ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 983588 全員に公開 ハイキング奥武蔵

伊豆ヶ岳10回目(正丸駅→伊豆ヶ岳〜子の権現→西吾野駅):中高年ハイカーが歩いてみた

日程 2016年10月16日(日) [日帰り]
メンバー TheDainagon
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
正丸駅スタート 〜 西吾野駅ゴール

コース上、トイレは子の権現のみ。駅で済ませておくことが必須。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち74%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間10分
休憩
37分
合計
4時間47分
S正丸駅07:5408:14伊豆ヶ岳登山口08:1808:53五輪山08:5509:11伊豆ヶ岳09:1609:27古御岳09:3309:56高畑山10:11中ノ沢ノ頭(イモグナノ頭)10:1210:25天目指峠10:3211:36子の権現11:4512:12天寺十二丁目石12:1512:41西吾野駅12:41ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
子の権現からは、吾野駅に向かうコースと西吾野駅へ向かうコースがあります。
人気のある浅見茶屋でうどんを楽しむなら吾野駅方面へ、駅まで早く着きたければ西吾野コースとなります。

紅葉は全くありません。
毎年、11月の勤労感謝の日にも行っていますが、その時期には紅葉の盛りです。
コース状況/
危険箇所等
全体を通してアップダウンが繰り返されるので、見た目の標高以上に体力が必要なコース。

写真

本日のスタート地点、正丸駅。
悪名高い、歩き難い階段から。
写真で見ると歩き難さが伝わりませんが、歩いてみたらわかります。
2016年10月16日 07:54撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日のスタート地点、正丸駅。
悪名高い、歩き難い階段から。
写真で見ると歩き難さが伝わりませんが、歩いてみたらわかります。
7
小川沿いを進んで行きます。
2016年10月16日 08:02撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小川沿いを進んで行きます。
3
少し歩くと店があります。
あまり早いと、開いていません。
まんじゅう(手作り)等が売られています。
2016年10月16日 08:05撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し歩くと店があります。
あまり早いと、開いていません。
まんじゅう(手作り)等が売られています。
3
伊豆ヶ岳へのショートカットコースと正丸峠への分岐点。
道なりに舗装道路を進めば、正丸峠方面となります。
2016年10月16日 08:13撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊豆ヶ岳へのショートカットコースと正丸峠への分岐点。
道なりに舗装道路を進めば、正丸峠方面となります。
分岐を左に進んで、伊豆ヶ岳へのショートカット。
2016年10月16日 08:17撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐を左に進んで、伊豆ヶ岳へのショートカット。
この辺りから意外と急登が始まります。
2016年10月16日 08:28撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りから意外と急登が始まります。
2
登り切ると尾根上に出ます。
2016年10月16日 08:41撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り切ると尾根上に出ます。
1
さらに岩の上を登って行きます。
手を使うほどの岩場ではありませんが、コースの変化を楽しめます。
2016年10月16日 08:47撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに岩の上を登って行きます。
手を使うほどの岩場ではありませんが、コースの変化を楽しめます。
2
先ずは五輪山。
ここで、正丸峠からのコースと合流です。
2016年10月16日 08:55撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先ずは五輪山。
ここで、正丸峠からのコースと合流です。
2
五輪山を降りたところが、伊豆ヶ岳の男坂・女坂分岐点。
2016年10月16日 08:55撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五輪山を降りたところが、伊豆ヶ岳の男坂・女坂分岐点。
2
男坂へ進みます。
鎖場苦手な方は、女坂方向へ迂回路があります。
2016年10月16日 08:56撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
男坂へ進みます。
鎖場苦手な方は、女坂方向へ迂回路があります。
1
最下部から最上部まで、数十mの高度差です。
滑りだしたら、一気に下まで落ちると思います。
2016年10月16日 08:57撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最下部から最上部まで、数十mの高度差です。
滑りだしたら、一気に下まで落ちると思います。
7
最後、コースを塞ぐように存在する大岩。
左に迂回もできるようですが、直登してしまった方が楽だし安全です。
2016年10月16日 09:06撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後、コースを塞ぐように存在する大岩。
左に迂回もできるようですが、直登してしまった方が楽だし安全です。
9
大岩を超えると、すぐ頂上に。
2016年10月16日 09:09撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岩を超えると、すぐ頂上に。
3
こちらの標識の方が、高い位置にあります。
2016年10月16日 09:11撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらの標識の方が、高い位置にあります。
7
急坂を降っていきます。
2016年10月16日 09:13撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急坂を降っていきます。
1
古御岳。
2016年10月16日 09:28撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古御岳。
4
古御岳の頂上には屋根付きの休憩スペースがあります。
伊豆ヶ岳の頂上は狭いので、休憩するなら、ここまで進んでしまった方が良いかもしれません。
2016年10月16日 09:30撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古御岳の頂上には屋根付きの休憩スペースがあります。
伊豆ヶ岳の頂上は狭いので、休憩するなら、ここまで進んでしまった方が良いかもしれません。
2
高畑山。
2016年10月16日 09:55撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高畑山。
2
議論の絶えない「ナローノ」。
2016年10月16日 09:55撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
議論の絶えない「ナローノ」。
3
送電線撤去工事跡。
ここだけ一気に展望が開けます。
撤去されるまでは、なんと安曇野から繋がっていた送電線だそうです。
2016年10月16日 10:00撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
送電線撤去工事跡。
ここだけ一気に展望が開けます。
撤去されるまでは、なんと安曇野から繋がっていた送電線だそうです。
5
コース上に猟銃の薬きょうが落ちていました。
2016年10月16日 10:02撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コース上に猟銃の薬きょうが落ちていました。
4
中ノ沢頭と巻き道の分岐。
右に進むと中ノ沢頭へ。
2016年10月16日 10:10撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中ノ沢頭と巻き道の分岐。
右に進むと中ノ沢頭へ。
1
何もない場所なので、特に拘りがなければ、巻いても良いと思います。
2016年10月16日 10:11撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何もない場所なので、特に拘りがなければ、巻いても良いと思います。
天目指峠へ降っていきます。
2016年10月16日 10:23撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天目指峠へ降っていきます。
1
一旦、舗装道路と交差します。
2016年10月16日 10:28撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一旦、舗装道路と交差します。
ここにも屋根付きの休憩スペースがありますが、日陰でジメジメした感じです。
2016年10月16日 10:29撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここにも屋根付きの休憩スペースがありますが、日陰でジメジメした感じです。
舗装道路を横断して、この階段を登ります。
2016年10月16日 10:29撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
舗装道路を横断して、この階段を登ります。
1
ここもしばらく急登が続きます。
2016年10月16日 10:38撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここもしばらく急登が続きます。
1
登り切ったところに休憩スペースの親切設計。
この後も、アップダウンが繰り返されます。
2016年10月16日 10:41撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り切ったところに休憩スペースの親切設計。
この後も、アップダウンが繰り返されます。
2
最後の登り。
2016年10月16日 11:00撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の登り。
1
この鳥居で、竹寺と子の権現が分岐されます。
2016年10月16日 11:07撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この鳥居で、竹寺と子の権現が分岐されます。
子の権現直前の広場。
ここで昼休憩にします。
2016年10月16日 11:10撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
子の権現直前の広場。
ここで昼休憩にします。
2
正面に謎の手を臨みながら。
2016年10月16日 11:11撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面に謎の手を臨みながら。
4
この細い橋を渡ると子の権現です。
2016年10月16日 11:37撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この細い橋を渡ると子の権現です。
1
子の権現。
足腰にご利益があるとか。
2016年10月16日 11:39撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
子の権現。
足腰にご利益があるとか。
2
本堂に巨大な赤い靴が置かれていました。
2016年10月16日 11:40撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本堂に巨大な赤い靴が置かれていました。
19
ここのシンボル的存在の巨大草鞋。
2016年10月16日 11:44撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここのシンボル的存在の巨大草鞋。
11
正門を後ろから抜けることになります。
この門の先にお土産物やが数件並んでいます。
2016年10月16日 11:46撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正門を後ろから抜けることになります。
この門の先にお土産物やが数件並んでいます。
5
こんな品揃えの自動販売機もあります。
500mlは、200円です。
2016年10月16日 11:48撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな品揃えの自動販売機もあります。
500mlは、200円です。
2
お土産物屋でまんじゅう(100円)を買ってみました。
お茶勧められました。
2016年10月16日 11:50撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お土産物屋でまんじゅう(100円)を買ってみました。
お茶勧められました。
8
子の権現の駐車場を抜けて下界へ。
2016年10月16日 11:51撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
子の権現の駐車場を抜けて下界へ。
細い分岐を右へ降ると吾野駅方面。
浅見茶屋でうどんを楽しむのなら、そちらへ。
2016年10月16日 11:53撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
細い分岐を右へ降ると吾野駅方面。
浅見茶屋でうどんを楽しむのなら、そちらへ。
先へ進むと、さらに分岐。
今回は右へ降りて西吾野駅に向かいます。
吾野駅に向かうよりも近いです。
2016年10月16日 11:56撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先へ進むと、さらに分岐。
今回は右へ降りて西吾野駅に向かいます。
吾野駅に向かうよりも近いです。
ようやく下界。
2016年10月16日 12:23撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく下界。
1
国道に合流。
2016年10月16日 12:32撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国道に合流。
謎の絵。
2016年10月16日 12:33撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
謎の絵。
4
ゴールの西吾野駅へ向かって、最後の登り。
2016年10月16日 12:39撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴールの西吾野駅へ向かって、最後の登り。
5

感想/記録

久々に晴れた山行。
そして、久々の低山。
10回目の伊豆ヶ岳。

天気も良かったので、もっと人出も多いかと予想していましたが、今までの同コースの中で最も人が少なかったです。
皆、紅葉のある山へ行ってしまっているのでしょうか。
この辺りは、毎年11月後半が紅葉の見頃のようです。
しかし、紅葉がなくても、奥武蔵を堪能できるコースです。

最高点の伊豆ヶ岳山頂でも900mに満たない低山里山コースですが、異様にアップダウンが繰り返されるコースなので、それなりに体力が必要とされます。
まだ体力がなかった3年前に初めて行ったときは、天目指峠に着く前にはヘロヘロになってしまっていました。
どうやら今は、この程度のコースなら難なくクリアできるようになったようです。
訪問者数:585人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ