トイレは使用可能でした。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 飲料 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池 ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ

写真

取り付き開始。これのお陰で真っ暗でも分かりやすかったです。ただの登山口でこの石碑の道標はかっこよすぎ。
2016年10月15日 04:29撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
取り付き開始。これのお陰で真っ暗でも分かりやすかったです。ただの登山口でこの石碑の道標はかっこよすぎ。
1
夜明けの富山湾。うっすらと能登半島も見える。
2016年10月15日 06:14撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜明けの富山湾。うっすらと能登半島も見える。
1
標高200mおきの案内板のお陰でGPSなし派に優しいです。
2016年10月15日 06:31撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高200mおきの案内板のお陰でGPSなし派に優しいです。
朝日に照らされる奥大日岳(左)、大日岳(右)。
2016年10月15日 06:56撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日に照らされる奥大日岳(左)、大日岳(右)。
1
早月小屋と早月小屋以降の尾根。剱岳頂上は隠れてしまっています。
2016年10月15日 06:56撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早月小屋と早月小屋以降の尾根。剱岳頂上は隠れてしまっています。
落葉したナナカマドに霜がついていました。早月小屋より先はもう初冬の雰囲気でした。
2016年10月15日 07:05撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落葉したナナカマドに霜がついていました。早月小屋より先はもう初冬の雰囲気でした。
影剱。影すらも威厳を感じる。早月尾根は東に向かって歩くので、朝方は殆ど日陰で寒かったです。
2016年10月15日 07:19撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
影剱。影すらも威厳を感じる。早月尾根は東に向かって歩くので、朝方は殆ど日陰で寒かったです。
ここから先はほぼ岩場になります。200mが長い。
2016年10月15日 08:25撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから先はほぼ岩場になります。200mが長い。
1
2800m地点から見上げる頂上。頂上のお堂も見えます。
2016年10月15日 08:25撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2800m地点から見上げる頂上。頂上のお堂も見えます。
2
ようやくお日様が見えました。
2016年10月15日 08:26撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやくお日様が見えました。
1
カニのハサミ。鎖完備なので、足元だけ注意すれば難なく通過できます。
2016年10月15日 08:39撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カニのハサミ。鎖完備なので、足元だけ注意すれば難なく通過できます。
3
ついに稜線に出ました。
2016年10月15日 08:56撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ついに稜線に出ました。
帰りの目印です。錆びてしまっていて字は読めません。
2016年10月15日 08:57撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りの目印です。錆びてしまっていて字は読めません。
有名なお堂ですが、早月尾根ルートからだと後ろから見えます。
2016年10月15日 09:02撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
有名なお堂ですが、早月尾根ルートからだと後ろから見えます。
2
南方向の眺望。
2016年10月15日 09:06撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南方向の眺望。
1
右側の山が立山。
2016年10月15日 09:06撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右側の山が立山。
1
左から富士ノ折立、大汝山、雄山
2016年10月15日 09:39撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左から富士ノ折立、大汝山、雄山
2
槍ヶ岳。
2016年10月15日 09:11撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳。
1
南南東方向の眺望。
2016年10月15日 09:06撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南南東方向の眺望。
南南東方向に見えた富士山。
2016年10月15日 09:10撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南南東方向に見えた富士山。
1
赤石山脈(南アルプス)。
2016年10月15日 09:32撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤石山脈(南アルプス)。
1
八ヶ岳連峰。
2016年10月15日 09:32撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳連峰。
1
南方向の眺望。左の山が立山。
2016年10月15日 09:08撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南方向の眺望。左の山が立山。
南方向の眺望(拡大)。
2016年10月15日 09:27撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南方向の眺望(拡大)。
笠ヶ岳。
2016年10月15日 09:11撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳。
2
乗鞍岳。
2016年10月15日 09:12撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗鞍岳。
手前左側は剣御前。右奥が薬師岳。
2016年10月15日 09:35撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前左側は剣御前。右奥が薬師岳。
1
薬師岳。
2016年10月15日 09:35撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳。
1
黒部五郎岳。
2016年10月15日 09:35撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部五郎岳。
水晶岳。
2016年10月15日 09:38撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水晶岳。
赤牛岳?、読売新道?
2016年10月15日 09:38撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤牛岳?、読売新道?
針ノ木岳?赤沢岳?
2016年10月15日 09:55撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
針ノ木岳?赤沢岳?
爺ヶ岳。
2016年10月15日 09:56撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
爺ヶ岳。
鹿島槍ヶ岳と牛首山。
2016年10月15日 09:48撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿島槍ヶ岳と牛首山。
鹿島槍ヶ岳の綺麗な双耳峰。
2016年10月15日 09:24撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿島槍ヶ岳の綺麗な双耳峰。
1
五竜岳。
2016年10月15日 09:48撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五竜岳。
五竜岳アップ。
2016年10月15日 09:24撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五竜岳アップ。
唐松岳。
2016年10月15日 09:48撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐松岳。
唐松岳アップ。
2016年10月15日 09:24撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐松岳アップ。
右から唐松岳、不帰嶮、不帰キレット
2016年10月15日 09:23撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右から唐松岳、不帰嶮、不帰キレット
白馬岳方面。
2016年10月15日 09:48撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬岳方面。
杓子岳。
2016年10月15日 09:23撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杓子岳。
白馬岳(右)、清水岳(左)
2016年10月15日 09:23撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬岳(右)、清水岳(左)
雪倉岳?朝日岳?
2016年10月15日 09:23撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪倉岳?朝日岳?
富山湾。
2016年10月15日 09:29撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富山湾。
みくりが池温泉。
2016年10月15日 09:35撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みくりが池温泉。
2
分からない山。
2016年10月15日 09:55撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分からない山。
立派な頂上標識ですが割れちゃってました。
2016年10月15日 10:06撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立派な頂上標識ですが割れちゃってました。
お堂には賽銭箱が取り付けられていました。登山の安全を祈りました。
2016年10月15日 10:06撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お堂には賽銭箱が取り付けられていました。登山の安全を祈りました。
剱岳北方稜線。小窓ノ頭とかマッチ箱とか。
2016年10月15日 10:09撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱岳北方稜線。小窓ノ頭とかマッチ箱とか。
登ってきた、早月尾根。北方稜線と比べると、一般ルートになったのが一目で分かる。
2016年10月15日 10:10撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ってきた、早月尾根。北方稜線と比べると、一般ルートになったのが一目で分かる。
ピーカン照りでした。
2016年10月15日 10:10撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピーカン照りでした。
三等三角点。ヘリコプターによって平成16年(2004年)設置。柴崎芳太郎隊は、石材搬入できず四等三角点としてしか測量できなかったが、剱岳測量100周年記念として、国土地理院が三等に昇格させたとのこと。
2016年10月15日 10:11撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三等三角点。ヘリコプターによって平成16年(2004年)設置。柴崎芳太郎隊は、石材搬入できず四等三角点としてしか測量できなかったが、剱岳測量100周年記念として、国土地理院が三等に昇格させたとのこと。
1
何時間でも居たかったが、しぶしぶ下山。山頂部は案外広いので、荒天時は注意が必要だと思います。
2016年10月15日 10:25撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何時間でも居たかったが、しぶしぶ下山。山頂部は案外広いので、荒天時は注意が必要だと思います。
1
上から見た早月尾根。
2016年10月15日 10:27撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上から見た早月尾根。
帰りのカニのハサミ。
2016年10月15日 10:29撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りのカニのハサミ。
ナナカマドの赤が映えていた。
2016年10月15日 12:19撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナナカマドの赤が映えていた。
早月小屋から見た剱岳。ここからだと殆ど山頂部が見えない。
2016年10月15日 12:40撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早月小屋から見た剱岳。ここからだと殆ど山頂部が見えない。
ナナカマドと毛勝三山。
2016年10月15日 12:21撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナナカマドと毛勝三山。
ナナカマド。
2016年10月15日 13:38撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナナカマド。
ナナカマドの実。冬でも腐らずに赤いまま保たれることに注目したフランスの学者がソルビン酸を発見したとのこと。今ではソルビン酸は工業合成され食品保存料としてたくさんの食品に使われているとのこと。
2016年10月15日 13:47撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナナカマドの実。冬でも腐らずに赤いまま保たれることに注目したフランスの学者がソルビン酸を発見したとのこと。今ではソルビン酸は工業合成され食品保存料としてたくさんの食品に使われているとのこと。
1
下の方ではまだ秋の様相。
2016年10月15日 14:53撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下の方ではまだ秋の様相。
下の方では階段になっていてとても歩きやすかったです。
2016年10月15日 14:56撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下の方では階段になっていてとても歩きやすかったです。
早月尾根登山口。
2016年10月15日 15:06撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早月尾根登山口。
試練と憧れ。意味が分かるにはまだ経験が少ない。
2016年10月15日 15:08撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
試練と憧れ。意味が分かるにはまだ経験が少ない。
1
公共駐車場。登山口から数分です。
2016年10月15日 15:20撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
公共駐車場。登山口から数分です。
馬場島から見た山々。
2016年10月15日 15:35撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬場島から見た山々。
2
早月川に掛かっている橋からみた剱岳。
2016年10月15日 15:51撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早月川に掛かっている橋からみた剱岳。
1
剱岳アップ。中腹に早月小屋が見える。
2016年10月15日 15:53撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱岳アップ。中腹に早月小屋が見える。
3
国道8号から見た剱岳。北陸新幹線からも見えます。
2016年10月15日 16:35撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国道8号から見た剱岳。北陸新幹線からも見えます。
2

感想/記録

 新田次郎の「剱岳 点の記」を読んでから登ってみたいと思っていた剱岳。そして日帰り山行の楽しさに気づいてからずっと目標だった早月尾根日帰り。
 前日の天気予報の終日晴れマークを見て、雪が降る前のラストチャンス!と思って思い切って山行に出かけました。

 早月尾根ルートは早月小屋までは普通の尾根登山で秋山な感じでしたが、早月小屋以降は森林限界で岩場が多くなり、初冬の雰囲気を感じるという、2200mの標高差を実感できる変化に富んだ面白い道でした。右を向けば大日岳・奥大日岳、左を向けば毛勝三山で眺望も素晴らしかったです。

 この日は何よりも剱岳からの眺めが最高でした。最高というのは雲一つないという意味で、完璧な眺望でした。後立山連峰のすべてから遠くは富士山まで見えました。しかし、不勉強のために山座同定できない山々が非常に多く、悔しかったです。

 下山後の有名な「試練と憧れ」の石碑を見て、その言葉に込められた意味をまだ理解できていないものの、無事下山できた喜びと長年の憧れだった剱岳の頂を踏めた喜びとを感じました。
訪問者数:351人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ