ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 983239 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走尾瀬・奥利根

下山すると晴れた燧ヶ岳

日程 2016年10月11日(火) [日帰り]
メンバー sanagetts
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
登山口は御池駐車場。一日千円。24h利用可能なトイレ有り。売店、食堂、登山情報あり。
御池ロッジでは日帰り入浴可能。狭いが空いていた。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間31分
休憩
34分
合計
4時間5分
S山の駅御池&御池ロッジ05:5005:50御池駐車場05:50御池登山口06:23広沢田代06:46御池登山口 5合目06:57熊沢田代07:4307:4508:01燧ヶ岳08:1008:2008:2409:05熊沢田代09:2409:28広沢田代09:55御池登山口09:55御池駐車場09:55山の駅御池&御池ロッジG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
前日の平ヶ岳登山の疲れがかなりありました。
標高差が1,000メートル以下にもかかわらず後半は脚の動きが悪かったです。
コース状況/
危険箇所等
ルート全体を通してぬかるみが酷いです。濡れた木の根や岩にも注意が必要です。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

晴れの予報でしたが、駐車場はガスに包まれています。
2016年10月11日 05:50撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れの予報でしたが、駐車場はガスに包まれています。
駐車場の隅にある登山口。
少し先にある分岐を左折します。
2016年10月11日 05:51撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場の隅にある登山口。
少し先にある分岐を左折します。
1
木道行きます。
2016年10月11日 05:52撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木道行きます。
1
荒々しい岩が現れ、まずまずの勾配のある上りに入ります。気温が下がってぬかるみが凍結していることを期待していましたが全くそんな感じはありませんでした。
2016年10月11日 06:03撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒々しい岩が現れ、まずまずの勾配のある上りに入ります。気温が下がってぬかるみが凍結していることを期待していましたが全くそんな感じはありませんでした。
1
階段状に湿地帯が現れますまずは白沢田代。
2016年10月11日 06:23撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段状に湿地帯が現れますまずは白沢田代。
5合目。
2016年10月11日 06:46撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5合目。
1
2つ目の湿地。熊沢田代。朝日がまぶしい。
2016年10月11日 06:57撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2つ目の湿地。熊沢田代。朝日がまぶしい。
2
熊沢田代を過ぎるといよいよ山頂への上りに入ります。木道が一部傾いていました。滑りやすくて怖かったです。
2016年10月11日 07:04撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊沢田代を過ぎるといよいよ山頂への上りに入ります。木道が一部傾いていました。滑りやすくて怖かったです。
1
ゴーロの急登。前日の平ヶ岳登山の疲れがもろに出ます。
2016年10月11日 07:21撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴーロの急登。前日の平ヶ岳登山の疲れがもろに出ます。
1
急登を抜けると最後の笹の中の登りとなります。
2016年10月11日 07:34撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登を抜けると最後の笹の中の登りとなります。
1
俎板グラ着。これまでとは一転して冷風吹きすさぶ状況。手がかじかみます。なにも見えませんが、隣の最高地点のピークに移動します。
2016年10月11日 07:43撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
俎板グラ着。これまでとは一転して冷風吹きすさぶ状況。手がかじかみます。なにも見えませんが、隣の最高地点のピークに移動します。
1
反対側のピークが最高峰山頂。誰もいない。
2016年10月11日 08:01撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
反対側のピークが最高峰山頂。誰もいない。
1
一瞬晴れました。
2016年10月11日 08:07撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一瞬晴れました。
1
俎板グラに戻ってきて一瞬晴れた時に姿現わした山頂。
2016年10月11日 08:24撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
俎板グラに戻ってきて一瞬晴れた時に姿現わした山頂。
1
上りで通過してきた2つの湿地帯が両方見えます。
2016年10月11日 08:32撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上りで通過してきた2つの湿地帯が両方見えます。
2
滑りやすいので注意。
2016年10月11日 09:39撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑りやすいので注意。
1
無事帰還。
2016年10月11日 09:55撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事帰還。
1
撮影機材:

感想/記録

今日は、この連休始まって以来の良い天気予報だったのでかなり期待していましたが、朝起きてみると駐車場は濃いガスの中。山頂が晴れていることを期待して登ってきました。しかし山頂は冷たい強風とガスでほとんど何も見えませんでした。時折晴れましたが尾瀬ヶ原などにはガスが溜まっていて姿は見えませんでした。下山中に山頂のガスがきれいに取れており悔しかったです。少し出発時間を遅らせた方がガスが取れる確率が高いとはおもいましたが、今日は下道で愛知県まで帰らなければいけないため早朝登山とせざるを得なかったのです。今回は尾瀬沼や尾瀬ヶ原の散策などは全くしていないので三條の滝と合わせて次回また訪問したいと思います。
訪問者数:101人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ガス 急登 ゴーロ 木道
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ