ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 983640 全員に公開 ハイキング八ヶ岳・蓼科

歩こう大作戦「トトロの日」※道の駅はくしゅう〜雨乞岳登山口を経由して甲斐小泉駅まで※Connecting the root 2016 34th

日程 2016年10月16日(日) [日帰り]
メンバー drunk
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス、 タクシー、 車・バイク
道の駅「白州」
中央道「韮崎IC」→R20→道の駅「白州」

道路状況:道の駅「白州」まで一般道

駐車場:道の駅「白州」にあり

トイレ:道の駅「白州」にあり

コンビニ:R20にあり
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間14分
休憩
21分
合計
5時間35分
S道の駅はくしゅう05:1707:03雨乞岳登山口07:0807:42鳳来橋08:40小淵沢駅08:4109:47甲斐小泉駅09:50平山郁夫シルクロード美術館バス停10:0410:34小淵沢駅10:3510:52道の駅はくしゅうG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
総歩行時間=4時間34分(ヤマプラ標準時間=不明)
歩行距離=20.99km
標高差=421m
平均速度=4.59km/H
※全てGPSログ(山旅ロガーで記録)より
 GPSログは歩いたルートを記録しています。
 直線距離より長めに記録されていますので参考程度として下さい。 
コース状況/
危険箇所等
1.基本的に一般道歩きなので、危険個所はありません
2.今回のルートは、歩いて戻る又はタクシー利用になります
3.甲斐小泉→小淵沢 JR利用210円又はバス利用300円
 ※所要時間≒JR 9分、八ヶ岳高原リゾートバス 30分
4.小淵沢からタクシー料金 約3,000円
 ※甲斐小泉からもタクシー移動は可能だが、白州までの距離は3km増
5.水分消費量≒0.5L
その他周辺情報道の駅「白州」
http://www.ktr.mlit.go.jp/honkyoku/road/Michi-no-Eki/station/yama_hakusyu/

駅から時刻表
http://ekikara.jp/newdata/line/1301561.htm

八ヶ岳高原リゾートバス
http://yatsugatake-ga.com/yatoware/bus/index.html
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ 長袖シャツ ノマドジャケット ノマドパンツ 靴下 夏帽 手袋 雨具(ストームクルーザージャケット) 着替え ザック ザックカバー 行動食(ゼリー飲料×1+おにぎり×2+パン×2) 非常食(ビタミン剤+ドライフード) 飲料(スポーツドリンク×3) 地図(地形図) ヘッドランプ(予備) 予備電池(GPS+ デジカメ用) GPS ファーストエイドキット 常備薬(痛み止め) 日焼け止め リップ ロールペーパー 保険証(コピー) 携帯 タオル ツェルト 浄水ストロー(常備) 万能ナイフ(常備) カメラ(コンデジ) エクストラクターポイズンリムーバー(常備) パラコード(予備30m) ホッカイロ(常備) ネックウォーマー(常備) ウルトラライトダウン(常備) 熊鈴×2(常備)

写真

道の駅「はくしゅう」から「尾白川渓谷」入り口に向かう道中です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道の駅「はくしゅう」から「尾白川渓谷」入り口に向かう道中です
1
登山口前でこの風景、地元の人が羨ましいですね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口前でこの風景、地元の人が羨ましいですね
2
雨乞岳に向かう途中の橋から
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨乞岳に向かう途中の橋から
1
そこからアップで
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そこからアップで
1
雨乞岳登山口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨乞岳登山口
1
雨乞岳登山用駐車場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨乞岳登山用駐車場
1
雨乞岳登山口から小淵沢駅に迎います。途中の秋景に癒されます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨乞岳登山口から小淵沢駅に迎います。途中の秋景に癒されます
1
でも、気がつけば峠超えなんすけど?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも、気がつけば峠超えなんすけど?
3
ま、眺望は良いのです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ま、眺望は良いのです
4
で、小淵沢駅に到着。そしてルートを繋ぎに、甲斐小泉駅へ移動します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
で、小淵沢駅に到着。そしてルートを繋ぎに、甲斐小泉駅へ移動します。
1
道中、あちこちに、市営駐車場がありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道中、あちこちに、市営駐車場がありました。
1
富士山が見えているんですけど……(-。-)ボソッ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山が見えているんですけど……(-。-)ボソッ
1
とりあえずアップで判るかと
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とりあえずアップで判るかと
1
ミュージアムコースがあるらしいです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミュージアムコースがあるらしいです
1
甲斐小泉にある、市営駐車場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲斐小泉にある、市営駐車場
1
八ヶ岳高原リゾートバス停留所。甲斐小泉駅から約2〜3分です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳高原リゾートバス停留所。甲斐小泉駅から約2〜3分です
1
バスに乗り込みました。当初すぐ小淵沢かと思いましたが、あちこちのリゾート個所を周回するので、JRを待っても「小淵沢」への到着時間は変わりませんでした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バスに乗り込みました。当初すぐ小淵沢かと思いましたが、あちこちのリゾート個所を周回するので、JRを待っても「小淵沢」への到着時間は変わりませんでした
1
小淵沢駅。ここからはタクシーを利用しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小淵沢駅。ここからはタクシーを利用しました。
1

感想/記録
by drunk

2016年10月16日(日)
前日に、とりあえず今週の山行として、「白馬乗鞍岳」を登頂した。
なので、本日は完全一般道歩きにて、登山口を繋ぐ事にした。

2016年は仕事柄の諸事情及び最近の雨続きで、2日連続山行が限られいる。
なので、毎週山行を続ける現在は、
単純な登山口を繋ぐだけの歩きが出来る状況では無く、
空白地帯が散見していた。
先週の「大蔵教寺山」周辺もその1つであり、
「小楢山」を挟んで、大弛峠までが大問題となっている……、が、
この界隈を続けて訪れもつまらないので、
折角の天気と言う事で、今回は低地からの眺望も望める
北杜市を目指す事にした。

今回は、道の駅はくしゅうを起点として、
南アルプスと中央アルプス「八ヶ岳」を繋ぐと言う作戦である。

2011.11.13に日向山に訪れた時に、林道が通行禁止となっていた為
尾白川渓谷駐車場、つまり黒戸尾根登山口から
矢立石登山口まで歩いていた事と、今年、黒戸尾根を踏破した事で、
今回のルートを繋ぐ事ができたと言う訳である。
また、八ヶ岳スーパートレイルの一部を歩いている事も大きく影響している。

さて、道の駅はくしゅうからのスタートはまだ暗い5時過ぎとなったが、
こんな所からザックを担いで歩き始めるバカは他には居ない。
なので回りが見えない暗い状況は幸いであった。
なので、鈴を鳴らさずなるべく静かに歩く事にした……。

道の駅はくしゅうから、全体を通して一般道である。
だが、雨乞岳に向かう林道で、身構える瞬間があった。
背後から「ぐわあ〜っ」と言う獣の叫び声が聞こえ、
ガサガサガサッ、と何かがこちらに近づく音が聞こえたからだ。
振り向くと同時にウルトマンポーズになった!!

が、音の方向が一変して木の上から聞こえる。
猿の喧嘩?らしい。
幸いにして、あちらから去っていったので事なきを得ることになった。

雨乞岳登山口からは、完全に一般道歩きとなる。
が、何気にアップダウンはある。
甲州街道からは、完全に登りだ!!
まあ、足の運びを意識する山道とは違い、
体力の許すままに攻められるので、ズンズン行きましたが……。

小淵沢駅に到着後、そのまま甲斐小泉駅に向かいます。
三分一湧水からは、1度通った道と言う事もあり、
前回の様な間違いは犯しません。

で、甲斐小泉駅からの電車の時間は30分後、バスの時間は15分後、
なので、バスで小淵沢に移動する事にしました。
しかし、移動時間が大きく違うのでJR利用でも良かったかもしれません。

ちなみに、甲斐小泉からタクシーを利用する事も可能ですが
小淵沢からに比べて+2,000になるので、今回はバス利用としました。

なお、八ヶ岳リゾートバスは平日は運行していない可能性があります。
訪問者数:143人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

ザック 林道 高原 山行 渓谷
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ