ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 983560 全員に公開 ハイキング御在所・鎌ヶ岳

三池岳 石榑峠から県境稜線歩き

日程 2016年10月15日(土) [日帰り]
メンバー suzukaz, その他メンバー1人
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
石榑トンネルを抜けて酷道421を石榑峠まで。7時半前に着いたときは3台目でしたが、下山時には道路脇に何台も停まってました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間5分
休憩
40分
合計
4時間45分
S石榑峠07:3509:40三池岳山頂10:2012:20石榑峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
行きは写真を撮りながらゆったり目です。帰りは友人と出会うサプライズで15分くらい談笑してました。
コース状況/
危険箇所等
幾つかのピークを乗り越えていく比較的展望の良い尾根歩きです。歩く人がやや少ないコースにしては道ははっきりしています。
ナイフリッジ状のところなど一部慎重さを求められる箇所もあります。
一番注意が必要なのは、いくつかのピークでコースの向きが変わること。油断してると他の踏みあとに入り込むおそれが十分あります。
地図のコースは手書きです。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

さぁ出発!トンネル開通前、まだ車が通れたとき、このゲートをすり抜けるのが大変だった。それ以上に三重県側、車のすれ違いができなくて一か八かだったのが懐かしい…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さぁ出発!トンネル開通前、まだ車が通れたとき、このゲートをすり抜けるのが大変だった。それ以上に三重県側、車のすれ違いができなくて一か八かだったのが懐かしい…
ゲート。ガードレールを乗り越えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲート。ガードレールを乗り越えました。
福王山の向こう、朝陽に輝く伊勢湾
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
福王山の向こう、朝陽に輝く伊勢湾
NTT中継所跡地からの竜ヶ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
NTT中継所跡地からの竜ヶ岳
1
年期の入った道標
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
年期の入った道標
朝陽に照らされた自分達の影を谷側に見ながら県境稜線を行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝陽に照らされた自分達の影を谷側に見ながら県境稜線を行く。
これから向かうピークたち
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから向かうピークたち
1
こんな樹林のトンネルもあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな樹林のトンネルもあります。
振り返ると竜が遠くに…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると竜が遠くに…
次々に現れるピークたち
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次々に現れるピークたち
ナイフリッジは慎重に通過
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナイフリッジは慎重に通過
来しかたを振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来しかたを振り返る。
1
稜線上の三池岳から南方に大展望が広がる。八風峠、中峠、釈迦と続く県境稜線。遠くには雨乞も望める。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線上の三池岳から南方に大展望が広がる。八風峠、中峠、釈迦と続く県境稜線。遠くには雨乞も望める。
1
東には三角点峰。ですが、この時はうかつにもここで満足して行くのを忘れてしまいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東には三角点峰。ですが、この時はうかつにもここで満足して行くのを忘れてしまいました。
この三池岳の立派な石柱で満たされてしまった…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この三池岳の立派な石柱で満たされてしまった…
1
石榑峠に戻る途中の風景。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石榑峠に戻る途中の風景。
赤い実の成る木はなんでしょう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤い実の成る木はなんでしょう。
サプライズ!!ここまで出会ったハイカー、行きはゼロ、帰りは一人で歩く人が少ないねぇと話していたら、なんとなんと!!普段鈴鹿の山歩きで同行してくれている友人にバッタリ出くわす!!月末にまた一緒に行こうと約束。こんなこともあるんだなあ…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サプライズ!!ここまで出会ったハイカー、行きはゼロ、帰りは一人で歩く人が少ないねぇと話していたら、なんとなんと!!普段鈴鹿の山歩きで同行してくれている友人にバッタリ出くわす!!月末にまた一緒に行こうと約束。こんなこともあるんだなあ…
2
だんだん大きくなる竜ヶ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だんだん大きくなる竜ヶ岳
ゲートを乗り越えて無事終了
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲートを乗り越えて無事終了

感想/記録

今回のメインの目的は県境稜線の未踏破部分を埋めることでした。これで、三国岳から宮指路岳の間で未踏破は藤原岳から銚子岳を残すのみとなりました。この部分はなかなか行けないかな…。細かなことを言えば、鈴北岳から幻池までのバリも歩けてませんが。
三池岳には過去の記録を見たら、なんと16年ぶり2回目。あのときは射撃場からお菊池、八風峠の周回でした。今回は三角点峰に行くのを忘れていたのを家に帰ってから気づく失態。同行者に、えーって言われてしまいました。
三池岳はお菊池、八風峠から続々ハイカーが訪れます。山頂でお会いした好青年二人組は段木経由で来られたとのこと。急だけど素晴らしい展望もあるいい尾根と聞き、岩ヶ峰尾根とあわせいずれチャレンシしたいと思います。
そしてなんといっても今回はいつもの鈴鹿の山旅仲間と出くわすというサプライズ!!まさか、このコースでとは…。この日、誰にも会わないねと話していた矢先、一人のハイカーとすれ違った直後のことでした。お互い少々興奮して楽しい談笑となりました。
実は今回のコース、彼は3年前にも歩いていて、彼からはいいコースだったと聞いてました。確かに鈴鹿の尾根歩きのよさが味わえるコースだと思います。アップダウンはありますが、ザレ場に樹林、稜線やピークからの素晴らしい展望。帰りはどっしりとした竜ヶ岳の偉容を眺めながらの気持ちの良い山歩きが楽しめます。
思い出に残るハイキングとなりました。
訪問者数:160人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

三角点 ザレ ナイフリッジ 道標
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ